« Depression Rites : yellow condition | トップページ | 今日の要らん子 スピーカー »

2010年5月11日 (火)

Depression Rites : normal condition

眠ろうとする前に、何かしらやる気が出てしまい、結局眠れない。
深夜にならないとエンジンが掛からないようなポンコツ精神な私(;´Д`)

4時就寝、6時半起床。
睡眠時間、2時間半。

昨晩は、色々と思い付いてしまい、行動に出たため素直に眠れなかった。
一番大きかったのは、とあるスピーカーの修復。

スピーカーの整理時に持ち上げて、たまたま裏面を見たら大きな傷が付いていた。
このスピーカーはオクで落札した物なので、いつ傷つけられたかは分からない。
自分のトコロの保管状況や使用状況に落ち度はなく、入手してから日も浅いので、
おそらくは、出品者側が傷を付けたまま出したのでは無かろうかと推測する。

…が、しかし、既に取引終了している段階なのでクレームする訳にも行かず、
傷が付いていた事をオクの説明書きに無かったコトを非難する事も出来ない。
まぁ、しっかりと物事を確認していなかった自分の落ち度と言う事になる。

で、
見てしまった物は、脳裏に残り、どうするべきか考え始め、
最終的には修復方法まで段取りを付けてしまう。

そしてこのまま明日にして、今日はもうゆっくり寝ようよ! とはいかなかった。
頭の中に組み上げられた修理計画はそのまま静まりかえることなく、
あとは、もう、ヤルしか! と言う状態に上がってしまってる

…昼間の午前中なぞ変温動物並みに動こうとしないのに、
どうして深夜になってから気がはやる状態になってしまうのか、困ったモンだ(;´Д`)

と言う訳で、深夜1時を回っていると言うのに、紙ヤスリを用意し始め、
スピーカー底面のニス塗装をした部分に出来たスパイクひっかき傷を滑らかにする。

ただ、残念ながらこのスピーカーと同じ色の塗装を持っている訳ではないので、
ガリガリに引っかかれた傷の谷をスムーズにトリムする程度にして、
どうせ底面になるから見えにくいという事でそのままニスで再塗装する事にした。
…考えてみれば、
次の日にホームセンターで同系色を購入すればいいハズなのだが、
とにかく行動を起こす事しか考えていない深夜のヘンなやる気は留まる事を知らず、
そのまま難しい事を考えずに、傷のトリムアップを始めた。

で、行為範囲で傷が付いていたので磨く面積も増えたので時間が掛かる。
それでも深く傷ついた部分はどうしようもないので適度に研磨した。

それからニスなのだが、実のところ今持っているのがセラックニスしかなく、
通常家具等で使うようなラッカー系ニスなどは持っていなかった。

まぁ、それでも綺麗になるなら問題なかろうと、筆塗りから始める。

実のところセラックニス、乾燥まで30分必要とされているが、
実質は10分ぐらいで硬化し始めて、20分程度で再塗装できるまでになる。
コレは溶剤にアルコールを使っている為であり空気が乾いていれば乾燥も早い。

と言う事で、単純な頭で考えたのは、時間短縮を図ってドライヤーで乾かせと(w
深夜2時過ぎにブワーっと温風を当ててやりながらボンヤリ作業を続ける。
…どうしても30分間何もせずに待ってられず、落ち着きがない。

取り敢えず15分前後で乾燥終了。
指で触ってみて表面が乾燥している事を確認する。

それから、塗ったところと他の塗装面にニスの段差が出来るので、
コレをスムーズにする為に再び耐水ペーパーでサリサリと研磨を始めた。

が、
これが失敗した。
磨き初めは調子よかったが、ある程度になると研磨状態に問題が発生する。
表面の方は確かに乾燥して指紋も付かなかったが、
ある程度深くまで削り取っていった時に、内部の方はまだ半乾きだった。
おかげで再塗装した部分で研磨するとダマが出来るようになる。

コレを見て、ガックリくるが、失敗も経験のウチと思い、
始めに戻るつもりで再度、慎重に研磨して表面を整える。

ただ、不幸中の幸いで傷の谷の部分にはニスが埋ってくれてあとの作業が楽になる。

再び筆を用いて傷周辺から、研磨で傷が付いた部分まで薄めに塗布していく。
そうしてまた、ドライヤーで時間をかけて乾燥させた。

30分過ぎる。
十分に乾燥させて塗布したニスは完全に硬化した。

が、
光の入射具合を替えてみれば、
塗装したところと、していないところで段差が出来ており、
どうにも表面のニスの変わり目で反射が変化するのが気になって仕方がない。

ここで、ちょっと本格的に修正方法を考え直す。

何度やったとしても筆塗りをすれば、段差が出来てしまうのは明白である。
ならばどうすれば段差を作ることなくスピーカー底面一枚を綺麗に出来るか?

…で、熟考して覚悟を決める。

結論は、サンディングで表面を滑らかにする。
ニスの段差はなくなるが、そのままでは研磨した擦り傷が表面を曇らす。
ソコでもう一度、いや、二度三度、底面全体を塗装し直す。

今度は筆は使わず、ニスを布に染みこませたタンポ塗りで全体を均一に塗装する。
…当然、コレだとニス塗面の厚みがないので、耐久性を持たせる為に二、三度行う。

今度は乾燥面はスピーカー底面全部になるのでドライヤーだとムラが出来そうだ。
…と言う事で、今度は扇風機による乾燥を試みる事にする。

で、早速作業開始。
自分の気が済むまで幾つも耐水ペーパーを使い分けて、良く磨く。

見た目に、もう十分だろうとと思ったら、今度は塗装準備に入る。

今までニスの瓶から直接筆を突っ込んで使っていたが、
今からヤルのはウエスの大きな面で塗り込む塗装方法になるので、
新たに容器を用意し、そこに適度な量のニスを流し込み、ウエスを十分染みこます。

そして、一呼吸おいて、
えいや! と底面全体にニスを擦り込むように、均一に塗布した。

そしてその面を扇風機に当ててやり乾燥させる。
一回目としては満足する出来で、早く乾燥してくれないかと思うほどだったが、
1つだけ物事が抜けていた(;^ω^)

ウエスでニスを塗った手。
そのまんまで手袋無し。
当然、ウエスを掴んだ手にはニスがしっかりと染みつき、ベタベタのギトギト(w

取り敢えずウエスを容器に戻してから、水道で手を洗うが後の祭り。
ニスと水が反応して白く固まり、良く擦った手の平は何とかなったが、
手の甲は上手くニスを除去する事が出来ずに、真っ白に染まってしまった。
…オマケに硬化するからガビガビに(;´∀`)

…教訓、準備はいくらやっても、足りる事はない。

扇風機の威力も有って、この後の作業は結構スムーズだった。
目標としていた3回塗りも、空が白み始める頃には終了する事が出来た。


……
………ウン、分かるかな? もうお外が明るくなってきてるのですよ(;´Д`)

さすがにこのまま徹夜はマズイだろう思い、
あとの乾燥は自然乾燥に切り替えて、素早く道具を片づける。
特に筆などを洗う為にアルコールを使うのだが、臭気で良い具合にクラクラに(w

で、
全作業工程終了。
あとは寝て起きて、スピーカー裏面が光り輝いているのを待つのみ。
…もう眠剤なんて要らないくらい眠いので、鬱薬等だけ飲んで寝ました。

…今朝の就寝時刻は4時15分過ぎ。
皆様おやすみなさい。


……
………

で、6時半起床(;´Д`)
身に染みついた習慣というのはそう簡単には変わらないね。

寝不足でありながらも、もう二度寝するような脳味噌でなくなってしまった。
頭が少々クラクラするが、今日も朝の行動を開始する。

…ウン、チィーナさん、おはよう(w

結局のところ、朝食後にお腹に血が回ったせいで眠気が出てきて、
8時頃から9時まで仮眠を取った。

その後、出かける用事とか有ったので、午後の2時までウチを空ける。
なんか色々バタ付いて何かしそこねた感じではあったが、
それなりに収穫もあったのでヨシとする。

特に、不要として選別したスピーカーを幾つか売りに払い、
新たにスピーカーをお迎えする事になったのは蛇足だが、まぁ、こんなモンかと(;´Д`)

いずれにしろ、生活状況が異常だ。
深夜になってからエンジンが掛かるなど有って欲しくないのだが、
コレも鬱っぽさからくる、1つの特長なのかもしれない。

いずれにしろ、今夜こそ深く静かに眠りにつかねば(;^ω^)

|

« Depression Rites : yellow condition | トップページ | 今日の要らん子 スピーカー »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/48334508

この記事へのトラックバック一覧です: Depression Rites : normal condition:

« Depression Rites : yellow condition | トップページ | 今日の要らん子 スピーカー »