« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »

2010年8月31日 (火)

Depression Rites : normal condition

物書きがスランプ気味で、考える時間が長いほど陳腐になるワナ。
…書き方の方法が悪いとは思うのだが、いつまでも時間をかけて良い訳ではないし…

1時半就寝、6時起床。
睡眠時間、4時間半。

今一度、個人的に「オルフェウスの銀琴」の感想が書きたくて頑張っているのだが、
色々と時間的な制限や、他の物事を優先せねばならら無い時があり、
どうにもこうにも思っていたようには文章を書き上げてまとめるコトが出来ない。

他のゲームもそうだが一度通してジックリとプレイすると、
2度目以降のゲームプレイは、かなり見方が変わってくる。

「オルフェウス」を例にすれば、1回目は主人公視点で物事を考えるが、
2回目以降になると伏線としているヒロインの思いが分かっているので、
その時々で変化する感情が、どういう意味を持つのかを考えるのが感想の主となる。

それゆえ、ソレれぞれの心の動きを辿ろうとすると、かなり複雑になる。
この作品では主人公が捻くれていないおかげで、ストレートな気持ちが出ているが、
ヒロインの方は押し殺した感情や、表面の裏に潜む気持ちなどが重く深いので、
彼女がどこまで知っており、その時々でどう心の動きが変わったかの表現が難しい。

…とは言え、後半はジワリジワリと滲み出る本心にプレイヤーはグッとくるのだが…

前半を含みを持たせながら楽しませて、後半でストレートに盛り上げる。
それ故に序盤から後半までヒロインの本心がどこら辺にあるのか難しく、
前後半の伏線の貼り方や終盤の回収などプレイヤーの心に響くように、
主人公とヒロインの気持ちが分かりやすく提示されているので、感想は書きやすい。

そう言ったモノを全面的に含めた心のあり方を考えたり、
舞台の場所や時代背景などの目に見えないような背景設定を考えるのも楽しいのだが、
いかんせん、それらが上手く文章にならなくて四苦八苦している。

逆に言えば、作者がどれほど工夫して物語を綴ったかと言うことかも知れない。
それ程に表に出ていない設定やメッセージが上手く組み入れていると思う。

だからこそ、文章下手の自分としても何とか読み解きたいと思っているのだが、
書きたいことが多くなりすぎて、文章がまとまらずにスランプ気味になっている。
…まぁ、早い話が物書きが遅れた言い訳でしかないのだが…(;´Д`)

感想を書くにも、ネタバレ有りと、ネタバレ無しではかなり違う。
ネタバレ有りならば物語の内面まで踏み込んで言葉を綴ることが出来るが、
ソレだと未プレイや購入を考えている人にとって、迷惑にしかならない。

よって、今書いているのは、あくまで個人的な感想なのだが、
ソレさえも上手く書けないのでは情け無い限り(;´Д`)

…考えてみれば、学生時代より感想文だけは苦手だったなぁ。
提出期限ブッチして、結局書かなかったことも何年あったか(汗

しかし、良いモノは良い、と言う考え方の元に、
何とかして時間が掛かっても書き上げたいと思っている。

…まぁ、そう言う意味でも、文章書きが上手くなり、
短時間で仕上げるスキルが欲しいなぁと無い物ねだりをする、今日この頃。

今日もまたキーボード向かって腕を組むんだろうなぁ(w

|

« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »

同人ゲーム」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/49306997

この記事へのトラックバック一覧です: Depression Rites : normal condition:

« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »