« 今日の犬山 | トップページ | ぜひ、読め! »

2010年3月29日 (月)

Depression Rites : normal condition

朝方に出歩いた以外にも午前中は所用でチョコチョコ出かけた。
逆に午後からは何も無く、疲労と薬の影響で眠くて眠くて(´Д⊂ヽ

2時就寝、6時起床。
睡眠時間、4時間。

身体を動かす為に朝方から歩きに出た。
今はいているズボンがキツキツで余裕が無くなってきているので、
何とかスムーズに履けるまで贅肉を落としたいと思っている。

昨年の12月には余裕で隙間が出来ていたはずのジーパンが、
今ではボタンを留めるにもお腹を凹まさなければならないほどだ。
…いやはや、不摂生と薬の影響は大きい(;´Д`)

今日も歩きに出かけたが、目的地は高台の公園、ひばりヶ丘公園に行く。

当然高台だから、途中の道は坂道が多い。
前回もそうだったが、坂を一歩一歩登るごとに、
自分の身体がいかに重いことかを知らされる。

取り敢えず自分としては、外観の変化は少ない方だと思っている。
主に贅肉が付くのがお腹周りで、顔や手足には通常と変わらない。
まぁ、じっくり観察するならば頬のあたりが少し丸くなった程度か。

よって今日のような寒い日に厚着をしても、見た目は中肉チビと思われる程度だ。
お店などのウインドウに移る自分の姿を見ても太っているような感じは受けない。

だからかもしれないが、坂道を歩く時に肩で息をする姿は、
それこそ何か病弱でどこか身体が悪そうな人に見られるだろう。
ただでさえ引き籠もりで顔色も悪いから、余計に尚更である。

まぁ、気力の衰えが身体的に影響すると言っても間違いではないと思うが、
それでもここ数ヶ月での体力の衰えは大きい気がする。

どれだけ自分が何もしていなかったか、と悔やんでしまうが、
外に出る気力もない状態で、この様な結果になったの仕方がないと感じる。
期間としては短いとは思うのだが、
筋肉を使わないと直ぐ衰えてしまうのだなと、今更ながら実感している。

何か1つが欠ければ、全体に影響を及ぼす。
微妙なバランスによって、健常は保たれる。

自分に起きていることは爆笑するほど滑稽でふざけた結果を伴う悲劇だが、
それでも挽回することは不可能でないと思いたい。

鬱になり失った時間の全ては片手では足りないほどの年月だが、
それでも復旧とは言わずに復興と言えるほどに盛り返したい。

…そんなことを考えながら、公園高台のやぐらに登る。

冷たく強い北風がほてった身体には気持ちが良い。

空気は遠くまで見渡せるほど澄んでいる。

苦しい坂を登った後の爽快感のように、
自分のコトも変わるのだろうか?

…とは言え、自分の場合はどこまでいっても坂道のような気がするが、
少しぐらいは脂肪を希望を持っても良いかなとも思ったり(;^ω^)

で、
登りより、下りの方が筋肉使うって知ってるかい?(笑

|

« 今日の犬山 | トップページ | ぜひ、読め! »

心と体」カテゴリの記事

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/47943538

この記事へのトラックバック一覧です: Depression Rites : normal condition:

« 今日の犬山 | トップページ | ぜひ、読め! »