« CB200-ST スピーカー対比 | トップページ | 今日の買い物 »

2009年4月26日 (日)

場所がないなら作ってやろう! スピーカースタンド作成

(2009/06/16追記
 天板、底板にMFDを用いたが、しばらく使っていて「良くない」と判断。
 荏油がMFDに浸透しているだけで、根本的に乾かない。
 また、板厚が薄いのでインシュレーター等を用いても、良い響きが発せられない。
 後記事でも用いていたが、石版等のボードで改善する必要有り。
 アイディアは悪くなかったのだが、多少割高でも厚めの板にするべきだったと反省 orz)


さて、昨日の状況から察していただけるように、
せっかく作ったCB200-STを設置する場所がない。

それゆえ、見通しの良い場所に設置するには、
他のスピーカを塞がないような高さにしてやろうと考えた。
HL-P3ES-2かTB2+M-Wの前で高さは30cm位。

だから昨日の購入物はスピーカスタンドを作る為のモノでした。
その中で一番高かったのは桂丸棒6本………値段は言うまい(´Д⊂ヽ

それ以外のMDFや四角錐は一つ300円程度のモノ。
純正荏油が2380円だったが500g分あるので、
これからも何かに使う予定も出てくるだろうから、
さほど痛く無い買い物だったと考えたい。
(実は150gのモノがあったのだが、こちらは1180円!)

では昨日のネットワーク接着した後の時点に戻ろう。

P1020335

まずは買ってきた木材、MDFを研磨する。
ここで便利そうだったサンドブロックを試してみる。
…紙ヤスリよりだいぶ楽だが、力は入れにくいなぁ。
荒削りするわけでは無く表面を整えるだけなので、これで良し。

P1020337

丸棒端面に接着剤を着けて天板になるMDF板に接着。
予定では天板に足を3脚取り付けて、
底板に木製四角錐のスパイク4つ、それぞれを接着する。

最後に二つのパーツを接着させるというお手軽モノ。
足が3脚というのは、取り付けのとき4脚よりガタが少なくなると言うのと、
やっぱり予算の関係で…泣。

木製四角錐スパイクはカーペットでの使用を考えたため。
MDF板を直にカーペットに乗せるより、
スパイクで食いつかせた方が安定がいい。

P1020340

見えないが、天板と足は重りを乗せて確実に接着させている。
それが終わったので、底板の作成にかかる。

接着剤は最小にして、指で良くのばしてから四隅に取り付けた。

そして、次の底板を作ろうとしたらトラブル発生。

P1020345

なんと、厚みが違う…orz
12mmの棚から4枚取ったはずなのに、なぜ、9mmが混じっているんだぁ!
…見ての通り、角落とし等の加工してしまっているから返却できんよな(;´Д`)

しかたなく、25日の作業はここで中断。
明日の朝、一発目に買いに行かねば…

一夜明けて26日。
ホームセンターは9時から営業開始というので、
速攻で車を飛ばし、速攻で買い、速攻で帰宅。
…たかが275円の一枚で必死になっている私(w

では、初めからやりますかね。

P1020402

ハンドサンダーで角取り、ペーパーで仕上げる。
そのまま昨日の続きで四角錐を接着。
重りを乗せてしっかり固着させておく。

その間に、昨日作ってあった分の組み立てを行う。

P1020409

天板側足端面に接着剤を塗布。
ここでは隙間が出来ないようにするため多めに盛りつけをした。

P1020414

それを指で満遍なくならす。
接着剤に厚みをもたせて、薄い部分が出来ないように注意。

そしてその上に底板を乗せてから、ひっくり返す。

P1020413

はみ出た接着剤は水で濡らしたウエスで細いドライバーを使って拭き取る。
ちなみに何故濡らしたのかというと接着剤が水性で、その方が綺麗に取れるから。
ティッシュペーパーなどを使うと、薄く伸びた接着剤がそのまま定着してしまう。

P1020411_2

とりあえず組み立てはお終い。
天板に重りを乗せて接着面がしっかり付くように荷重をかける。
後は接着待ち。

これで一時休止。
…ようやく遅い昼飯を食べることが出来た(笑

また、接着待ちの間にBS243を簡易スタンドからテーブルに移して、
そのスタンドでCB200-STを設置して音出しなどもやってみた。
まぁ、それは次の記事で。

接着を確かめてから「マルタ 一番しぼり 純正荏油」(太田油脂株式会社)を塗る。
使い方は少量を布に付けて木部にすり込むようにのばす、となっている。

P1020416

実際やってみたが、MDF板では油が伸びる前に染みこんでしまう。
MDF板の本質は紙と一緒か? 吸収性が異様に早い。

ちなみに桂丸棒では布で十分に塗り込むことが出来た。

P1020417

仕方がないが、乾燥時間が長くなってしまうようだが、
刷毛塗りで荏油を塗り込む。
それで多い分はウエスで拭き取った。

P1020418

これで、作業の一切が終了。
ついでだったので部屋の片づけもした。
段ボール箱を隅の方に撤去。
実はこの部屋は倉庫部屋で主に漫画類が並んでいる。
普段は自転車を置いていたり、段ボール箱等が放置してある。
整理さえすれば、唯一作業スペースが確保出来る部屋。

標準的な表面乾燥時間が48時間かかるそうなのだが、
ここ数日はこのままにしておく。
スピーカーをここに乗せるにはまだ先のようだが、
この色合いからするとなかなか楽しみだ。

予定では、この上に平石板さくら磨き加工をボードとして乗っけるつもり。
それに、足の向き、前1本にするか、2本にするかでも音が変わるかも。
…そこまで良い耳を持ってるかどうか不安だが、
今年の5月の連休はこれで遊べるなぁ(笑

|

« CB200-ST スピーカー対比 | トップページ | 今日の買い物 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/44802844

この記事へのトラックバック一覧です: 場所がないなら作ってやろう! スピーカースタンド作成:

« CB200-ST スピーカー対比 | トップページ | 今日の買い物 »