« 春の新深夜アニメ雑感 その2 | トップページ | 春になって、音楽聞くには »

2009年4月13日 (月)

ガッ!とくる広告

電車の吊り広告や、壁の広告は暇つぶしに見てると面白い。
週刊誌系はゴチャゴチャした文字で見た人にインパクトを与えるし、
観光系の広告はその土地の第一印象を切り抜いた絵に感心する。

そんな中、ガッ! と心に響く広告があった。
それはお酒の広告なのだが、
こんな人が飲んでいる硬派な酒だぜ、と言う風に見せているのだろう。
この数種類ある広告で一際気に入る言葉があった。

それはこちら、「清洲桜醸造株式会社」の広告で、
そのリンク先にあるFlashを見て欲しい。

「仕事はキライだが、手を抜くのはもっとイヤだ。」

これが職人というのだろうか。
その気の持ちようと頑固さが心に響く。

自分が置かれている状態からみたら、
私はどれだけ中途半端な存在なんだろうかと考えてしまう。

多勢に流されていて、主体性のない気持ちで作業を続けていることは、
確かに楽なことなのかもしれないが、
それは自尊心を捨てることに繋がるのかもしれない。

たとえ、それがどんなにイヤなことだったとしても
少なくとも今やっていることに誇りを持てるような仕事が出来るようになりたい。
多分、それがプロ意識なんだと思う。

少なくとも、その心がけを心にとどめて明日、明後日に繋げたいと思った。

|

« 春の新深夜アニメ雑感 その2 | トップページ | 春になって、音楽聞くには »

日常」カテゴリの記事

コメント

 届きまして、いただきました。

 スイカズラ(吸い葛)と甘い焼酎のリキュールですな。

 紹興酒よりも甘く、特徴のある味ですね。
 
 何かで割ると美味しいのでしょうが、私はオンザロックが一番あっているように思います。

 清酒造ってなんぼの東北では思いつきもしない味ですね。

 ご馳走様です。

 

投稿: おかず | 2009年4月14日 (火) 19時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/44663582

この記事へのトラックバック一覧です: ガッ!とくる広告:

« 春の新深夜アニメ雑感 その2 | トップページ | 春になって、音楽聞くには »