« 05月14日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 帰宅時に見つめる黄金瞳 »

2009年5月14日 (木)

今日の買い物 FMラジオが聞きたい

昨日、早朝にネット通販したUSBラジオ。
注文が早かったためか今日中に届いた。

P1030041

USB接続AM/FMラジオ(RDPC-101) (サン電子株式会社 製品直リン

P1030049

中は、チューナー、FM拡張アンテナ、アース線付きUSBケーブル、
クリップ付きアース線、アプリケーションCD(注、ドライバーじゃない)、
取扱説明書。

何故、急に欲しくなっったかと言うと、
その切っ掛けは犬山祭 試楽祭で本町通りを歩いてた時に、
その通りに面して開設していたコミュニティラジオ局。
「愛知北エフエム放送局 (まちの放送室)」

本当に、チョットしたお店の様な場所に放送室があり、
ガラス張りで放送している様子や、機材等を見る事が出来る。

…あぁ、こんな城下町に放送室があるなんて面白いな。
こんな通りに古民家を利用した感じがすてきだなぁ、とそう思った。

それで次の日の本楽祭、
DAPのFMチューナーでラジオ聴きながら祭を楽しんだ。
特に放送室前で車山が通る情報や、逐次入る迷子案内まで、
自分は針綱神社の前に張り付いているのに、
それ以外で行われている祭りの状況が手に取るようにわかった。

それまで、愛知県の大手FMしか興味がなかったのだが、
その地元密着具合や、手作り感のある微笑ましい喋りなど、
洗練されていないからこその暖かみが気持ちを引きつけたのだ。

そして、先日の桃太郎まつり、この時もDAPでFMを聞いていた。
内容は至ってローカルな話題。CMだって地元の企業による放送。

そこで確信した。
この放送を聞いていれば地元の情報が幅広く手に入る。
…コミュニティラジオ、これは楽しい (・∀・)イイ!!
奇しくもNHKの連続テレビ小説でもコミュニティラジオが出てくる。
それを思ったら、是が非でも聞きたくなってきた。

ところが、ところがだ。
ウチは建物や周辺の環境等で電波が入りにくい。(ワンセグも入らん)
その上、TVアンテナが地デジ対応になった事により、
TVアンテナ線からのFMラジオを受信する事が出来なくなってしまった。
(このためのショックでミニコンポを廃棄したほどに(泣 )

それゆえ、ウチでFMラジオを聞く事を諦めてしまっていたのだが、
まちの放送室を聞いている内に愛知北エフエムの設置している位置が
TVアンテナから入っていたFM局の方向と違う事に気が付いた。

これはもしやしてと思い、
DAPを片手に各部屋を彷徨い歩き、FMが入る場所を探し出した!
…そう、それが魔窟ことPC部屋の窓際。

これはPC弄りながら放送を聞く事が出来る!
そう思った瞬間狂喜乱舞したのだが、
冷静に考えるとミニコンポ等を設置する場所がない…orz

そもそも、PC部屋でオーディオをやろうと思っていなかった。

CD聞くならリビングのプレイヤーで聞いた方がいい音だし、
リッピングや、ダウンロードした音楽ファイルはDAPに入れたり、
リビングのサブPCを介したオーディオアンプ、スピーカーを使う。

んじゃ、コミュニティラジオ聞くにはどうしようか?
電波が入る場所は魔窟と倉庫部屋以外にない。
さて、どうする?
ハードオフ行ってチューナだけ買ってPCの音声入力に入れるか?
…そんなのスマートじゃない、どうせだからデジタル一本で行こう。

そんな時にこんな記事が出てきた。
ラステーム、50W×2のステレオ・フルデジタルアンプ「RDA-520」を発売
(「ファイル・ウェブ」5月7日の記事)

………!
コレ、キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!
まさにフルデジタル、光と同軸、USBのみの入力端子。
一気にメインPCに接続する絵が頭の中に浮かぶ。

現状はマザーボードのオンボードチップによるスピーカー出力で、
各種類のパワードスピーカー、ウーハーを無理矢理繋いで、
5.1ch環境を構築していたのだ。
おかげで音の整合性(距離感とか)が取れず、
スピーカ単品の音質は悪くないのだが、全体的にショボイ音になる。

これは、DVDを見る環境をPCで構築したのだが、ずいぶん昔の事なので、
その時点ではコレがお金をかけずに5.1chを楽しむ手段だった。
…わざわざ、ホームシアターセットまで買ってTVで見ようとしなかった。

ところが今は条件が違う。
BDレコーダー、地デジ液晶TVを手に入れた時に、
同メーカー製のホームシアターセットも揃えて、システムを作ってしまった。
…全て同じメーカー製だから各機能のリンクが働いて最適に動く。

そのため、DVD自体もそちらで見るようになり、
PCで鑑賞する事は少なくなった。
いまではPCの5.1chは使用する機会が減ってしまった。
(WMPなどで2chを5.1chに拡張して音楽をならしたり、
 DirectXを利用したアプリケーションでは5.1chになる)

ここで、物欲がむくむくと膨れあがる。
このアンプ手に入れて、USBラジオチューナからFMラジオを聴けないか?
そうすればオーディオ的にもグレードアップするし、
メインPC内にある音楽ファイルも、もっとBGMとして高音質になる。

その上、視聴音源により、
USBを切る事により、デジタルアンプとオンボードサウンド出力の選択が出来る。
すなわち、好きな時に2chと5.1chの切り替えが簡単に行える。

そう考えてしまったら、あとは暴走あるのみ。
5月11日の発売日に「デジックオーディオ」で注文。

そして昨日、

P1030015

RDA-520 (株式会社ラステーム・システムズ
セレクション越後屋もそうだが、ココも新潟のメーカー! 偶然か!)

そして深夜、無理矢理オーディオ環境を作り上げた。

P1030039

………笑えば笑え、もうこの無茶ッぷり (;;;´Д`)
飾りになっていたジンガリOCM106をPCサイドに設置。
なんか、スケール感が変だ(爆

あと、何がどうなっているのか深く考えないように。
見えない場所はカオスだから。見せられない物は隠した。
チィーナさんも寄り付きやしねぇorz

んで、
肝心の音だが、スピーカの特性が強く出てしまっていて、
ドンシャリ気味だったのがさらに磨きが掛かり、
硬質なデジタル音質でガッツン、ガッツンと鋭く力強い音になる。

高域側に重心があり、分解能が高く、音のアラを暴き出しやすい。
それでいて中低音から下にかけての強調感が強く、ドスドス響いてくる。
中音? こまけぇ(以下略

この大きさでニアフィールドだから音圧が凄くて圧倒される。
かといってボリュームを下げると面白みのない音に…

失敗したかなぁ…(笑
小型スピーカーに変えるべきかもしれない。ELACのBS243とか。

でも聞いていて、めっちゃ楽しいし、
このアンバランス感が最高に面白い。
オーディオマニア的にはダメダメなんだろうけど、この臨場感は何事にも代え難い。
繊細さを求めるよりも、ダイナミックさを取った、と言う事で納得したい。
(だってOCM106使いたかったんだもーん [元ネタ、エマ8巻あとがき])

さて、あとの課題はFMラジオの受信感度を良くする事と、
広範囲からの局を聞こえるようにしたい。
そこら辺のアンテナに関する知識がないので、試行錯誤やるしかないのでしょうけど、
上手い事お金をかけずにやれないかなぁ、さてさて、(;^ω^)

|

« 05月14日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 帰宅時に見つめる黄金瞳 »

オーディオ」カテゴリの記事

買い物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/45015242

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の買い物 FMラジオが聞きたい:

« 05月14日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 帰宅時に見つめる黄金瞳 »