« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »

2009年12月29日 (火)

Depression Rites : normal condition

なかなか物が捨てられないタイプの人間で、物の整理が下手である。
欲しい物は迷わずに買えるくせに、不要物の廃棄に迷うのはどうしたモノか(;´∀`)

1時半就寝、6時覚醒、7時半起床。
睡眠時間、6時間。

大掃除の一環で押し入れの整理を行った。

基本的には衣類等の布系を入れているのだが、
とりあえず置くところが無くなったら押し入れに詰めとけ、
といったように光が届かぬ奥の方まで詰め込まれてしまっている。

しかも、使いやすい1つの場所に集中してモノが入っているから、
結果的には中には何が入っていたのか判らなくなってしまってた。

そんな感じだったので、天気も良かったから虫干しするつもりでモノを引っ張り出した。

普段は使わないような布団カバーや布団袋、クッションカバーなど色々出てくる。
確かにそれらは押し入れに入っていて妥当なモノばかりだったが、
作業用の手袋や消毒用アルコールなどが出て来たりすると、
その時に一体何があったのか? と訝しんでしまう物まであったりした。

んで、
どうにも扱いに困った物が幾つも出てきたのだが、
それはリュック等のバック類だった。

大きなカバンなどは保管していても必要なときがあるために問題にならないが、
通勤等で使っていた中程度のリュック、バックの古い物はどうするか困った。

数年ごとにバックを使い分けてはいるのだが、
古くなった物でも「何かに使えるだろう」と保管してしまうのだ。
実際に用途に応じて使い分けしている物もあるが、それだって限定されてしまう。

押し入れから出てきた物は、間違いなく過去数年使っていないモノであり、
奥に仕舞われていた経緯を考えると使うことさえ忘れてしまっていたのかもしれない。

そう思うと、出てきた古いバック類は押し入れの肥やしでしかなく、
整理するならば、さっさと廃棄するなりして処分した方が良いのだ。

しかしながら、まだ使えそうだという気持ちもあり、
使っていた頃を懐かしく思ったりして執着心が残り、
奥底から出てきたカバンをどうするか思い悩んでしまった。

コレが完全に破損しているならば、スッパリと処分できるのだけれども、
中途半端に使用可能状態にあるから、もったいないと思ってしまう。

(´ε`;)ウーン…どうしてくれようか?

散々悩んだあげく、古いバック類を廃棄用ビニール袋に押し込んだ。

結論としては、バックを処分すれば新たなスペースが確保されて、
そこに必要な物を出し入れできるようにした方が効率が良いと考える。
しかたがないが、今まで使わなかったモノは、
今後も使う可能性は低いと見なして整理することに決めた。

さよなら懐かしき日々よ。
君の役目はもう終えた。
今までの役目ありがとう、ご苦労様。

そう思うとチョットさびしい気がするが、
空間は有限であり需要も有限だから仕方がないのかもしれない。

…結局のところ、
新しい年を迎えるなどと理由を付けないと整理できない自分が悪い。
何かしら区切りというコトは、良くても悪くても必要なのだと思った。

で、オチ。

捨てる物を出して収納容積が増えたはずだったが、
再び物を押し入れに戻そうとしたら、今度は入りきらなくなった。
うへぇー、なぜだ?(;´Д`)

…あれか? 布、衣類は日に干されて、膨らんだとか?(笑

|

« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/47148784

この記事へのトラックバック一覧です: Depression Rites : normal condition:

« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »