« 今日の買い物 コミック | トップページ | Depression Rites : yellow condition »

2010年7月10日 (土)

Depression Rites : normal condition

午前中は精力的に動いたが、午後から体力尽きてダウンする。
根本的に体力がないので仕方がないが、もう少し何とかならないか(;´∀`)

1時就寝、5時起床。
睡眠時間、4時間。

何故だか分からないが早めに目が覚めてしまった。
いつもより1時間も早く起きあがるも、体調はそれなりに良い。

窓を開ければ空は明るく晴れ上がり、今日は青空を見渡せそうだ感じる。
とりあえずは早いコト洗濯しておこうと、ノンビリ朝食を食べながら思った。

今日は土曜日なので、色々と出かける用事があり忙しい。
特に、2週間に1度のクリニックの日なので、それまでに家事を済ませたかった。

朝食後、時間のあるウチに掃除洗濯等を済ませてしまう。
掃除機で逃げ回るチィーナさんを追いかけ回して、遊びながら仕事を行った。
それと共に洗濯機を動かしておき、掃除が終わった頃に取りだして干し物も終える。
…とりあえず、ウチに中の事は朝のウチに済ませて、クリニック行く準備をする。

そして8時15分頃にはウチを出る事が出来た。
少し早めだったが、まぁいいだろうと思ってカバンを肩に提げて歩道を歩く。
まだ日差しが強くなっていないうちなので空気が冷たく気持ちがイイ。
久々に傘を持たずに出かける事が出来て、ホントに気分は良かった。

早めに来たつもりだったが、クリニックの待合室にはすでに9人いた。
…きっと、気持ちの良い時間帯に移動したかったのだろうと思う。
いつもよりも多い待ち人は、たぶん自分と同じような気分だったのだろうと思った。

まぁ、人数から計算すれば、診察開始時刻から50分ぐらいの待ちかと予想する。
とりあえずは順番通りに椅子に座り、受付開始の時刻を待った。

待ち時間中は何もしなかった。
聞き耳だけ立てておき、目をつぶってグッタリとしていた。
少し朝方に色々と用事を行ったから疲れが出たのかもしれない。
しかしながら今日は土曜日、まだやる事はあるので精神的に疲れないようにする。
肘掛けに腕を立てて頬杖を付きながら考え事しつつ、順番を待った。

少し眠くてボンヤリしていた時に名前が呼ばれた。
条件反射で「ハイ!」と返事をしたが、思いのほか声が大きくて、自分が驚く。
いつもならば気怠い感じの返事か、元気なく返事しない状態だったから、
たかだかコレだけでも、だいぶ気分が良いのかもしれないと感じる。

そしてそのままの勢いで医師の前に座った。

一応、何を話すかは考えていたのだが、それ以上に喋れてたと思う。
ただ喋るだけでなく,、自分でどうして欲しいと要求も出来ていたので上々だった。
時間にして5分程度であるが、いつもより内容の濃い会話が出来て満足する。

診察終了後、会計を済ませて処方箋を受取り、次は薬局に向かう。
時間もちょうど10時を回ったくらいなのでタイミングがうまく合った。
クリニックを出たら、もう日差しが強くて少し蒸し暑くなっていたが、
今の自分にはそんな事では歩きを遅らす事がない程に好調のままで闊歩する。

おかげで薬局に行くまでに汗でシャツが濡れたが、あまり気にならなかった。
それよりも薬局の冷房で汗が冷えて急に冷たくなったのには難儀したが(笑

薬局ではそれなりに待たされる。
薬の種類が増えた事により、探し数える手間と増えたからだろう。
自分より後から来た方のほうが早かったりして、まぁ、仕方ないと思う。
いずれにしろ早く薬が減ってい行くようにしたいと、待っている間に考える。

このまま好調を保っていければいいのだが、
いつ気分的な谷が来るか分からないので、その点付いては不安に思う。

それ以外には今のところ行き先の見えない部分で不安になる事はない。
仕事の状況もある程度は慣れてきたし、人間関係も悪くなる事はないだろう。

あくまで自分側の問題で済む話であり、制御不能の不安というのは少なくなった。
自分が上手く動けば万事上手くいきそうな気がするので、気は楽だ。
自分が何をしても変化させる事の出来ない悪い事態に陥る事が一番恐いのだが、
今のところ、それは気分障害だけで、それ以外の生活では問題がない。

特に、思いのほか仕事には順応しているコトが行き先を明るくしてるのだろう。
一時はあれ程までに暗い世界しか見えなかったのに、今は晴れ渡っている。
…と言うか、事態に諦めがついた、または、踏ん切りが付いたと言う事か。
コトは流れるようにしか流れない、と思えた時から吹っ切れたような気がする。

おかげで、今は明日に悩む事はない。
あるとしても空模様と気温の変化くらいか(w

何となく気分は、暗幕一枚を取り払っただけで世界が変わった、そんな感じだ。
その真っ暗の中で1枚の暗幕をめくるのに時間がかかってしまった事が口惜しい。
自分がいた暗闇の世界は、広いと感じていたのだけれど、
実際のところは6畳程度の狭い空間をモゾモゾ蠢いていただけだったのかもしれない。
自分から手を伸ばすのが恐かったから、いつまで経っても暗幕までの距離は遠かった。
そして、えいや! で手を伸ばしてみたら、案外近いところにいたのだと気が付く。
…まぁ、冬の日の布団から出る程度のコトだったのかもしれない(w

いずれにせよ、今は気が楽だ。
少し躁転してるのかもしれないが、それもまたヨシとしておこう。

で、
薬局で薬をもらい、そのまま車に乗って出かけるに至った。

まぁ結論から言えば、やはり躁転していたのかもしれない。
午前中に体力オーバーに動き回ったおかげで、午後からは潰れてしまった(;´∀`)

その時々の勢いがあったのかもしれないが、
ウチに帰ってきた安心感から精神的に気が緩み、一気に疲れが出た感じだ。

まぁ、どんな状態であれ、安心できる場所があるのは良い事だ。
…などと言い訳しつつ午後の3時からタップリ昼寝してしまったのは仕方ない(笑

いずれにしろ状況は良い方に動いているような気がする。
コレで後は、体力が増えて、体重が減れば万々歳なんだがね(w

|

« 今日の買い物 コミック | トップページ | Depression Rites : yellow condition »

日常」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/48844563

この記事へのトラックバック一覧です: Depression Rites : normal condition:

« 今日の買い物 コミック | トップページ | Depression Rites : yellow condition »