« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »

2010年4月 6日 (火)

今日の買い物 スピーカー

数日前にオークションで落札したスピーカが届いた。
待ちこがれていた逸品。

オクでは競って落とししたので、その入手には嬉しさもひとしおである。

Dscf2271

スピーカー、スワン型。

オーディオファンならば自作スピーカーとして有名な型式。
わからない人は「スーパースワン」でググってみよう!
その内部構造の複雑さが理解して頂けるかと思う。

バックロードホーンスピーカーとして、ある意味では頂点にあるかと思う。

で、
今回入手できたコレは、他の物とチット違う。

比較の為、CDを置いてみる。

Dscf2272

バーン!
その大きさは、背丈32cmしかない「ミニミニスワン」!!
スピーカーユニットも1インチのシロモノ。

建具屋さんが作った一品物。
小さいのでもう作らないとかで、インテリア用に出品したらしい。

…そりゃ、普通に考えれば、1インチのフルレンジスピーカーユニット程度なので、
低音はおろか中音域も弱い「スカキン」音質になるだろうと思う。

当然、自分もそう思った。

しかし、ここで「スワン型」というのが非常に興味をそそった。
コレでいったいどんな音が出るのか? ただの1インチスピーカーで終わるはずがない。

そうして物欲を我慢できずに入札。

すると、他からも入札があり、競ることになってしまった。
…変わった物があれば欲しいと思うのが人の常だろうね(;´∀`)
相手の人だって興味を持って望んだはずだ。

で、
結局は16000円で私が落札する。

…この値段、高いと思うか安いと思うか人それぞれだが、
自分としてはハンドメイドで塗装もしっかりしている物であり、
ミニチュアとしての価値も考えれば激安だと思う。

それでは早速、音出ししてみた。

Dscf2274

写真でも分かる通り、スピーカーユニットが点のようにしか見えない。
すなわち、それだけ小さなスピーカーでどれだけのことが出来るかが面白い。

ちなみにテーブルの上の黒い物もバックロードホーンスピーカー。
コレもかなり小さいタイプであるが、バックロードホーンは通常こんな形をしている。

で、
この2つを比較するつもりはなかったのだが、
明らかに音の面白さではミニミニスワンの勝ち!

さすがに低音の量は伸び悩むが、中音域の響きが抜群に良い。
ユニットから高域を出し、下の箱からは中音以下を鳴り響かせる様な感じ。
特に笛系による空気の震えと言うか、吹き出される音の響きが素晴らしい。
…この共鳴感は黒いスピーカーでは再現しえない。

黒い方は音の速さと押し出し感でエネルギーに満ちあふれた音を出す。
音を前の方に弾き出す感じ。

逆にミニミニスワンは構造物全体で鳴り響き、音を発している。
おかげで、周囲に向かって音を発しているように聞こえて、
スピーカー全体、箱が音源となっているように感じ取れる。

ただ、スピーカーユニットが小さいから低音の豊かさはチョット出ない。
…バイオリンのような感じと言えばいいだろうか。
中高音が主体になるので、意外にキビキビした音質になっている。

この音の鳴り方は、他のスピーカーではマネが出来ないと思う。
これはオーディオ的に面白い音の出かただとかんじた。

と、
製品批評をするつもりはなかったのだが、チョット感想を書いてみた。

今のところこの大きさは、この1品しかないので、
自慢話になってしまい、もうしわけない。

取り敢えず、こんな形のスピーカーもあるのだよ、と憶えて頂ければ幸いである。

|

« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »

オーディオ」カテゴリの記事

買い物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/48014702

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の買い物 スピーカー:

« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »