« 祭の余韻、練屋町散策 | トップページ | 04月12日のココロ日記(BlogPet) »

2009年4月12日 (日)

11日、練屋町散策の成果。荵苳酒。

と言うことで、日付が変わってしまいましたが、
午後からの購入した物を並べてみました。

P1010834

秋の特別展 犬山城 城をめぐる歴史と天守創建の謎を探る
   (財団法人犬山城白帝文庫歴史文化館)
犬山祭総合調査報告書 (犬山市教育委員会)
歴史と文化のふるさと犬山 (尾張文化研究会)
小学館ウィークリーブック 週間 名城を行く 20 犬山城 (小学館)
日本の美術 No516 山車 ((株)ぎょうせい)
国指定重要無形民俗文化財 平成二十一年第三七五回 犬山祭
   (編集 犬山祭保存会 発行 犬山お城まつり実行委員会)

特に「秋の特別展 犬山城 城をめぐる歴史と天守創建の謎を探る」
は貴重な書物とのこと。
犬山城の絵図が正保4年(1647)から掲載されており、
時代を経て城下町と共にどう変わっていたのかが図示されている。

さらに驚くべきは「犬山祭総合調査報告書」
車山についての歴史からはじまり、その組織、祭についての全運行、
車山の構造から細部の飾りの解説、からくりの構造と分解絵図、部品、
そして囃子についての解説まで。
驚くべきほどの情報量、全502ページ。

…うわぁ、私の頭でどこまで勉強出来る事やら(汗
でも、これらの書物から犬山にかける情熱がひしひしと伝わってくる。
ホント、凄い都市だよ、犬山は。

んで、お待ちかねの主役登場。

P1010839

ドーン!
荵苳酒です。
ビン、その物までもが独特で、強い存在感を放っています。
瓶の表示にもあります通り種類は「リキュール」となっています。
そういえば女将さん、日本酒とは作り方が逆だとか何とか。

P1010849

お酒の方は見ての通りの黄金色。
味は紹興酒に近い雰囲気だけど、
あのような癖のある物ではなく、その点については全くの別格。
とても上品で滑らか、まるで蜜のような味わい。
アルコール度数が24度となっているけれども、
そんなことを意識させないほどスムーズに舌を流れていき、
お腹の中に沈みこんでから、お酒が身体にじんわりと染みこんでいく。

同じ度数の焼酎とは比較にならないほど優しいお酒。
薬酒。 秘酒中の秘酒。
まさに、オンリーワン。
ここでしか手に入らないお酒。
個人的に絶対有名になって欲しくない、大量生産なんかされたくない。
この犬山を凝縮したお酒と言っても過言ではないかもしれない。

いやぁ、もう、これから、コレしか飲まないよ、ウン(マジデ

ちなみに写真後方の真空管アンプと組み合わせたのは、
その物が持つ本質が共通するように思えたから。
暖かく、深みがあって、そして優しい。
アコースティックな音楽に包まれながら、静かにゆったり飲みたいお酒です。

|

« 祭の余韻、練屋町散策 | トップページ | 04月12日のココロ日記(BlogPet) »

地元、地域」カテゴリの記事

買い物」カテゴリの記事

コメント

荵苳酒美味しいでしよ!
手古の特権で祭の前夜祭でかなりの量味見しました(500ml強)、味見ではないですよね(笑)

投稿: 國香會 紀 | 2009年4月12日 (日) 14時18分

 大五郎を飲みながら、見ているのですが、うーん旨そうだな。・・・そういえばひろひら氏は今は酒は大丈夫なの?

 まあ、穏やかに味わえれば良いですよね。

 

投稿: おかず | 2009年4月12日 (日) 20時05分

いや、もうね、
美味いとか、美味とか言っているどころじゃないですね(笑
口に優しく、身体に染み入り、ゆっくりと馴染む。
う~ん、ネクタル?
そんな感じなのかな、不老不死のお酒みたいな(w

それにしても500mlの味見ってどんなだぁー!(笑
女将さんも仰っていましたが、祭の時は試飲のお客さんで大変な混み合いだったそうです。

でも、やっぱり私は密かに楽しみたいお酒でね、荵苳酒は。

投稿: ひろひら | 2009年4月12日 (日) 21時04分

こんばんは、おかず氏。

鬱でもお酒は飲みますよ。
ホントはダメなんだろうけどね。
確か睡眠薬系の効果を強めちゃうとか何とか。

そうそう、この際なので、
また小島醸造行って買ってくるから、そちらに送ってあげるよ。
そっちじゃ、日本酒は辛口が主流なのかな?
まぁ、是非飲んで、驚愕してちょうだい(笑
口当たりが良いから女性にも飲みやすいと思うしね。
おくさんと一緒にクイッとやってちょうだいな。
時間見て送ってあげるから楽しみに待っててね。

投稿: ひろひら | 2009年4月12日 (日) 22時37分

届きまして、いただきました。

 スイカズラ(吸い葛)と甘い焼酎のリキュールですな。

 紹興酒よりも甘く、特徴のある味ですね。
 
 何かで割ると美味しいのでしょうが、私はオンザロックが一番あっているように思います。

 清酒造ってなんぼの東北では思いつきもしない味ですね。

 ご馳走様です。

 

投稿: おかず | 2009年4月14日 (火) 20時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/44642512

この記事へのトラックバック一覧です: 11日、練屋町散策の成果。荵苳酒。:

« 祭の余韻、練屋町散策 | トップページ | 04月12日のココロ日記(BlogPet) »