« 昨日の買い物 スピーカー | トップページ | Depression Rites 50th »

2010年4月14日 (水)

Depression Rites : normal condition

昨日と昨晩の歓喜のまま今日になだれ込めば良かったのだが、
所詮は鬱病持ちなので、どうしても朝は低調のスロースタートになってしまう。

2時半就寝、5時半起床。
睡眠時間、3時間。

朝早めに目が覚めるも、鬱っぽくて何もする気になれず、
TVのニュースを見終わるまでグッタリとしていた。

それから、ようやく空腹を感じ始め、ノロノロと朝食の準備をする。
気力が底辺を這い、何をするにも動きが鈍くて気分が冴えない。

朝食後は頭のモヤが晴れるまで音楽を聴きボーッとしている。
昨日届いたスピーカーを使用するが、思っていたよりも気持ちが動かない。
昨晩はこの無名スピーカーの経歴の一端が判明し歓喜したが、
今朝になって精神的に調子が悪い状態で聴いても、善し悪しの判断が出来ないか。

ただ、何となく色々やってみたいというボンヤリとした思いが浮かび上がる。
昨日は外観だけのチェックで終わったので分解してみたい衝動に駆られた。

昼前になる。
少し気力が出てきたので、スピーカーを弄り始める。
スピーカーユニットを取り外し、配線や内部状況を確認する。
配線はスピーカー端子にハンダ付けされていたので、コレを何とかしたいと思った。

その後、用事があったので少し外に出る。
昼食を作る気力がなかったので、ヨーカドーでパンを買う。

それから近くのカーショップでファストン端子を購入した。
コレはスピーカー接続をハンダ付けから端子接続に変更する為であり、
今後、将来的にスピーカーユニットを交換してみたいと考えた。
…気持ちに余裕が出来た時に何かする為と言う、期待感から出たモノだ。

その他にもタッチアップ用ペイントも買う。
スピーカーの上部に打痕があり、ペイントが剥がれていた為で、
コレを何とか修正したいと考えたので購入する。

昼食後、少し気持ち的に余裕が出てきた。
たぶん薬が効いてきたせいなのかもしれない。

早速、気分が上向いたところで、スピーカーをイジリ始める。

仮止めしておいたボルトを六角レンチで取り外し、ユニットを引き出す。
配線がしてあるのでスピーカーユニットはぶら下がる格好になる。
このままでは作業がしにくいので踏み台などを工夫して、
スピーカーユニットが作業台に乗せられる高さまで積み上げた。

今一度、ユニットのハンダ付け状態を確認する。
配線が厳重に捻られていたりすると、ハンダを吸い取ったとしても、
完全に取り除くことが出来ずに銅線をほぐすことが困難になる。
…こうなってしまったら、配線を切断した方が作業が早い。
ただし、その分の配線長さが短くなるのでその後の作業がチョット面倒になる。

今回は配線をした制作者が上手かったようで、綺麗にハンダされて、
銅線も端子孔に対して複雑にねじり込んでいる様子はなかった。
…コレは、前任者に感謝である。

暖めていたハンダゴテで線のハンダを溶かして、突きながら銅線をほぐす。
ある程度ばらけたら、そのまま配線を引っ張って端子から外した。
コレで1つ終了。
同様にしてマイナス端子と、もう片方のスピーカーについても作業する。

スピーカー本体とユニットを無事に取り外すことに成功する。
ユニットに残っているハンダを取り除き綺麗にする。
配線端末はファストン端子を取り付ける程度の長さまで少しだけ切断。
銅線に染みこんだハンダは取り除くことが出来ないので、このまま使用可とする。
…ハンダの染みていない場所まで切っても良かったが、
配線にソレほど余裕はなかったので苦肉の策である。配線が短いと作業が困難だ。

配線をファストン端子に取り付ける。
銅線が細いので折り曲げて2重にしてから端子かしめ部に入れ込む。
そのまま、かしめ工具で端子のかしめ用ツメを折り曲げて、
もう一度配線太さにあった、かしめ口に端子を取り付けて工具ではさみ、かしめる。

そして今度はもう一度同じように、配線被覆部のかしめも行う。
コレで一作業終了。

他の配線も同様に作業を進める。
…初めにやったモノと、後からやったモノの出来具合に差があり、
作業になれていないことを今更ながら苦笑する。

まぁ、しかしながら、やったことのない作業ではないので大して難しくもない。
何回か、かしめ作業を体験すれば誰にでも出来るはずのコト。
…素人さんならばハンダ付けよりも簡単な作業だと思う。

端子をスピーカーユニットに差し込む前に、今一度本体内部を確認する。
吸音材の綿が後面だけに貼り付けられていて、本体側面には何も無い。
こうした方が音の響きは良いのか? と思うが、
今後、余裕があった時に綿なりフェルトなりを購入して実験してみようかと考える。

まぁ、取り敢えずは背面スピーカー端子のナットを再締結して、
吸音材をもう一度均一に整えてから背面に這わすようにした。

そうして、ようやく配線をスピーカーユニットに差し込み、
ユニットを本体に取り付ける作業を行い、スピーカーユニットの作業は終了する。

音を出して確認する前に、塗装剥がれ部分をタッチアップペイントで塗装する。
元の状態のように艶が出るか不安だが、やらないよりは見栄えが良い。
出来れば凹みまで直したかったが、そこまでの腕が無いのと、
パテ盛り、成形、下塗り、スプレー塗装と、道具と根気が無いので断念する。
…このへんは自分の手に余ると思い、ペタペタとペイントで誤魔化して終了。

コレで一応の作業が終わったので、各種工具の片付けとスピーカーの設置をする。
アンプとスピーカーを接続して、ようやく音出し確認まで辿り着いた。
…まぁまぁ、気持ち的に満足した。

で、
音出し確認中に、疲労で寝落ちする(;´∀`)

やっぱり鬱っぽいから集中力が長続きしない。
手を動かしている時は何も感じなかったが、何もしなくなるとドッと力が抜ける。
茶を飲みながら音楽を聴くつもりであったけれど、
目を覚まして気がついた時にはすでに茶は冷たくなっていた。

そのまま、グッと飲んでしまい、次のことをやれればいいのだが、
今の自分にはそこまでのスタミナが無く、そのままソファーに突っ伏す。

自分の力の無さに情け無いと感じるも、
寝不足だった脳にとっては休息を欲していたので動くこともままならず、
重く感じる身体を引き起こすだけの余裕は無かったので、何も出来ずに沈没した。

何かしら手を動かして作業することは楽しいと感じるのだが、
力のペース配分と量が少なくて、スグにへばってしまう(汗

気分が上向きになることは良いことだと思う。
ただ、もう少し長続きするようになればと期待したいのだが、
コレは少しずつ馴れるしかないのだろう。

鬱っぽくて気持ちが焦らないようにしたいと感じはするけれども、
実際には上手くコントロールできないから困ったモンである。

まぁ、色々経験して少しずつ前進するしかないのだろうね(;´∀`)

|

« 昨日の買い物 スピーカー | トップページ | Depression Rites 50th »

オーディオ」カテゴリの記事

日常」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/48086990

この記事へのトラックバック一覧です: Depression Rites : normal condition:

« 昨日の買い物 スピーカー | トップページ | Depression Rites 50th »