« 自作2wayスピーカー2号機の製作 その1 エンクロージャーキットの利用 | トップページ | Depression Rites : yellow condition »

2010年6月 5日 (土)

Depression Rites : normal condition

…どうも、寝る前に音楽を聴くことは自分的に鬼門らしい。
自作2wayスピーカー1号機を前にして、結局は徹夜した(;´Д`)

睡眠時間、0時間。

深夜になってから、寝る前に少し音楽を聴いて落ち着こうと思った。
使用するスピーカーは自作2way1号機、エージングも兼ねてのことだ。

で、聞いている内にどうしても気になる部分が出てくる。
一応、重低音は出てるのだが、その上の低音がサッパリ出ていない。

他のスピーカーと比べると、キレがあり透明感はあるのだが、
低音の量が少なくて音の重厚さがサッパリ無いのである。

それで、一度気になってしまうと、どうにかしたくなる性分で、
どうしても我慢できずに、深夜にもかかわらず分解作業を始めた。
…何が悪いのかサッパリな為、まずは吸音材を抜いてみることを思い付いた。

しかしながら、低音は出てこなかった。
箱の反響音が低音側の残響音として残るように聞こえる程度で、
全く持って改善していない。

でよく解らないので、吸音材を元に戻し、復旧する。
…当然、元の音に戻るだけで何も変わらない(;´Д`)

次に、ツィーターだけの音と、ウーハーだけの音で試してみる。
ターミナルはバイワイヤーなので、ジャンパーを外して片方に繋ぐだけだ。
やることは至極簡単なことだが、何か切っ掛けがつかめないかと真剣になる。

高域側が少し暴れているような気がするが、
ネットワーク回路による音の分離がされているのが分かる。

ウーハーだけにして聞いてみるが、中音域の元気が良いのだが、
その下側になるとなんだか心許ない。
…どう聞いても中音域の下が出ていないような気がするのだ。

そのまま耳を後ろのバスレフポートに持っていく。

…出てくるのは重低音のみ。
低音、中低音はサッパリである。


……
………う~ん、ウーハーが悪い?
とは言ってもスペック上の周波数特性は十分なんだけどなぁ。

そんなコトを考えながらインターネットで何かヒントがないかと探しまくる。

結局のところ「自作スピーカー設計プログラム」のサイトでウンウン唸る。
色々と数値を変化させて何が問題なのか考えるが、思い付かない。

とりあえず、他のスピーカーと比べてみることにした。

で、分かったのがTangent EVOと音の方向性が似ていることに気が付く。
小型の密閉スピーカーの音と実に良く似てるのだ。

他のバスレフポートを持つ小型スピカーとは自作2way1号機とは似ていない。
出てくる低音がバスレフポートから出てくる。

無論小型だから重低音は期待できないのだが、
“こもり”とも思える低域の音は、バスレフポートからの方が強い。

ここで、ようやくバスレフポートの設計が失敗している? と気が付く。

試しに「自作スピーカー設計プログラム」サイトで
100Hzとか大きめの数値を入れてポートの長さを計算した。

で、
数値を大きくするとポート長はどんどん短くなっていく。

目標とする60Hzだと確かに12cm程度になり、低域を下にすればポートは長くなる。
逆に重低音から低音と数値を増やせば、ポートは短くなり、マイナスなども出る。

ようは、ポートの開口径が大きすぎて重低音しか出なくなってしまった。
計算上出したい音のバスレフポートの大きさが60Hzに固定されて、
それより上の低音の音が出ないような設計と言うことにしてしまったワケだ。

…このへんは、やはり経験と数をこなさないと分からないものだろうか。
スピーカーの設計は難しいと思いつつ、自作2way1号機に目を向ける。

で、
バスレフポートを取り外した。
エンクロージャーにはただの穴が開いているだけで、何の工夫もない。
見た目格好悪いし、何より内部がスグ見えてしまうのがイマイチだ。

…が、
出たのだ。
低音が。

そんな状態で、欲しかった音がボンボンと出てくるではないか。

…バスレフポートの設計ミスか~il||li_| ̄|○ il||li

ソコまできて、もう夜は明けきっている。
自分は、バスレフポートのダクトを鷲掴みにして天を仰いだ。

…どうしてくれよう。
無しでは格好悪いし、このまま付けても元に戻るだけで意味無いし…

う~ん、と唸って、1つ溜息をついてから、
おもむろに工具箱に手を突っ込んだ。

掴んだのは、ノコギリ。
ポートを付けないというのも悔しいので、
ギリギリまでダクトを切りつめようと考えたのだ。
…ちなみにこの時点で寝ることは諦めていた(;´Д`)

ガリガリと切って、端面をヤスリがけする。
切り口を整えて、新バスレフポート完成。
…12cm有ったはずの長さは4cmまで切り落とした。
せめて形だけでも、と言う精一杯の抵抗というか、妥協点。
ああ、涙が朝日に染みる…

出来上がったダクトをスピーカーに取り付ける。
なんだかその短さが心許ないが、音質は格段に向上した。
ようやく、時間をかけてココまで来て、普通のスピーカー並になった。
…なにせ高音域は他のスピーカーよりも秀でているのだから、
コレでようやく満足する音に近づいたーぁー。

で、

そのまま朝食の準備となった。
少し休憩が欲しいところだが、一晩中動き回って、腹が減った(;´∀`)

まぁ、ともかく勉強になった言うことでヨシとしとこうや。
…コレ以上先は、さすがに気力が尽きて、もう持ちません。

…ああ、今日も、やりたいこといっぱいあるんだけどなぁ。
眠る時間作れるかなぁ(w

どうにも、やる気のピークが深夜に来るようで困ったモンだ(;´Д`)
一度気になり始めると、眠ろうとしている頭の中でグルグル回るから、眠れないし。

色々と自重しなければならないところがあると思うのだが、
深夜になってくるほど頭が冴えてくるのはイカンともし難い。

せめてコレが逆に、朝方ピークならばと思うのだが、
鬱っぽい時は、それはそう簡単な話では無いから、どうにか努力が必要なんだろう。

昨晩のような勢いをどうにかして朝に持ってこれればイイのだが、
なかなか上手くいかなく、情け無いことで恥ずかしい。

とりあえずは、夜は静かに落ち着いてグッタリなるようにしたいのだが(;´Д`)

|

« 自作2wayスピーカー2号機の製作 その1 エンクロージャーキットの利用 | トップページ | Depression Rites : yellow condition »

オーディオ」カテゴリの記事

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/48551195

この記事へのトラックバック一覧です: Depression Rites : normal condition:

« 自作2wayスピーカー2号機の製作 その1 エンクロージャーキットの利用 | トップページ | Depression Rites : yellow condition »