« ポタアン HAMP-627SX | トップページ | TEXT ONLY PC部屋のチィーナさん »

2009年5月 3日 (日)

ポタアン比較 化け物登場!

それでは、比較してみたいと思います。
まずは大きさから。

P1020592

P1020597
左から、

iQube (Qables
HAMP-627SX (コスモウェーブ
D2 Boa (iBosso
Icon-Mobile (NuForce
E3 (STORM

プレイヤーはKENWOOD MEDIA keg HD60GD9を使用。
ケーブルは「iBasso ハイエンドステレオ3.5mmミニジャックケーブル」、
としか説明されてないケーブル(笑  詳細は「K's AMP」にて。
イヤホンはKlipsch CASTOM-2を使用。
何度も書くがウチにはこれ以上のイヤホンはないのよ。
出来れば、ハイエンド使ってみたいと思うけどサ┐(´д`)┌ヤレヤレ

では、素の状態で、イヤホンのみ。
(画像、略)

高音:きつめの音、鋭い。
中音:良く伸びてスッキリしている。硬い。
低音:下まで良く伸び、締まりがある。
分解能:かなり高い。細かい音が分離している。
定位:強い。左右の分離具合がはっきりしすぎてる。
音場:普通。広くもなく、狭くもなく。
音質:フラット
全体的な感想:音がクリアーすぎてデジタルっぽい。硬質な音。
         雰囲気がつかめにくい。音の深みがたりない。
         打音が少し強めに聞こえる。
         ノイズ有り、結構耳につく。

では、これをふまえた上で、ポータブルヘッドホンアンプを接続してみる。
まずはE3から。

P1020606

高音:少し落ちる、頭打ち。
中音:まとまりに欠ける。柔らかな感じ。
低音:伸びないが、やや膨らむ。締まりがない。
分解能:少しぼやける。
定位:ぼやける。音の鳴る場所が掴みにくい。
音場:ナロー。
音質:かまぼこ。
全体:アナログ的な柔らかい音で有るが、ややこもる。
    バイオリンの音が割れる時がある、結構頻繁に。(高音のせい?)
    生演奏や室内音楽には向いてるような気がするが、
    エッジの効いた音を求めるには酷だと思われる。
    音の立ち上がり、下がりはスロー。
    ノイズが少しある。

Icon-Mobile

P1020608

高音:やや抑え気味だが、押しは強い。クッキリしている。
中音:粒立ちが良く、自然な音に聞こえる。
低音:自然な音の出方、強調感や抑え等は感じない。
    低音が欲しい人には、物足りないか。
分解能:良い。
定位:バランスが良く、左右の割れ方が自然。
音場:ややワイド。
音質:フラットに近い、かまぼこ。
全体:自然な音色。
    多少臨場感に欠け、音の奥行きが浅い。
    バイオリンで音割れする時がある。
    ポップス、クラシック、JAZZ等、自然な音を出す音楽向け。
    テクノ系はややきついか。
    ヘヴィメタルはガシャガシャ鳴る、やかましいだけの印象。
    ノイズは少しある。

D2 Boa

P1020609

高音:少し控えめ、サ行が少しひこっむ程度。量は少ないか。
中音:気持ちよく前に出る。スキッとした気持ち良く元気な音。
低音:控えめ、下への伸びがない。膨らみも少なく締まりがある。
分解能:やや甘め。気になるほどではない。
定位:良い。左右の移動もスムーズ。
音場:普通、自然な感じ。強いて言えばややワイド。
    奥行きの表現もいい。遠くから近づく音がリアル。
音質:かまぼこ
全体:中音重視の音質、ひじょうに聞きやすく疲れない音。
    音に破綻が少なく、気持ちのいい元気な音が聞こえる。
    バイオリンは若干、音が割れる時があった。気にならない程度。
    音楽ジャンルは問わない、オールグラウンド。
    強いて言えば低音重視の人には物足りないかもしれない。
    ヘヴィメタルが以外と(・∀・)イイ!! ギターが前に張り出してカッコイイ。
    ノイズ有り。若干気になる。

iQube
ひじょうに辛めの評価だが、エイジングがまだ済んでいないなので、
この記事を鵜呑みにして判断しないように。
こちら「ポ-タブルヘッドホンアンプまとめwiki」の評価も参照して欲しい。

P1020611

高音:良く上に伸びて、良く響く。
中音:柔らかく聞きやすい音質。量も多く豊か。
低音:下に伸びて締まりがある。膨らまない。
    力があり、前に出る。
分解能:若干、ぼやける。
定位:中央により気味。左右の割り振りがあまり良くない。
音場:ナロー。
音質:フラット。
全体:小さい音を拾いきれていない。これは他のモノより劣る。
    聴き疲れしない音色。
    高音も低音も良く出てるが中音に重心があり、艶のある美音に聞こえる。
    臨場感があまり無い。前後左右の表現が良くない。
    バイオリンは一部で音割れしたが、ほぼ無いと言っていい。
    ただ、高価な分の音質か? と言う問いには一概に言えない。
    私個人的には価格分の音が出てないような気がする。
    これはイヤホンに依るモノなのかもしれない、ハイエンドにはハイエンドか?
    これもジャンルは選ばないと言いたいところだったが、
    ヘヴィメタルは全くダメ! 全然聞くに耐えない音になる。
    ギター、ベース、ドラム、キーボード、総じて音の情報量が少なく、
    スカスカで迫力に欠ける音質になる。…なんでだろう?原因がわからん。

    (09/05/04 3:30追記。ヘヴィメタルの音質について言及。
     DAPをCOWON D2+に変えたところ、ヘヴィメタルは良音に変化。
     HD60GD9のデジタルっぽい硬い音が、
     iQubeでさら強調されて情報量が痩せ、きつくなったのか?
     D2+は素で聞いてみると中音に重心があり、かまぼこ音質に近いが、
     高音側が強調されたギンギン鳴る傾向にあるように聞こえる。
     特にギターは顕著だ。他の音楽ではその様な傾向は無いのだが…。
     これがiQubeを挟む事により高音側が抑えられ、
     低音側を引っ張り出すような働きをして、フラットに近い音質になる。
     総じて全体的にバランスが良く、情報量の変化は-して+され“0”に近い。
     ただし、相変わらずDAPの癖もそのまま引き継ぐので、
     高音は抑えられたが中高音域が残り、ギンギン鳴る傾向は
     あまり変わっていないし、iQube自体が持つ癖のナローな音場は変わらず。
     音源との相性や、システムとしてのイヤホンとの馴染み方にも
     結構厳しくて相手を選ぶ傾向があるのかもしれない。
     iQubeがリファレンスとしてるDAPがiPodだとするならば、
     アンチAppleな私としては、かなり不利な条件のように思える。)

HAMP-627SX
これはバーンインでの音だが、ところが、はっきり言って驚愕の音だった。

P1020613

高音:良く上に伸びる。とても聞きやすい。
    出せる音を全て出し切っているような気がする。
中音:しっかりとした質量を持つ力強い音。
    張りがあり、音の立ち上がりが早く、響きがよい。
低音:下限まで出し切っている。
    締まりがあり、存在感が良い。低音が逃げる事がない。
分解能:ひじょうに良い。きわめて繊細。
定位:良い。しっかりと音の位置が把握出来る。
    奥行きも深く、遠方の音の位置までわかる。
音場:ワイド。
    録音によってはイヤホンの外側の方から聞こえるように感じる。
音質:フラット。
全体:美音。小さな音の変化までしっかり拾う。
    とてもレベルの高い音質。
    プレイヤーの悪い部分を取り除き、調整して補完。良い部分は残している。
    プラグの取付が非常に硬い、中途半端に刺さる時がある。
    バイオリンの音割れは一切発生していない。
    ウチのポタアンでは最高音質、「これがバーブラウンか!」、驚喜。
    これで25000円なら安い。据置アンプよりも良いかもしれん。
    とにかく電源周りの不安を帳消しにするほどの良音。
    特に、これだけは言っておく。
    ヘヴィメタル、キタ――(゚∀゚)――!! 個々の音の存在感が凄い。
    うなれギター! 叩き付けろドラム! 
    削り取れベース! かき鳴らせキーボード!
    …とにかく鳥肌モノの良さだった、いまだ信じられん。
    あ、とりあえず、ノイズは有ります。

………

総論、
「バーブラウンのオペアンプは化け物か!」

いままでD2 Boaで満足していた私は何だったんだろう。
iQubeのエイジングも済んでいない状態でそれを上回るモノが来たら、
後はどこに落ち着けばいい。(何もするな

これからミドルクラス以上のイヤホンを求める人なら、
このHAMP-627SXも念頭に置いて欲しい。
ヘタなヘッドホンアンプなどよりはこちらの方が格上だ。
確かに25000円程度だと高価と思ってしまうだろうが、
それを上回る喜びの音質が手に入る。

それでなくとも海外のポタアンは割高なので、
もし、同価格帯のポタアンを探しているならば、
おそらくこちらの方が音質は上だ。

これからオーディオにチャレンジする方にも、ぜひともオススメしたい。
DAPから出るイヤホンの音だけでは、恥ずかしくなるくらいだから。

|

« ポタアン HAMP-627SX | トップページ | TEXT ONLY PC部屋のチィーナさん »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

 中学生の頃からゴールデンウィークは、私にとってはつらい思い出やきつかったことばかりで、良い思いでがほとんど無いです.
 
 過去と比較すると、今年は比較的良いゴールデンウィークです。

 今日は早朝からスピードスプレーヤーで薬撒きで、モモの若木には噴霧器での散布、そのまま農協につがるの花をあずけに行って昼は疲れて一眠りでした。

 忙しくて疲れはしましたが、平穏な一日という感じでした。

 そちらのネガティブな書き込みの内容も、なんとなく冷静に感じて発言している様で、私としては平穏な時間をすごしているように感じています。

 それにしても薬は調べられるものは調べて使うべきだね。

 

投稿: おかず | 2009年5月 3日 (日) 19時48分

こんばんは。
昨晩の突然の訃報はきつかった。
少しお酒も入っていたし、情緒不安定だったかも。
でも、ネットで訃報の記事を見ると、今でも少し涙が出るよ。

まぁ、状況はだいぶ落ち着いている。
こんなポタアンの比較記事かけるくらいだから、物事を冷静に判断出来ていると思っているよ。
自分の生活のリズムは守らないと行けないし、何よりチィーナさんも居るんだから自分がしっかりしないとね。

しかしまぁ、そちらは今が一番大変な時期なのかな。
忙しそうで何よりです。
作業に没頭して、気持ちよく仕事が出来る事は幸せな事だと思うよ。
その疲労も生活する喜びの一つだと思う。

なにせ、暇だとろくな事しか思いつかない。
率直に言うと欲望の赴くままの愚行に陥りやすいからね。
少なくとも一つくらいは他人に誇れる趣味を持つのが良いと思うけど、私はダメっぽいなぁ(^-^;

薬の件は、非常に取り扱いが難しい問題を抱えているから、本当は記事の取り扱いに注意しなければならないと思う。

特にネット通販等での規制問題や、向精神薬や睡眠薬の乱用等があるし、そもそも、睡眠薬自体もその処方される量も法律で決まっているからね。

ネット通販は利便性を考えると非常にありがたく安価で購入出来るメリットがあるのだけど、薬の知識のない人が副作用等、使用上の注意についての相談もせずに購入するのは、危険な事だと思う。

何より「知らない」ことを何も「感じない」事が重要だと思う。
これこそ、人それぞれの持つ性格から来るモノだろうけど、それだけでも罪になる場合もあるからね。
何をするにしても最低限の予備知識は持ってくべきだと、このごろは強く思うよ。

さて?
ポタアンの記事からそれちゃったけど、まぁいいかぁ(笑
今日も深夜まで頑張るよー( ̄ー ̄)ニヤリ

投稿: ひろひら | 2009年5月 3日 (日) 21時58分

素晴らしいという言葉さえ物足りないほどのレビュー。
まるで今まで目の前を覆っていた厚い霧が晴れたかのようです。

ぜひ参考にさせていただきます。

投稿: null | 2010年8月22日 (日) 21時57分

null様、お越し頂きありがとうございます。
2009年の記事となりましたが、参考になられました様で、
オーディオ記事を書いたモノとしては、これに勝る喜びはありません。

2009年末からポタアン人気が強くなってきましたようで、
iPod等のDAPの普及によりイヤホン、ヘッドフォンの人気や高くなるにつれ、
本格的なオーディオを目指す人にとっては、
さらなる音質改善機器としてポタアンに目を向けるようになったと思います。

以前は、ほぼマニア的アイテムでありましたが、
各種オーディオ雑誌が特集を組むほどに、
その広がりはマニアとしても無視できないモノがあります。

今はPCオーディオと共に、
一番手軽で視聴環境を問わないポータブルオーディオの、
一分野として確立されつつある気がします。

今後、音楽媒体がCDから音楽データーファイルに移行し、
高音質音楽データーが一般化してくれば、
DAPのさらなる音質向上が必須となりますが、
果たしてそれが何所まで伸びていくか楽しみでもあります。

現在はソニーとアップルが2大DAPメーカーとして一般的ですが、
もっとマニアックな機能を持つ機器を持って、
新たなオーディオメーカーが参入するのが待たれますね。

ちなみに、友人であるセミプロの録音エンジニアが曰くには、
「ポータブルレコーダーで音楽を聴いた方がイイ音だ」とのこと。
理由は96kHz/24bitで録音する機器なら、
再生する音も低域から高域までしっかり出るそうです。
…もちろんイヤホン、ヘッドフォンの性能もありましょうが(;^ω^)

それでは、null様のオーディオライフが豊かになります事を祈ります。

投稿: ひろひら | 2010年8月22日 (日) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/44881668

この記事へのトラックバック一覧です: ポタアン比較 化け物登場!:

« ポタアン HAMP-627SX | トップページ | TEXT ONLY PC部屋のチィーナさん »