« 朝のチィーナさん | トップページ | 陸橋からの眺め »

2009年4月21日 (火)

CB200-ST スピーカーの組み立て …失敗、集中力がきれたorz

ワシには「塗り」の才能がないのかもしれん。

円筒部を塗って、それから木部の塗装をしてたら、
途中から集中力が無くなって、判断力低下。

とりあえず、容器に出した分の合成うるし全部使っちゃえと、
お脳がお馬鹿な状態に(溶剤のせいか?)

P1020184

素直に単色系のペイントの方が良かったのかなぁ。
組み立て図では、円筒部は黒、木部無塗装だったし。

マジで円筒部だけ追加購入したくなってきたorz
ホント、塗装の才能無いわ、オレ(鬱出汁能

|

« 朝のチィーナさん | トップページ | 陸橋からの眺め »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

お邪魔します。
Kiraraといいます。
わたしも ずっとスピーカを買おうか悩んでて
ついに思い切って購入しました。(*^。^*)
なかなか気に入ってますよ。
http://kirarainfo.blog35.fc2.com/blog-entry-26.html

投稿: Kirara | 2009年4月21日 (火) 23時57分

こんばんは。
場末のブログにようこそ。

リンク先見ましたが、
B級オーディオと言うよりは「キワモノ」ですね。

トールボーイスピーカーでこの値段というのは興味がありますが、カタログスペックを裏打ちするな説得力を持った資料がありませんでした。
スピーカーの大きさやエンクロージャーの容積などを考えても低音再生能力に疑問を持たざる得ません。
せめて内部構造などの図面があれば良かったのですが、広告だけでは欲しくなるような魅力に欠けます。
何より、アンプ内蔵と言うことで機器やアクセサリーの組みを楽しむことも出来ませんし、値段から考えてもスピーカードライバー等の品質に疑問を持たざる得ません。

いずれにしろ使用用途と、「楽し」そうなスピーカではなさそうに感じましたので、私の方としましてはスルーさせて頂きます。

わざわざお奨めしていただけいましたが、
ご期待に添えることが出来ずに、すいません。

投稿: ひろひら | 2009年4月22日 (水) 01時20分

 やはりステイン系が良かったと思うなあ。

 アセトンでもあれば、綺麗に出来そうですが、ペイント薄め液では難しいですね。

 

投稿: おかず | 2009年4月22日 (水) 21時17分

気がついたら集中力となるべき表題が、「収集力」となっていた(爆
とりあえず直しておいた、昨日はやっぱ調子がおかしかったのかもしれん。ううむ。

さて、塗料系の知識がないまま、その場の軽いノリと、奇をてらったモノと言う判断で合成うるしに手を出したのが、ミスチョイスだったのかも。

ネットで少し調べましたが、ステイン系は手軽そうですね。木目を出すならそちらの方が良かったのかも。だけど円筒紙にも使えたのかなぁ。

使っているペイント薄め液は「シンナー」とは書いてあるけど、結局何が主成分なのか解らないモンだね。ようは有機溶剤なのだけどトルエンかキシレンか、それぞれの特性もよく解っていないし(悩

さて、アセトンは薄め液として使えるの?
…とは言え、売っているところがあるのか、そこから調べなきゃダメかなぁ。

………

でも、いやぁさすがは、むかしとった杵柄。
その手の知識には強いですなぁ。
ホント感心します。

投稿: ひろひら | 2009年4月22日 (水) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/44747178

この記事へのトラックバック一覧です: CB200-ST スピーカーの組み立て …失敗、集中力がきれたorz:

« 朝のチィーナさん | トップページ | 陸橋からの眺め »