« 今日の買い物 コミックとオーディオ | トップページ | 今日のチィーナさん 病院へ »

2010年9月19日 (日)

Depression Rites : normal condition

午前中は昨日とあまり変わらずにボケーッと過ごす。
昼過ぎになってから、予定していた事を始めたが、ミイラ取りがミイラに(;´Д`)

2時就寝、6時起床。
睡眠時間、4時間。

何となくボンヤリしつつも朝起きる事は出来て、チィーナさんの世話をやる。
その後は自分の時間となるが、スピーカー等の搬出準備を始めた。

これは随分前から考えていた事でもあり、飽和状態に近くなった部屋から、
本来あるべき居住スペース、収納スペースを確保する目的があった。
ゆえに元々使用頻度の低かったスピーカー4組を選び出し、箱詰めする。
それ以外にも中途半端な大きさで使っていないスタンドも運び出した。

廊下は段ボール数箱で埋まるが、それでもまだ出せるモノは有り、
本気になって選ぶ気になれば、ラック一つ分ぐらいは空きそうな感じだ。

それでもキッチリと仕分けをしないのは、それぞれに未練があるからだろう。
…ここ一ヶ月くらい音を出していないスピーカーもあるのだが、
貴重性とスピーカーとしての特徴が面白いモノは、どうしても手に残したくなる。

そんな事を考えながら、
今度は試聴用の為、また一組を収納ラックから引っ張り出し、セッティングする。
常設スピーカー群のその手前にスタンドを立てケーブルを引っ張り、
色々と組み合わせを考えながらケーブルを張り巡らせて、
結局は昨日と同じようにPCオーディオを流すような設定に収まった。

ズンドコと音楽を流しっぱなしにしながら、自分はソファーに沈む。
何かしようと言う気が先ほどまであったのだが、何となく気力が潰えた。
ただボンヤリと流れてくるメロディーに身を任せて、思考は止まった。

昼前にお腹が空き、復帰。
チィーナさんの姿が見えないので、何所に潜り込んだのか心配したが、
スピーカー群裏側のペットベットに潜り込んでい寝ているのを発見しホッとする。

…ホッとするが、少しは慣れた位置にあるスピーカーケーブルの上に、
モノの見事に粗相をされてケーブルがベッタリで、もう笑うしかなかった。
ケーブルがクロスされているところにウンチとオシッコをされていて、
そのオシッコがスピーカースタンドの方へ流れて、下まで染みているようだった。

フェレットを叱る時は、何かを起こした直後でなければ効果がない。
数分経ってしまったら自分のした事など忘れて、ほかの行動に移る。
…ゆえに、現状ペットベットで寝ているチィーナさんを叩き起こしても無駄で、
結局は「あ~あ、やられちゃった、テヘリ」などと笑って掃除するしかないのだ(w

まぁ、今回は運良く移動が楽なスピーカーで有って良かったが、
PLATINUM Reference 1(専用スタンド乗せ)なんぞの下だったら泣き叫いたさネ(w

取り敢えず簡単な昼食を食べて、買い物に出た。
予定ではスピーカー等のドナドナと、書籍の買いだし。
気に入った記事が有ればオーディオ雑誌等も購入するつもりでいた。
…なにせ買う予定の漫画が1冊しかないのだから、チト寂しい。
その後でホームセンター等に行きDIY的なネタがないか見るつもりだった。

で、
モノの見事にハードオフで、ミイラ取りがミイラに(w
時々面白そうなモノが入っているから、ハードオフとも言えども侮れん。

取り敢えず、そのままカルコス小牧書店で漫画を買い、
オーディオ雑誌を立ち読みする。
…その時は何も考えず流し読みしていたスピーカーがあったのだが、
その時にしてみれば、何気ない1ページの記事でしかなかった。
ただ何となく、金属製の薄っぺらいスピーカーだなぁ、程度の感想であった。


その後、オーディオ雑誌に触発された訳ではないが、
何となくFYLING MOLEのアンプを何とかしたいと思い立ち、
このへんでは一番近いオーディオショップ、「OTAI AUDIO」へ足を向けてみた。

この時は、ケーブルの購入とDACなんぞを見に行こうと言う手軽さだった。

あまり行き慣れていなかったので、
地図を片手に小牧から北名古屋市、名鉄西春駅近辺を目標に車を走らす。
以前Tangent EVOを購入した事があったので、お店の姿は直ぐ分かった。

駐車場の空きスペースに車を入れて、店内に入る。

中央にアクセサリー等があるので、そこを覗いてから、
ぐるりと展示物を眺めていく。
ちょうど自分が入った時、マスターとすれ違いになり出て行かれた。
残っていた、おばさん曰く「ちょっとお昼を食べに行きました」とのこと。

まぁ、それはそれで、ゆっくり展示物を覗きこみながら、
TOYの側面無垢材が出てるわ、とか、Fostex GX100がカッコイイなぁ、等と見ていく。

そのうち、おばさんと会話しながら、FLYING MOLEのアンプ手に入れたので、
この小ささに合いそうなプリアンプの代わりになりそうなモノ無いかなぁ、等と、
各種品物を見ていく。
そのうちにPro-Jectのヘッドフォンアンプが代わりにナランかなぁ、と考え込み、
おばさんもカタログやマニュアル等を調べて貰って、色々知恵を頂いた。

…しかし、そう上手く行かないモノで、RCA端子のOUTはプリ出力でないと分かり、
今のところは、この製品について考えないでおいた。

それからケーブルを選ぼうかと言うところにマスターが戻ってきたので、
早速ながら色々と話し込み、あれこれそれと、物を見ていった。

こうしているウチに話が弾み、「ちょっと、今こう言うのがあるのだけど」となる。

マスターに案内され、奥の高級オーディオ展示、及び試聴室に通された。
「それで、これなんだけれどね…」と見せて貰ったのがAudioMachina CRM。
後ろに鎮座するB&W 802 DiamondやWILSON AUDIO Sashaよりも前にある。

あれ? と思ったら、さっきのオーディオ雑誌記事の1ページがパッと出た。
まさかこんなところで、ご対面できるとは思いもしなかった。

値段は100万越え。
この小型で普通のモノよりも奥行きのないスピーカーだったが、
よくよく見れば、バスレフポートもない総アルミで重量感がタップリだった。
…おそらくは7075の鍛造削り出し、サンドブラスト後に表面処理と言ったところか。
…素人さんには理解出来ないと思うが、これだけでももの凄く高価なのだ。
一応許可をもらって叩いてみるが、その厚みからか硬い音が響かない。共振無しだ。

東京と、大阪、そしてココの3箇所くらいしか試聴できないらしい。

「見てくれからは、
 想像付かないほどの自然で素晴らしい音しますから、
 ちょっと聞いてみてください」
そう言うマスターの一声で、私1人で勿体ないほどの条件で試聴した。




うん、全く、別次元の信じられないほど、スケールの大きな、
空間表現が優秀で、前後、左右、上下とも完璧とも思える音の配置。
ブラインドテストをすれば、間違いなく、このスピーカーだとは気が付かない。

作りからだと工学的でメカニカルな臭いがしそうな感じだったが、
高域、低域とも全く無理のない、極めて自然に綺麗に澄んだ音だった。
…そう、低域に強調された色合いはなく、極めて綺麗に澄みわたる低音だった。

…ホンネを言えば、聞いてはイケナイ音だった(笑
なぜなら、今のシステム全て売っぱらって、無かった事にして、
それでいて、「これは欲しい」と言わせるだけの魅力があったのだ。

褒める言葉しか出てこない私に対して、
ならばもう一つ、聞いていってください、とCDを選曲しボリュームを上げ、
音もなくマスターは試聴室から出て行かれた。

始まったのはライブ音源。
…コレは凄かった。
音楽を聴いて鳥肌が立つのは久々だった。
スタジオ録音では出てこない、
コンサート会場だからこそ、自然に響いて消えていく管楽器のスムーズさ。
スタジオならば壁に吸収されるであろう残響音が、
ステージの大きさが解るかのように響いて消える自然な広がりと立ち下がり。
そして、その空間表現の見事さで、感無量の心地よさだった。

音楽が終わったところで、マスターが戻ってこられて、
「どうです?」と、満面の笑みで。

そりゃぁ、もう感想を言わせるのは卑怯じゃないですかぁ(笑
こんなのを聴いていたら、やはりオーディオは止められんねー(爆死

そんなこんなで、その後は色々と知恵を絞りつつ、
どうしても、あのPro-Jectのヘッドフォンアンプが頭に引っ掛かっていたので、
ヘッドフォン端子側をプリ出力として使ってみようか、と言う事になり、
それらの関連を含むアクセサリーなどを購入する事にした。

自分の場合は王道とは斜め上の方を向いているやり方ですからねー、
と笑いながら色々な話をしつつ、無事に良いお値段で会計を済ませて、
それでは、またー、と店を後にした。

時間を見れば、17時頃。
タップリと1時間以上は遊んでいた事になる(w

しかし、それはそれで、非常に濃い時間を過ごさせてもらい、
多くの情報を耳にする事が出来たので、とても有意義だった。
こういった対面してのやり取りだからこそ面白さがあるのであって、
単に安いからと言ってネット販売で買うのとはワケが違う。

絵面だけでは解らない情報や、それ以外の蘊蓄を含んだ話、
お得意さんや来客された方々からの貴重な経験を聞く事が出来る。

…そう考えると、自分はまだまだ尻が青いな、と思わざる得ない。

オーディオ雑誌の1ページの情報よりも、
自分の耳、身体で吸収する体験の方がどれだけ素晴らしいか!

まぁ、そろそろゲテモノ買いも卒業するべきなのかなぁ、と思いつつ、
それはそれで人とは違うコトをやっているという自負があるから、まぁイイかぁ、と。

帰宅の車内はウチから出かけた時より荷物は減っているが、
得られたモノは、たぶん比較にならないほどだと大量だったと思わざる得なかった。

久々に楽しい買い物をした気がする。
無論、Linfof工房でのスピーカーを持ち帰るまでの楽しさも大きいが、
それとはまた違った種類の面白さだったような気がする。

…まぁ、何だろ? ちょっと例えがおかしいが、
 釣りの帰りに、釣った魚を魚屋に持っていき、どうやれば食えるのか?と聞いて、
 それならば、これと、これを、こうすれば旨いよ、と言ったやり取りをして、
 だったらこの魚とタコも買っていって、鍋にでもしようか! あははは。
…と言うような、近所の商店街でのやり取りにも思える。

ただ、値段的な問題もあるのは確かだが、
本来あるべき人付き合いが、そこには有るような気がする。

自分にとってはネット販売は便利ではあるが、それまでで、
この様な店との付き合い方をやるべきなのだろうと、心底思った。

これは店主と客のやり取りかもしれないが、
そうであっても、良いコミュニケーションの一つだと考えたい。

………まぁ、結論として、ちょくちょく遊びに行くべやね(笑

|

« 今日の買い物 コミックとオーディオ | トップページ | 今日のチィーナさん 病院へ »

オーディオ」カテゴリの記事

日常」カテゴリの記事

買い物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/49499532

この記事へのトラックバック一覧です: Depression Rites : normal condition:

« 今日の買い物 コミックとオーディオ | トップページ | 今日のチィーナさん 病院へ »