« ガッ!とくる広告 | トップページ | 昨晩のチィーナさん »

2009年4月14日 (火)

春になって、音楽聞くには

そろそろ暑くて上着もいらなくなる地方もありますが、
愛知でも、もう上着は必要ないくらいになりました。

おかげで、今まで上着のポケットに入れていたDAPとPHPAの行き場が無くなり、
さて、どうしようか? と思案していたところです。

通勤にはバックをもっていきますが、
それでもアクセスのし易いところにあるポケットには、
二つの機器を入れるだけの余裕がありません。
バック自体に収納することを考えたのですが、
機器へのアクセスや衝撃等からの保護を考えると、
好ましい選択とは思えませんでした。

そこで、今回は手持ちのDAP、PHPA用に何か良い方法はないかと
ネット通販サイトを検索し覗いていましたら、良さそうな物が見つかりました。

P1010852

左が「sling safe 50 (pacsafe)」で、
左が「AT DIGITAL 2 ROOM POUCH (MILLET)」です。
(MILLETのHPでは製品登録されてないようです。サーチエンジン等で探してください)

とりあえず、腰に付けるタイプはベルトに通すのが面倒だったのでパス。
ショルダーでも良かったのですが、他に特徴的な方法として「首かけ」を選んでみました。
その方がケーブルの取り回しも短くてすみそうですし、
操作が見えやすい位置にあるのも便利だと思い、選択しました。

まずはsling safe 50のほうから見ていきましょう。

P1010854

ポケットを開けるとこんな感じです。
付属でミラーがついていましたが取り外しました。
チャックのポケット一つと、解放タイプのポケットが二つ。
これらを垂れで覆います。

P1010870

実際にDAP、PHPAとイヤホンはこんな配置になります。
(モデル、 DAP、CREATIVE ZEN X-Fi  PHPA、Storm E3  イヤホン、SHURE SE102) 

残念ながらポーチに膨らみの余裕がないので、薄めの機器しか入りません。
しかしながらiPod程度なら十分でしょう。
また垂れ(覆い?)にゴムがついており、
本体側の爪に引っかけることで不意に開くこともありません。

さらに内側のポケットを解放にしたためイヤホンのケーブルが
垂れを下げても無理なく外に出せることが出来ます。

ポーチ自体の品質はかなり良いと思います。
内部に強度を上げるためのワイヤーが入っていたり、
首にかけることを前提とした首紐の設計が好感を持てます。

次にAT DIGITAL 2 ROOM POUCHです。

P1010862

開くと、チャックのついたポケットが二つあります。
外側の背の部分にもチャックがあり、小物を入れることが出来ます。
いずれも厚めの物を入れても余裕が出来るように深く作っててあります。
生地自体もかなり頑丈な物を使っていますので、ヘビーユーズにも耐えそうです。

P1010868

同様にDAP、PHPA、イヤホンを入れた状態です。
(モデル、 DAP、KENWOOD MEDIA keg HD60GD9 PHPA、iBasso D2 Boa イヤホン、Klipsch CUSTOM-2)

厚みのあるD2を入れても十分余裕があり、内部はクッション素材です。
さらに背中のチャックにイヤホンを格納出来ますので、
収納性はかなり良い方だと思います。
大きめのPHPAを用いている人には十分実用範囲です。

どのポケットもチャックなので、ケーブルはその隙間から出すことになり、
少々格好悪そうに見えますが、
実用性を考えればどの機器にも対応出来る収容性は大きな魅力となります。
(ちなみにsling safe 50にこのシステムは入り切りませんでした)

ベルト自体はショルダー仕様だと思いますが、
ちょうど首からぶら下げる位置にベルトをのばしたときに、
伸縮部品が首の真後ろになるのがちょっと気になりました。

しかしながら、全体的の出来具合はデジタルオーディオを前提とした設計で、
間違いなくPHPAの使用を考えてあるところが高ポイントでした。

P1010876

二つ並べてみました。
厚みと大きさの違いがわかりますでしょうか?

sling safe 50は頻繁にアクセス出来るようにしてあり携帯電話にも合いそうです。

一方、AT DIGITAL 2 ROOM POUCHはヘビーユーザー向けの作りで、
重量のあるシステムでも十分使いこなせるように工夫があります。

さて、私はsling safe 50を通勤用として使っていき、
それ以外の使用ではAT DIGITAL 2 ROOM POUCHとしようかと思います。

まぁ、そのほかにも、試しでいろんなポーチを手に入れてみましたが、
やはり安価なものは、設計思想も少し遅れている気がしました。
これらについては、そのうち顔見せして、放出したいと思っています。

これから、どんどん薄着になる季節です。
それでも「いい音をもって歩こう」というB級コンセプトは、続けたいと思います。
そのうち、また違う物が手には入ったらレビューしたいです。

|

« ガッ!とくる広告 | トップページ | 昨晩のチィーナさん »

オーディオ」カテゴリの記事

日常」カテゴリの記事

買い物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/44672090

この記事へのトラックバック一覧です: 春になって、音楽聞くには:

« ガッ!とくる広告 | トップページ | 昨晩のチィーナさん »