« Depression Rites : normal condition | トップページ | 今日の買い物 第五陣 »

2010年5月16日 (日)

KB10とCSS FR125SRのその後

昨晩寝る前に思ったように音が出なくてウンウン悩んだKB10とFR125SRの組み合わせ。

再度調整のために、吸音材を全部シンサレートに置き換える。

幾分、音場が広がった感じがして、音の押し出し感が強くなった。

昨晩は混乱してしっかり調べていなかったが、
Alpair 7のインピーダンスが4Ωに対し、FR125SRは7Ωであることが判明。
…昨晩は慌てていて、そこまでのことを考えなかった。

どおりで、同じボリュームでは印象が変るのは当たり前だ(;´Д`)

別段能率が悪いわけでもなんでもなく、同じ音量を得るならば、
逐一ボリュームを変化させるべきだった。

ただし、全体的な印象はあまり変っていない。
華やかな音色のAlpair 7に比べて、ぐっと低音が増して落ち着いた雰囲気のFR125SR。
音の重心は中低音にあり、重厚な音質に感じ取れる。
比較的ベースなどのバス系の存在感は非常に大きく、ズシンとはらわたにクル。

Alpair 7とは対照的な音なので、この辺は好みが別れるところ。
低域から湧き上がるようなエネルギー感が欲しい方にはイイかも知れない。

いずれにせよ、まだ音を出して10時間もしていないので、これからでは有るが、
対照的なスピーカーを聞き比べる面白さが出来たと言えよう。

|

« Depression Rites : normal condition | トップページ | 今日の買い物 第五陣 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/48372597

この記事へのトラックバック一覧です: KB10とCSS FR125SRのその後:

« Depression Rites : normal condition | トップページ | 今日の買い物 第五陣 »