« 東方projectアレンジアルバム | トップページ | 袖下からチィーナさん »

2009年4月 1日 (水)

レジ袋の「一部」有料化

4月に入り、色々と環境が変わる事が多いと思うが、
私自身にはあまり変化は見られない。

しかしながら生活の一部で大きな変化があった。
ソレは地元スーパーマーケットのレジ袋の有料化だ。
3月2日からレジ袋の有料化の告知があり、
4月1日の今日から実施された。

私は仕事用の靴下に穴が空いてしまったので、
仕事帰りにさっそく新しい物を買いに店に入った。

二階の衣料品フロアーで靴下を手に取り、レジに並ぶ。
いつも通勤にバックを使用しているので袋は必要ない。
そう思い、前のお客さんが支払いを終わるのを待った。

そこで、品物をレジ袋に入れるのを目にする。
値段を聞いてもレジ袋代は入っていな様子。
はて? と思いながら自分の番になり、支払いを済ませる。
…靴下はレジ袋に入れられ、靴下代だけ支払った。

レジ袋は茶色っぽい長方形のビニール製で、
手を入れるための穴が袋上方に開けてある。
けっこう分厚く丈夫なレジ袋だ。

そこでちょっと思い立ち、買う物は無いが地下食品売り場に向かった。

エスカレーターを降りレジ前に向かう。
そこでは多くの方々がレジで支払いをしていたが、
いずれの人もマイバック持参でレジ袋を持っている人はいない。

ソレでやっと理解した。
今一度、確認のため告示に目にやると、
食品レジ袋「だけ」の有料化について知らせるモノだった。

なんて中途半端な処置なんだろう!
食品用の白いレジ袋が有料で、衣料用等のレジ袋は無料。
生活に直接関わる食料品は、買い物に来る頻度が高いので、
レジ袋削減による消費減少のエコ活動を考慮してるとすれば、
その影響規模から考える効果は高いだろう。
しかしながら店全体で考えた場合の不公平感は否めない。
なぜ、食品用レジ袋だけ金取るのか! とね。

だから、帰宅してすぐさまレジ袋の有料化に関する情報を調べた。

んで、さらに理解した。
その店舗のHPではエコ活動の取り組みとして、となっているが、
さらに他のウェブサイトなどの色々な情報をかき集めると、
本当の意味のレジ袋有料化が見えてきた。

簡単に言うと、資源削減よりもゴミ分別の意図の方が大きいようだ。

すなわち食品用レジ袋はその大きさからゴミ袋に使用されやすく、
可燃ゴミと一緒に捨ててしまい、焼却処分されてしまう。
そのため食品用レジ袋のリサイクルが住民に浸透せず、
分別困難な資源ゴミが燃やされてしまってるのが現状のようだ。

実際に自分もゴミ箱にレジ袋を入れてゴミ袋にして、
ゴミの日には大きなビニール袋に放り込んで捨てていた。

おそらくこれは自治体等のゴミを処理する側の要請もあり、
企業としては食用品レジ袋を有料化することにで不要な出費を抑え、
自治体としてはレジ袋の可燃ゴミ化を防ぎ、
資源ゴミ回収の効率が上がってリサイクル率を高める。
…私は、そう理解した。

しかしながら、今まで楽だったレジ袋のゴミ袋化が、
他の代替え手段に置き換える事は難しいのではと考える。
新たにビニール袋を買ったり、他店舗での買い物で手に入れて、
ビニール袋が可燃ゴミに出る事は減らないように思えて仕方がない。

ちなみに、その店舗の食品用レジ袋のLサイズは一般に45号と言われ、
ネットの業務用通販サイトでは一枚あたり3.5円ぐらいだ。
さらに一般向けに売っている20枚入りだと一枚あたり10円位する。

それじゃ、某店舗の一枚5円は妥当な値段なのだろうか。

さらに考え方を変えれば、以前と以後で商品の値段は変わっただろうか?
以前は商品の売り上げの中にレジ袋代が含まれていたわけだから、
レジ袋有料になったとは何かしらの値引きがあっても良いはず。

そもそも真にエコを実践するならば全商品に関わる
レジ袋について課金をし、より一層の環境対策をするべきでは?

………

なんか、反エコ活動家みたいになってしまったが(w
消費量を抑えて資源の無駄遣いをなくすというスタンスは共感できる。
なにも有料化の批判をしているわけではないのを理解して頂きたい。

ただ、ソレについては何も異論はないが、
企業の本音が見え隠れしているようで、多少なりと違和感がある。
すなわち、利益の多い部門については現行維持で客離れさせない。
薄利多売で、黙ってても売れる部門は、客に負担があっても問題ない。
そう思わせるような営業理念がジワリと漂ってくる。

まぁ、私の考え過ぎと、疑い深いだけなのかもしれない'`,、('∀`) '`,、
「やるからには徹底せよ」という、私の考え方とは相容れないのが悪いのか、
それでいて、私自身が神経質で粘着タイプなのが、異常なのかもしれない。

…そもそも、レジ袋はサービスだった! と言われると反論のしようがない。

まぁ、さてさて、結局誰が損をするのか? と言うのはどうなんだろうか。
少なくても客側には負担が増えるのは確実だし。
これは、大岡裁きの「三方一両損」と行くのだろうか?
少なくとも、私は納得していない。

まぁ、とりあえずエコバックを用意していた事だけは評価できるかなぁ?
結局は、その活躍の場は次に持ち越しだけどね(笑

|

« 東方projectアレンジアルバム | トップページ | 袖下からチィーナさん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/44536870

この記事へのトラックバック一覧です: レジ袋の「一部」有料化:

« 東方projectアレンジアルバム | トップページ | 袖下からチィーナさん »