« 今日の買い物 | トップページ | 城下町散策 寺内町→御幸町→愛宕町→+α »

2009年6月20日 (土)

犬山踊芸祭2日目 その9 番外編ちいさなカメラマン

今回は番外編と銘打っていますが、
別段たいした事はありません。

結論から言うと私が撮った写真じゃないのです。
それは、たまたま私の隣に座った兄弟と話をして、
仲良くなったので、カメラを貸してあげたと言うわけです。

まずは、説明から。

受賞チーム演舞終了ごろに隣の席が空いたら、
小さな男の子が駆け寄ってきました。

見ればお姉ちゃんも含めて三人です。
席は二つしかなかったので、
私が横によけ、椅子をひっぱてきて、彼らに三人分の席を勧めました。

せっかく最前列ですから、みんなで見たいですよね?

私 「おいで、おいで。ここに座りな」

男の子 「うん!」

ニコニコしながら、男の子兄弟二人とお姉ちゃんが座りました。
そうして授賞式が始まりました。

大賞チーム演舞となり、私は本格的に写真を撮り始めます。

男の子 「ねぇ、どんなふうなの?」

男の子がカメラに興味を持って訪ねてきました。
私はその事が嬉しかったので、今撮った写真をカメラの液晶に写しました。

それを見て、男の子もうなずきます。

そうしているうちに、それだけじゃ面白くないだろうと思い、
私は持っていた二つのカメラの片方を男の子に手渡して、
ファインダーを覗くように言いました。
…まったくもって、思いつきだったんですけどね(笑

男の子 「ふ~ん」
と興味深げに覗きますが、やっぱりそれだけじゃ物足りないようです。

男の子 「どうやって撮るんですか? 教えてください」

…よっしゃきたー! (笑
きっとこうなるだろうと予測していたので、心中ガッツポーズ。
せっかく隣に座ったのだから、一緒に楽しみたいじゃないですか。
だったら何かしら得るモノがあればと思い、カメラを貸したのですが、
興味をひいてくれました。

簡単にピントとシャッターの切り方だけを教えてみました。

レンズは17-40mmの軽いモノです。
それほど苦にはならないだろうと思い、好きなようにさせてみました。
…それから兄弟二人で何かしら写真を撮ったようです。

そのうち演舞が終わるまでにカメラを返してくれました。

…大賞チーム演舞が終わりました。

男の子 「これ、一回撮らせて」

そう言って70-200mmのついたカメラを指さします。
どうせ使うのは17-40mmレンズを付けた方ですので、
70-200mmを付けたカメラは使っていませんでした。

私 「うん、いいよ」

躊躇せずにそう答えて、ストラップを男の首にかけてやりました。

男の子 「よーし! カメラマンが撮ります!」

大喜びで重いレンズのついたカメラを握りしめました。

…そのまま席にいるかと思っていたのですが、やっぱり男の子。

Img_5219

カメラ構えて飛び出しました。

Img_5222

んで、途中で戻ってきたのですがね(;^ω^)
さすがに重すぎたし、望遠の使い方が上手くいかなかった模様。

そこで、今使っていた17-40mmと交換。
今度は暗さ対策のためストロボも付けてやり、再び人の波の中へ。

以降、戻ってくるまで私はコンパクトデジカメに切り替えたわけです。

P1040027

P1040032

結構楽しそうに写真を撮っていましたよ。

そうして2曲目が終わってから、戻ってきてカメラを返してくれました。
どうやらその場から離れるみたいだったので、そのままお別れとなりました。

私は引き続き、その場に止まって戻ってきたカメラで写真を撮っていました。

帰宅後、自分が撮った写真より、男の子が撮った写真が気になります。
…ある意味これはカケでした。

彼らがどんな感性を持って、面白い写真を撮ってくるか興味があったのです。

そうしてCFカードからPCに取り込んだデーターを見て、アッと驚きました。

始めの方は、まだ使い方が慣れない感じで、ピンぼけ画像が多かったのですが、
後半の総踊りで17-40mmに持ち替えた写真は、驚嘆すべきのもでした。

どうやっても、大人じゃとれない。
ましてや私のようなモノでは逆立ちしたって、写すことなど出来やしない。
…そんな、子供だからこそ撮れた素晴らしい写真がそこにありました。

では、30枚ぐらいありますがお楽しみください。

もし当事者の方がおられて、迷惑でしたら、コメントください。
対処しますのでよろしくお願いします。

Img_5238

Img_5239

Img_5240

Img_5242

Img_5244

Img_5245

Img_5246

Img_5248

Img_5249

Img_5255

Img_5257

Img_5262

Img_5263

Img_5264

Img_5265

Img_5267

Img_5269

Img_5270

Img_5271

Img_5273

Img_5279

Img_5284

Img_5291

Img_5292

Img_5293

Img_5294

Img_5295

Img_5297

Img_5298

Img_5299

Img_5300

どうです、みんな最高でしょ?

ただのスナップ写真と言えばその通りなのですが、
普通にカメラを向けられた程度ではこれだけの笑顔は出ないはず。

きっと男の子の愛くるしさと、
その持っていたカメラとのギャップが生み出したと思います。

正直、私、脱帽。
そしてあっぱれ、男の子!

せめて名前だけども聞いとけば良かったなぁ。
ホント反省です。

では、残り一回となりましたが、そちらもよろしくお願いします。

|

« 今日の買い物 | トップページ | 城下町散策 寺内町→御幸町→愛宕町→+α »

地元、地域」カテゴリの記事

コメント

子供ってすごいですね!

みんなの素直な笑顔を引き出したんでしょうね~。ほんとに楽しい写真ばかりですね!!

投稿: 菜花 | 2009年6月21日 (日) 20時43分

あの男の子にカメラを貸したコトが、
こんなに大きな喜びを伴ってくることが嬉しくてたまりませんでした。

チョットはリスクも考えたのですが、誰もが喜びそうなことと、
あの楽しい場だったからこその雰囲気が作り上げたのかも知れません。

それにしても、アレはどうあがいても、
私などには思い描くことも出来無い構図でした。

純粋に楽しいコトを低い視線から捉えたことが、
あんなに素晴らしい写真になったのだと思います。

そして演舞されていた方々も、
子供に向ける「作らない」表情が出せたのだと思います。

本当に子供って凄いですよね。
無限の可能性を持っているなんて言いますが、
今回の写真でその事を実感させられました。

投稿: ひろひら | 2009年6月21日 (日) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/45399893

この記事へのトラックバック一覧です: 犬山踊芸祭2日目 その9 番外編ちいさなカメラマン:

« 今日の買い物 | トップページ | 城下町散策 寺内町→御幸町→愛宕町→+α »