« Depression Rites : red condition | トップページ | Depression Rites : yellow condition »

2010年8月17日 (火)

Depression Rites : yellow condition

さほど状況は変わること無く、のらりくらりとマイペースを貫く。
今の自分には人に合わせるほどの心的な余裕はなく、そうしないとストレスで倒れる。

1時半就寝、6時起床。
睡眠時間、4時間半。

昨日の今日で、何かを変えたかという事はなく、マイペースでコトに挑む。

物事を円滑にしようとすれば、よっぽどの精神力が必要となり、
常にビクビクと緊張を強いられねばならないだろうと予想出来た。

その様になった状況に対して、そうなってしまった責任を感じてはいても、
誰もその状態を変えようという動きはなく、誰もが現状維持のままである。

それは私にも言える事なのだが、一日で基本的な性格や思考方法を、
180度も一変させるだけの精神力を自分には持ち合わせておらず、
今までの状態から悪くしないようにするだけで心の働きはギリギリである。

ゆえに端の方で細々と目立たずに邪魔しないようにするだけで精一杯の状態だった。
その上に、何も行わないではいられないので、書棚に張りついて、
視界に入らないようにしながら資料等の書類を読んで勉強してるしかなかった。
…まるで檻の隅で震えて固まる小動物のような心境だ。

そして、ことある毎にビクつき、顔色をうかがう事をしなければならないので、
ただでさえ気分障害を患っている状態では、その精神的疲労は計り知れない。

おかげで終業後、退社時の脱力感は何とも言い表せないモノがある。
特にロッカーの着替えで1人になった時はヒザを付きそうになるくらいだ。

…そしてコレがいつまで続くのかと思うと、もう(´Д⊂ヽ

とは言え、休む訳にはいかないので、当分このままだろう。

自分は体育会系的な熱さはなく、文化会系的な静かに冷めた考え方しか出来ず、
今更、多弁で何かに盲従するようなモノの考え方へ変える事は出来ない。
なにより相手を見て態度を変えるような人間になりたくはないので、
この先もこの性格は変わらずに、このままなのだろうと思う。

いずれ、どちらかが歩み寄る可能性も有るかもしれないが、
本質的には水と油のような気がして、混じり合う事はないかもしれない。

まぁ、洗剤でも入れれば乳化させて中和してしまえば楽になるのだが、
それまではどうする事も出来ないと、諦めて開き直るしかないだろうなぁ。

…もっとも、その前に炊き出されて蒸発してしまう可能性も大きいが(;´Д`)

|

« Depression Rites : red condition | トップページ | Depression Rites : yellow condition »

工場」カテゴリの記事

日常」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/49174078

この記事へのトラックバック一覧です: Depression Rites : yellow condition:

« Depression Rites : red condition | トップページ | Depression Rites : yellow condition »