« 今日の買い物 | トップページ | HAMP-627SX用充電ハーネス作成 »

2009年5月24日 (日)

城下町散策 魚屋町→(本町)→枝町→北熊野町→南熊野町

先週とはうって変わり天気が良かったので、
カメラ持って城下町をぶらり散策しました。

今回は本町通りの西側、その南北の通りをメインにしてみました。
魚屋町→(本町)→枝町→北熊野町→南熊野町の順番。
本町には放送局目当てでよりました。

では、魚屋町。

通りの中程です。
Img_3475

通りの中程に、この様な古い家屋があります。
ずっしりとした存在感があります。
こちらは文化財または準文化財建造物だそうです。
(しおり「犬山城下町案内図 寺社について」参考)

城下町ではこの様な趣のある建造物があちこちにあります。
それらが変な手を加えられておらずに現存し、
普通に使用されている事が凄いです。
FMラジオで京都から観光に来た方が、
「 作られてない」街並みが素晴らしい」と仰っていました。

そのまま、魚屋町の南端に行きました。

P1030307

こんなちょっとした一角に社があります。
表記には秋葉神社とありました。

実はここはポケットパークと呼ばれるところのようです。
P1030313

手前の丸い石造の物は井戸でしょうか?

…気付かれた方もいると思いますが、ちょっとここは残念な状態になっています。

P1030316

折角のベンチスペースが切り枝で塞がれています。
通りかかった観光客の方もコレを見てガッカリしているようでした。
…ここは、ゴミ置き場ではないのですが、町の方はどう思われているのでしょうか。

さて、一旦引き返して本町に向かいます。

その途中にある新道通りの宮田邸の塀と蔵です。
P1030326

この蔵の存在感が他を圧倒してます。
それに塀も美しい作りです。

では、本町通りに来ました。

Img_3477

「しみんてい」の前です。
なにやら色々やってるみたいですよ(^^

Img_3478

軒先ではいろんなモノがありました。
建物なかでも何かやっていましたが、そちらには向かわず、情報収集。

んで、トンでもない物が張り出されていました。

Img_3480

「募集 原子力廃棄埋立地 見学会」
「地底200mを歩くコース」

(;・∀・) ナン! (; ∀・)・ デス!! (; ∀ )・・ トー!!!
行きてぇー! すんごく行きてぇー!
こんな体験めったに出来るモンじゃないぞー!

「とき2009年5月24日(日) 11時~5時」

………は? 明日??

即、中に入って、今からでも参加出来るか聞いてみました。





…ダメでしたorz
何でも、昨日22日に受付が終わったとのこと。
特に、原子力施設のため飛び込み参加は出来ないそうで…
ウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!

残念ですが次の機会に期待します。

さて、気を取り直して、コミュニティーラジオ「まちの放送室」です。

Img_3481

一見すると、何かのお店のようです。
古い建造物そのまま、看板がなければ観光案内所程度にしか見えませんが、

Img_3483

なかは立派なスタジオになっていました。
それと、解りますかね、手前のマイクの向き。
コレはスタジオを見に来た人が、そのままラジオに参加出来るようにしてるんです。
だからこの写真ですが、ガラス越しじゃないんですよ。

(ちなみに5月23日土曜日、時間は14時20分頃、CMの時に撮影。
 ごめんなさいm(_ _)m パーソナリィティさんの名前忘れてしまいました。すいません。
 実はラジオ聞きながら散策していたので内容は憶えているのですが…
 もう御一人のパーソナリティさんが、諸都合で席を外されて、
 一人で切り盛りし始めた直後の事だったのですが…番組は「なずなの部屋」)

Img_3485

NHKの連続テレビ小説でもコミュニティーラジオがでてきますが、
それに伴って、コミュニティーラジオの人気が出ると良いなぁ。
…というか、ラジオチューナ持ってる人は聞け! (笑

さて、本町を離れて元に戻り、
これから枝町を南下していきます。

P1030357

入った時の街並みはこんな感じです。
右の建物は寿老飴本舗さんなのですが、向こうから良いにおいがします。

Img_3490

立入禁止の看板がイタイですが、ちょっと覗いてみましたら、
小豆(?)がほされていました。
…この手作り感が素晴らしくて、私の琴線振れまくり(w
ちょっとした感動でした。

Img_3494

さらに進むと車山蔵があります。
ここは枝町、遊漁神の車山が収納されています。
意外と狭い場所に収納されていることが驚きです。
資料によれば、中は奥行きがかなりあり、
吹き抜け部と二階建ての部分の分かれてるようです。
…一度中を見てみたいなぁ。

Img_3496

案内の看板になります。
観光にこられた際はこういう立て看板にも目を通されると良いですよ。

P1030382

さて、さらに南下します。
右のお家もそうですが年季の入った建造物が多いです。

P1030383

枝町の南端に近づきました。
こういった古い家屋が並んでおり、それが普通にあるのがステキです。
この手の建造物が人には垂涎の街並みだと思います。

では、北熊野町に入ります。

P1030388

こちらは比較的新しい建物が多いようです。

P1030389

その中でもこの様なお家は存在します。
こちらは伝統的建物とされているようです。

さて、幼稚園の先にあるお家のガレージで、

P1030395

この子がいました。
私が近づくまで寝ていたのですが、通りがかったら起きあがりまして…

P1030396

人のウチにもかかわらず、私、犬撫でまくり(w
近づいたら、嬉しそうに尻尾振るので、つい手が伸びました。

人懐こくて一声も吠えませんでした。人慣れしている?
…というか、私が嬉しくて、一人でズ~ッと話しかけてました(笑

さて、名残惜しいのですが、先に進みます。

Img_3499

こちらが住吉臺が収納されている車山がある熊野神社です。
…とりあえず、右隅の看板は憶えていて下さい、後から出てきます。

Img_3501

車山蔵に近づきました。
この背の高さはどこの蔵を見ても圧倒されます。

では、熊野神社を見てみます。

P1030403

こちらが入り口です。
まずは一組目の狛犬が出迎えます。

P1030408

さらに進むと、二組目の狛犬が守っています。
…え~っと、神社の構造に詳しくないので何と呼んで良いのか解りませんが、
神楽殿? 舞殿?があり、その奥に社殿があります。 

P1030413

舞殿には賽銭箱?がありますが、その役目は今はしていないようです。
舞殿の天井部には熊野神社の表記があり、奥に社殿が構えています。

とりあえず、この辺にしておいて、先ほどの看板に戻ります。

Img_3503

こういった看板を探すのも結構楽しいです。
その場所にまつわる謂われとか記してあり、
地図を片手に見比べながら場所の確認をしてみたり、
気になる文書をメモしてみたり。

さて、ここで、私が感動した写真を載せます。

Img_3506

わかりますか?
ここはゴミ集積所なんですよ。

それを示す立て看板の下に美しいフラワーボトル。

汚れの場所であるはずの集積所において、
ここが決して汚れた場所ではないと表現している。

私は町の人達が、
どれだけこのエリアを大切にしてるかを表していると感じました。

普通なら清掃してある程度が良い方で、
その周りにはこぼれ落ちた屑や染みがあり、
誰も飾り立てることなど考えないでしょう。

ところが、ここはどうでしょう?
神社と車山蔵がある神聖なエリアの前にあり、
さらにそのゴミ集積所を示す看板の横には、
観光客のための町を案内する看板があります。

…「誰かに見られる場所」であると言う気遣いもあるのですが、
それをさりげなく、ちょっとした心遣いで、「違う」場所してしまう。

そんなことを出来る人達がいるこの町が、素晴らしく思えました。

ここは本町通りでもなく、有名な店があるわけでもなく、観光客もまばらですが、
例え誰も見ていなくても、美しくあろうとする姿は素晴らしく思いました。

オマケで、向かいの理容室ですが、

P1030400

安いなぁ、と思っていたのですが、今日は休み。
シャッターの表記では休日じゃないのですが…

P1030401

シャッターに張り紙が(;^ω^)
…ご愁傷様です。お早い回復を祈ります。

さて、駅前通の県道を越えまして、南熊野町にも行ってみました。

P1030430

こちらも古い街並みになります。

P1030433

こちらのお家も伝統的建造物のようです。
二階窓欄干のデザインが時代を感じさせます。

とりあえず、コレで魚屋町→熊野町ルートは終わりです。
全網羅したわけではなく、まだ見所はまだあるのですが、
コレで少しは雰囲気は伝わったかなぁと思います。

さて、次回はどこを回ろうかな(笑

んで、その帰り、またあの場所へ(w

10dimg_2757

今日はまた違う猫さんがいました。
足だけ見える茶色さんは私が来たらすぐ逃げちゃいました(ザンネン

(追記 2009/5/29
 よ~く見たら、彼は5月9日に出会った猫さんでした。
 …おじさん記憶力悪くて(m´・ω・`)m ゴメン…)

10dimg_2758

この子も逃げようとしていたのですが、
一定の距離を保ちながらこちらを窺っていました。
…それにしても、綺麗な毛並み。ちょっとで良いから触りたい( ̄▽ ̄)

んで、気が付いたら、

Img_3524

「また来たか~、ほれ、撫でれ」

もしかしたら憶えられた?
どっかで見てるのかなぁ。この黒猫さん、ホントに招き猫。

P1030485

それにしても、黒猫さん、ダイエット必要ですよ。
お腹がメタボです。

P1030487

「そんなモン、しらにゃいにゃー」、ゴロゴロ。

そうしてスキンシップしてから黒猫くんが帰られたので、
私も心地良い疲労でゆったり帰りました。

…でも、犬山西から東に向かうのに通路通らなきゃならないから、
その階段の上り下りがチットしんどかった(;´Д`)体力ねぇー

|

« 今日の買い物 | トップページ | HAMP-627SX用充電ハーネス作成 »

地元、地域」カテゴリの記事

コメント

 粋で見事な町の人たち。

 ホントに良い都市ですな。

 あの原発のヤツはいったいなんなんだ?
ニューモとかいうやつ?

 一度犬山に行ったときに、古い下町の町屋で、レストランを営んでいるのを見ました。

 こんなところに住んで、お店を営むのも悪くないなあ、と思ったものです。

 守るべきものをしっかり守っていて、すばらしいですね。

投稿: おかず | 2009年5月24日 (日) 21時01分

おお!
さすがによく知っている。
…と言うか私がよく知らなかっただけだと思う(恥

NUMO(ニューモ)原子力発電環境整備機構の事だと思います。

日本原子力機構(JAEA)東濃地科学センター
http://www.jaea.go.jp/04/tono/index.htm
の関係が関係する事なのでしょうけど、
そんな深いところにある施設を見てみたいという欲求は深まるばかり。

いずれにしろ、この手の知識を頭に入れてからの話になるでしょうね。
…ホント、勉強することがいっぱいで、頭がアップアップ(笑

投稿: ひろひら | 2009年5月24日 (日) 23時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/45108275

この記事へのトラックバック一覧です: 城下町散策 魚屋町→(本町)→枝町→北熊野町→南熊野町:

« 今日の買い物 | トップページ | HAMP-627SX用充電ハーネス作成 »