« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月30日 (水)

狂気の現況 または幾つ有る?クイズ

…で、昨晩からこのままなのだが、
多分、これで悪夢を見ても許される範囲だろうか?

ある意味、お人形が並んでるよりも、常人的にはキチガイの沙汰。

Dscf2891

MarkAudioの乱立((゚д゚;))

さて、全部でスピーカーが幾つ有るでしょう?
クイズの答えは、下のほうに書くけど、ほぼ当たらんと思うね(w

答え、14ペア。
ジンガリの前、SYSTEM 10の上、栗スピーカーの横に白いのが見えてるのがミソ。
audio pro BRAVO ALLROM SATが隠れているのだ!

程よい暇つぶしにはなったでしょう(^ω^)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Depression Rites 56th

精神的不調により仕事を休む。
朝から鬱入って、復帰せず。
…いっかい、やすみ。

1時就寝、5時起床。
睡眠時間、4時間。

結局はそれなりの時間にならないと眠気は訪れなかった。
…早めに眠るつもりでいたが、何かワンクッションがないとダメらしい。
取り敢えず東方アレンジのCDを2枚聞いてから床に付いた。

朝、いつもより早めに目が覚める。
何か悪い状態にあるのか、寝起きから気持ちがドン底だった。

見えるモノ全部から拒絶されたような気分がココロに痛い。

何か存在意義自体が無いような思考が脳裏を埋め尽くした。

出勤するつもりでいたが、自分自身の価値に疑問を持ち、
不要な存在に思え希死念慮が鎌首をもたげて身を切り裂かんとする。

…どうにも、一切合切、ダメな感情になり、何も出来なくなる。

会社を休む事に罪悪感を感じながら、その旨をメールして身動きが取れなくなる。

リビングに乱立するスピーカー。
…異常な光景。
その全ての口から「お前はクズだ!」と聞こえる。

耳を塞ぐ。
目をつぶる。
身を屈めて蹲る。
…鬱入りして何も出来ない。

身を裂くような拒絶感がする。
…痛い。
痛覚で知覚できない痛み。
心が負の感情で覆い尽くした。

何時間経ったか。
ふと、物音がしてソファーの下を見る。

チィーナさんがケージのハンモックから出てきて、
ソファーに前足をかけ、立ち上がり、こちらを見ていた。

フンフンと匂いを嗅いでから、クワッと口を開けてアクビをする。
そのまま、前足を床に着けて、リビングの散歩に出かけていった。

…幻聴かもしれない。
「気にするな」と言われた気がする。

取るに足らない、フェレットの一動作だったのかもしれないが、
それは、ただの偶然だったのかもしれないが、
それでもなお、そう聞こえたのだ。

…幻聴かもしれない。

だから、なんだと言うんだ!

僕はチィーナさんと会話をした。
それで良いじゃないか!

一人と一頭が暮らす狭い部屋で、お互い支え合って生きている。
それだけでも十分じゃないか!

知らずに涙が溢れて、ようやく身を起こす事が出来た。

取り敢えずは、薬を飲もう。
きっと何とかなるだろうから。

16時半。
やっと今日が回り始めた。

遅い、遅い、1日の始まり。
まずはケージの掃除と、フードと水の補給をしなくては。
チィーナさんは部屋の隅でタオルにくるまって眠っている。
起きたらきっとお腹が空いてるだろうから、フードいっぱい用意しようかな?

…まぁ、そんな関係。
いつものコト。

ただそれだけでも、自分には意味があるのだと思い出す。

そして自分の時間も回り始めた。

一週間に何回休めば気が済むのか!
自分自身を叱咤する事ぐらいしか出来ない。

病気だからなんて言い訳は、自分のプライドが許さない。
…つまりは、今日は「サボった」。

職場の方々には迷惑をかけた事に申し訳がたたない。
つまらない理由で休んでしまった事を、頭を下げて謝るしかないだろう。

いまだに「普通」には戻っていないけど、
精一杯の努力はしなければならない。

もうこんなコトは起きて欲しくないと心から思う。

そして、チィーナさんに最大の感謝を。
明日は精一杯頑張ってみるからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月29日 (火)

Depression Rites : normal condition

昨晩は眠れずに苦しんだが、今朝になってから頭がクラクラに。
しかたがないので午前中会社を休んで少し仮眠をとるハメになる。

1時半就寝、眠れず、5時起床。
睡眠時間、0時間。

昨晩は何も問題なく床に付いたつもりだったのだが、
いつまで経っても眠気が訪れる事はなかった。

数時間してからイライラに耐えられなくなり、追加で眠剤を投入する。

…しかしながらそれもダメで、
結局は、蒸し暑く寝苦しい一夜を一睡もせずに朝を迎える事になった。

早朝から天気はイマイチで湿気と暑さによる不快度は高かったと思う。
自分の判断ミスで夜気を入れようと一晩中窓を開けていたのが裏目に出た。

おかげで、チィーナさんは朝からへたばり気味で、
冷たい床に這いつくばって十数分身動きせずに身体を冷やし、
床が暖まったら次の場所へ移動して這いつくばると言う行動をする。

何もかもが大失敗で、初めからエアコンを使っていれば済んだはずなのに、
色々と節約しようと試みたあげくの、最低の朝になってしまった。

チィーナさんには取り敢えず、
アイスパックをタオルで包んだモノにしがみついてもらい、
速攻で部屋の窓を閉め切り、エアコンを最大にして冷却除湿を始めた。

それからようやく落ち着いた頃に、朝食の準備等、朝の行動を開始する。

先にも書いたように、昨晩は眠れなかった。
おかげで頭は重く、目眩がして少し反射神経が鈍い。
グッタリと頭をもたげながら会社に行く準備をしたが、
起床してから2時間経ったくらいで限界が来た。

見ている物への焦点が合わず、眠い。
TVのニュースを見たいたはずだが、気がつけばソファーに倒れ込んでいた。

おそらくは、朝食後の脳内血流状態と、
エアコンの冷気で睡魔が襲ってくる状態になった感じだ。
加えて、折からの寝不足、不眠が出勤時間になってから牙を剥いた。

立ったままでも眠れるような睡眠欲求の強さでは、
とても外を出歩くコトはおろか、リビングから玄関までの移動もままならない。

申し訳ない気持ちと、情けない気持ちが織り交ぜ合い、
強い罪悪感を感じながら、仕方なく携帯メールにて会社に午前休を申請して、
そのまま果てた。

…そして、返信されたメールを読むだけの力は既に無く、夢の国に旅立った(;´Д`)

3時間ほど仮眠をとった頃に、自然に目が覚めた。
残念ながら気分は優れない。
身体の脱力感が強く、四肢が重い。

それでも、何とかせねばならず、
寝汗でベタ付いたシャツを洗濯機に放り込んでシャワーを浴びた。
…おかげで幾分は楽になって、まともな思考が出来るようになる。

出勤の為に電車の時間を調べて、各種準備をする。
昼食は自宅で食べなければならないが、
食欲がないのでカロリーメイトを囓るにとどまる。

最後に薬を飲んでから、チィーナさんに留守を任せて、
ようやく昼前に出勤した。

折しも外は雨が降ったり止んだりで、
憂鬱な気分は晴れる事のないまま、午後出社という情けない気持ちで歩き出した。

結局、何故眠れなかったのかよく解らない。
確かに昨晩は寝苦しかったが、眠剤も投入したので寝る勢いはあったはずだが、
それでもなお、空が白みかけるまで何も無かったのだから、困ったモノだ。

果たして何が原因だったのかサッパリだ。

…確かに寝る前、
入手した2つのスピーカーが嬉しくて、
取っ替え引っ返して、いつまでも興奮して聞いていたくらいか(←それだ!



と言う事で自業自得という訳でありまして、
関係者の皆様にご迷惑をかけた事を申し訳なく思い、深く反省する次第であります。

そのため今日はTVを見ずに早めに寝ようかと思っていますので、
とにかく! ワールドカップ、日本がんばれー! と言う事で。
…ワシは寝ますが(;´Д`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の買い物 フィギュア

今日届いたお荷物が1つ。

Dscf2890

フィギュア。

初音ミク VN02 mix

さて、どこに飾るか? 場所が無い(汗

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月28日 (月)

Depression Rites : normal condition

内臓の調子が悪く、特に胃の弱さは顕著で苦しい。
原因は幾つも考えられるが、対処する術がないので食事が制限される。

1時就寝、6時起床。
睡眠時間、5時間。

モノを食べた後、胃が張るようで、腹部が苦しさを訴えてくる。
普通のスピードで食べているのだが、胃のほうはそのスピードについて行けない。
おかげで細い管に無理矢理異物を流し込んでいるような感覚がある。

自分で精神的なストレスを自覚する状態よりも、内臓の方が敏感のようで、
何とも思っていないはずなのに、腹部の調子が悪くなる事がある。

以前、総合病院で調べた結果はほぼ異常なしだったのだが、
実質は逆流性食道炎と、胃が縮み、胃下垂の状態にあると言われた。

この頃は逆流性食道炎の症状は現れていないから治ったと言えると思う。

しかしながら、胃が小さくなり、細長く胃下垂になった状態は変わらないだろう。
コレは薬を飲んで胃を大きくするような事は不可能なので、良くなる事はない。
一度その様な形状になってしまうと、なかなか元に戻る事はない。

長い鬱期間の間は食欲もなく、小食で済ます事が殆どだった。
おそらくはこの期間が長かった為に胃の状態も変化してしまったのだろう。
ただでさえ、精神的に脆い胃なので、自覚するよりも早く形状が変わったと思う。

また、胃の形状が悪く変わったという状態の上に、
現状では気分障害から来るストレスがそのまま内臓の負担になるようだ。
コレばかりは自覚していなくとも、脳神経で負荷が掛かるとダメらしい。
だから一番辛いのは朝食後であり、次に夕食後で、腹部に不快感を感じる。

いずれも精神的に何かしらの負荷が掛かっている状態だ。
ある程度、調子がのっている昼間だと、昼食後はたいして悪く感じない。
何もしていないよりは作業中や精神集中している方が楽なのかもしれない。

ゆえに会社での昼食後は、少し胃の消化が遅い感じがするだけで、
腹部から不快感や張りを感じる事はあまり無い。

この胃の状態はある程度生活になれてきたら少しは落ち着くのだろう考える。
コレは会社に復帰してからの事なので、いずれは何とかなると思う。

しかしながら、腹部の不調はそれだけでは終わらない。
薬を飲んでいるモノの宿命のようなモノだろうが、便秘気味になるのが辛い。

薬の副作用にも「便秘」という風に記載されているので、
その緩和の為に、寝る前に飲む液状の下剤を飲み水に滴下して水分補給をしている。
普通にしている分でも出来るだけ水分補給を考えなければならない。

で、
取り敢えず普通に過ごしてる状態ならば、それほど苦もなく便は出る。
ただし、決まった時間とは限らないので、仕事中でもトイレに立たなければならない。
コレはある意味、チョットした屈辱でもあるのだ(学校でするみたいな、ね(w )

しかしながら自分の場合、
何かしらのストレスが伴う場合には腸の調子も敏感になり、
食物がお腹の中に溜まっている時間も長くなるようで、
1日くらい便の出が伸びてしまう程度でも、かなり苦しくなってしまう。

薬の副作用でそうなるという事は、薬が効いている証拠みたいなモノだが、
その様な現象を起こしてまで薬の効きを実感するのはカンベン願いたいモノである。

でだ、
今日は、それがいっぺんに来たワケで、
上から下から、かなり苦しくてまいってしまっている(;´Д`)

入らないは、出ないはで、もうどうしてくれようかと、のたうち回るばかり(w

生活習慣が変化する事による苦しみとも言えなくもないが、
すでに2週間以上たっても、いまだに慣れてこないというのは、
やはり鬱っぽさがどうしても生活の中で影を落としているような気がする。

まぁ、いまだに7~8種類の薬を飲んでいる状態では、
「普通の人」と言うのには、まだまだ届いていないという事か。
普通に仕事をすると言う事だけでも、気分障害ではストレスになるのかもしれない。

どうにも出来ないもどかしさがあるが、今は信じて薬を飲むしかないだろう。
それでもなお、腹部の調子だけは何とかしたいと感じている。
…そろそろ漢方薬(六君子湯)みたいなモノも試してみるかな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の買い物 スピーカー

休日前のヤフオクでどうしても見逃せないで物があったので、落札した。
それも逸品が2品、どちらも手作業による工芸品に近いスピーカーである。
そのお荷物が休日をはさみ今日、到着した。

Dscf2888

スピーカー。

MarkAudio CHR-70 推奨バスレフBOX (家具職人謹製)

Dscf2889

MarkAudio Alpair5 オリジナルバックロード (linfof工房謹製)

どちらもMarkAudioのスピーカーユニットだが、それぞれの特長が出て素晴らしい物。

「MarkAudio CHR-70 推奨バスレフBOX」は、
フルレンジとは思えないほど幅広い音域でサイズ以上の音の鳴り方をする。
エンクロージャーの材質が分からないが、無垢材で比重の軽めの物を使っており、
この板の響きの良さがスピーカーユニットにマッチしてるモノと思われた。

「MarkAudio Alpair5 オリジナルバックロード」は、言わずと知れたlinfof工房製作の逸品。
小径スピーカーユニットらしいキレがあり明瞭な高音が綺麗に伸びて良く聞かせて、
バックロードホーンらしい独特で質の高い残響音を伴う低音が実に良い感じだ。
何よりも工芸品並みの美しいエンクロージャーは、持つ人を十分に満足させる。

そろそろ、いい加減、スピーカー集めも止めたら? と思っていても、
こう言う値段では表せないような素敵な物が時々出品されるので、ヤフオクも侮れない。

…まぁ、貯金が尽きぬ程度にホドホドで楽しむ事としよう(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月27日 (日)

フィギュア撮影 セイバーオルタ

前に入手していたセイバーオルタのメイドバージョンを引っ張り出して飾ってみた。

…で、記念に撮影(w

Img_7472

白と黒のコントラストがビシッと決まってカッコイイ!

Img_7473

キッと引き締まった表情で睨め付けられると、こちらも緊張します。

…で、
どこに飾ったかというと…モップと言う事で…

Img_6242

我が家のトイレだったり(;^ω^)
ちゃんとチビセイバーもコントローラーの上で掃除してます。

セイバーオルタ様は、
「トイレの神様」ならぬ「トイレの王様」と言う事で、色々と緊張する事請け合い(笑

コレでは出すモノも出せンね(;´Д`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Depression Rites : normal condition

午前中に気勢良く動き回るも、午後から疲れてダウン。
オレこんなに体力無かったっけ? と1人ゴチる午後3時⊂⌒~⊃。Д。)⊃ ピクピク

2時就寝、6時半起床。
睡眠時間、4時間半。

昨日はどうにも動けなくて自由に出かけるどころではなかったが、
取り敢えず今日は朝からナンとか復調して通常状態に戻る。

おかげで滞っていた家事洗濯等を早々とすませて、
10時頃から買い物に出かけるよう準備をした。

…とは言えど、大したモノでもなく、
通い慣れた道を車で走り、いつもの書店でコミックを購入する程度。
別段、特別なことをするわけでもないのだが、
精神的な区切りとして休日を満喫するコトが重要だと感じる。

休養中は一週間の区切りとしての買い物であり、
今は仕事の合間をぬった息抜きとしての気分的な楽しみになっている。
…つまりは金曜日の海軍カレーみたいなモノか(w

今日にかぎって言えば、ブログ記事にしてはいないが、
ヤフオクで落札し、自作スピーカー用カット済みのMDF板材を入手したので、
後々の休日用にフルレンジスピーカー用の箱を組み立てようと思い、
モノのついでに今日はホームセンターで組立用具や塗料等を購入する。
(スピーカーユニットは過去に入手済み)

気持ち的には日曜日に客の混む時間帯を避けたかったが、
梅雨時や初夏の時期的なモノか、何かと人出があり少し混んでいた。

書店でも駐車場はいっぱいで、
その上、欲しかったコミックが小牧では売れ切れてしまっていた。
仕方がないので扶桑まで書店を変えて買い物に行くハメになる。
…まぁ、それはそれで仕方がないのだが、
梅雨の合間のドライブだと思って鼻歌を歌いながら気持ちを切り替えて楽しむ。
おかげで満足な買い物が出来たし、気分転換になった。

コンビニで各種支払いを済ませて、昼食を買い帰宅した。

午後。

一気に体力ゲージダウン(w
ゲームなら食べ物アイテムで体力回復だろうと言いたそうだが、
動き回った疲労+血流の内臓集中により、動けなくなる(;´∀`)

心地良い疲労…ならば良かったが、今回は完全に脱力するような感じに。

確かにホームセンターでは、アレはコレは? と歩き回ったが、
午後から脱力して立つのも億劫になるほど動き回ったハズはないと思うのだが(汗
…とは言えど、現状、ソファーから立ち上がるのがメンドウでしかたがない。

何となく気疲れした感じもあり、何かしようと思う原動力も弱い。
「あ゛ー」、と言いながら音楽を聴き寝っ転がっているだけで何もせず。
何とも気力、体力ともに尽きかけてしまい、脳味噌クラゲに成り果てる(w

…どうにも、いまだに力のペース配分がよく解らないでいる。
もしかすると午前中は躁転してはしゃぎすぎたのかもしれない。
いずれにせよ、気分障害が良くなったとは言い難いところだろう。
気分的な波の上下で体力共々消費が激しくなるのだから、何とも上手くいかない。

そんな事を思いながら、結局のところは、そのままソファーで午睡と相成った。
…まぁ、休日らしいと言えば、そんな感じなのかもしれない(;^ω^)

先週、先々週と鬱気味で休む日があった。
取り敢えず土日はそれなりに休養したつもりだ。

今週こそは何とか1日も休まずに仕事が出来ればイイと思う。
…まぁどう考えても、何とも低い志だが、今の自分にはコレが精一杯なので(;´Д`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の買い物 コミック

昨日行かなかった分、今日の日曜日に買い物。
いつものカルコス小牧とカルコス扶桑へ。
さすがに日曜だから混んでたね。

あとホームセンターで自作オーディオネタを少々。

Dscf2886

ひまわり -the Door into Summer- 2巻 最終巻
       (原作:ぶらんくのーと シナリオ:ごぉ 作画:森崎くるみ)
リューシカリューシカ 1巻 (安倍吉俊)
ヴィインランド・サガ 9巻 (幸村誠)
虚数霊 2巻 (むらかわみちお)
マンガ家さんとアシスタントさんと 4巻 (ヒロユキ)
みりたり 2巻 (まもウィリアムズ)
ちろちゃん 3巻 (結城心一)
森田さんは無口 2巻 (佐野妙)
家族ゲーム 6巻 (鈴城芹)

Dscf2887

イチロー! 5巻 最終巻 (未影)
ふら・ふろ 3巻 (カネコマサル)

月末ナンで新刊の多いコト、多いコト…sweat01

あと、ヤフオクで自作スピーカーのMDF板材キット入手。
これにより、ホームセンターで塗料とか購入。
そのうち連休の時にでもヤルべ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月26日 (土)

Depression Rites : yellow condition

朝から最低の気力で底辺を這うような低調さ。
何もする気が出ずに動かないつもりだったが、クリニックだけは行かねば……ばたり(笑

1時半就寝、5時覚醒、6時起床。
睡眠時間、5時間弱。

疲れが出たのか、起床直後から精神的に低調で気力が湧かない。
何をするにも億劫で身体が重くて、感情そのモノに疲労を感じる。
終始、頭を下げた状態で息をするのも苦しくて、溜息ばかり出る。

どうにも、感情の起伏が最底辺になるような鬱っぽさになってしまったようだ。
グッタリとしたまま、しかめっ面になり、ソファーに没して動けなくなる。

今日はクリニックに行く日なのだが、午前中はどうにもならず、
そのまま気力がないまま昼まで過ごした。

13時過ぎにようやく動き出す。
とにかく薬だけはもらって来ねばと思い、重い腰を上げた。

外は雨だが、かえって気分的には好都合だったかもしれない。
晴れた日に陰鬱な気分で外を歩くのは、天気と対称的になり苦痛を伴う。
雨ならば、普通の人でも憂鬱感を感じるだろうから、
少しは他人とも似たような気分を共有してる気がして幾ばくか気はマシになる。

クリニックは午後の時間に来た事もあって、待合室は人でいっぱいだった。
この分では何時間待ちになるか想像も出来ず気が遠くなる。
取り敢えず1席だけ空いていたのでソコに座り、
再び憂鬱感の海を漂う事になった。

待ち時間に何かすれば良かったのだが、そもそも気力が無く、
何もする気になれずに、ただ俯いてじっと時間が過ぎるのを耐えていた。

結局、1時間半程度の待ち時間だったか。
ようやく診察にありつける事になったが、イマイチ言葉が少ない。
取り敢えず1週間の内、会社を2日休んだ事を報告したが、それ以上喋れない。
「あ~、それは頑張っていますねぇ」と言う事で薬はそのままとなった。
…で、以上5分以下で診察終了。
何か釈然としない気持ちで診察室を後にする。

その後、処方箋を受取り、会計を済ませて薬局に向かった。
…何となく、クリニックに来た時よりも気分はさらに落ち込んだ気がする(w

薬局でも薬が処方されるまで待つ事になったが、
何もかも上手く言っていない事に気分を悪くして、終始、項垂れたままだった。

帰宅する。
時間は15時過ぎだった。
その頃になって、ようやく昼食を食べていない事を思い出す。

とは言えども食欲も無く、空腹も感じていない。
仕方がないのでカロリーメイトを囓ってから薬を飲んだ。
…後はそのまま、ソファーに突っ伏し、動けなくなる。

何かもう、今日はダメだ。
何もかも鬱陶しくて気持ちが入らない。
時間の感覚がメチャクチャで、モウドウニデモナ~レ~

で、買い物とか色々とやりたい事があったのだが、
全部放り投げてグッタリと突っ伏したまま夕方を迎えた。

どうにも気分の起伏が大きくて、それだけで疲れてしまう。
変化に富んだ1週間と言えば良いように聞こえるが、
普通と低調を繰り返しただけなので、全体的にはマイナスのままだ。

会社に復帰して、転属後、約2週間になるが、
今だ気分的には安定していない。

もう少し何とかナランかなぁ、と思ってはいるのだが、
少し安定するまでは時間が掛かるのかもしれない。
そこらヘンを覚悟して長い目で見ながら調整するしかないだろう。

…何とももどかしい感じがするが、焦らずに前に進みたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月25日 (金)

Depression Rites : normal condition

今週は気分の変化が激しくて、あまり良い調子だとは言えなかった。
前半はダウン傾向で、後半アップ傾向になるのをもう少しコントロールできれば。

1時就寝、5時覚醒、6時起床。
睡眠時間、5時間弱。

今朝方はサッカーワールドカップで日本が勝ち、巷では大騒ぎのようだったが、
それとは別に自分は取り敢えず睡眠優先という事でグースカ寝てた。

朝のニュースではお祝いムード一色であったが、
低血圧でダウナーな状態だったのでボンヤリ様子を見ている程度だった。
まぁ、しかし、ともかく決勝リーグ進出おめでとうと言いたい。

…で、
ボンヤリしながら出勤したが、
会社でも実況中継を見て、そのまま出勤し、眠そうな人もいた(w

ウチの職場では平穏無事に仕事を始める事ができたが、
場所によっては仕事中も眠そうな人がいて大変そうだったが、
無理せず午前中休めばいいのにとも、不謹慎ながら思ってしまう。
…気持ちは分からないでもないがネ(w

今日も仕事は少し閑散としていて手の空く時間が多めだったので、
それほど力まずにホドホドの感じで作業を行った。
自分としてはもう少し量があっても良いかなと思うが、
急いては事を仕損じるともあるように、リハビリ程度で良いのかもしれない。
…考えてみれば、復帰からそう時間は経っていないのだし。

そう言った配慮もあったのかもしれないし、
たまたま閑散期に転属したのかもしれない。

いずれにしろ、おかげで今は無理に気を張るような事は無くて済んでいるので、
いまだに仕事慣れしていない自分としてはありがたく思う。

ただ、今日のトコロは暇な時間に私話に夢中になってしまい、
幾ばくか躁転していたような気もする。
…集中すべきコトを少し間違えている気はしていたのだが、
止めどもなく無駄話を続けてしまったのが、今日の反省点だ。

時間によっても、それなりに気分的な山谷があるみたいで、
午後の方が大分上気するようで、他人には落ち着きが無く見えたと思う。

自分でも自覚した状況でありながら、喋るのを止められなかった。
仕事中だったし自重すべきトコロだとは思っていたのだが、上手くいかなかった。
まわりの状況も見て判断し、抑えるトコロは抑えるべきだったハズだ。
…このへんのコントロールをもう少し出来なければと反省する。

以前の自分はどうだったかと考えれば、少しは違いも見えてくるだろう。
それを少しでも良い方向に向けてやらなければならないが、
今のところは修行中とでも言うしかあるまい。

いずれにしろ、良くも悪くも1週間が終わった。
今週はだいぶダメな状態が多かった気がする。

これを反省点とし、何とか来週は仕事を休まないように頑張りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の買い物 DACアンプ

今日届いたお荷物。
昨日に引き続き、待ちに待った一品。

Dscf2872

ごごごごごごごごご…

Dscf2875

DACアンプ。

Wadia 151 Power DAC mini

…後ほど、分解してやる!(嬉嬉

追記)10/06/25 21:30
分解断念(悲
シリアルナンバーシール下にネジがあるが、シールを剥がす度胸無し(;´Д`)
あと、グランドマークのトルクスネジがあり、工具がない。
また、脚を取り外さないと取れないネジもあり、脚をとる方法が分からない。
さらに、ネジ(矢印無し)の1つで相手側のナットが固定されていない物もある。
おかげでネジ1本だけガタガタの状態。
…そもそも、全体的にネジの取付が初めから緩いぞ!

……と言う訳で、電源投入前に速攻で傷物に(爆死

取り敢えず現状報告。
ELAC BS243との相性ヨシ! 肉厚の重厚な音、こってり。
REQST SH-SP7との相性は…(´Д⊂ヽ 音が痩せてる感じ、あっさり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月24日 (木)

Depression Rites : normal condition

どうにも十分な睡眠が取れなくて日中は四苦八苦する。
普通に寝て、普通に起きるだけの事ができないのは、やはりシンドイ(;´Д`)

1時就寝、眠れず、5時微睡み、6時起床。
睡眠時間、1時間弱。

昨晩はサッパリ眠れなかったわりに、朝は元気だった。
またもや徹夜明けのハイ状態に近いかもしれない。
それでも、ふさぎ込んで鬱屈しているよりは随分とマシだ。
とりあえずは勢いに乗ってそのまま出社した。

まぁ、今日のところは閑散としており、あまり忙しくない。
修理するモノもなく、必要とされる作業もあまり発生しなかった。

ベテラン上司曰く、「まぁ、こんなもんさ」とのこと。
計測機器がメーカーへ点検に出されている為に、
それが帰ってこないと話にならないらしい。

…逆に言えば、計測機器が帰ってきたら、
留まっていた仕事の山で大忙しになるコト必死という事である。
だから、休めるウチに休め、とのコトを申された。

自分としてはちょうど仕事の谷間の時に転属して、
まだ慌ただしくないうちに数日の病欠をとってしまったコトになる。
…ある意味、不幸中の幸いだったのかもしれない。

だから、
次に来るであろう繁忙期に備えて自身がしっかりせねば、と気持ちを入れる。
はたしてどこまで戦力になり得るか、せめて足を引っ張らないようにしたい。
…そんな思いをグッと胸に抱き、気合いを入れる。

が、
やっぱり、今日は終日やる事が少なく、
ノンビリとした雰囲気の中で時間が過ぎていく。

自分は棚の整理とか物品の員数確認などを行っていたが、
ここに来て寝不足のツケが回ってきてしまい、欠伸をかみ殺すのに必死になる。

折しも昼食後、午後からの仕事だったので、色々な要因が重なり非常に眠い。
特に物品を数えている時に意識が瞬断すると、数字も一緒に飛んでいってしまい、
初めの1個から数え直しになる事もしばしばだった(;´∀`)
まぁ、時間的な余裕があったから大事無かったのは幸いだったし、
誰もが暇を持て余し気味だったので目立つような事にならず、胸をなで下ろす。

ともかく、危なげながらも何とか今日を乗り切り、
無事に終業を迎える事になりホッとする。

………と言うか、これで満足してはいけないのだけれどね(;^ω^)

いずれにしろ普通に夜眠れない事を悩ましく思う。
もっと熟睡できれば! と思うが、なかなか上手くいかない。
もう少し生活習慣が安定すれば良くなると思うが、今暫くはガンバルしかないだろう。

ともかく少しずつでイイから、早く「通常」に慣れなければと強く感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の買い物

今日届いたお荷物。
…そろそろ本体も入手せねば(w

Dscf2871

PSPゲーム。

ナルキッソス ~もしも明日があるなら~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月23日 (水)

今日のチィーナさん

…そんなこんなで、私が七転八倒している時なんですが、
ウチのチィーナさんはいつもと変わらずマイペース(w

Dscf2867

魔窟のドアを開けたその先に丸く眠るチィーナさん。
何にもないところなんですが、何故かこの位置でス~ヤスヤ(笑

Dscf2868

上から写真を撮ると、ホント真ん丸で、
その真ん中に指を入れてフニフニ悪戯したくなってしまう( ̄▽ ̄)

だけど可愛いからこのままで、そうっと横を通って部屋に入りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Depression Rites 55th

負の感情が頭蓋を圧迫し、苦しみで全ての思考が押し流された。
理由無き苦悩はただただ受け入れるしかなく、何も出来なかった。
ふほんいながら、やすみ。

1時就寝、6時起床。
睡眠時間、5時間。

睡眠時間は十分取れたような感じがして、起床後はそれほど苦ではなかった。
朝の一連の行動も何ら支障なく行う事が出来、食事も問題なかった。

ところが、出勤準備を行うまでの十数分で一気にどん底に落ち込む。
このところ久しくなかった、理由不明の苦しみが全ての思考を奪った。

今回のモノはかなり強烈で、内臓は元より、頭の苦痛を伴った。
破壊、逃避、拒絶、嫌悪、不快、醜悪、瓦解、呪詛、
強い負の感情が頭から溢れて、破裂しそうな勢いで頭痛に変化する。
エアコンも入れていないのに周囲の空気が冷たく感じて、
冷たい汗と突き刺すような悪寒で、ソファーに蹲り身動き取れなくなった。

必死の思いで会社にメール連絡し休む旨を伝えたが、
それ以上の行動や思考は不可能になり、強烈な鬱で廃人同様になってしまう。

…いっそ気でも失えば楽だっただろうが、
そんな事は出来ずに死にたくなるような苦しみを味わい続けた。

幾らか余裕が出来たのが昼をとうに過ぎた時間だった。
そこでようやく安定薬を飲む事を思い出し、2~3錠を口に放り込む。

午前中よりは幾分気分はマシになったが罪悪感だけは強く、
引き続き気持ちの低迷さは回復しない。

会社を休む気など全くなかっただけに、その事が強く自己嫌悪して苦しく辛い。
結局夕方までダウナーのままだった。

死にたくなるような苦しみは久々だった。
こんな感じは数年に1度あるかないかだ。
何より辛くなる理由がないのが理解出来ず、それが悩ましい。
メンヘラさんが衝動的になるのもうなずける気がする。

確かに現状に「不満が無い」と言えば嘘になるが、
その程度の事で冷汗三斗の思いをする事はないはずだ。

いずれにしろ、何処かに精神的歪みが有りそうな気がする。
何時になったら「通常」が戻ってくるのか、悩ましく思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月22日 (火)

Depression Rites : normal condition

今日もまた寝不足のままだったが、何となく朝からハイテンション!
雨が降って嬉しいなぁ~、るんら~♪ とか歌っていたら雨は朝だけで、
昼から気温がジリジリ上がるたびに、テンションもジリジリ下がったり(w

1時就寝、眠れず、4時頃寝付く、6時起床。
睡眠時間、2時間。

昨晩は「明日は必ず出勤する!」と気合いを入れて布団に潜り込むが、
またいつものように脳が冴えてしまい、眠剤追加投入するも、ラムネになる(w

…で、結局眠れたのは2時間程度で、朝は身体が重く、気も重い。

しかしながら昨晩の気合いのせいか精神的にはハイな状態で、
何でも出来そうな勢いが何の理由もないままに出てくる。
たぶん思い込みが強すぎて躁転したものと思われるが、この際だからヨシとした。

出勤する時に、外は曇っている程度かな? と思っていたが、
実際に外へ出てみると水たまりに水滴で波紋が幾つも出来ていたので、
ソレを見てからまた玄関に戻り、傘をひっつかまえて飛び出し、駅に向かう。

傘とバッグの作業着が重かったが、ソレほど気温が高くなかったので、
むしろ心地良く快適なくらいに感じて、何もかも苦にならなかった。
何故だか分からないが笑みがこぼれてしまい、ニヤつきながら歩く。
…おかげで雨中の不審者で、ややキモイ(w

毎度の事、電車は混んでいたがソレさえも気を害する要因にならなかったのは、
どうにも躁転の度合いが度を超していたような気がする。
何故こんなにハイテンションなったのか分からないが、
目の前が晴れ上がり、気分は快活そのモノだった。

が、
そんな状態が長く続くはずもなく、天候が良くなると共に気が重くなる。
アレだけ自信に満ちあふれていた出勤時間はまるで夢のような一時で、
気温がジリジリと上がるごとに、自分も日に炙られ乾燥したスポンジの気分だった。
…作業を進めるごとに知識も経験も不十分で、脳味噌がスポンジのように思える。
形だけは整ってはいるが、中身は絞っても何の知恵も出てこない、空洞だらけだ。

色々と物事を進めるたびにソレを思い知って、次第に気分は落ち込む。

ソレでも職場の雰囲気が良かったおかげで頓服の安定剤を使う事はなかった。
とりあえず会社ではレキソタンの出番はまだ無い。

例え気分が落ち込んでいたとしても、
カラ元気でも良いから前向きでありたいと思うし、まわりに心配かけたくない。
今の職場には何の不満も感じていないし、早く戦力になりたいとも思っている。
何も出来ない事に落ち込むよりは、笑って誤魔化した方が良いだろうと気分を変えた。

…どうせ仕事をするならば笑顔の方が他から見ても良かろうと思うが、
どこら辺まで自分の腹の中で消化出来るかがこれからの課題か。
気分障害による気力の変化をどうにかしてコントロール出来ればと、四苦八苦だ。
いずれにしろ、皆に無用の心配をかけたくないというのが一番ではある。

結局のところ、総じて言えば無難に1日を終えた。
昨日は内臓系の不調で休んでおり、その事を心配されたが、
内臓疾患ではなく精神的なモノである事を説明して、ある程度理解してもらった。
…逆に言えば、そう言う事で休む場合もあるという風にも捉えられたかもしれない。

転属してまだ日は浅いので色々と精神的な歪みが出るだろうと想像する。
ソレはなるべくならば、自宅で解きほぐせるよう善処したいが、さてハテ(;´∀`)

いずれにしろ、天気1つで一喜一憂してる状態じゃぁ、まだまだ、だね(w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の買い物 東方アレンジと同人誌

今日までに届いたお荷物が、ポンポンと。
特に「死にかけ」は待ち望んでいましたヨ(w

Dscf2865

同人CD、東方アレンジ。

ARAMICORE (モヒカンサンドバッグ
神無楽 -kanna-gu-ra- (荒御霊 x 梶追小道具店
Fetal Movement (猫乃塚
0:34 EP (死際サテライト
HIGHWAY2 (DDBY
future retro revolution (ばんだいく
TRATRA Extra Track (SYNC.ART'S
Hakurei ravE 01 (LiLA'c RECORDS

Dscf2866

同人誌。

Why did we DeathMarch on 同人ノベルゲーム ~錬電術師で死にかけるまで~
                                         (不機嫌亭

一言、よりもっと(w
待望のノベルゲーム製作過程書、「死にかけ」です。
この横の表紙のまま開くのかなぁ? と思っていたら閉じてあるのは上辺でした。
このへんの意表の付き方は、前作「でき(かけ)」といっしょですな(w

内容的には、
「作る側に立った時に何が壁になるか?」
と言うモノを順序立てて記されてます。
作り終わった段階で次の構想を立てる事により「次作」と言うモノが発生するのですが、
その際に前作よりもより良い物を作ろうとすると、それは並大抵の努力では済まない、
むしろそれは死地へおもむくようなモノだという事を詳しく書かれており、参考になります。

…と言うより、むしろこれは、
「開発製造するコトに関するプロフェッショナルとは?」
と言った、ものつくりの根本的な部分に通じるようにも思えるのです。
例えアイディアがあろうとも、それをモノにするシステムがしっかりしていないと、
いくらお金があろうが時間があろうとも失敗する脇道が幾らでもあると読めるのです。

それでいて大作を製作しようとする困難は必ずつきまといますが、
それは予め知っていればソレほど恐い事でもないという教訓でもあります。
この同人誌ではそう言った、次に続く人達への応援でもあり教科書にもなるでしょう。
大事なコトはしっかりとした計画と、製作循環とも言えるパターンを作る事だと感じました。
それでいて、やりたい事や、新しい試みを実行するのも1つの方法ですが、
所詮は人と人の付き合いになるので、その点を濃密にする事が大事に見受けます。

状況や環境が変わっていく中、どの様にしてモチベーションを保っていけるのか、
最終的にはソコが制作者にたいして結論づけられると、私はその様な感想を持ちました。

…自分も1作品ばかり作ってみましたが、なかなかソレに続くコトが出来ない状態であり、
計画とアイディアが発散されて、そして分散したまま、霧散し、消えかけていますので、
何とかこれを励みに、少しでも前に進めればと思いました。

…「死にかけ」、制作者はゼヒ、手に入れてみても損は無い内容ですので、オススメです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月21日 (月)

Depression Rites : yellow condition

休日不調だったせいか、そのまま月曜日に引きずり込まれガックリと底に落ちる。
寝不足の上、気力無く肉体的にも内臓の方がダメになり、結局休んだ。
くやしいけど、いっかい、やすみ。

1時就寝、眠れず、5時頃寝付く、6時起床。
睡眠時間、1時間。

何故だか昨晩はサッパリ寝付く事が出来なかった。
眠剤の追加投入も効き目が無く布団の中でいつまでも苦悶する。
身体の力はそれなりに抜けていたはずなのに、脳がシャットダウンしない。

結局眠ったような気がしたのは朝方の1時間程度。
頭の中で寝ているという自覚があったから、微睡んでいたというのが正確か。
いずれにしろ寝不足で心身共に絶不調となる(;´Д`)

朝食を食べようとするが食欲が無いだけでなく、胃が食べ物を受け付けない。
終始胃部に不快感があり、食べ終わっても消化不良でお腹が苦しい。
とりあえず、いつもの薬以外に市販の胃薬も飲むが、あまり効いていないような感じ。
朝食後、身体を動かさずに静かにTVを見ていたが、不調なのは変わらずで、
そのまま出勤時間になってしまった。

週初めから不本意ではあるがメールにて、体調不良で休む旨を連絡する。
通信が終わった携帯電話をテーブルに投げ出し、
胃部不快感でお腹が張って苦しいままソファーに没し、ウンウン唸って沈没する。

昼になる。
グッタリと不調のまま気分は最低の状態で何も考えられない。
食欲もなく、仕方がないのでカロリーメイトを囓り、薬を飲んだ。
…そのまま今度は布団に潜り込み、動かなくなる。

結局何も出来ないまま、一日が終わった。

明日は這ってでも出勤せねば(;´Д`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月20日 (日)

Depression Rites : yellow condition

今一つ元気が無く、背を伸ばすようなスッキリ感がない。
何もしてはいないのだが、何故か疲労感だけがずーっと残っている。

1時半就寝、6時起床。
睡眠時間、4時間半。

朝目覚めるもイマイチ身体が重く、思考が鈍い。
空腹もあまり感じず、せっかくの日曜日だが朝から不調だ。

…と言って何もしない訳にはいかず、家事洗濯等やらなければならない。
それらが何とも言えない中途半端な億劫さがあり、溜息ばかり付いている。
何も不満なコトは無いはずだが、何か欠けてるような気がして満たされない。

気分低調のまま買い物へ行く。
道路はソレなりに空いてはいたが、車を乗って気分が良くなる訳でもなく、
幾らスピードを上げたところでもココロのモヤモヤ感は拭えない。
…ただただ憂鬱感だけが残り、信号で止まるたび気持ちが萎える。

とりあえず予定通り3冊のコミックを購入。
今回はこの程度だが、今週末には下旬という事もあり結構多くなる予定。
…とは言えどなかなか未読の山は崩す事が出来ずに溜まっていくばかりだ。

どうにも鬱っぽくて感情移入しそうなモノを読むのが辛い。
要するに心の動きの激しいモノを読むと、自分のココロの方が疲れてしまうのだ。
おかげでどんなに好きな物語でも、なかなか読み進める事が出来ずに困っている。

…全く持って難儀な病だな、と思う。

映像も見るのが辛くてしようがない。
深夜アニメは録画はするが、気持ちに余裕がないので見る気力がない。
おかげでこちらも溜まる一方だ。ナントカせねばともうのだが、イカンともし難い。
…あー、同人ゲームも溜まったままだぁ、ガッチリ1年分溜まっている。
どうにかしなければ…orz

気分転換にフィギュアの撮影をするが、その後に飾り付ける場所がない(;´Д`)
飾り付けが出来ないのではモノとしての価値を示せないので、フィギュアが不憫だ。

…これまた、同様に仕舞いっぱなしのフィギュアが幾つもあるので、
飾り付けてやる余裕が無くて少々可哀想な気がしてならない。
せめて箱からだし、日の目を見るようにしたいと思うが、どうするべきか…
リビングはあんまりオタク色を出したくないが、そろそろ限界か。
ダメオタ成分は魔窟に仕舞い込んでおきたいのだが、溢れる毒気は塞ぎようがない。
最終的にはどの部屋にも飾るようになったりして…(滝汗
玄関に猥褻系フィギュアなんか飾ったら、来訪者みんなドン引きだろうね(w
ソレはソレで面白いかもしれないが、その一線はまだ越したくないなぁ。

…で、
午後からは意気消沈し、音楽を流し続けながらソファーに没する。

どうにも活力が湧いてこず何の欲求もない。
ただ蒸し暑い部屋の中、脳味噌クラゲ状態でグッタリと伸びたまま時間を過ごした。

とりあえず月曜日に動き回れるだけの疲労は回復したと思う。
問題は精神的な活力がどうにも満たされずにいる事だ。
何か目標でもあればいいのだが、転属後、日が浅いウチでは仕方あるまい。
今は馴れる事と憶える事が優先されるので、自分のあり方を考えるのはその後だ。

自分に一体何が出来るのだろう?
その先の事は、まだ見えてこない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フィギュア撮影 永遠の国のアリス

前回買いっぱなしだった「永遠の国のアリス」を撮影してみた。

Dscf2857_2

入れ物は結構大きくて豪華。
金具まで凝っている。

Dscf2858_2

中は黒いビロード(?)に各パーツ(王冠、アリス、台座)で収まっている。
組み立てると少し小さく感じるか。

Dscf2860

青白く血の気の無い皮膚と、細身の身体でこちらを見据える。
頸にはつなぎ合わされた接合痕と、鳩尾から這い出る手が不気味。
…この病的な具合がゾクゾクくる。

Dscf2863

アリス、バストアップ。
美しく整った顔立ちで、その唇から何を紡ぐだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の買い物 コミック

昨日行けなかった分、今日書店へ買い物へ。
いつもの如く、カルコス小牧店へ行く。

Dscf2856

コミック。

乙嫁語り 2巻 (森薫)
Pumpkin Scissors 13巻 (岩永亮太朗)
ゆるゆり 3巻 (なもり) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月19日 (土)

注文した品物がまだ来ない Wadia 151 Power DAC

実のところ、随分前から予約注文していた「Wadia 151 Power DAC」だが、
市場ではもうすでに出回っている様子。

だけど、ウチにはまだ来ないので(´・ω・`)ショボーン

…入手したら、電源入れる前に分解したい!
そんなシロモノ(w

いつお荷物が来るかなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Depression Rites : normal condition

調子悪く、一日何もせず。
買い物に行く予定もあったが、気力無いので取り止めに。

0時半就寝、6時起床。
睡眠時間、5時間半。

特に何も無く、おおむね平和に。
いつものように朝は起きたが、後は気力無くグッタリとする。

薬は時間通りに飲みはしているけれども、効いているような感じがしない。
ともかく嫌な気分にならないだけマシかとは思うが、さてはて。

精神的にも肉体的にも疲れている訳ではないが、何となくダルイ。
何か行動を起こす為に思考する事が億劫で脳味噌クラゲ状態になっている。
とりあえず無音の圧迫感が嫌なので、音楽を流し続けはしているが、
ソレによりリラックスするとかというモノとは無縁のままである。
ただ何となく、気が重くて何もする気がせず、ソファーに沈む。

自分では意識していないが、この一週間は色々と忙しかったハズ。
生活が一変するくらいなのでどこかしらにストレスが出てるかもしれない。

ただ、ソレを自覚していないだけかもしれないが、
それならソレで、まぁヨシとするべきか。

1つ言えるのは、仕事で疲れた分、寝る時間が増えた。
本来あるべき姿に近づいている事だと思うので喜ぶべきだろうね。

少しずつでイイから「普段」を取り戻したいと思う。


……
………ただ、此処のところチットばかし何かとスランプ気味ではあるが(;´Д`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月18日 (金)

Depression Rites : normal condition

今一つ調子が上がってこないが、悪い状態でもない。
何となく中途半端な感じが、雨の降りそうで降らない空と似てる感じがして…

1時就寝、6時起床。
睡眠時間、5時間。

朝起床して、朝食まで一連の行動をとるまではいつも通りだが、
ここ数ヶ月の休養期間に「出勤」という習慣を忘れたような感じになる。

ソレまでの生活の中で朝方に忙しく準備するという状況がなかった為、
この数日の事が、まだ「非日常」のような気分になっている。
なんと言うべきか言葉にできないのだが、
身に付いていない行動に対する違和感が拭えず、自然な思考にならない。

本来であれば会社も含めて生活圏内であり、そこで過ごす事は当たり前なはずだが、
まだ気分的になれていないのか、まるで毎日旅行に出かけるような感覚があり、
何か、いま1つ気合いを入れないと玄関から外に出られないのである。

数ヶ月前までは当たり前だったコトが、休養期間で特別な行動になってしまった。
どうにも、イマイチ出勤する事がスンナリと馴染めないのでヘンな気分だ。

通勤ラッシュも特別な事であり、
人の流れと共に会社の門をくぐる事も、まだ非日常の中のコトと感じる。

だから、この行為はいつまで続くのだろう? とふと疑問に思えてしまった。

いったん足を止めて、工場の敷地で周りを見渡した時、
この風景は一体いつから自分の中で続いてきたのだろうかと思い出せずにいる。

ここはどこなのか? 特別な場所なのか?
自分は何をしてるのか? この場所に居場所があったのだろうか?

まるで旅行先で迷子になったような感覚がそこにある。

しかしながら、ソレには新鮮みがない。
幾度と無く通り馴れた社内の道路であり、この道の先がどこに続くか熟知している。
確かに見慣れた風景で、通い慣れた仕事場への道筋のハズだ。

…ソレであっても、何となく違和感を感じる。
さてはて、どうしたモノか…

おそらくは、確固たる自分の姿が見えていないのであろうと思う。
転属先でどの様な立ち振る舞いをするべきか、あるべき姿が思い描けない。
ただ何となく流されたままになっているような気がするのだ。

自分は流れに逆らってでも自己を貫こうとする意志があったハズなのだが、
どうにも、この数ヶ月の間で自分自身という基盤を見失ったような気がする。
「斯くあるべき!」
と言う強いモノが自分の精神にはまだ無いのかもしれない。

まぁ、それは転属してまだ日も浅い事だから状況になれていないだけとも言えるが、
ソレでも今だにフワフワと自己を見定められないのは、精神的な弱さだと思う。

生活の中に就業という1日の大半過ごす時間が当たり前のようになるまで、
今暫くは非日常として自己の存在を認識してしまうのだろう。

いずれにしろ、時間をかけて馴れなければならないとは思うが、
はたしてそんな日は来るのだろうか? と少し不安になる。

新しい場所で、新しい自分を見出すまでは今しばらく時間が掛かるかもしれないと、
今までとは違う場所の社員食堂へ続く階段を上りながら、ふと心細く思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月17日 (木)

Depression Rites : yellow condition

昨日までハリキリ過ぎたのか、負担が内臓にきて苦しくなり、休む事に。
食べたモノが消化しきれずにお腹が張り、苦しくて動けなかった(;´∀`)
おかげで、いっかい、やすみ。

1時就寝、6時起床。
睡眠時間、5時間。

朝は普段通りに起きあがれたのだが、
朝食を食べた後に胃の調子が悪くて苦しくなり、
そのまま消化不良でお腹が張ったままで動けなくなる。

この数日で頑張りすぎて胃腸に疲れが出たのかもしれない。
思っていたよりも精神的にある程度負担が溜まってきていたようで、
それに対して敏感な内臓に影響が出たのだと思う。

自分ではたいして疲れを感じてはいなかったのだが、
生活サイクルが急激に変化したので、ソレなりにストレスはあった感じだ。

不本意ではあったが、大事をとって今日のところは休暇にしてもらう。
転属3日目でこの体たらくで、何と言っていいか分からないが、情け無い。

ただし、転属先の仕事が負担になったとか、不満がある訳ではなく、
自分としては思いのほか好調で楽しく仕事をしているのは間違いない。
この件についても、上司に誤解がないうように報告した。

つまりは、「ハリキリ過ぎて、息切れした」ようなモノだと思う。
本来は病み上がりなのだから、力をセーブしながら少しずつ慣らしていくモノだが、
楽しさによって力の解放を優先してしまったような気がする。

まぁ、頑張りすぎるのもホドホドに、と言ったところか(;^ω^)

今日の休みは仕方がないと考え、
明日から少しはしゃぎすぎないように、落ち着いて頑張っていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月16日 (水)

Depression Rites : normal condition

転籍後たいして時間が経っていないが、それなりに順応している自分に驚く。
…と言うか、どうして良いか解らず、マイペースになるだけだったり(;´∀`)

1時半就寝、6時起床。
睡眠時間、4時間半。

今日の仕事は、昨日失敗したエアードリルの再組み立てから始まる。

最後まで組み上げられなかったとは言え、構造は何とか理解しつつある状態だが、
問題は各部品の嵌め合いがタイトでスムーズに入らないコトだった。
したがって昨日は就業間際に慌てていたので上手くコトを運べず、
時間が迫ってきているコトにより、焦ってコトを進めようとしていたので、
無理な作業をしないように、とストップがかけられたのだ。

それで今日は朝から再チャレンジという運びとなる。

今度は時間も十分にあり慎重に作業を進める事が出来たので、
要所要所の作業上の注意点を聞きながら組み上げ、無事完成する事が出来た。

おかげで空気圧で動く回転工具の基礎的なコトを、まだ不完全ながらも習得し、
それ以外にも職場にある工具や治具等について使用方法の幾つかを知る。
何より、職場のどこに何があるかを身をもって知らなければならない。

エアードリル完成後も予め壊れている動力工具等を使って分解再組み立てを行い、
職場の状況や雰囲気と、主な作業内容を知る訓練を行った。

自分はあまり気にしていなかったのだが、
分解や組み立ての時に素手で部品を触り、手が汚れる事を構わず作業を進めていた。

これは以前の職場からのクセで、
前の仕事では微妙な調整が多かった事が影響しているのだが、
よっぽどの油作業や汚れ作業以外は手袋をする習慣がなかった。
そのためか、今の職場でもそのクセが出てしまい、
部品の分解などでも素手で作業を進めてしまう状態を見せる事になる。

無論この件について指導が入り、手袋をした方が良いとの言葉を受ける。

修理の必要な物は、その状態次第では相当汚れている場合がある。
外見が良くても、内部の部品は錆や汚れた油脂が付着しており、
それを手に付着させたまま作業する事は好ましくない事だと指摘された。

実際、指についた汚れたグリス等は金属粉末を含んでおり、
そのまま触ってしまうと指紋などに入り込んで、洗っても容易に取れなくなる。
そしてそのまま作業をすれば綺麗な部品まで汚す原因にもなるだろう。
だから分解作業等では自分を汚さない工夫が必要だし、他も汚さない事も必要だ。

…これもまた、以前の職場でも同じ事を言われた経験がある。
整備の頃は綺麗な状態の機体で仕事をする事が多かったので、
基本的に素手での作業が当たり前のようにしてきたが、
実際のところはソレなりに汚れる事も多く、油脂関係は特にそうだった。

ゆえに「自分が汚れているからと言って仕事が出来るワケではない」とも言う。
真に仕事が出来る人は身の回りから全てに気を使うモノだ。

で、
自分はどうだったかというと、前者であり、汚れたまんまだった気がする(;´∀`)

それ故に今回の作業では汚れる、汚される、汚す、と言う事を
普段から考えねばならないと言う教訓を再び思い知る事になった。

しかもソレが分解作業であり、
外したモノが再び取り付けられる状態にあるようにするコトを考えねばならない。
…汚れた手では、部品を滑らせて床に落とす可能性だって有り得るのだ。

これでは慎重な作業と言いつつも、自分はマイペースで作業を続けていた事になる。
いつものクセを、そのまま普段通りに行ってしまったワケだ。

長年染みついてしまった手の動きは、ここでは改めねばならない。
何をどの様に扱っているのか、一から初心に戻って勉強する必要があると感じる。

…まだ始まったばかりだが、憶える事はまだまだ沢山あるのだ。
ソレを1つ1つ吸収して身につけねばならず、
自分はまだ歩きたてのヒヨコだなぁ、と身をもって思い知った。

仕事は、思いのほか楽しい。
…と、そう思い込んでいるだけかもしれないが、
決して辛いモノではない事は確かだ。

配属されたばかりで楽させてもらっているが、
困難な状況に陥っても自信を持って作業が出来るように、早くなりたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の買い物 フィギュア

今日届いたお荷物。

 永遠の国のアリス (クエスチョナーズ)

未開封の為、写真省略。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月15日 (火)

Depression Rites : normal condition

何度目の再始動かは考えたくないけれど、
新たなる出発は淡々とたが、着実にしっかりと前に踏み出す。

1時半就寝、6時起床。
睡眠時間、4時間半。

転属復帰の朝は通勤ラッシュから始まった。

今まで乗っていた各駅停車の車両には乗らず、もう一本後の急行に乗り、
以前の最寄りの駅よりもう一つ先の駅が新たな下車駅となった。

犬山から乗る急行電車は4両編成で、各駅停車の6両編成より短い。
おかげでそのせいか車内の混雑はけっこうなモノだった。
自分は車両の中央付近に立ち、つり革も掴めない状態になる。
おかげで電車のブレーキやカーブでは身体がついて行けず、
足を踏ん張っても身体が傾き、他人に当たってしまうこともしばしばだった。

以前は各駅停車の車両と言うこともあり悠々と席に座れたが、
今日からはこの混雑に馴れなければ、と少し苦笑する。

危惧していた鬱っぽさからくる、混雑時の圧迫感もそれほど感じず、
それなりに気を引き締めていた分だけの効果はあったと思う。
…いずれにしろ、出勤に対する忌避的な思いを抱かなくて済んだ。
久々の通勤ラッシュだったが、まずまずの精神状態だったと言えるだろう。

配属先は古い工場建屋の一画、
広いハンガーの中にある小規模な小屋が新たな職場となる。

昨日のウチに引っ越しは済ませてあったので、物事は意外にもスムーズに流れる。
始めに転属先の職場組織についての教育や、関わる仕事について指導されて、
作業の全体的な流れと、大まかな状況説明を受けた。

その後、午前中いっぱいは仕事を見て学ぶことになり、
自分に出来ることと出来ないことを憶え、確認し、内容を把握する。

ベテランの方が熟練の手捌きを見せ、
若い方が工学技術的な見解を指摘する。

そして、ソレを見て憶えるのだけでもイッパイイッパイな自分(;^ω^)
…こうして見ているだけでもあっと言う間に時間は過ぎていった。

午後からは自分も少し手を動かす。

何であっても、やってみないと習得する事は出来ないのだが、
とりあえず見よう見まねで作業をするが、当然の如く苦戦する。

そんなこんなでアタフタしているウチに、あっと言う間に1日が終了した。
…当然の如く、その作業は今日中には終わらなかった。
そのまま明日の作業という形になる。

体感時間は、ほんの数時間程度しか感じなかったが、
初日という事もあって結構な疲労感が残った。

大まかな仕事の流れは解りやすかったが、実際にやるとかなり大変だった。
手作業からデスクワーク、さらには配送等もやらなければならない。
1人で何役もこなすのは至難の業だと今日1日だけでも感じとるコトが出来た。

無論それを自分も習得せねばならないので、
まずは1つ1つ知識と経験を積み重ねなければならない。

当初、思っていたコトはすでに吹き飛び、
大変な職場に来てしまったなぁ、と一日が終わった後で思いを新たにした。

…ただし、やり甲斐は十分にある。
手に負えないくらいの困難さが何故か心地良く感じた。

この調子で明日以降も踏ん張り、そして頑張っていけるようにしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

X-PM2 Wraithの帰宅

故障で6月始めに修理に出していたX-PM2 Wraithが今日届いた。
修理期間は2週間ちょうど。

Dscf2855

修理点検内容を見ると、
  「右チャンネル出力段が破損」
  「DクラスアンプIC交換」
となっていた。

原因として考えられるのは、
スピーカーセレクターにより出力段がショートしたと推定される、とあり、
特にX-PM2はBLTアンプなのでスピーカーの取付取外に注意する必要があるとのこと。

しかしながら、スピーカーセレクター自体はBLT対応なのを使っていており、
故障前から何度もセレクター切り替えによるスピーカー切り替えは行っていたのだが、
考えられるのは、自作2wayスピーカーのネットワーク改造不備が思い付いた。

初めの改造では、高域と低域のマイナスが繋がっていたままなので、
おそらくコレに起因するマイナス側からの信号が破損の原因になったと考えられる。

その後、その点に気が付いてネットワークを再改造して完全分離したが、
故障時はその前段階であり、バイワイヤーをシングルにしてテストしていた時なので、
ほぼ間違いなく、自分の知識と認識不足によって壊したものと断定できる。

つまりは自分が悪い orz
…深く反省することしきりである。

一応、スピーカーセレクター(BTL対応)で、通常のスピーカーを切り替える時は
何も問題なく使用できており、実績がある物なので、機器類には問題無いと考える。

もう少し、自作についての経験と知識が有れば防げた故障なので、
吉田苑様、関係者の方々にご迷惑をかけたことを申し訳なく思い、ここに謝罪します。
そして、修理頂きまして、まことにありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月14日 (月)

Depression Rites : good condition 希望が持てる明日へ

復職の為、久し振りに会社に行く。
手続きや私物の移動でゴタゴタしたが、前職場との繋がりが無くなるのはチト寂しい。
…だが、明日はきっと明るい。雨が降っても。

1時就寝、3時頃まで眠れず、6時起床。
睡眠時間、3時間程度。

起床時は寝不足で頭が重かったが、気分は悪くなかった。
この調子ならば、何とかなるだろうと言う気持ちになる。

今日会社に行くのは手続きだけなので、仕事そのモノは明日からとなる。
そのため会社へ出向く時間も出勤時間より遅く設定された。

9時過ぎに会社の門に到着して、30分頃に上司と共に保険センターへ行く。

保険センター(診療所)では先客があり幾分待たされるが数十分程度だった。
自分の順番が来て、上司と共に産業医の診察を受ける。

産業医からは就業意欲ややる気などを聞かれるが、
自分としては「勢い」意外に十分な力を持ち合わせておらず、
その点については正直に気力の回復はまだイマイチだと伝える。

それ以外にも各種質問が出るが、こちらの状態を窺っているような印象で、
受け答えでどの程度までメリハリのある言葉が出るか診てる感じだった。
休養中は何をしてたのか、医療関連の状況などの質問が出る。

自分としては出来る限り普通な受け答えをするように努めた。
しかしながら、今少し気迫に欠けるところがあり低調だったかもしれない。
産業医は少々訝しげにしていて、本当に大丈夫か疑問に思われたような気がする。

それでも、
ダラダラと生活を続けるより仕事をしてメリハリを付けたいと希望を言い、
休養中もスピーカー製作など何かしら手を動かしていたコトを主張する。

とりあえず、産業医には状態を満足させることは出来なかったが、
一応の理解を得ることが出来て、明日からの就業に許可を出してもらった。

その後、産業医の判子を頂いた書類を持って本館の建物に行き、
総務部の人事の方と話をして書類を提出した。

就業に当たって幾つかの話をする。
自分が「復帰=転属」になるコトへ、チョット不満があるとグチ程度の話をして、
軽めの談笑をしながら就業許可についての面談が終わった。

時間としては1時間弱程度だったか。
コレで明日から仕事をする許可が出る。

話が終わり、本館から出たら空は雨が降っていた。

事前に上司に連絡をしていて、今日中にロッカーの荷物を移動させる予定だ。
本館から職場近くの駐車場まで移動し、車で荷物を取りに行く。
…当然、自分は部外者なので、運転は上司にしてもらう。

場所は工場東端の旧職場建物にあるロッカールームへ行く。
新職場からの距離は約1km程度か。
物理的な距離も、精神的な距離でも離れてしまうのがチト寂しい。

途中、工場内のエプロンに隣接する空き地などで工事を行っていたが、
新たに航空機用のハンガーを作る為のモノだと、上司から説明を受ける。
…コレからも自分の知らない世界が増えていくことに対して、
それに自分が関わることが無くなってしまうのは、やっぱり悲しく思う。

あそこのエプロンで仕事をしていたのは何時の日だったか?
いまだに手書きのOH-1エンジン運転手順書を捨てられずに持っている。
もう向こうとは関わりのない人間になってしまうことが悔しい。
炎天下のエプロンでヘリの離発着を誘導することも、もう二度と無い。
自分の世界は、コレでまた1つ、狭められていくのだ。

…そんな思いを持ちながら、車窓からエプロンを眺めていた。

荷物はそれほど無い。
作業着と防寒用ジャンパー、安全靴、ヘルメットなどの身につける物が主だ。
ロッカールームに着いて自分のロッカーを探すが、
既に自分のロッカーからネームプレートが取り外されていた。

自分がやったワケではない。
まだ中には荷物が入っているのに、既に居ない人間として扱われている。
…優しさのない職場、人間関係だなと今更ながら気が付く。
ある意味、この様な人情味のない職場から「おさらば」するのも悪くないか…

こんな仕打ちをする人達ならば、挨拶に行くこともないだろう。
見れば雨でハンガー内にヘリが出されずに駐機している。
そのまわりを忙しそうに動き回る旧職場のみんな…

…まぁ、いいか。

そのまま車に乗り込み、雨の中を新職場へ向かってもらった。
…コレで繋がりは完全に断ったかな。
思っていたより何の感慨も浮かばない。
…まぁ、つまりは、その程度だったのだろうか?
10年以上働いたその職場、世界とは思いのほかあっさりと切れてしまえた。

新しい職場に到着する。
工場建物のとある一画、大した広さはないが、物は溢れかえってる。
自分は明日からここで工具修理等の作業を行うことになる。
現状は作業者2人、ベテランの方と若い方と。
明日になれば自分を含めて3人になる。
ある意味、少数精鋭とも言えなくもない(w

早速、挨拶をして、明日からよろしくお願いします、と頭を下げる。
自分がどれだけ戦力になるか分からないが、やるならば一生懸命やりたい。
ここに新たな自分の世界を築けるほどに深く浸透したい。

そんな思いを持ちながら軽く話をして、自分のロッカーに案内された。
…今から、ここが自分の城になる。

荷物を片づけた後、朝の集合場所等を教えて貰い、
今日のところは終了となった。

コレで全ての手続き等を終えて、
明日からよろしくお願いします、ともう一度頭を下げて帰宅することになった。

工場を出て、電車に乗ったのが11時半過ぎ。
今一度気を落ち着けて、明日からの仕事に取り組む。
…もう迷いはない。
やる気は十分だ。

車窓から見えた、遠ざかる工場の建物。
新しい世界に飛び込むという緊張と、新しい始まりに対する高揚感。

…うん、わるくない。

きっと、上手くいく。
根拠は何も無いが、自信が出てくる。

そんな喜びとも感じられる感情を抱き、帰路についた。

「明日が楽しみだ!」なんて思うのは、何時以来だろう?
朝方に抱いていた不安感はもう消えた。
心の中をしめるのは期待感で打って変わる。

…仕事がしたい!
今夜はきっと、ワクワク感で眠れなくなるだろうな(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月13日 (日)

おかえりなさい。お疲れさま。

…恩師の言葉に、こういうのがあった。

「機械は高度に発達すると、人間くさくなる」

小惑星探査機「はやぶさ」、その偉業を讃えん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Depression Rites : normal condition

午前中に少し出かけるが、全体的には低調。
今一つ、気持ちに活が入らずにグダグダな日曜日になった。

2時半就寝、6時起床。
睡眠時間、3時間半。

割と今朝は気分的な落ち込みもなくスッキリとしていた。
しかし、何か出来やしないかと思ったが、ネタになることもなくボンヤリと過ごす。

出来ることならば創造的な活動をしたいところだったが、
ソコまでのやる気は無く、結局は受動的な行動しかすることが出来なかった。
…ホントなら自分のHPをもっと充実させねばナランと思っているのだが、
気力が無くて物事を構築するだけの創造力が無かった。
ここらヘンはまだ鬱っぽい感じがして動くだけの余力がなく、残念な感じだ。

まぁ、とりあえずは積みっぱなしの漫画の山を少し崩した程度か。
何にせよ能動的に動けるだけの気分では無かった。

買い物は昼前に行った。
いつもの書店以外にSBSコーポレーションに行きフェレットフードを購入する。
店内のケージではジリスが飛び跳ねて元気に遊んでおり、
クリクリした目や仕草が愛らしく、一瞬、心を奪われた。
…いやぁ、アレを間近で見たら「飼いたい!」と心揺らぐよねぇ(;´∀`)
小動物でありながら、とっても活動的だから手に乗せてみたい衝動に駆られるワ。

まぁ、ウチにはマイペースのチィーナさんがいるからアレだけど(w

その後は、大きな買い物もなく帰宅。

昼食後、何をするか思い付かず、
そのまま力無くソファーに沈み、沈没する。

本来ならばキッチンまわりの整理をしたかったのだが、
昼食後で思考力が落ちていた為に、全くやる気が出ずグダグダとなった。

脳味噌クラゲで音楽聞き流しながら無気力の海をプカプカ浮かぶ。
…そんな自堕落な状態で午後は終了した。

で、
何の感慨もなく日曜日が終わる。
明日は就業復帰に向けての手続きがある。

これ自体には何ら緊張も不安も感じはしないのだが、
復帰=転属、な状態なワケで、こちらの方を苦慮している。

全くの畑違いの部署へ行かねばならず、
何もかもゼロ、と言うよりはマイナスからのスタートとなり、
事実上の降格人事で、完全に一線級の仕事から離された形となる。

…気分障害を患うモノとしては屈辱以外の何者でもあるまい。
なにせ前職場の状況を正しいあり方へ改善したのは自分であるはずなのだが、
その立役者たる自分を、何故、降格させるのか理解しがたい。

…まぁ、言いたいことは山のようにあるが、
ここで書き記したとしても将来的に意味のないモノなので割愛する。
とは言え、怨み言の1つでも言わないとやってられんわなぁ(;´Д`)

そんな感じでの来週からの就業復帰がどうなるか不安で仕方がない。

明日の手続きはスムーズに済むだろうと考えているが、
火曜日から、一体自分はどうなってしまうのか、全く先が見えない。
精神的なハンディを負いながら、さらなる負荷に耐えられるのか恐れている。

おそらく、今度も、助けは、無いだろう。

それでも停滞するよりはマシだろうと、飛び込む以外に方法は無い。
自分がどこまで耐えられるのか見ものだろうさね(w
…はたして聞こえてくるのはエレクトリカルパレードのマーチか、デスマーチか?

まぁ、なるようにしかならないだろうから、諦めているが┐(´д`)┌
今度は一体何時まで精神が持つやら? 壊れる前に何とかしたいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の買い物 書籍

昨日動かなかった分、取り敢えず今日の午前中に動く。
いつものようにカルコス小牧書店で買い物。

Dscf2850

コミック。

らいか・デイズ 10巻 (むんこ)
イレブンソウル 8巻 (戸土野正内郎)
とある飛空士への追憶 2巻 (原作:犬村小六 作画:小川麻衣子)
ねこむすめ道草日記 4巻 (いけ)

Dscf2851

雑誌。

AUDIO BASIC 2010 SUMMER vol.55

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

Depression Rites : yellow condition

出かけるつもりだったのだが、昨日に引き続き、絶賛不調中。
行動した分、その反動で動けなくなる法則でもあるのかシラン?
ともかく、いっかい、やすみ。

2時半就寝、6時起床。
睡眠時間、3時間半。

朝起きたのは良いが、いきなり無気力で何も考えられない。
とりあえずキッチンに立ちはするモノの、頭の中は「………」で埋まる。
何をするべきかワケが判らず、暫し思考が回復するのを待ってから、
ようやく朝食の準備をし始めた。

せっかくの土曜日で天気も良かったのだが、
脳味噌がクラゲ状態で無意識の海をプカプカ漂う程度だった。
おかげで何かするだけの力はなく、ただソファーに突っ伏すのみとなる。

ただ、無音状態だと気分が悪いので音楽を流しっぱなしにしてはいたが、
何かを思い付くほどの思考力と行動力は無かった。

とりあえずお昼に薬は飲んだが食欲はなく、水だけ飲んで終了する。

午後からでも出かけようかと思い付きはしたが、
身体に力が入らず、意識が沈下するばかりで何もなしえなかった。
気分は良くもなく悪くもなく、フラットで何の感情も抱かなかったので、
ネガティブにならなかっただけでも幾分マシと言ったところか。

…とは言え、何も行動出来ないコトは非常に勿体ないと感じた。
もう少し何とかならなかったのかと思うが、精神的なモノはどうにも(;´Д`)
再始動に向けてもっとしっかりせねば、とも思うがイカンともし難い。

まぁ、実害がなかったと言うことで「よかった」としておくべきか。
とりあえず今日も平和だった、と言うことで満足しておきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月11日 (金)

Depression Rites : normal condition

本音を言えば調子は悪いのだが、状況打破の為に事態を進展させる。
今日はクリニックへ行き、復職へ向けての許可をもらった。

1時半就寝、6時起床。
睡眠時間、4時間半。

今朝の状態から言えば調子は良くなかったのだが、
それでも事態を進展させる為にもクリニックへ行った。

薬の処方をもらうのは当然のことだが、
それ以外に就業許可申請の同意をもらう為に話をする。

実際の状態は未だに不安がつきまとい精神的な不安定さは良くなっていない。
少し焦って無理をしてるように思うと、自身も感じてはいるが、
なにより何もしていない状況から抜け出す為にも変化を求めた。

ここで一番の問題になるのが「意欲」の有る無しで、
どれ程やる気が回復したのかが判断の分かれ目だと思う。

正直に申せば、「意欲」はあまり無い。
ただ、今は「勢い」があって、それで補うことが出来ると判断した。
現状打破の為の「勢い」が自分の気持ちの上で一番大きく感じ、
このままではいけない、と言う気勢の方が不安を上回っている。

…そう言う正直な気持ちを主治医に話し、
多少の不安があるけれども、次のステップへ進むことに同意してもらった。

はたして復帰後どの様になるか全く分からないし、
当たって砕けて、木っ端微塵にバラバラになるかもしれない。
そう言った不安や恐れがココロの奥底にあるが、
このまま立ち止まっているコトより、前進するべき時だと思っている。

気分は低調でありながらも、這ってでも前に進みたい。
有るのは「勢い」だけだが何とかなってほしい。

で、
そんな感じで午前中は気負いすぎて、午後はへたばってしまった(;´Д`)

昼食後、ソファーに「バタン」と倒れ込み、「キュ~ゥ」と目をまわす(w

なんだかこの先、大丈夫だろうかと心配になってくるが、
まぁ、何とかなるだろう、と、ケセラセラ~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月10日 (木)

Depression Rites : yellow condition

昨日に引き続き、低調でグッタリとしていた。
少しずつではあるが事態を進展させてるのだが…

2時就寝、6時起床。
睡眠時間、4時間。

色々な思いや気持ちが渦巻いて、不安が強くなる。
焦りばかりが先行して行動が伴っていない感じだ。

だからと言って何もしていない訳ではない。
今は来週に向けての再始動準備を行っているつもりだ。

休養も、もうそろそろ良いだろうと言った具合に、
状況を変化せせるべき時が来ていると思っている。

先の自作スピーカー作製でどこまで自分が試せるか実験していたのだが、
ある程度物事に対処できるだけの能力があると言うことを示せたので、
通常の仕事でも普通に作業が出来るであろうと確認できた。

後は精神的な弱さがどこまで克服できるかにかかっていると思う。

いずれにしろ、今日、会社にメールを入れ今後の予定を報告した。
まぁ、「賽は投げられた」と言うべきか。

来週になったら自分がどうなるか予想できない。
再スタートではなく、新たにマイナスからの「スタート」となり、
希望よりも先の見えない不安で気持ちは恐れで溢れている。

だからと言って何時まで足踏みしている訳にはいかないだろう。
何時かしら「その時」が来るのだから、今が「その時」になっただけだ。
…もう自分は動かなければならない。

不安は何時にも増して大きい。
だからと言って何もしないではいけない。

とにかく、まずは動かなければ!

とりあえず今日は、まず一歩目から始めた。
その歩みが止まらないことを祈りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

Depression Rites : yellow condition

昨日のような眠気はないが、思考力が弱くて1日中ボンヤリしていた。
考えなければならないことや決めなければならないことが沢山あるのだが…

1時半就寝、6時起床。
睡眠時間、4時間半。

気分的な落ち込みや、気力の無さはいつものことだが、
今日に限って言えば考えることに疲れてボーッとしていた感じだ。

色々とやらなければならない案件があるはずなのだが、
どうしても、そちらの方に気分が向かずに逃避していたと思う。

…と言うべきか、悩むことに疲れていたのかもしれない。
頭の中で渦巻いているモヤモヤ感がいつまでも晴れずにいるからだ。

現状をどうにかしたいと思っているが、
思うような結果が出ないことに少し苛立ちを感じ始めていた。
「斯くあるべき」と思い込んでも結果が付いてこない。
高すぎる望みなのか? とも思うが、決してそんなはずはない。
ただ「普通」である状態になれば良いだけのことで、
朝起きて、食事を取り、「普通」に出かければ何も問題ないはずなのだ。

それが出来ないから、悩み、苦しんでいる訳で、
いつまで経っても前が見えない状態にある。

…それを今日は思い悩むことに疲れた感じだった。

頭の中にポッカリと空白が出来て感情が抜けた様な…

何となくここ数日のゴタゴタ感に疲れを感じてしまったのだろうか?
気力の喪失とはまた違う脱力感を精神的に味わう。

ただボンヤリと金属円板を磨くという作業をずーっとやっていた。
…飽きもせずに午前中はずーっと。

昨日に引き続き、今日も何もせずに終わる。
昨日は肉体的な疲れで、今日は精神的な疲れか。

いずれにしろ水面下でも色々やっているので、コレも負荷になったのだろう。

明日はいつもの日常に戻り、少しでも物事を前進させたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自作2wayスピーカー2号機の製作 その3

前回の続きで、自作2wayスピーカー2号機の組み立ての後半。

前半まではスピーカー内部の組み付けまで終わっており、

Dscf2787

↑まで、終了した状態なので、前面バッフルプレートを取り付けから行う。

Dscf2790 Dscf2791

Dscf2792 Dscf2793

Dscf2794

エンクロージャー本体側の受け手に下穴をあけて、
そのまま上下の向きを間違えにようにしてかぶせてから、
木ネジを入れてドライバーで締め付ける。

一応、1台目の組み立てでは何も問題なく全部締め付けられたが、
2台目のバッフルプレートを取り付けるときにトラブルが発生した。
その件は、また後で。

次に各スピーカーユニットを取り付ける。

Dscf2795 Dscf2796

Dscf2797 Dscf2798

Dscf2799 Dscf2800_2

Dscf2802

とりあえず、ウーハーの取り付け下穴を開けるところまでやり、
作業の都合上、先にツィーターの下穴を開けるところまでやる。

Dscf2803 Dscf2804

Dscf2805 Dscf2806

Dscf2808_2 Dscf2809

これで各スピーカーユニットの下穴を開けたので、
マーキングに使ったマスキングテープを剥がす事が出来る。

Dscf2810

そして、各スピーカーユニットを取り付ける。

Dscf2811 Dscf2812

Dscf2813 Dscf2814

Dscf2815 Dscf2817

Dscf2818

これで、取り付け終了となり、音が出せる状態になった。

…で、2台目のバッフルプレート取り付けのネジを締めているときにミスをする。

Dscf2820

↑このようにネジ頭を潰してしまい、まず1本ダメにした。
これは何とか外すことが出来たが、2本目がそうはいかなかった。

写真を撮るほどの余裕が無かったので、文章にすると、
ネジ頭の「+」を完全にナメてしまいドライバーで凹みにしてしまった。
おかげでネジを回すことが出来なくなり、抜くことが不可能となった。

仕方が無いので電動ドリルでネジの頭にドリルを通し、
ネジ頭を切り取って、軸だけの状態にしてバッフルプレートを取り外した。

Dscf2819 Dscf2822

Dscf2824_2

軸だけにしてからウォーターポンププライヤーで軸を掴み、
その状態でネジを回して取り外すことになった。
これで2本ダメにしたので、後から追加購入しなければならない。
…まぁ、とりあえずバッフルプレートは2本で止めて音だし確認が出来る状態にする。

Dscf2825

設置するが、この状態はまだバスレフポートが付いていない。
前回1号機製作のときの反省点として、まず何も無い状態で音を出してみた。

Dscf2826

この状態だと中低音~低音が出すぎて、かなりブーミーであった。
ベースが「ブワァワァン」となり、残響音が少し耳障り。

Dscf2829

テープで仮止めしてバスレフポートを取り付けてみる。
今度はベースは「ブゥン」と唸り、低音が引き締まってよくなった。
内部の残響音もこれだと出てこない。

それでこのままの長さでバスレフポートを取り付けることにする。

Dscf2830 Dscf2831_2

Dscf2832 Dscf2833

Dscf2834

…で、ここまでは良かったのだが、

Dscf2835

次の2つ目の穴を開けているときにドリルを折損させてしまった。
無論、折れた側はエンクロージャーに刺さりっぱなしでとることが出来ない(汗

仕方が無いので、ドリルが埋まったまま爪楊枝とボンドで穴をふさぎ、
先に作った方も泣く泣く穴をふさぐことにした。

ネジを「X」になるよう取り付けたかったのだが、
仕方が無いので「+」になるようにネジ穴を変更する。

Dscf2837 Dscf2839

これで終了と思いきや、
2台目のポート取り付け時に、またもやねじ山を潰してしまい難儀する。

仕方が無いので、この時点で近所のホームセンターまで買出しに出かけて、
先のバッフルプレートとポートのネジを探し出し、
また、ねじ頭を潰す原因がドライバーにあるのではないかと考え、
新たにプラスドライバーも購入してくる。

Dscf2842

で、何はともあれ、終了した。

Dscf2844

本格的にセッティングして音だしを確認しているうちに、なんだか違和感を感じた。

それで良く外観を確認したら…

Dscf2845

右側スピーカーのウーハーの取り付けが左にずれている!! 

なぜ、ここまで来る前に気が付かなかったのかorz

Dscf2846

ネジを外して見れば、一目瞭然。
穴位置が完全にずれていた。
ユニット取り付けのセンター出しがずれていたのか、書いてるときにずれたのか、
いずれにしろ大きなミスとなり、修正を余儀なくされた。

これも写真を撮っている精神的余裕が無かったので、文章で。

とにかくネジ穴にボンドをつけた爪楊枝を差し込む。
それでも穴には余裕があるので、2本目の爪楊枝を叩きいれて穴をふさぐ。
穴からはみ出る爪楊枝はカッティングプライヤーで切り、ボンドが乾くのを待つ。
…速乾性木工用ボンドだったのである程度になったらヨシとした。

再度、作業をやり直してネジ穴位置をもう一度取り直す。
そして修正後の穴位置でウーハーを取り付けた。

Dscf2847

これでホントに終了!

…と思いきや、良く見たらウーハーと、ツィーターが接触していたorz

再々度、修正する羽目になる(;´д`)

まぁ、そんなことが有りつつも、何とか終了した。

Dscf2849

1号機と2号機を並べてみた。外側が2号機で、内側が1号機。
どちらのスピーカーユニットはほぼ同じ大きさなので、
エンクロージャーの大きさで見た目がだいぶ変ってくる。
1号機はいかにも素人っぽい配置になってるように見えるが、
2号機になると、それなりに様になっているように感じるのが不思議だ(笑

2号機の音は全体的に明るめで比較的軽快に聞こえる。
中高音に重心がありキラキラ輝いてるような雰囲気を持つ。
それでいて低音も強すぎず弾むようにドンドンと音切れがいい。
音域は1号機のそれと大して違わないが、重低音は少し弱い。

音場がワイドでスピーカースケールより大きな感じに聞こえる。
定位は普通であり音源がやや大きめに聞こえるように思った。

個人的には音の明るさ、元気さで1号機よりも好みかもしれない。
どちらかと言うと市販スピーカーのような雰囲気に近い感じがする。
それほど強い個性は持っていないので、万人受けしそうな感じ。

まぁ、これで自分が期待していた音よりも良かったので十分満足した。

もうパーツは残っていないので、当面は自作スピーカーを作ることは無いだろうが、
もし、また次の機会があれば何か工夫して作りたいと思う。

余裕がある人も、ぜひ挑戦してみたらいかがかな?(笑
トラブルに対処できる自信があれば、結構楽しいと思いますよ。

追記)10/08/13
何度も弄繰り回そうかとしたが、結論から言うと2号機は失敗作に つД`)・゚・。・゚゚・*:.。
どうにも中音域がゴッソリと抜け落ちてスカスカの輪郭だけの音質になる。
低域と高域はしっかりと出ているのでスピーカーユニット性能は問題無い。
つまるところ、既製品のネットワークではそうも上手くはいかないと判明。

しかしながら、1号機は見た目が不細工ながらもしっかりした音質で不満は無い。
これは偶然にもスピーカーユニットとネットワークがマッチングしたのではないか。
その経験で気をよくして、そのまま違う組み合わせでトライして、裏目に出たのが2号機。

もうここらヘンのネットワーク設計は完全にお手上げなので、
これから2号機をどのようにするべきか非常に頭が痛い。
…なにせ、Hi-Vi B3Nのスピーカーよりもガッカリ音質だから、もうどうしててくれよう(泣

教訓、何でも金さえかければ良いってモンじゃないil||li _| ̄|○ il||li

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 8日 (火)

Depression Rites : normal condition

昨晩は十分寝たような気がするのだが、一日中眠気が引かず、つらい。
疲労のせいにしては、あまりにも長続きしすぎるのだが…

1時半就寝、8時起床。
睡眠時間、6時間半。(久し振りに6時間オーバー!!)

昨日のドタバタで昨夜は早めに眠気があらわれて、すんなりと寝られた。
しかし今朝になってみると、テレビタイマーの音声にも気が付かず、
タップリと8時頃まで眠ってしまう。

久し振りに長い時間を眠れたことには嬉しく思ったが、
その後の行動を制限されるくらいの眠気に襲われて難儀する。

いつもと変わらない薬の量だったはずだが、
今日に限っては強烈な眠気がいつまでも続き、何もすることが出来なかった。
薬の副作用だとは思うのだが、こうも強いのは久々に体験する。

ただ、よく解らないのは眠剤が完全に抜けきっていたか? と言うこと。
本来ならば7時間近くで効果が薄れるはずだが、どうにもその様な感じではない。
何となくだが、いつまで経っても残留し続けているような状況だった。

なにせ、座っていようが、立っていようが、気を失いそうになるほど眠い。
作業自体が途中で止まってしまい、脳に空白が生まれるくらいだった。
抗鬱薬にしたとしても不自然なくらいに強すぎる効き目だ。

それで、なにか通常と変わったことがあったのかと考えると、
昨日のスピーカー作製で心身共に疲労してへたばった程度としか考えられない。

すなわち、極度の疲労状態で睡眠薬、抗鬱薬等を飲むと、
その効果時間は極度に延びるか、副作用が強くなるのか、どちらもと考えられる。

…しかし、いずれにしろ体質的なモノなのかもしれないが、
疲労状態により代謝が遅れるようなコトがあるのか少し疑問だ。

と言うよりも、現在の薬の量は普段ボンヤリ過ごしてる状態にあって適量であり、
強い疲労を伴った身体状態だと、その量では多すぎるのかもしれない。

…はたして本当だろうか?
偶然そうなった、と言う程度で済む話にはならないのか、と少し心配である。

いずれにしろこの件は医者に要相談と言ったところか。
自分ではナニがどうなっているのかサッパリである。

まぁ、上記のように今日は眠気との戦いで、何もしていない。
眠い中スピーカー製作の記事を時間かけて書いた程度で、
満足な行動は何一つ出来ていない。
…なにせ、トイレに行くことさえ眠気が引くまでは出来なかったくらいだ(;´Д`)

この状況が再び続くようであれば、どうにかしなければならないので、
たまたま、今日だけ起きた偶然、と言うことであると願いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自作2wayスピーカー2号機の製作 その2

昨日月曜日に作業した分の前半を簡単に書き上げてみる。

スピーカー内部の作業までだが、ここまではミス無く出来たので簡単にまとめる。

まずは内部配線の作成から。

Dscf2731 Dscf2733

余裕を見て40cm切り出す。
スピーカー2台分なので全部で8本。

次に、端子の加工。

Dscf2734 Dscf2737

Dscf2738 Dscf2739

ネットワーク側端子を圧着工具で作り上げた。

次にスピーカー側、ファストン端子を取り付ける。

Dscf2740 Dscf2741

Dscf2742 Dscf2744

Dscf2746_2

Dscf2747 Dscf2748

Dscf2749

ファストン端子はサイズがSとMを使用した。
ツィーターもウーハーもプラスがM、マイナスがSのサイズになる。

今度は配線をターミナルに取り付ける。
これはターミナル→ネットワークの配線。

Dscf2750 Dscf2751

Dscf2752 Dscf2753

Dscf2754 Dscf2755

Dscf2758

半田付けの作業はこれで終了。
チョット角度が悪くてハンダが流れてしまい上手くいかなかったものもあった。
…所詮は素人作業だなぁ(;^ω^)

そして、ターミナルをエンクロージャーに取り付ける。

Dscf2759 Dscf2760

Dscf2761 Dscf2762

Dscf2763 Dscf2764

Dscf2765 Dscf2766_2

Dscf2767 Dscf2768

Dscf2769 Dscf2770

他の物もそうだが、基本的には取り付け相手側(箱の開口部)のセンターを出し、
取り付ける側のセンターも出してから、それぞれのケガキ線に合わせて置いてみる。
その状態を保ったまま、ねじ穴位置に印をつけて、そこをドリルで下穴を開ける。
そうしてから物を取り付けて、木ネジで締め付ける、と言う作業をする。

これはスピカーユニット取り付けも一緒。

次は、エンクロージャー補強材奥側の吸音材を入れ込む。

Dscf2771 Dscf2772

Dscf2773 Dscf2774

Dscf2775

使ったのはフェルト。
1枚を4本に切り分け、奥に2本、手前に2本使った。
とりあえずバスレスポートをふさがないように注意する。

次にネットワークを取り付けるのだが…

Dscf2776

見ての通り、エンクロージャーに対して基盤が大きすぎる。
当然底面にも側面にも取り付けようが無い。

Dscf2778

そこで補強材に取り付けるしかなかった。
片方の穴を完全にふさいでしまうが、
音響効果的には低音増強になるのでは? と考えた。
バスレフポートはちょうど基盤の後ろになり、ウーハーはネットワークの前になる。
経路としては逆Uの字を描くように長くなる。

Air_flow

取り付けの続き。

Dscf2779 Dscf2780

Dscf2781

角の方がドリルの入り具合でネジ穴とを斜めにあけてしまったが、まぁ、何とかなった。

それから、内部配線の取り付けを行う。

Dscf2782 Dscf2783

Dscf2784

配線に識別をしてからネットワークのターミナルに繋ぐ。
ネットワークはバイワイヤー仕様に改造しているので、
スピーカー(-)とターミナル(-)が1つの場所に2本取り付いている。
無論、プラス側はツィーターとウーハーで分離している。

そして、吸音材の取り付けとなる。

Dscf2786 Dscf2787

先に切り出したフェルトを2本、サイドを這わして取り付ける。
上部(右)は短部を重ね合わせて、穴をふさがないように注したが、
下部(左)は片方の短部をネットワークを覆うように取り付けた。
ちょうどこの上にウーハーがくる予定。

これでエンクロージャー内部の作業は終了して、前半の作業を終える。

つぎに前面バッフルプレートの取り付けとなるが、それはまた次の記事で(w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 7日 (月)

Depression Rites : normal condition

朝から気分が良かったので、スピーカー作製をし始めるが、止めどころが分からず、
勢いで最後まで突っ走って、無事、精神的にぶっ倒れる(;´Д`)

2時半就寝、6時起床。
睡眠時間、3時間半。

いつまでもスピーカーパーツを箱のままに置いておくのは、
何となく「はよ、作れ」とばかりに睨んでる気がしてならなかった。

ぽっかりと空いた木箱の、がらんどうな感じも、
まるで自分を見ているようで、気持ち的にも良い感じじゃない。

…そんな風に昨夜思い、今朝になって実行することとなった。

昼過ぎまでは順調に1号機の作業と同じようにしていたが、
終盤の肝心なところでネジ頭を幾つも潰したり、
ドリルを折ったりするようなミスを連発することになり、
そのリカバリーの作業で、てんやわんやのグダグダになった(w

テストの為に音を出す段階までいったのが16時頃であり、
その後の作業ミスや、後から発見した不具合などを含めると、
本格的に音を出すレベルまでいったのが20時頃という状態になる。

なにせ、今回はネジ山を潰すミスが連発して難儀した。

ドライバーが悪いのかもしれないとも思い、新規にドライバーを購入したりするが、
潰したネジの替わりに買い足したネジを使ったら、問題なかったと言うことで、
単にクラフトパーツに付属してきたネジが壊れやすいと判明したりする。

おかげで全てのネジを鉄からステンに交換しようかと思ったが、
さすがにソコまでやるだけの気力が持たずに必要最小限の交換で終わった。

出来上がったスピーカー2号機は、1号機以上に満足している。
小型スピーカー(高さ30cm程度)なのにパワフルな低音を出ており、
もしかしたら1号機もこの方が良かったのかもしれないと思うほどだ。

まぁ、1号機はキレがあり落ち着いた音質で、音域がワイドなのがウリで、
2号機は弾けるような低音で、中音の量と濃さがよい感じになっている。

どちらがどうだ、とはまだ聞き比べていないので何とも言えないが、
オススメしたいのは2号機の音だが、修理痕が多いので売り物にならない感じか(w

いずれにしろ、満足できるモノを作り上げたので気分は良いが、
やり遂げて終わった、と言う燃え尽き感も強いのは仕方がないかもしれない。

だから今はグッタリとして、もう何もしたくないという感じだ。
その勢いのまま、何かを成し遂げよう! と言うような精神力はまだ無い。
鬱っぽく無ければ、まだ続きをするなり、次に発展させる考えも浮かぶだろう。
しかし今はソコまでの余裕が自分にはないので、ただ呆然としてるだけだ。

まぁ、ともかく疲れた。
手にマメを幾つも作って、潰れたモノは水に染みて痛い。

そんな当たり前のことが、何となく嬉しい気がする。
何かしら作業をやり遂げられるという自信につながり、少しは前進したと思いたい。

きっと今日ぐらいはグッスリ眠れそうな気がする。
久々に、過ぎた時間に満足することが出来て嬉しいと感じた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自作2wayスピーカー2号機の製作 …とりあえず完成

何とかやる気を出して、やってみたら、時間を忘れて没頭していた。
トラブルばかり起きましたが、とりあえず自作2wayスピーカー2号機、完成!

Dscf2842

エンクロージャー : RIT-BOX07NTR
ツィーター : PARC Audio DCU-T113S
ウーハー : wavecor WF138WA01

朝9時から、夜21時まで。
昼飯の時間を含めて12時間、ぶっ通しで作業をする。
…マジで疲れたよ(;´∀`)

普通とは違って、
ターミナルが上で、バスレフポートが下になっているが、構造上の工夫でこうなった。
おかげで音質は1号機よりも低音に元気があって、跳ねるように音が出る。
音域の幅は1号機に劣るが、音の濃さでは間違いなく勝っている。
…たぶん同サイズだったら、市販スピーカーより間違いなくイイ。

で、
実は、この写真を撮った後でトンでもないミスを見付けてアタフタしたのだが、
修正して音出し確認した後の写真は撮る気力が無く、終了。

とりあえず製作記事は明日以降に回します。チョット、疲れたので(;´Д`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 6日 (日)

自作2wayスピーカー2号機の製作 その1.5

前回の木工作業でやり忘れていたことを少し行う。

忘れていたのはツィーター、スピーカー端子の切り欠き加工。

Dscf2715

ツィーターの端子はドームよりも外側に着いているので、
前回開けた穴ではこの部分が入らなくなってしまう。

それで、切り欠きを加工する。チョットした穴開けとノコギリ、ヤスリ作業。

Dscf2716

何はともあれ、マスキングテープを貼って切り欠き部をけがく。
大きさは10mmx15mmの長方形。

Dscf2717

まずは隅に穴を開ける。

Dscf2718

そして、その中央にもドリルを通す。
ここに細身のノコギリが入る程度ならばOK。

Dscf2720

そして開口部の縁からけがきに沿って切る。
まずは1ヵ所目。

Dscf2721

隣の2ヵ所目。

Dscf2722

最後に先ほどドリルを通した3ヵ所目。

Dscf2723

一応、切り欠きは作り上げたが、奥部分はドリルの後などが残っている。

Dscf2725

よって、木工ヤスリで…

Dscf2726

削るべし!(笑

Dscf2727

同様にもう片方も加工したら作業終了。
必要に応じて紙ヤスリなどで仕上げもする。

Dscf2729

具合を見てみる為に、ツィーターを開口部に入れてみた。
ちょうど良い具合に余裕があり、配線や端子がここに収まることになる。

木工自体は、コレで終了。
後はねじ穴の下穴開けなどの作業があるが、大きな工具を使うのはここまで。
これ以降はテーブルの上で作業が出来るようになる。

とりあえず、今日のところはコレで終了。
組み立ては明日やろうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Depression Rites : yellow condition

日曜日になると失速する法則でもあるのだろうか?
ともかく朝から気力無くグッタリと低調のまま1日が終わる。
いっかい、やすみ。

1時半就寝、6時起床。
睡眠時間、4時間半。

それなりに眠ったはずなのだが、目覚めは身体が重く思考が鈍い。
朝からグッタリとしてて疲労が抜けていない感じになる。

一応、朝は朝食等の一連の行動を取ることが出来たが、
それ以降は力が出ずソファーに突っ伏したまま動かなくなる。

そのまま昼食も食べずにグッタリと過ごす。
とりあえず薬を飲みはしたが、効いているような気がしない。
気持ちが動かず頭が空白のまま時間が過ぎる。

そのまま1日が終わった。
ただソファーに沈んだままで何も出来ない。
まるで病人だなと思うが、まぁ、その通りだろう(苦笑

鬱っぽくて無気力な状態は、何がどうしても良くならない。
精神的に力がない時は自分ではどうしようもないか…

今週末には1つ決断しなければならない。
それまでにどうにかなるか不安になる。
…しかし時間は刻々と進み、事態は待ってくれない。

不安と焦燥感、そして無気力。

どうにかナランかなぁ、と天井を仰ぎ見るも、良い手立ては浮かばない。

まぁなるようになるさ、と思えば気が楽だが、そんな簡単なコトじゃない。

どうにかして変化しなければならない。
そしてその時期はもうすぐだ。

頭に拡がる暗い感情をどうにかしつつ、今日も1日が終わる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 5日 (土)

Depression Rites : normal condition

…どうも、寝る前に音楽を聴くことは自分的に鬼門らしい。
自作2wayスピーカー1号機を前にして、結局は徹夜した(;´Д`)

睡眠時間、0時間。

深夜になってから、寝る前に少し音楽を聴いて落ち着こうと思った。
使用するスピーカーは自作2way1号機、エージングも兼ねてのことだ。

で、聞いている内にどうしても気になる部分が出てくる。
一応、重低音は出てるのだが、その上の低音がサッパリ出ていない。

他のスピーカーと比べると、キレがあり透明感はあるのだが、
低音の量が少なくて音の重厚さがサッパリ無いのである。

それで、一度気になってしまうと、どうにかしたくなる性分で、
どうしても我慢できずに、深夜にもかかわらず分解作業を始めた。
…何が悪いのかサッパリな為、まずは吸音材を抜いてみることを思い付いた。

しかしながら、低音は出てこなかった。
箱の反響音が低音側の残響音として残るように聞こえる程度で、
全く持って改善していない。

でよく解らないので、吸音材を元に戻し、復旧する。
…当然、元の音に戻るだけで何も変わらない(;´Д`)

次に、ツィーターだけの音と、ウーハーだけの音で試してみる。
ターミナルはバイワイヤーなので、ジャンパーを外して片方に繋ぐだけだ。
やることは至極簡単なことだが、何か切っ掛けがつかめないかと真剣になる。

高域側が少し暴れているような気がするが、
ネットワーク回路による音の分離がされているのが分かる。

ウーハーだけにして聞いてみるが、中音域の元気が良いのだが、
その下側になるとなんだか心許ない。
…どう聞いても中音域の下が出ていないような気がするのだ。

そのまま耳を後ろのバスレフポートに持っていく。

…出てくるのは重低音のみ。
低音、中低音はサッパリである。


……
………う~ん、ウーハーが悪い?
とは言ってもスペック上の周波数特性は十分なんだけどなぁ。

そんなコトを考えながらインターネットで何かヒントがないかと探しまくる。

結局のところ「自作スピーカー設計プログラム」のサイトでウンウン唸る。
色々と数値を変化させて何が問題なのか考えるが、思い付かない。

とりあえず、他のスピーカーと比べてみることにした。

で、分かったのがTangent EVOと音の方向性が似ていることに気が付く。
小型の密閉スピーカーの音と実に良く似てるのだ。

他のバスレフポートを持つ小型スピカーとは自作2way1号機とは似ていない。
出てくる低音がバスレフポートから出てくる。

無論小型だから重低音は期待できないのだが、
“こもり”とも思える低域の音は、バスレフポートからの方が強い。

ここで、ようやくバスレフポートの設計が失敗している? と気が付く。

試しに「自作スピーカー設計プログラム」サイトで
100Hzとか大きめの数値を入れてポートの長さを計算した。

で、
数値を大きくするとポート長はどんどん短くなっていく。

目標とする60Hzだと確かに12cm程度になり、低域を下にすればポートは長くなる。
逆に重低音から低音と数値を増やせば、ポートは短くなり、マイナスなども出る。

ようは、ポートの開口径が大きすぎて重低音しか出なくなってしまった。
計算上出したい音のバスレフポートの大きさが60Hzに固定されて、
それより上の低音の音が出ないような設計と言うことにしてしまったワケだ。

…このへんは、やはり経験と数をこなさないと分からないものだろうか。
スピーカーの設計は難しいと思いつつ、自作2way1号機に目を向ける。

で、
バスレフポートを取り外した。
エンクロージャーにはただの穴が開いているだけで、何の工夫もない。
見た目格好悪いし、何より内部がスグ見えてしまうのがイマイチだ。

…が、
出たのだ。
低音が。

そんな状態で、欲しかった音がボンボンと出てくるではないか。

…バスレフポートの設計ミスか~il||li_| ̄|○ il||li

ソコまできて、もう夜は明けきっている。
自分は、バスレフポートのダクトを鷲掴みにして天を仰いだ。

…どうしてくれよう。
無しでは格好悪いし、このまま付けても元に戻るだけで意味無いし…

う~ん、と唸って、1つ溜息をついてから、
おもむろに工具箱に手を突っ込んだ。

掴んだのは、ノコギリ。
ポートを付けないというのも悔しいので、
ギリギリまでダクトを切りつめようと考えたのだ。
…ちなみにこの時点で寝ることは諦めていた(;´Д`)

ガリガリと切って、端面をヤスリがけする。
切り口を整えて、新バスレフポート完成。
…12cm有ったはずの長さは4cmまで切り落とした。
せめて形だけでも、と言う精一杯の抵抗というか、妥協点。
ああ、涙が朝日に染みる…

出来上がったダクトをスピーカーに取り付ける。
なんだかその短さが心許ないが、音質は格段に向上した。
ようやく、時間をかけてココまで来て、普通のスピーカー並になった。
…なにせ高音域は他のスピーカーよりも秀でているのだから、
コレでようやく満足する音に近づいたーぁー。

で、

そのまま朝食の準備となった。
少し休憩が欲しいところだが、一晩中動き回って、腹が減った(;´∀`)

まぁ、ともかく勉強になった言うことでヨシとしとこうや。
…コレ以上先は、さすがに気力が尽きて、もう持ちません。

…ああ、今日も、やりたいこといっぱいあるんだけどなぁ。
眠る時間作れるかなぁ(w

どうにも、やる気のピークが深夜に来るようで困ったモンだ(;´Д`)
一度気になり始めると、眠ろうとしている頭の中でグルグル回るから、眠れないし。

色々と自重しなければならないところがあると思うのだが、
深夜になってくるほど頭が冴えてくるのはイカンともし難い。

せめてコレが逆に、朝方ピークならばと思うのだが、
鬱っぽい時は、それはそう簡単な話では無いから、どうにか努力が必要なんだろう。

昨晩のような勢いをどうにかして朝に持ってこれればイイのだが、
なかなか上手くいかなく、情け無いことで恥ずかしい。

とりあえずは、夜は静かに落ち着いてグッタリなるようにしたいのだが(;´Д`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自作2wayスピーカー2号機の製作 その1 エンクロージャーキットの利用

午後になってから、チョットやる気が出たので、
少し自作2wayスピーカー2号機の作製を初めてみた。

箱は前回よりも2まわりくらい小さいRIT-BOX07NTR(六本木工学研究所)を利用する。
しかしながら使うユニットは前回と同じ大きさのモノ。
前回は15Lサイズだったが、今回は7Lサイズになるので、一体どうなるか楽しみ。

…とは言いつつ、今日のところは木工まで終了した。

では、いつもの如く、写真構成で。

Dscf2685

またもや大雑把な、チラシ裏の設計図(w
バスレフポート開口径46mm、ツィーター開口径76mm、ウーハー118mm。
バッフルプレートと比較すると普通のスピーカーと同じくらいか。
前回が少し考えすぎて特殊だったのかもシレン。まぁ、1号機だし(w

Dscf2686

まずはバスレフポートから開ける。
ターミナル部は既に穴が開いているので、その上に適当な位置を決めて加工する。

Dscf2687

センターを出して、穴の中心部に印を付ける。

Dscf2688

まずは下穴、パイロットホール。
直接、大きな穴を開ける度胸はない(;^ω^)

Dscf2690

バスレフポートはホールソーを使ってみた。
切り屑が飛び散らないで良いのだが、歯にかかる抵抗が大きいので切る速度は遅い。
…もっと押しつければ良いのだろうけど、電動ドリルの力が弱いので。

Dscf2692

開けるとこんな感じ。
ノコギリの中に木片が残る。切った直後は摩擦熱でチト熱い(w

Dscf2693

試しでダクトが通るかどうか入れてみた。
まぁ、具合は良さそう。

Dscf2694

次に、前面バッフルプレートに穴を開ける。
…こうやって対峙すると、やっぱり緊張するね(笑

Dscf2696

センターと、各穴位置の中心部のマークをする。
とりあえずもうクランプで止めているので、穴を開ける寸前。

Dscf2697

で、やっぱり下穴は開ける(w

Dscf2698

適当に5mmのドリルで通してある。
自由錐の中心ドリルは8mmなので少し大きいか?

Dscf2699

自由錐をセット。

Dscf2700

ぎゅい~ん。
まずは普通に前面から穴を開けていく。

Dscf2702

ある程度進んだら、プレートをひっくり返して、反対から開けてやる。
前回からの反省点で、穴の切り口を綺麗にする為。

Dscf2703

ツィーター側の開口部終了。
この後で切り口を紙ヤスリで磨いて綺麗に整える。
↑ちなみに穴の縁に見える出っ張りはセンターを出した時の紙テープ。

Dscf2704

次にウーハー部。
既に下穴は開けてあります。

Dscf2705

中心ドリルがまず先に切り込んでいく。

Dscf2706

ある程度まで行くと周囲の錐が接触して削り始める。
真っ直ぐ立てないと均等に円が切れていかないので慎重に。

Dscf2707

ある程度になったらストップ。
3/4ぐらい切り込んだ後かな?

Dscf2708

裏面にする。
既に中心は開いているので、軽く差し込んでいるだけ。
いきなり、錐を接触したまま回転はさせない。(写真は付いているけどね)

Dscf2709

がーっ! と切っていく。
木屑が飛び散って、やっぱり狭い部屋でやるモンではないなぁ(苦笑

Dscf2710

コレで貫通した後。
穴の中心部分にバリが残っているので、ヤスリ掛けして、紙ヤスリで整える。
…手間ではあるが、こちらの方が確実に綺麗に穴が開く。

Dscf2711

コレにて加工終了。

今日のところはこの木工まで。
作業が終わったら片づけて掃除。

次回からは配線作業が中心で、大がかりな作業は無し。
…さて、いつ頃やろうかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の買い物 同人CDと商業ゲーム

土曜日なので、とりあえず習慣の如く書店へ出かけたが、収穫無し。
…まぁ、月初めだからこんなモンでしょ(苦笑

…で、今日までに届いたお荷物が幾つか。

Dscf2713

同人CD、東方アレンジ。

妖音碧玉-Magical Blue- (Floor6 Records
紅魔恍惚-Red Trance- (Floor6 Records
Toho Synthesized (Floor6 Records
あーやややや やややぁ! ~あややの調べ (Windbreaker)
東方アレンジ集 其の弐 (きくちけ

Dscf2714

PSPゲーム。

CLANNAD 光見守る坂道で 上巻
            特典 下巻ダイジェスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 4日 (金)

Depression Rites : yellow condition

何も無く、何もせずで、引き続き低迷中。
どうにも憂鬱感がぬぐい去れなくて気力が出ない。

2時半就寝、6時起床。
睡眠時間、3時間半。

午前中に少し用事で外に出ることがあったが、
光が強くて、陰鬱な自分が炙られてるような気がした。
天気がイイことは良いことだが、
自分と比較するとなんだか対照的で気持ちが委縮してしまう。

駅前まで来れば踊芸祭の幟があり、意識せずとも気になってしまう。
祭は明日からだが、今の自分では華やかな場には相応しくないような気がして、
おそらくは参加しないか、遠目から見る程度になるだろうか。
いずれにしろ現状では日陰側の人間でしかない。

…と、ネガティブになったところで帰宅した。

その後はいつものようにグッタリと伏せる。
鬱々とした気分が払拭されず、原因不明のイライラ感がつのる。
どうにも良いイメージが思い付かず、いっそう負感情になり泥沼に落ちる。

そうなっては変化を起こすだけの力が喪失してしまっているので、
嫌な気分が落ち着くまで、グッタリと待つしかない。

…やりたいことは沢山ある。
しかし、そのいずれも成し遂げる気がせず、全てが無意味に思えて、
先のことや将来性を考えることも出来ずに、
最悪の選択しか行っていないような気までしてくる。

…が、
ソコまで思い詰めてから、考えるのを止めた。
自ら苦しむように思考する必要はないし、苦悩することもない。
全ては無駄かもしれない、と諦めてしまえば幾分楽になるだろうか。

あ~、止め、止め!
とりあえずは忘却するとして、微睡みに身を任せる。
またもソファーに沈み、精神的な逃避行動、居眠りに入った。

…結局今日も、何も無く、何も進展せず、何も生み出さない。
もう少し何とかナランのか? と思うが、
何とかなっていたら、こんなに苦しんどらんわ! ヽ(`Д´)ノウワァァァン!!

まぁ、いずれにせよ、何も無く、
今日も平和でありましたとさ。むいむい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 3日 (木)

Depression Rites : normal condition

なんだかサッパリ眠れなかった夜は、朝になって眠気が出る。
…とは言いつつも結局は短眠でしかなく、日中はツライ(;´∀`)

5時就寝、7時起床。
睡眠時間、2時間。

昨晩床に付いたのが1時半頃で、このまま寝れば十分だなと思っていた。
しかしながら、いつまで経っても眠ることが出来ずイライラする。
…で、結局3時前に起き出してPCをイジリ始めた。

別段何をする訳でもなく、ただボンヤリとHDDのデーターの移動など。
蓄積してきたPC内のデーターを外付けHDDに移動し保管させる。
その外付けHDDはPC1号機からPC2号機へ付け替えて、
音楽メディア等をPC2号機(Win7 メディアプレイヤー機)で使わせる。

メインのPC1号機はWinXPなので音楽再生能力が制限されているので、
サブPCの2号機により幾ばくかの音質アップを図ろうとしたものである。
(2号機にRDA-520を接続し、24bit/96kHzまで対応している)

とは言え、所詮はMP3ばかりなのでどこまで音質が良くなっているのかは、
この狭い魔窟ではスピーカーとの距離が近すぎてよく解らない(w
(現在使っているのはQ Acoustics 2010GBを使用。
 残念ながら日本市場では出回っていないのだ(w )
もしかしたらプラシーボ程度の差かもしれないが、イイような気はする(汗

…まぁ、そんな感じで深夜にボチボチとPCをイジリながら、
たまっているメディアファイルの整理整頓を始めることになった。
とは言え、やっていることはコピペばかりなのだが、
最終的には外付けHDDにまとまったデーターをコピーするわけで、
その時間帯は何もすることが無く、ただボーッと画面を眺めていた。

が、100GBをこすデーター量が1~2時間程度で移動できるはずもなく、
空が白み始めてきた頃になってから、ようやく眠くなってきたので、
PCの方は放置したまま、今度こそ布団に潜り込み眠れる状態になる。
…その時の時刻は既に5時を過ぎた程度で、雀やカラスの鳴き声が聞こえていた。

とは言え、習慣付いたモノなのかどうか分からないが、
朝方にそうそう長く眠れることも出来ず、2時間程度で目が覚める。
たぶん2度寝した時の感覚に近い目覚め方だ。

当然、頭の方は重く思考力は弱い。
低血圧も手伝って朝の一連の行動を条件反射的にボンヤリとこなした。
おかげで何をしたのかサッパリ記憶に残らず、薬を飲んだのかも定かではない。
(後から確認したら、薬の量が減っていたので飲んだっぽい)

とりあえず午前中は脳味噌のエンジンがかからず低迷状態で、
宅配便が来た時には、だらしない格好でローテンションと言うヘマをやらかした。
…何となく宅配業者さんが引いていたのは気のせいではなかったかもシレン(;´Д`)

で、
ようやく、エンジンがかかりだしたのは昼頃で、
その時になってから少し気力が回復したのでホームセンター等へ買い出しに行く。
とりあえずはスピーカー用の配線パーツや消耗品を買い、
そのままヨーカドーの地下で昼食のパンを買って帰宅する。

昼食後、宅配便の開梱や、買ってきたモノを仕分けたり使ったりするが、
次第に寝不足と昼食後の満足感で眠気が押し寄せて来るが、何とか耐える。

開梱した宅配便はスピーカーパーツで、ここからどう作るか考え始める。

思っていたよりも小さかったので今度こそネットワークの取付に無茶が出る。
底面にも側面にも取り付かないので、穴を塞ぐ形で補強材に取り付けるしかない。
前回の2wayスピーカーは大きさ的にも余裕があったので楽できたが、
今回は内部空間が限られるので変則的な工夫が必要と思い始めた。

とりあえず、幾つか考えをまとめる為に紙面に図示していくが、
ここに来て眠気の方もピークに達してきており、思考に空白が生じ始める。

で、
結局、眠気に耐えきれなくなり、15時過ぎにダウンする(;´∀`)

気が付いたのは2時間後の夕方。
何をどうしたモノだか、部品やパーツが散乱している。
チィーナさんがテーブルに登ってイタズラするはずもなく、
間違いなく自分の仕業なんだろうけれども、寝ている間に何をしたやら?

おそらくは寝相でソファーから伸ばした手が、
近くのテーブルの上をなぎ払ったモノと思われる。

…と言うか、こんなに暴れるほど寝相悪かったか? と思うほどだ。
記憶に止めていないが、もしかすると悪夢でも見てもがいたのかもシレン(w

まぁ、原因を考えても詮無いことなので、とりあえず片付けを行う。
とにかく壊れるものが無くてやや安堵するが、
こう言うことは初めてだったので少々自分自身に対して驚きもした。

日中、眠りが必要になるほどの状態になるようでは、ダメだと感じる。
それほど睡眠の状態が悪いのは何とかしなければならない。

昨晩は眠剤の追加投入など行わなかったので、余計尚更、失敗だったかも。

やはり夜は素直に、静かに眠りにつくのが一番だが、
なかなか上手く調整できない自分がもどかしい。

兎にも角にも、昼夜逆転せぬよう気を付けたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の買い物 スピーカーパーツ

今日届いたチョット大きなお荷物。

Dscf2683

スピーカー、クラフトパーツ。

RIT CUSTM RIT-BOX07NTR : エンクロージャー
RIT CUSTM RIT-CS1/BWG : ターミナル
RIT CUSTM RIT-BP35J : バスレフポート

Dscf2684

ツィーター。

PARC Audio DCU-T113S

その他、各種部品も通販したり、近所のホームセンターで買ったり。
コレで小型スピーカーを製作することが出来る(w

あとは、気力とタイミングだなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 2日 (水)

Depression Rites : yellow condition

イマイチ低調な状態でグッタリでダラダラと。
気力無くて何もせず、何も進展せずで引き続き低迷中。
いっかい、やすみ。

2時就寝、6時起床。
睡眠時間、4時間。

朝から何も思い付かず、気分が持ち上がらない。
何かを行動しようと言う気力が無くグッタリと低調になる。

そのまま音楽を聴きつつ、鬱々とソファーに沈む。

…結局、夕方まで動ける状態ではなかった。
食欲もなかったので昼食は食べずに薬だけ飲む。

時間が勿体ないと思うが、
精神的に不活性で、全てに興味を見いだせず終わってしまう。

とりあえず今日のところは何も進展せず、気分的には1歩後退くらいか。

色々とやりたいことはあるんだけどなぁ(;´Д`)
健常な人には分からない感覚かもシレンね。

ココロの奥底にガンバルための踏み台が無い感じでさ。
棚の上の「行動」というモノを取ろうとしても、踏ん張れず、届かないの。
だから仕方ないので、棚の下で体育座りしてジッとしてるワケですよ。
いつかしら「行動」が棚から落ちてこないか? と待っているような感覚。
既に動くことを諦めて、床に指で「の」の字なんか書いてる状態だね(w

そう言うことで今日のところは何も無く終了。
明日に期待する、でいいかな?(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 1日 (火)

自作2wayスピーカー最終形態

新ネットワークの改造後、コンデンサー固着確認して早速取り付けてみる。

ついでにウーハーも変えてみた(w

Dscf2681
(真っ黒のバッフル面とウーハーが黄色いヤツ)

エンクロージャー : RIT-BOX15NTR
ツィーター : Seas 27TBFC/G
ウーハー : Davis 13KLV5MA

チョット甲高い音を出すが、おおむね音域が広くてキレがある。
特に低音~中低音でだれた感じがせず締まりがよい。
それでいて重低音再生も余裕でこなす。

とにかく欠点は中低音の薄さと、金属音がヤカマシイことか(w
他のスピーカーとはハッキリとした個性が出ているので、自分的には大満足。

で、
…パーツが余ったのよね(笑
自作PCではないけれども、心境的には同じモノがある。

曰く、「使うのではなく、パーツがあるから作る」と。

また作ろうかと、画策中(w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Depression Rites : normal condition

アンプ故障で精神的ダメージを受けた昨晩とはうって変わり、
比較的落ち着いて物事に対処できたようだが、トータル的には低調(w

3時就寝、6時起床。
睡眠時間、3時間。

昨晩のアンプが壊れると言う悪夢から一夜が明ける。
とりあえず販売元には昨夜のウチにメールで連絡を入れた。
後は返答待ちと言うことで、朝になる。

目覚めは何となくボンヤリしていて少し気分が萎えていたか。
ともかく朝の行動に移るがイマイチ気力が出ない。
別に昨晩の件で落ち込んでいるワケではないが、
それとは関係なく寝不足気味も含めて低調な感じなる。

午前中のウチにX-PM2 Wraith販売元の吉田苑からメールで連絡が入る。
状況を理解してくれた上で修理の依頼を引き受けてくれた。
ありがたいと思い、早速梱包して宅配便集積所に持っていき、
昼前に発送することが出来た。

修理には1~2週間かかるとのことなので、無事戻ることを祈る。

午後に宅配便が来る。
荷物は自作2wayスピーカー用の新しいネットワーク。
コレで改めて自作スピーカーの状況を改善できるようになった。

早速、開梱して状況を確認してから、
シングルワイヤー用からバイワイヤー用の配線に改造をする。

前回に行った旧ネットワークも不完全だった為、
こちらについてもスピーカーから取り外した後で、修正のハンダ付けを行った。
(この件とアンプ故障とは別件なので、あしからず)

チマチマと細かい作業となり、付けたり外したりと手間がかかる。
それが全部で4枚のネットワークに行った為、結構時間が掛かった。

コンデンサーに接着用コンパウンドを付けて、
基盤に乗せるまでを終える頃には夕方になっていた。
…コンパウンドが固着してコンデンサーが固定するのは数時間後になるので、
実際にスピーカーに取り付けられるのは、また深夜になるだろうか(w

ともかく、少しずつながら改善しつつある。

昨晩、急転直下の悲劇の後で今日は精神的ダメージが有るかと思ったが、
それほど感情的な動揺は無く、ある程度落ち着いていられた。

何となくだが、何か悪いことが起きても、いくらかの耐性がついたのか。
…と言うよりは、生活に関わる部分じゃなかった為に気は楽だったのかもしれない。

昨晩は結構焦り、取り乱したりしたが、朝になったら大した負荷にならずに済んで、
今日1日を過ぎた後で胸をなで下ろす気分だ。

ともかく、異変が起きた後の行動が予測できただけに、
少しは精神的な余裕があったような気がする。
…なにより悪い感情が時間と共に大きくならなかっただけでもヨシとしておこう。

後はX-PM2 Wraithの無事の帰還を祈りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

X-PM2、逝く

深夜なんだが、自作2wayスピーカーのバイワイヤー実験で、
突然、音楽に「ブツ、ブツ」というノイズが入ったと思ったら、
………アンプが沈黙したΣ(゚д゚;)

プレイヤーとスピーカーの生存は確認したが、
その後、電源再投入でも「ブツ、ブツ」というノイズしか出なくなり、故障確定。

X-PM2 Wraith………2度と音を出さなくなるつД`)・゚・。・゚゚・*:.。

ああ、修理に出さねば。
こういう時、どちらに出せばいいんだ?
ヤフオクで落としたものだから、とりあえず吉田苑か?

ああぁ~、これでまた眠れないil||li _| ̄|○ il||li

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »