« オタ部屋の本が発売に | トップページ | カードの誤記、訂正されずに再送付される ヽ(`Д´)ノ »

2009年7月 9日 (木)

汗よりも耳で感じる季節の変化、夏の音

今日は朝方雨が降ったが、
日中は少し晴れ間もあったりして、雨が降らずにすんだ。

昼食時には雲も高い位置にあり気温も上がってきて、
蒸し暑く夏らしい感じになっていた。

食堂へは仕事場からある程度の距離を歩かねばならないが、
その道の途中、工場の一画に緑地帯がある。
唯一地面がコンクリート等で固められてない場所だ。

多くの人が食堂へ向かう列の中で、
その緑の中から「ニーーーー」と鳴く声が聞こえた。

蝉、ニイニイゼミである。

このところの長雨で蝉の鳴き声を聞くことがなかったが、
自分としては今年初めて蝉の鳴き声を聞いた。

連日の気温の変化で「暑い暑い」と連呼していても、
イマイチ、夏という実感が湧かなかった今日この頃であったが、
ようやく音的にも夏らしい雰囲気を味わえることが出来た。
…これで自分の気持ちにも「夏」がやってきた。

耳から入ってくる季節の音。

自分としては肌で感じる温度よりも重要みたいだ。
環境音で季節を感じるのはチョット変かも知れないけど、
自分としては「日本人で良かった」と思う瞬間でもある。

それにしても、さてはて。
雨降りはまだ続くのかなぁ?
さすがに湿度80~90%になる仕事場はしんどいッス(;´∀`)

|

« オタ部屋の本が発売に | トップページ | カードの誤記、訂正されずに再送付される ヽ(`Д´)ノ »

工場」カテゴリの記事

日常」カテゴリの記事

コメント

 ここ数日、畑でもジージー言っている声がします。

 リンゴの木に空蝉を見つけました。

 そして夕方、かみさんが、庭で青いムシがいるよ。と言っていたので見ると、ルリボシカミキリでした。

 思わず捕まえてガラスの捕虫容器に入れて、現在コタツテーブルの上に置いて眺めています。

 灰色の掛かった青に黒い紋というボディーもさることながら、こいつの触覚の美しいこと!

 昆虫オタにはなれなさそうですが、たまに珍しいのを見つけるとうれしくなります。

投稿: おかず | 2009年7月 9日 (木) 21時39分

そいえば、今日ニンニクを1欠片、電子レンジでチンして食べたら、生の部分があって、かまわずショリショリ食べたら胃がヒリヒリし、1瞬はきそうになりました。

 水を飲んで薄めたら、悪さをしなくなりましたが、…胃が悪いときってこんな感じだ。

 ちゃんと柔らかくなっていればこんなことは無いのですが、ニンニクはこれが一番気軽に食べられ、意外と臭わないと思っています。

投稿: おかず | 2009年7月 9日 (木) 22時33分

自然が近くにあると昆虫もたくさん種類が見られて面白そうですね。

それにしてもルリボシカミキリは珍しいようですね。
何とか飼育できることを祈っています。

さて、ニンニクの件は大変でした。
栄養価が高い分、食べ方も一工夫ですね。

夏ばて防止にも、胃の調子が回復したら試してみようかと思います。

投稿: ひろひら | 2009年7月10日 (金) 20時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/45583849

この記事へのトラックバック一覧です: 汗よりも耳で感じる季節の変化、夏の音:

« オタ部屋の本が発売に | トップページ | カードの誤記、訂正されずに再送付される ヽ(`Д´)ノ »