« 犬山踊芸祭2日目 その9 番外編ちいさなカメラマン | トップページ | 犬山踊芸祭2日目 その10 祭の後 »

2009年6月21日 (日)

城下町散策 寺内町→御幸町→愛宕町→+α

昨日6月20日に午後から、城下町を散策。
魚新通りの「梅田家住宅」より南下するルートをとりました。
(「犬山観光情報」より犬山城下町マップ参照のこと)

んで、先に謝っておきますが、
このルート、あまり見所がありませんでした、すいません。
記事内容が薄めになっていますが、参考程度でよろしくお願いします。

では、梅田家住宅より歩き始めます。

Img_5456

こちらの邸宅は「指定文化財または同等級の建造物」となっています。
道の奥まで壁が続いており、家屋の奥行きが伺えます。

道は狭いながらもタイルが貼られたいます。
これは寺内町通り特長と思われます。

Img_5459

先に進みますと寺内町の車山「老松」の車山蔵があります。
大きな扉に圧倒。

P1040276

ここの通りはこんな感じです。
右に本龍時が見えます。

Img_5460

こちらが門になります。

Img_5462

門扉の横に由来を説明される看板がありました。

Img_5463

境内は様々な草木でにぎわっていました。
あまり長居するといけないと思い、次に向かいました。

P1040280

突き当たりが東西の寺内町通りです。
ここを右に曲がり、クランクして南北の寺内町通りに続きます。

P1040281

寺内町通り南側の道にきました。
なにやら工事中のようです。

P1040282

うはぁ、工事車両いっぱい。
狭い道なので工事を請け負う側も大変です。

P1040283

光明幼稚園前です。
早く無事に工事が終わるといいですね。

P1040285

通りを南下すると県道浅井犬山線にぶつかります。
交通量は多いので横断時にはご注意を。

P1040287

そのまま、御幸町の南北通りに歩みを進めます。

P1040288

ここで、ちょっと面白そうなお店があったので足を止めました。

P1040290

「小島造花店」
様々な造花が展示してありチョット見入ってしまいました。
…ずぼらな私でも造花なら部屋に飾っておけそうな気がする(;^ω^)

P1040295

愛宕町に入りました。
倉庫の扉が続いていて、面白いアクセントになっています。

ここで時系列を替えます。
先に他の場所に向かったのですが、
まずは、愛宕神社の紹介を先にしましょう。

Img_5471

愛宕町南端にある「愛宕神社」。
ここが木ノ下城跡です。

Img_5474

境内西側にそそり立つ巨木。愛宕神社のクス。

Img_5473

幹には説明の看板が取り付けてありました。

実はこの様に犬山の巨樹、古木には看板が取り付けられ、
市内の木を一本一本調べられておられます。
これは犬山市エコアップリーダーによる調査のたまものです。

これら犬山の巨樹、古木にについて紹介した小誌があります。
「犬山の巨樹・古木50選」(発行 犬山市アメニティ協会)
興味のある方は是非ご参考にしてください。
(私は本町通りの「しみん亭」にて購入しました)

Img_5477

こちらが愛宕神社本殿になり、一段高い位置に立てられています。

Img_5483

横にあった説明用の看板。

Img_5484

そして、看板にもあった古井戸、金明水。
井戸には安全のため金網が張られていますが、
その深い奥底にはちゃんと水が張っていました。
…いまだに水が湧いているのはすごい。

Img_5485

そして手洗場となっている白厳水。
ここは蛇口から水が出ますが…何の水だろう? (笑

Img_5486

境内には遊具が設けてあり、
子供達の遊び場、憩いの場所になっています。

実は奥にある石碑やお稲荷さんも見たかったのですが、
楽しそうに遊ぶ子供達の邪魔しちゃいけないなぁ、
と思い、今回はここまでにしました。

では、順番を変えた最後の目的地です。
愛宕神社をさらに南下し、突き当たりのT字路を西へ。

P1040307

チョット古い家屋もあったりで、下町風情が楽しめます。

道奥の突き当たりをクランクしてそのまま西へ。

P1040312

P1040313

はい見えてきました。目的地。

Img_5469

本当に昔ながらの銭湯の趣き。
「ライン温泉」

内部の撮影までは行いませんでしたが、
明け放れた窓から中の様子を見ることが出来ました。

一言で言うと、「漫画の銭湯」!
ステレオタイプになりがちですが、まさしく、間違いなく、それ。

暖簾。
古い下駄箱。
いろんなモノが据え置いてある脱衣所。
そしてお風呂に続く引き戸。

スゲー! ホンマモンの銭湯がここにあるー!
私のウチから通うにはだいぶ遠いが、それでも有り余る魅力がここにある。
立派な温泉なんかどうでもいいから、こっちの方が趣があって素晴らしい。
良き古き時代の名残がそのまま残っていることに感謝、感激。

しかし、ウチから1.6kmなのは何とかならんかのう(;´Д`)

以下、自分用メモ。

  ◎時間 : 16時から21時
  ◎定休日 : 水曜日、日曜日
  ◎入浴料 : 大人 400円
           中人 150円
           小人  70円

よし、次は銭湯グッズ持って入りに行かねば。

そうして土曜日の城下町散策を終えて帰宅しました。

途中、猫さんのいる社に行きましたが、この日も会えず、残念 (´・ω・`)ショボーン

|

« 犬山踊芸祭2日目 その9 番外編ちいさなカメラマン | トップページ | 犬山踊芸祭2日目 その10 祭の後 »

地元、地域」カテゴリの記事

コメント

 雨が止んだので草刈機で畑をかっ飛ばしてきました。(ウソ、のろのろ走りました。)

 機械を家で水洗いし、私は温泉にでも行きたいもんだと思っていたのですが、ひろひら氏のブログにて銭湯を発見、広い風呂に入りたい気分がムクムクと湧き、明日一人で高湯温泉にでも行こうかなと思っています。

 先日のモモですが、仙台から来た元上司の方とモモ狩りしてかじってみたら、結構美味しく、お土産に少し持っていってもらいました。

 雨が降らなければ糖度も下がらないのですが、何だか今年の梅雨はちゃんと雨が降っているので、超早生モモちゃんが水っぽくならないか心配です。

 ま、今年は2本しか成らせていませんが。

 それにしても、子供カメラマンは良い写真撮ってますね。

 雰囲気が伝わる写真で、構えていない表情が見事です。

 大事なカメラを良く貸したコト。

 

 

投稿: おかず | 2009年6月21日 (日) 17時37分

高湯温泉、秘湯ですか。
いいですねぇ。

福島は秘湯の数が全国でも有数ですから、
それこそ面白い所がいっぱいあって羨ましい。

早生モモちゃん(誰か萌キャラ作らんか(w )はモノになって欲しいですね。

バカな子ほど可愛いとは言いますが、
手間をかけて、予想に反した結果なっても、
それはそれで何処かに大切な特徴を持っているモノだと思います。
それを伸ばしてやれば大きなアドバンテージになると思うのですがね。

ダメだから、バッサリ、というのは可哀想な気がします。
何とか良い方向に向かって欲しいモノだと密かに応援中。ガンバレ早生モモちゃん!
…何なら、木のオーナーとかになれればいいなぁ(w

>大事なカメラを良く貸したコト。

一つは、道具は使ってこそ道具という考えがあったこと。
二つは、機械は買えるが、機会は買えない。
三つは、人の興味を刺激するなら、子供のうちから経験させた方がいい。
四つは、喜ぶ顔が見たかったから←コレ重要(笑

結局は、甘い考えだったと言えるんですが、
壊されたり、持って行かれたりする可能性もあったわけです。

それでも「良い可能性」の方をとったわけで、
負の側面があっても「それもまた良し」と思いました。

何より、私も楽しいし、彼らも楽しい。
一人で写真を撮っても多様性には発展しないし(個人の趣味で終わる)、
面白くないですモノね。
だから、男の子が声をかけた時には「よしキタ!」と思いましたよ(笑

だから、コンパクトデジカメなんぞを渡さずに(自分が使った)一眼デジカメを貸してあげて、
彼らの喜びと興味、経験が増えてくれることを選びました。

きっと、本格的なデジカメなんて初めて触ったのだろうと思いますが、
それにより周囲から見た時の面白さも、危なっかしさもあって、
みんなの反応が素直に出た気がします。

そうであっても、男の子が撮った写真は本当に刺激的でした。
リスクを差し引いても、お釣りが来るほどに。

だから、一期一会になってしまったことがチョット悔やまれますね。
名前とか聞いて繋がりがもてれば、もっと何か発展出来た気がしないでもないです。



…そうやって考えると、一年前の自分には考えられないような変化だよなぁ(;^ω^)

投稿: ひろひら | 2009年6月21日 (日) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/45407931

この記事へのトラックバック一覧です: 城下町散策 寺内町→御幸町→愛宕町→+α:

« 犬山踊芸祭2日目 その9 番外編ちいさなカメラマン | トップページ | 犬山踊芸祭2日目 その10 祭の後 »