« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

チマチマと遅々として進まない、HTMLと格闘中

今日も今日とて、絶賛引き籠もり中。
朝から参考資料片手にHTMLを手打ちしてたりする。

まあ、何とかHPとブログの融合が出来そうなので、
牛の歩みだが何とか前進中。

Screen20090430

ボタンや、背景素材やら、何をどう表記すべきかから始まったけど、
手持ちの資料が10年前のもんだで、いかんとも何とも(;;;´Д`)

とりあえず、明日は外出てみようかなぁ?
欲しい参考文献とコミック新刊。
あと無くしてしまったヘアバンドも欲しいしね。

…いい加減、自作ゲームもなんとかせねば…orz
何とか連休中にあげたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のチィーナさん お酒に興味が?

飲み干した荵苳酒の瓶がもったいなくて
何かに使えないかと思案していたところ、チィーナさんが来ました。

P1020481

とりあえずは臭いを嗅いでみたようですが、
彼女の範疇外だったらしく直ぐに飽きて
キッチンラックの下に入りゴロゴロ遊び始めてしまいました。

フェレットはあまりお酒には興味ないのかな?

だいぶ前にソファーに座って缶ビールをあおっていた時は、
ソファーによじ登りヒザの上まで来て、缶の口をしきりに嗅いでいたっけ。
その話をSBSさんで聞いたところによると、麦の臭いにつられて興味を示すそうな。
べつにアルコールが好きとかという話ではないそうです。

逆に「飲ませてはダメよ」とも言われました。

(´・ω・`)ショボーン、ソレは残念。
「動物のお医者さん」の22話でチョビとスナネズミとで、
晩酌する話があったんですが、
何となくそれにあこがれを持っていた私。

一人と一頭で、さしつさされつ、と言う光景を見たかったのですが…
さてはて、諸氏フェレット飼いの先輩方々はどうなされてるのでしょうね?

ちょっとは酔わせてみたいと、思うんだがなぁ(^ω^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月29日 (水)

今日のチィーナさん スピーカをいじった

CB200-STは、かれこれ36時間ぐらい音出ししたところ、
だいぶスピーカドライバーもこなれてきて、低音が響いてくるようになった。
それにもかかわらず音質の傾向は変わっていないので、良い傾向と言える。

そこでもう一つ、音質が変わらないかなぁと思い、
組み立て時に追加した吸音材(綿)を外してみようか、と思った。

P1020433

プレイヤー、アンプを止めて、さて全面バッフルを取り外そうかと思ったら、
一足先にチィーナさんが来ていた。

「ねぇ、音と止まったけど、何するの?」
…まぁ、そんな感じかな(笑

有る程度、様子を見たら飽きたようで、
そのまま何処かにチィーナさんは行ってしまわれた。

イタズラされぬうちにと思い、さっさとバッフルプレートを外す。
(ウーハーじゃなくてそれを取り付けてあるリングの方ね)

取り出した綿をそのまま放置して再組み立てをし始めたら、
またチィーナさんがやってきてぬいた綿の上でゴロゴロ。

においが気になるのかなぁと思いつつも、爪で引っかかれてはかなわないので、
とりあえず静かに寝ころんでから、チィーナさんを抱き上げて、綿を片づける。

さぁてと、作業を再開するかぁ。

…んで、チィーナさん、足に噛みつくのは止めてくれ(笑
遊び道具が無くなったからって、今度は私のスネを囓らんでくれよ。
(取り付け作業で手が離せず、写真取れなかった、残念)

P1020434

それで、組上がったスピーカを私の変わりにチェックしてくれるチィーナさん。
…いや、そんなところ外してないから(;^ω^)

再び、プレイヤーとアンプに火を入れてスピーカーを駆動。

おおー低音の迫力が増したぁ~。
…んがぁ、サ行も少し刺さるぅ~(w

たいして大きくもなく厚くもなかった吸音材だが、
ポリエステル製だったため密度は少なかったが強度があり、
それなりに吸音効果はあったもよう。
しかしながらそれは高音、低音共々だったために、
全体的な癖の方も目立つようになった。

それでも、音の響きが良くなったせいか、
少し音場は広くなり臨場感も増した。

でも、まだ聞いた感じからすると音質はまだ硬い様に思える。
もう少しエイジングを進めた方が良いのかもしれないと思った。
…まぁ、50時間ぐらい鳴らせばスピーカ全体的にこなれてくれるかな?

P1020453
(写真は夜です)

いずれにしろ、自作スピーカスタンドの荏油の乾きがもう少しなので、
正式な設置はどうなるか解らないけど、さてどうしたモノか。
もしかしたら、こいつにBS243を乗せるやもしれん。

CB200-STは低くても上向きだから音の通りは良いのだが、
BS243はブックシェルフで真っ直ぐ向いてるから、
低い位置では十分な能力が発揮出来ないような気がしてきた。
まぁ、それらも含めて実験あるのみだけどね(w

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日の買い物 「narcissu 3rd」 キタ――(゚∀゚)――!!

今日から連休で、絶賛引き籠もり予定の私(w

そこに届いた宅配便が一つ。

Img_3015

narcissu 3rd (ステージなな

キッキッキッキッキッ!
キタ━ヽ(ヽ(゚ヽ(゚∀ヽ(゚∀゚ヽ(゚∀゚)ノ゚∀゚)ノ∀゚)ノ゚)ノ)ノ━!!!!

(とりあえず落ち着け)

忙しくて同人ゲームが19本、商業ゲームが9本。
フリーゲームに至っては40本強たまってしまっている状態だが、
これだけは最優先でやる。

少なくとも今連休中には絶対やる。
自分のことが一段落ついたら、絶対にだ。

私がフリーゲーム(ノベル、AVG)で開眼させられた3本のゲームがある。

TRUE REMEMBRANCE-remake- (TRUE REMEMBRANCE
Bye (トラウムブルグ7番地
narcissu 2nd(narcissuを含む) (ステージなな

これらに出会うことがなかったら、
ほかのノベル、AVGフリーゲームにも見向きもしなかっただろうし、
800本の越えるフリー、同人、商業のAVGをやりこむこともなかっただろう。

鬱で酷かった時期に、
病気になってから初めて、これらのゲームで心を動かされ、
自分の人生にどれだけの救いを与えてくれたことか。
作者の方々には感謝しきれないほどの恩を感じている。

鬱で死んだ心に、命を教えてくれたフェレットのチィーナさん。
鬱で失った心に、感情を思い出させてくれたゲームの数々。

きっと死ぬまで、その事は忘れない。

narcissu 3rd、新たな感動と喜びを与えてくれると、私は確信している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月28日 (火)

電車での出来事

ここ最近、帰宅に使用する電車の車種が代わってしまい、
今は通勤に適したベンチシートタイプになってしまっている。

P1000148
写真は車内のイメージだが、同車種だとおもう。

帰宅時にはそれなり混雑しており、
途中の主要駅で客足が引くまで立っている状態だ。

これが以前は違うタイプの車種だった。
2席のボックスシートを配置したモノだった。

P1000202
これもイメージであるが、同車種だと思う。

この場合、ドア付近は混んでいても、
シートに他人同士が合い席になっていることはそれ程なく、
必ず3~4人分の空席があったモノだ。

まぁ、これは、その時の話。
ちょっと対応に困った時のことである(w

P1000206

その日、退社して疲れていた私は
最寄り駅までの間だけでも座っていこうと思い
乗車して直ぐに空いている席を探した。

偶然にも一席分の空きを見つけることができ、
そのシートの窓際には若い女性が座っていた。
見ると、少し俯き加減で手元の何かを弄っていたように見えた。

私はさほど気にせずに、たぶん携帯だろうと考え、
別段失礼なことでもないと思い、通路側の空いてる席に腰を下ろした。

スッとスマートに席に腰掛けたつもりだったが、その女性は、
プイッ!
と、身体ごと窓側に向きを変えてしまった。

………Σ(゚д゚;) エエー! いきなり嫌われたー!
その日、瞬間最大鬱度を記録した瞬間だった。

イヤ、確かに仕事帰りで汗くさいかもしれないし、
ヘンに髪長いから初見あまりよく思われないかもしれないけど、
それでも、見知らぬ他人とはいえ、ここまであからさまなのはちょっと…
…鬱出汁能 il||li _| ̄|○ il||li

それで少し気になって、窓側に顔を向けてしまった
その方が、先ほどから手にしているモノちらっと見る。

それは長方形で白く分厚いモノ。
そして一枚一枚をパラパラとめくっている。

…あっ! 単語帳!
その学生さんと思われる若い女性は一心不乱にページをめくっている。

興味を引かれた私は失礼と思いながらも、その内容に目を移した。

…ハングル! ハングルだよ。
勉強しているのハングル文字だ。

その女性は素早い手の動きでページをめくり、
一通り見終わると、分厚い単語帳を纏めている金属の輪っかを取り外して、
各ページがバラバラになるようにしてから、トランプの要領でシャッフルし始めた。

かなり細かく刻んだところで手を止めて、再び輪っかを単語帳に通す。

そして初めから一枚、一枚、目を通し始めた。それもかなり早いペースで。
表をチラッと見たら、裏に返してチェックして、直ぐに次のページに。

見ていて、一生懸命な様子がひしひしと伝わってくる。

ええと、つまりは何だ。
私が隣の席に座ることにより、その奮励努力を打ち破ってしまったため、、
その集中力を欠かせないための手段として向きを変えたと言うことか。

そう思ってしまうと、惚けた顔してイヤホンで音楽を聴いている私など、
電車に乗る時間でさえ切磋琢磨している人にたいして、
何となく失礼な気がしてならない感じがしてきた。

とりあえず、その女性は主要駅で降りてしまったが、
残された私としては何とも後ろめたい感じがしてならない。

当然、電車に乗っているのだからTPOをわきまえて、
その様な状況で失礼な態度を取った女性の方が悪いと、
普通の考えれば、こちらの機嫌が悪くなるようなことなのだが、
そう簡単に思えることが出来なかったのだ。

それは、その彼女の努力している姿が美しかったから。

それを乱したと思うと、なにも「してない」自分が後ろめたかった。

そんな状況も今の車種ではあり得ない光景となった。
あのような些細なことでも少しは何かを得たような気がする。

とりあえず私は、メモ帳片手に日々の出来事や思いつきを書きつつ、
電車の中で無い頭を悩ませながら一人百面相をしてる。
…もう少し語彙力が有ればなぁ、と思う今日この頃。

連休中にも何か得られるモノがあると良いなぁ(苦笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月27日 (月)

修羅場突入…そして、真っ白に燃え尽きた

午前中いっぱいまで時間がかかってしまったが、
先週からの調整作業に何とか光が見え始めた。

あぁ、これでようやく、楽に出来るなぁと思いつつ、
昼休みになり食堂に向かった。

先週金曜日は、昼休みの休憩中に抜け出して、
どうしてもやらねばならない監視作業があったので、
実質、金曜日に休憩出来た時間は昼食を含めて30分程度だった。

そんなこととは今日は無縁になるはずだったし、
実際に昼休みはたっぷり休憩することが出来た。

それから午後からの仕事に取りかかったのだが、
続きの作業は思っていたよりもスムーズに進み、
調整値がスペック範囲内の期待値に入るようになったため、
計測調整作業を終えて、ベテラン先輩に次の行程を送ることが出来た。

ソレでようやく、他のスケジュールを精査する余裕が出来たので、
一息付ける休憩のつもりで予定表を眺めて、メモ等にも目を通した。

んで、

( ゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ
  _, ._
(;゚ Д゚) …?!

(つд⊂)ゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシ

(  д )

(; Д ) !!

メモ帳の方に、機番を指定して「特急」の文字が!
スケジュール表もよく見たら、すでに期限が…

もう、休憩しているどころじゃない。
急ぎ作業場に戻り、モノの確認を行うが、手を付けた形跡ゼロ!

ノオオオオオゥ! カンベンしてくれ!
作業管理してるのは私じゃなくてベテラン先輩の方だろうが。
そこで、悠長に先の予定のモノやってる場合じゃないでしょうに。

「すいません、このスケジュールでは、もうヤバイんですが…」
「えぇっと、そんなふうだったっけ? オレはしらないなぁ」
「いえいえ、ちゃんと、ここに「特急」の文字が」
「…ああ、あれか、無いんで、他のモノ貸し出したヤツの」
「いやそれは、それの思い違いです。
 こっちのスケジュールの作業が、今やったヤツで、これとは別口で」
「あれ、そうなの? えっと、この番号は…」

おもむろに保管棚から当該物を取り出して中を確認。

「…あー、これ組み立てからやらんといかんわ」

ちなみにその番号の仕事は、大物1つと小物2つの作業で1セット。
すなわち、他のモノも確認しなければならず、
大きなモノの一つは計測調整作業が残っている状態だった。

ベテラン先輩は小物2つの作業に取りかかり、
私は大物の方に取りかかり始めようとした。

とりあえずアッセンブリーの中を確認して、各19ヵ所の計測部分の点検する。
…しかし、それは確認出来るような状態じゃなかった。
計測を必要とする液体部分が積層部品に染み込んでいてしまい、
サンプルを取るほどの量を確保出来ない状態だった。

ともかくこれではどうしようもないので、初期状態から作業を始めることになった。
ああぁ、もう、どうしてくれようか。ひっくり返して出てくる物でもない。
時間はかかるが液体を染み出させるための作業から始めねば…

と、そこで電話が鳴る。

ベテラン先輩は手が離せそうもないので私が受話器を取った。
「もしもし、**何だけど、番号******のヤツ明日欲しいんだけど」

………はぁ? そんなのもあったの?
もう、頭真っ白。

「すいません、これから計測作業にはいるので、いつ出せるか見当がつきません」
「ええっ! スケジュールも何週間か前に伝えていたはずでしょう?」
「申し訳ありません。実はですね………」
そうやって、状況の説明を始める私。

「なんとかならんの?」
「もしノートラブルだったら、夕方までにはなんとかなるのですが、
ここのところ7~8割方調整作業が発生しているケースがありまして、
それをおこない始めると、予想がつかないんですよ」
「んん、ああ、そうかぁ。困ったなぁ」

そうしているウチに状況を確認しにベテラン先輩がやってきた。

「いま**さんが来ましたので、電話変わります。
とにかく今から急いでやりますので、すいません」

そうして、ベテラン先輩に電話を代わってもらい、
いそいで、当該物の確認をおこなう。
………うはぁ、こっちも、計測出来ねぇ (TдT)

ともかく初期状態からの作業を始めて、その間に他のスケジュールも確認する。

こう言う時は重なる物で、もう一つ連休明け引き渡し予定の物が(絶句

ええーい!
とにかく、明日までのヤツが先だ!
計測機器が一つしかないのだから、優先順位を決めなければ!

まずは、連休明けのモノは切った。
場合によっては遅延も覚悟するしかない。

今は明日までのモノをなんとかせねばなるまい。

そう息巻いて、作業に取りかかる。
液体が計測可能な状態に入ってからの私は、
おそらく今年一番のスピードで作業を行った。
作業手順は抜かさずに、最小の機材移動と、左右で違う手作業。

流せ! 流せ! とにかく流せ! 作業を止めるな!

今回はノートラブルな上に、全てスペックインで調整作業もやらずに終えた。
よっしゃぁ! 終業40分前、これなら今日中にだってモノを出せる!

「**さん、作業終わりました、全部OKです。
 とりあえず計測データ渡しますので書類クローズ出来たら今日中に出せます」

「ああ、えっと、それ、連休後の月曜日にしてもらったから」

        ∧∧
       ヽ(・ω・)/   ズコー
      \(.\ ノ
    、ハ,,、  ̄
     ̄

………そういうことは、早めに言って欲しい。
もう、カンベンしてくれぇ。

とりあえず私は、もう一つの大物に取りかかって終業時間となった。
…つかれたよ、今日は。

帰りの電車では真っ白に燃え尽きていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

04月27日のココロ日記(BlogPet)

さっきのパチンコ特集、おもしろかったです

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年4月26日 (日)

CB200-ST音出し バーンイン

とりあえず、CB200-ST(ミクセル)設置。

P1020422

見た目が太鼓とは全くもってその通り(w
ほかのスピーカにたいしてかなり異質な感じがするが、
スピーカは音が出てナンボ、はてさてどんな音がするか。

P1020424

まずは試しに重低音の度合いを聞くためJAZZを流したのだが、
これが低音に限らず全域にわたり驚くほどの美音だった。

音質は全体的にフラット、高音よりも低音の方が伸びる感じ。
聞いた感じとしては自然な音色で原音を忠実に出している雰囲気。
特に中低音域での余計な膨らみがないので、キリリと締まりのある音がする。

特質すべきは低音がタイトで早い。
下に伸び無いわけでもなく、音量が少ないわけでもない。
だからこそベース、ドラムが「ドッ!」と響いて、余分な音を残さない。
刻むような低音だとそれが顕著に表れて、切れが良く力強い音を出す。
まさしく、「太鼓」のような音がでるようだ。

女性ボーカルを聞くと、さわやかな印象がした。
声が前に出て混じり気のない自然な歌声を聞かせてくれる。

中音から高音域にかけてもその粒立ちはしっかりしていて、
分解能はかなり良い方に思える。

バックのピアノやベースは質量をともなった腰のある音質を聞かせてくれる。
音場はそれほど広くは感じられなかったが、
定位感は良く表れて、左右、中央からでる音の存在がはっきり確認出来た。

最後に「オーディオベーシック」誌付録のチェック用CDを聞いたが、
引き締まり良く伸びる低音、自然に近く付随物の少ない音質、
音場は広くないが、しっかりした定位。

欠点を上げるとしたら、少し臨場感の表現が上手くないところか。
スピーカーの設置のせいもあるのかもしれないが、
音の奥行きや、サラウンド的な音響表現が弱く、
スピーカからの直接的な音場表現になってしまっている。
目視したスピーカの位置よりも外から音が飛んでくる部分は弱い感じがする。

ともかく、低音の締まり具合が素晴らしく、音のキレも良いので、
ここしばらくは、このスピーカで良いんじゃないかと思わせるくらいだ。
このスピーカから出る味付けの少ない自然な音には好感が持てる。

制作に手間暇がかかってしまったが、
この値段でこの音を出せるならば、十分に納得がいくし、
そもそも、同価格帯のスピーカでは真似の出来ない音質だと思う。

低価格でスケールの大きい音を求めるなら、
このスピーカキットはきっと満足出来るものだと思う。

この連休、暇で何もすることがないという人は、
オーディオ入門用に自作してみるのと言うのも、一つオススメである。
ミクセルさんのHPには他にも低価格なモノがあるので興味のある方はぜひ(w
(注、私はミクセルの回し者じゃないんで、あしからず)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日の買い物

とりあえず、今日届いた同人CD。

P1020428

左上から

東方戦心 (あなざーでぃめんしょん
途方速攻 (あなざーでぃめんしょん
トラウマロジカル (Reiche
東方混淆幻想 (rythmique

とりあえず4枚だけど、M3が終わったら怒濤の通販物品が届くはずで…
やばひ、CDラック新調しなけりゃ置くとこないか(;^ω^)ドナイシヨ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

場所がないなら作ってやろう! スピーカースタンド作成

(2009/06/16追記
 天板、底板にMFDを用いたが、しばらく使っていて「良くない」と判断。
 荏油がMFDに浸透しているだけで、根本的に乾かない。
 また、板厚が薄いのでインシュレーター等を用いても、良い響きが発せられない。
 後記事でも用いていたが、石版等のボードで改善する必要有り。
 アイディアは悪くなかったのだが、多少割高でも厚めの板にするべきだったと反省 orz)


さて、昨日の状況から察していただけるように、
せっかく作ったCB200-STを設置する場所がない。

それゆえ、見通しの良い場所に設置するには、
他のスピーカを塞がないような高さにしてやろうと考えた。
HL-P3ES-2かTB2+M-Wの前で高さは30cm位。

だから昨日の購入物はスピーカスタンドを作る為のモノでした。
その中で一番高かったのは桂丸棒6本………値段は言うまい(´Д⊂ヽ

それ以外のMDFや四角錐は一つ300円程度のモノ。
純正荏油が2380円だったが500g分あるので、
これからも何かに使う予定も出てくるだろうから、
さほど痛く無い買い物だったと考えたい。
(実は150gのモノがあったのだが、こちらは1180円!)

では昨日のネットワーク接着した後の時点に戻ろう。

P1020335

まずは買ってきた木材、MDFを研磨する。
ここで便利そうだったサンドブロックを試してみる。
…紙ヤスリよりだいぶ楽だが、力は入れにくいなぁ。
荒削りするわけでは無く表面を整えるだけなので、これで良し。

P1020337

丸棒端面に接着剤を着けて天板になるMDF板に接着。
予定では天板に足を3脚取り付けて、
底板に木製四角錐のスパイク4つ、それぞれを接着する。

最後に二つのパーツを接着させるというお手軽モノ。
足が3脚というのは、取り付けのとき4脚よりガタが少なくなると言うのと、
やっぱり予算の関係で…泣。

木製四角錐スパイクはカーペットでの使用を考えたため。
MDF板を直にカーペットに乗せるより、
スパイクで食いつかせた方が安定がいい。

P1020340

見えないが、天板と足は重りを乗せて確実に接着させている。
それが終わったので、底板の作成にかかる。

接着剤は最小にして、指で良くのばしてから四隅に取り付けた。

そして、次の底板を作ろうとしたらトラブル発生。

P1020345

なんと、厚みが違う…orz
12mmの棚から4枚取ったはずなのに、なぜ、9mmが混じっているんだぁ!
…見ての通り、角落とし等の加工してしまっているから返却できんよな(;´Д`)

しかたなく、25日の作業はここで中断。
明日の朝、一発目に買いに行かねば…

一夜明けて26日。
ホームセンターは9時から営業開始というので、
速攻で車を飛ばし、速攻で買い、速攻で帰宅。
…たかが275円の一枚で必死になっている私(w

では、初めからやりますかね。

P1020402

ハンドサンダーで角取り、ペーパーで仕上げる。
そのまま昨日の続きで四角錐を接着。
重りを乗せてしっかり固着させておく。

その間に、昨日作ってあった分の組み立てを行う。

P1020409

天板側足端面に接着剤を塗布。
ここでは隙間が出来ないようにするため多めに盛りつけをした。

P1020414

それを指で満遍なくならす。
接着剤に厚みをもたせて、薄い部分が出来ないように注意。

そしてその上に底板を乗せてから、ひっくり返す。

P1020413

はみ出た接着剤は水で濡らしたウエスで細いドライバーを使って拭き取る。
ちなみに何故濡らしたのかというと接着剤が水性で、その方が綺麗に取れるから。
ティッシュペーパーなどを使うと、薄く伸びた接着剤がそのまま定着してしまう。

P1020411_2

とりあえず組み立てはお終い。
天板に重りを乗せて接着面がしっかり付くように荷重をかける。
後は接着待ち。

これで一時休止。
…ようやく遅い昼飯を食べることが出来た(笑

また、接着待ちの間にBS243を簡易スタンドからテーブルに移して、
そのスタンドでCB200-STを設置して音出しなどもやってみた。
まぁ、それは次の記事で。

接着を確かめてから「マルタ 一番しぼり 純正荏油」(太田油脂株式会社)を塗る。
使い方は少量を布に付けて木部にすり込むようにのばす、となっている。

P1020416

実際やってみたが、MDF板では油が伸びる前に染みこんでしまう。
MDF板の本質は紙と一緒か? 吸収性が異様に早い。

ちなみに桂丸棒では布で十分に塗り込むことが出来た。

P1020417

仕方がないが、乾燥時間が長くなってしまうようだが、
刷毛塗りで荏油を塗り込む。
それで多い分はウエスで拭き取った。

P1020418

これで、作業の一切が終了。
ついでだったので部屋の片づけもした。
段ボール箱を隅の方に撤去。
実はこの部屋は倉庫部屋で主に漫画類が並んでいる。
普段は自転車を置いていたり、段ボール箱等が放置してある。
整理さえすれば、唯一作業スペースが確保出来る部屋。

標準的な表面乾燥時間が48時間かかるそうなのだが、
ここ数日はこのままにしておく。
スピーカーをここに乗せるにはまだ先のようだが、
この色合いからするとなかなか楽しみだ。

予定では、この上に平石板さくら磨き加工をボードとして乗っけるつもり。
それに、足の向き、前1本にするか、2本にするかでも音が変わるかも。
…そこまで良い耳を持ってるかどうか不安だが、
今年の5月の連休はこれで遊べるなぁ(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CB200-ST スピーカー対比

とりあえず並べてみた。
CB200-STは段ボール箱なのはカンベン願いたい。

P1020397

左上から
FMS2009002 セレクション越後屋
UMU-131XS 長谷弘工業
HL-P3ES-2 HARBETH
HT-SF2000のサイドスピーカー SONY
TB2+M-W PMC
BS243 ELAC
CB200-ST MIXEL

後、ここにはないがOCM106 Zingali(すでに製品登録さえない)があるが、
アレはまたTB2+M-Wよりも横に大きい。

比べてみて解る通り、足幅が広いCB200-STは置き場がない。

まぁ、そのための対策はこうじているのだが、
ちょっと買い物のトラブルで、少し………

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月25日 (土)

CB200-STスピーカの組み立て 午後の部

  さて、買い物から帰宅して、さっそくモノと向かい合う。

P1020330

朝方付けたシリコンゴムは固定化したので、
さらにそれにKE45を塗布する。

P1020331

ターミナル用の穴から流れた合成うるしがイマイチだが、
ネットワークをターミナルが取り付けられるように間を置き、
中央付近に接着させる。

P1020334

たまたま、普通のスポンジがなかったので、アルミ被いのスポンジを使い、
部品の保護をしてから重り(鉛)を乗せてしっかり接着させる。

接着出来るまで手待ちだが、
その間に”ある作業”を進めたが、ここでは割愛。

P1020349

2時間半くらいで接着完了。
弾力性があり、これならエンクロージャーからの振動を抑制出来る(カナ?

次にターミナルの取り付け。

P1020350

取り付けるための部品をばらす。
赤が入力側(プラス)で黒が戻り側(マイナス)。

P1020351

ターミナル取り付け時にケーブル穴方向を確認しないで取り付けると、
後からの修正作業がメンドイので、ターミナルを緩めて確認する。

P1020352

戻り側はターミナル部品のほかにも、ジャンパーがあるので注意する。

P1020353

両方取り付けるとこの様な状態に。
ちなみにナットの締め付けは結構難しい。
ツールもそうだが、締めるトルク加減が解らない。
あまり締め付けるとナットを壊す。

P1020355

それらが終われば吸音材の綿をエンクロージャー内に入れる。
梱包用段ボール箱の緩衝材っぽい小さな綿もここで使うので、
間違って捨ててしまわないように。

P1020357

吸音材を入れた状態です。
円筒部吸音材はネットワーク部から配置して、
ちょうど境目がネットワークの上にくるようにした。
この境目からワイヤーを出しておく。

P1020361

さて、ここからが難関ポイント。
普段から半田鏝など使っていない人にとっては、結構緊張する作業。

まずは、ツィーター側ラインとネットワーク側ラインの被覆を取り、
お互いを寄り線にして接合させる。
ツィーター側の方がネットワーク側に比べて線が細いのでやりにくいかも。
その時は被覆を長めに剥いて、絡める量を多くした方が良いかも。

P1020363

作業中の絵はありませんが、とりあえずハンダ付け成功。
あまり、たくさんのハンダを溶かし込まないのがコツ。
…それでも、半田鏝のプロからは鼻で笑われる程度だし(泣

P1020366

そしてそれを忘れずに絶縁処理を行う。
熱収縮チューブがあればベストだったのだが、家庭用では無理かな。

P1020368

ここでもう一工夫。
ツィーター側ラインがブラブラしてるので、
100円ショップで買ってきた手芸用の綿で、
もう一枚分エンクロージャー奥にかけて吸音材を配置。

左が入れる前、右が追加した後。
見た目はスッキリしてるが、低音等に問題が出るようならば取り外す。

P1020370

そして前面バッフル板の取り付け。
…この板の塗装が上手くいかなかったのよorz
正面なだけ大事な部分なのに、ヘタはヘタのままだった(TдT)

P1020372

バッフル板取り付け終了、ボルトはしっかり締めること。
後は最後の作業、ウーハー取り付け。

P1020381

ドライバー接続端子はファストン端子と呼ばれる物で、
ドライバー側の雄端子に差し込むだけなのだが、
これが結構硬くてなかなか入り込んでいかない。
ここは焦らずゆっくりと力を入れて作業を行う。
ここで壊したら、何もかもパァ! になってしまう。

P1020383

そして、念願のウーハー取り付け。
ウーハーを上向きしたほうがボルト、ナット位置の調整と、
間隙の微調整がしやすい。
上手くやらないとボルトがウーハー周りのウレタンスポンジを
挟み込んでしまい、見た目にもあまり良い物でなくなる。

P1020386

これでようやく完成。
その大部分を塗装に費やしたが、
なにぶん、塗装は初心者でもあり
その面では及第点には至らないなぁ。

さて、後は音を鳴らすだけなのだが、
このスピーカー以外と大きいのよ。

…んで、
Img_2939

この部屋のどこにそんなスペースがあるというのか!
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
スピーカ多すぎ、しかもBランク以上は無いしorz

ホームシアターセット以外にも、
ステレオのスピーカマトリックスやっているのはウチくらいか(旧世代

さて、その対策は次の機会に。
とりあえず、ELAC BS243おろして鳴らしてみようかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日の買い物

チィーナさんを連れて行った買い物ですが、以下の通り。

P1020388

左から、

ステップ・バイ・ステップ step by step 上巻 (安永知澄)
ステップ・バイ・ステップ step by step 下巻 (安永知澄)
ねこむすめ道草日記 2巻 (いけ)
嵐ノ花 叢ノ歌 1巻 (東冬)
セーラー服と重戦車 3巻 (野上武志)
空色動画 3巻 (片山ユキヲ)
チーズスイートホーム 6巻 (こなみかなた)
ゆるめいつ 2巻 (saxyun)
fellows! フェローズ volume 4

特筆すべきは「ステップ・バイ・ステップ step by step」
短編集なのだが、ジャンルはオールマイティーでSFから恋愛、
ハートフルストーリー、狂気まで、色々な要素がつまっている。
しかもそのストーリーが実に凝っていて、読み手を唸らせる。

さらに、そのストーリごとに絵柄やコマ割まで変える多才ぶり。
緻密な表現から、絵本のような柔らかいタッチまで
自由自在に使い分けている。

久しぶりにあふれんばかりの才能に驚く作品に出会えた。

Img_2936

ホームセンター等で購入。

MDFパネル 30cm x 30cm 4枚
石版さくら 磨き 30cm x 30cm 2枚
桂丸棒 ψ60cm H  30cm 6本
耐水ペーパー #1000 と #1500
純正荏油
木製四角錐 8個
紙ウエス
サンドブロック #240

いずれもスピーカがらみなのだが、
何が作りたいか丸分かりだね、こりゃ(w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のチィーナさん 車内は楽しい?

小牧方面に買い物に行き、
その帰りにSBSコーポレーションさんによって、
ケアサービス(シャンプー、爪切り、耳掃除)を受けようかと思った。

私は耳掃除が下手で綺麗に掃除してやれない。
ちっちゃい耳の穴に専用綿棒を入れるのも、チット怖いし(w
それなら、今日は雨が降っていて気温も低いので、
チィーナさんを車の中で遊ばせておいても、熱中症の恐れがないと思い、
キャリングバックに入れて車に乗り込んだ。

しかしまぁ、いつもいつも、狭いバックの中じゃ面白くなかろうと思い、
運転中も車内を遊ばせようと考え、バックを開けてやった。

…重要事項…

以下、注意事項と撮影状況ですが、
写真の撮影は車が停車した赤信号や、
駐車場で止めている間の状態であり、
運転中には運転席からカメラで撮影していません。

運転中の写真撮影は危険ですので行わないようにしてください。

さて、初めて車内を散策するチィーナさん。

P1020289

こっちを見たり、

P1020290

狭いところに入ってみたり、

P1020292

また戻ってきたりする。
まぁ、しらない環境に興奮してるもようです。

P1020293

そのうち、ちょっとはおとなしくなってきたかなぁ、と思っていたら、
何となく嗅ぎなれたアレのにおいが後方からしてきました。

P1020297

うはぁー!
リヤシート足下の隅にヽ( ・∀・)ノ ウンコー
きっと興奮しすぎてお腹の調子が活発になったんでしょうね。
…まぁ、そういうこともあろうかと思いティッシュは用意してきましたよ(笑

そうして、書店やホームセンターで買い物し続けました。

P1020300

荷物が多くなり、さらに興味津々のチィーナさん。

P1020301

とりあえず全ての袋を詮索してから、

P1020302

ひょこっと、こちらを覗いて、

P1020303

こっちに来たー。
足下がぬれていたから、臭いに反応したのかな?
ともかく運転の邪魔になるので、ほかに行って貰いました。

P1020309

後部座席からのぞき込んできたチィーナさん。
そのまま上にあがり、助手席側にいきました。

P1020306

そうして、キャリーバックに入り込むチィーナさん。
たぶん疲れたので休憩したかったのでしょうね。

P1020327

帰りの車はこのポジションに落ち着いていました。
少しはしゃぎすぎたなかなぁ(笑

まぁ、肝心のケアサービスですが、
残念ながら私の方の時間の折り合いが合わなく、
今日のところは断念して帰宅しました。

まぁ、それでもチィーナさんには良いサービスになったかな(^ω^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CB200-ST スピーカの組み立て 朝の部

とりあえず何とか一晩で組み上げた筐体。

P1020274

これから、スピーカに関わる作業に入る。

P1020279

これがネットワークと呼ばれる物。
スピーカー端子(ターミナル)から入ってきた電気信号を、
低音用スピーカ(ウーハー)用と高音用スピーカ(ツィーター)用に、
音の信号をより分けて各スピーカーに分岐させる働きをする。

これをエンクロージャーに接着する。

P1020281

ここで登場したのがKE45、シリコンゴムコンパウンド。
説明書には直接、円筒紙管に接着させるようなっているが、
私はここで一工夫してみる。

P1020283

すなわち、防震用の「足」を作ってから接着させるというモノ。
果たしてこれが効果があるのかどうか解らないが、
思いつきでも、やらずにはいられない(笑

このまま、シリコンゴムが固定化するまで待機。

私は、それからチィーナさんを連れて買い物に出かけた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月24日 (金)

CB200-ST スピーカの組み立て 一気に!………orz

塗装工程は根気がつきたので、
さっそく組み立てに入った。P1020227

メインバッフル板に鬼目ナットを打ち込む。

P1020234

打ち込み終えたら、

P1020237p>

円筒紙管との接合位置あわせをするために、
頭頂部に印を付ける。

P1020239

ツイーター用取り付け穴と位置を合わせて確認してから、

P1020240

ピンぼけしてすまんが(謝
接合部に接着剤を塗布。

P1020243

そして位置を合わせて接合する、

P1020244

重りを乗っけてしっかり接着させる。
それと同時に後側フットを取り付ける。

P1020246

接合面に接着剤を塗って、

P1020250

ハンマー等で叩きながら取り付けた。
これらは、ペイントが付いていたために接合部がタイトになっていたため。
無塗装ならばその様なことはしないでスムーズに出来る。

各パーツが接着されたら
ツィーターの取り付けに入る。

P1020251

ツィーターの部品はこんな感じ。
蝶ナットで取り付け。

P1020252

スポンジ、ワッシャーをツィーターに取り付け、
ネジ部をエンクロージャーに差し込んだら、
相手側はワッシャー、スプリングワッシャー、蝶ナットで取り付け。

P1020257

内側はこの様な感じ。
説明書には「締めすぎないように」とあった。
どの程度か解らないので、締める力を8割程度で行う。
…これはスポンジを潰さないようにした方が良かったのか?

P1020262

そして、平らな面の上にエンクロージャーをのっけて、
フット前を調整しながら六角ボルトを締め付ける。

…ところが、こんなことになるとは、思ってもいなかった。

P1020266

脚の具合を見ようと、上から力をかけたら後側フットが取れてしまい、
試しに円筒紙管にも力を加えたらポロッと取れてしまった。
(それ以外にもトンでもないことが起こってしまったのだが、
ここでは割愛、修理はしたが自分の記憶から削除した出来事だったので)
…まるで、双六で「最初に戻る」のコマに行き当たってしまったような絶望感orz
いやぁ~ん、やりなおしかようぉ(笑

さて、バランバランになってしまった原因は接着剤でした。
カンの良い方にはもうお気づきだろうが、
木工用接着剤では合成うるし塗装面の接着は適していなかったもよう。
…というか、実際にやるまで気が付かなかった(´Д⊂ヽ

とりあえず今は万能接着剤でやり直し中。
これがダメなら塗装めくるしかないなぁ。

さてはて、音が出るまでまだまだ、だなぁ OTLガクリ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の買い物 …買った記憶が…

先日のメールの中に、ネット通販したモノの発送を知らせるモノがあった。

はて? そんなモン買ったっけ?

ソレで、一つ前のメールを見ると、
ショップからのメルマガに購買意欲がでそうなモノが…

ああ、たぶん、酒に酔った勢いで注文したんだろうな(;´Д`)
「おおっ、これはセール期間中の値段だから、よっしゃイケー!」
……何となく想像がついた。

んで、イヤホンが二つ。

P1020268

Roland RH-ED1
DENON AH-C7100-K

モニター系イヤホンとリスニング系イヤホン。
まだ開封もしていないので、さてはてどんな音を出すやら。

ちなみに前回の3機種の評価は、
今のところ「ちっと、オススメはしない」レベル。
人それぞれの好みもあると思うのだが、
どれも音作りがチョイ中途半端だったかなぁ。
もうしばらくエージングしてみるけど、さてはて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月23日 (木)

今日のチィーナさん

CDを収納しているカラーボックス付近で、
ガサゴソ音がしてたので、デジカメを向けてみたら、

P1020194

なにやらチィーナさんがボックス下のスペースに格納していた
空CDケース等を収納しているコンテナを出してました。

べつにCDが気になるんでソッチ見てるわけじゃないよ(w
収納スペースでゴロゴロするのに邪魔だからコンテナ出したようで、
そのついでにコンテナで何か遊びを思いついてるのかもしれません。

…いや、まさか、
その先のCDに見える隙間に入ろうとは思っていないよね?(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忙しい時は、さらに忙しくなる法則

出勤して作業現場に行くと、いつもなら開いている扉が開かない。
おや? と思って事務所に鍵を取りに行く。

普段はベテラン先輩が先に現場に入っているのだが、
どうも、今日は急な休みのようである。

いつもならベテラン先輩の指示で今日の作業を決めるのだが、
前日に何の引き継ぎもなく休まれたので、
仕事をどう進めて良いのかそこから考えなければならなくなった。

とりあえず、まずは昨日の作業の続きをこなすが、
ソレが終わると自分でマスタースケジュールを見て
次に行う仕事の判断をしなければならない。

それで、作業精査のため各予定表を見たら、
どうも搬出期日が迫っているのに、まだ作業の手を付けてられないモノがある。
もうすぐ期限になるのに、これはどういうことだろう? と思いつつも、
ともかくソレを早く次行程に送り出すために作業を開始した。

急ぎ作業を進めていたら、ふと部品が一点無いことに気がつく。
もしやこれのせいで作業を止めていたのかもしれん、
そう思った私は作業を続けるためにはどうすればいいか、
上司に報告して相談する。

「とにかく、スケジュールが迫っていることだし、
後のモノから部品を流用して進めるしかないね。
とりあえず、無い部品については**さんが出勤してから聞こうか」

そう上司と決めて、後のモノから部品を取り外し、
流用と欠品の状態を記した紙をその物に貼り付けておく。

そして急ぎ作業再開。
今日中にある程度作業が進めば今後の必要日数が解ってくる。

んで、気がつくと、社外の方がウチの作業場に来場。
何でも発注していた消耗品を届けに来て頂いたのだとか。
作業も佳境に入ろうかと言うところで一時中断、これは仕方がない。
されど、その件についての事前連絡は聞いていなかったから、
こちらとしては対応しようがない。

とりあえず、作業場に車を横付けしてもらい、荷物を下ろす。
その数、全部で十箱、一つ20kgの代物。
手押しカートを使い、えっちらおっちらと職場の保管所まで運ぶ。

それからの受け取り手続きは私の権限では出来ないので、
またもや事務所にいた上司に報告して、作業場の方に来て貰い、
それらの手続きを上司に任せて、自分は作業に戻った。

それからしばらくして、またもや来客。
来られたのは次行程担当の班長さん。

「きょうは**さん居ないの?」

「はい、今日は休みです。
何か私でかまわないことならば、承ります」

「いやぁさあ、じつはスケジュールが早まっちゃって、
急に作業を始めなくちゃ行けないんだけど、
ウチのところで使うヤツ出来ているかなぁ?」

………!

(;´Д`)うはぁ、まだソレは計測作業が残っている。
とてもじゃないが今日明日には出せる状態じゃない。
しかもその数は2つ! …作業時間が見当がつかない。

「ええとですね、まだ作業が残っていまして、
今すぐやり始めたとしても、いつになるか見当がつかないんですよ」
ともかく、こう言うことは正直に話して、次善の策を考えた方が得策だ。

「それじゃ、仕方がないので、代わりになるモノを貸してくれるかな?」

「はい、それなら、最近入ってきたヤツがあるので、
まだ手を付けていませんから、十分使えるのがあります」

「解った、それじゃ、アレが出来るまで借りていくので、
とりあえず作業が終わったら教えてちょうだい。
その時に借り物と交換すると言うことで良いね」

そういって、2つ貸し出して搬出し、その件を棚に表記する。

しかし、まぁ、またなぜ人がいない時に
余裕のない仕事が多く出てくるかなぁ。
もう少しスケジュール見てれば余裕はあったはずなんだけど。

とにもかくにも、今手を付けている作業の組み立てを特急で終わらせて、
ソレについては一時停止し、頼まれた仕事に取りかかった。

…んで、んでだ。
その計測作業は一つのアッセンブリーに計測箇所は19あって、
そのいずれも規定範囲の下限値をぶっちぎりで下回っている。
…いや、もう、どないせいっちゅうねんorz

これで、ますます、先が見えないことに。
何回調整を繰り返せば要求値を上回れるか、想像出来ない。

…とにかく、その一つだけしか手に付けられずに今日の勤務は終わった。
これ以外にも並行して他の作業も続けなければならないのに、
もう明日は修羅場になりそうなヨカ~ン。
明日も休憩無しで仕事せねばならぬか?:(;゙゚'ω゚'):

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CB200-ST スピーカーの組み立て 根気がつきたdeth。

昨日よりはマシになったとは思うが、
所詮、五十歩百歩、目くそ鼻くそか(諦め

P1020184

円筒部はレフ板をもう少し仕上げたい。
それから、木部をしかっりとやっていこうかと。
……できるかなぁ(不安

P1020215

その横に集積した作業用具は屍累々_φ(゚∀゚ )アヒャ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年4月22日 (水)

陸橋からの眺め

塗装用の薄め液が少なくなったので、
帰りに近所のホームセンターに寄ってから、
いつもは通らない陸橋を渡って帰った。

P1020187

右上を左下のフェンスの写りこみが残念。

電車に関しての知識は無いんですが、
ただ「いっぱい電車が集まっているなぁ」と思い撮影。

こういう風景を見ることが出来る状態を「日常と非日常の境目」だと思うんですよ。
自分のしらない世界が、薄皮一枚を隔て存在している。
知識の外にあるモノが覗ける状況で、その存在を漠然と認めている様な感じ。

生活の中にある状況が「日常」
生活とは関わらない状況は「非日常」

その非日常にあこがれを持つことは、
知的好奇心を満たす切っ掛けとして良いことだと思うし、
それによって日常の中に何か変化を求めることは、
生活に潤いと活気を与えることにも繋がる。

だけど、これの垣根が無くなってしまったらどうだろう? とも思った。

向こう側から「日常」を見ても、それはやっぱり「日常」であって、
「非日常」だったはずのソレも「日常」になってしまっているから、
いつも変わらぬ当たり前の日々が続くだけとなってしまう。
きっとソレは刺激のない無味乾燥な「日常」になってしまうのだろうか。

入学や入社等で新たな「非日常」の世界に飛び込む新人さんが、
いつしかソレが「日常」だと気付くことがくるのは、幸せなのか不幸せなのか?
それじゃぁ私の場合、仕事は「日常」なのか「非日常」なのか、どっちらだろう?
そしてソレは、どちらが良いことなのだろうか?
…そんなことを疲れた頭でボーッとその光景を見ながら、ふっと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月21日 (火)

CB200-ST スピーカーの組み立て …失敗、集中力がきれたorz

ワシには「塗り」の才能がないのかもしれん。

円筒部を塗って、それから木部の塗装をしてたら、
途中から集中力が無くなって、判断力低下。

とりあえず、容器に出した分の合成うるし全部使っちゃえと、
お脳がお馬鹿な状態に(溶剤のせいか?)

P1020184

素直に単色系のペイントの方が良かったのかなぁ。
組み立て図では、円筒部は黒、木部無塗装だったし。

マジで円筒部だけ追加購入したくなってきたorz
ホント、塗装の才能無いわ、オレ(鬱出汁能

| | コメント (4) | トラックバック (0)

朝のチィーナさん

朝、洗面台で歯を磨いて、髪を整えていたところ、

P1020169
「あ~ん」

チィーナさん、ヘルスメーター乗るほどの体重じゃないでしょ(´∀`)
それとも、一緒に歯を磨こうか?(笑

何処かに行けば、一緒についてきて、「遊び」を探します。
狭い我が家でもチィーナさんにとっては広い遊び場です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月20日 (月)

今日のチィーナさん

帰宅時に百円ショップに寄っていき、
DAPやPHPA用に使えるミニポーチを買ってきた。
これがなかなかの良品で、低反発素材とか使っているので、
100円とは思えん出来だったモンだからもいくつも衝動買いしてしまった。
まぁ、その他諸々も買ってきたのだが、それはまた今度。

とりあえずウチに入り、チィーナさんをケージから出して、
買ってきた荷物をケージの上に置きっぱなしにして着替えを始めた。

そしたらいつの間にか、ガサガサゴソゴソ。

P1020146

あっという間にケージによじ登って、ビニール袋を物色中。
新しいモノがあったら、どこに置いてても見つけ出して、
中身を確認したがるチィーナさん。

この手の大きさ位なら、
気に入ってしまうと何処かに銜えて持って行ってしまい、
挙げ句の果てには行方不明に(笑

今度SBSさん行ったらオモチャ買ってあげるから、
それまで我慢してね(^ω^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CB200-ST スピーカーの組み立て 大失敗!

さて、昨日の塗装が上手くいっていなかったので、
なんとかしようかとサンディングして表面を滑らかにしてから、
中塗りを行おうとした。

P1020154

だいぶ艶が消えたがけど、モッタモッタの塗り状態は改善できん(´;ω;`)

んで………?

P1020155

あれ? スピーカ端子は前側だったような…

P1020165

!!!ッ! qあwせdrftgyふじこlp; !!(言葉にならない叫び)

ノウゥゥゥ!
なんで間違ったんだこんなこと!
もう接着しちまったし、もうどうしたらいいのかorz
有限会社ミクセルにメールして部品単品を売って貰うか、それとも…

まぁ、まだ、待て。考えるんだ。
リアバッフル板はMFDだがエンクロージャーは円筒紙管。
合わせ目にカッターで切れ目を入れて、
中からリアバッフルをたたき出せば、分離してくれるかも。

…作業中。
(必死でしたので、写真は無し。そんだけ心の余裕がなかった)

んで、
P1020157

ヽ(`Д´)ノよっしゃぁ! 外れたー
マジで焦ったよ。
どちらもMFDだったら間違いなく壊れてたね。
紙の方が剥離するように外れてくれた。
危機回避、良かったヨ(喜

そして、やり直し。

P1020158

接着面が少しボロボロになってしまったので
元のように綺麗に戻らないと思うが、
それでも圧力をかけて接着したらなんとかなるかなぁ。
…とりあえずこちらは一晩おく。

後は木部品の方もサンディングして、
中塗り塗装を行うことに。

P1020160

P1020161

P1020162

ううむ、削りすぎた。
元のうるし塗装がだいぶ剥がれてしまった。
表面はツルツルになったが、これではいかんなぁ。
#400だと思って油断した。

とりあえず塗装したが、

P1020164

昨日の使い切れずに保管していた合成うるしが、
ちょっと揮発して粘度が高くなってしまっていたため、
だいぶ濃い色になってしまった。

う~む、前途多難だなこりゃ。
さてはて、無事完成することが出来るのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月19日 (日)

今日のチィーナさん 怒る!

テーブルの横に置いてあった紙袋が気になるチィーナさん。

P1020124

それは犬山関連の資料が入っていたのだけど、私が置き忘れていたモノ。
ちょっと大事なモノなのだが、置きっぱなしにしてしまっていた。

P1020118

そのうちに紙袋を倒して、中で遊び始めてしまった。
ちょっとそれは困るので中からだそうとしたら、

P1020123

ガブッ! グリグリッ!! グイグイッ!!
本気で怒ったチィーナさん。
普通はこんな噛みつき方はしません。

遊んでいたのを邪魔されて相当ご立腹。

いつもならすぐ諦めてどこかに行くか、
少し恨めしそうにこちらを見つめる程度なのですが、
今日は虫の居所が悪かったのか、それ程面白かったのか、
怒って噛みついたまま放さずに首を振って、傷を負わせようとします。

仕方がないので掴んでいた手を放したら、
プイッと顔を背けてほかのところに行ってしまいました。

P1020135

ちなみに噛まれた痕。
こんな風なミミズ腫れや出血を伴う噛み方はひさしぶりです。

まぁ、躾けはしないのかと言うかもしれませんが、
この場合、私に非があったので、怒る理由もありません。
時にはこうやって、衝突したりするんですよ。

それでも、まぁ、噛んだ本人は直ぐ機嫌を戻して、
あちらこちらと遊び回り、最後には私のところに来て
「何か面白いこと無い?」とソファーによじ登って、
座っている膝の上までやって来るんですけどね(^ ^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CB200-ST スピーカー組み立て 塗装

CB200-STのスピーカ組み立てキットをさっそくながら作業を始める。

P1020100

エンクロージャー本体の円筒紙とリアバッフル、バスレスポート。

P1020104

前面正面のドライバーを取り付ける部品と、脚の木部品。
これらを240番の紙ヤスリでサンディング。
下塗り剤を塗る準備をする。

P1020105

これは円筒とリア面を接着してから下塗り剤を刷毛塗りしたところ。
塗っては乾かしを3回繰り返した。
下塗り剤は水性のため比較的、楽な作業。

P1020112

こちらの木部も同様に行う。

この後320番の紙ヤスリで表面を磨く。

これから合成うるしを塗り始める。
ちなみに合成うるしは油性で薄め液にシンナーを使用する。

おかげで、途中経過の写真を撮るのを忘れることに(;´Д`)
少しシンナーが効いて作業に余裕がなかったからなぁ。

P1020116

とりあえず、下塗りは終了、このまま一晩乾燥しておく。

実はこの時点ですでに失敗orz
円筒の塗りが厚くなりすぎて均一にならなかった。
その上ゴミも付着して、ちょっと大きい写真じゃ見せられないじょうたいに(爆

その分ぼ反省もあり、木部は慎重に作業を進めた。
まだ光沢が出るほどではないが、明日からの再会が楽しみ。
…でも、円筒の方の失敗、どうしよう(悩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SBSコーポレーションの駐車場が無い時の対処法

朝、ちょっと出かけて田県神社前駅周辺を確認してきました。
Googkeマップ等では駅近くに駐車場があるように見えましたが、
それは月極駐車場で一般車は使えないようです。

また、駅前の大垣共立銀行田県支店の駐車場も考えましたが、
銀行に用事がない時以外の利用はマナー違反なので、
使わない方が賢明だと考えました。

そこで、二つ対処法を考えました。
いずれも、そこのお店を使うことが大前提です。

まずは、>SBSコーポレーションさんの駐車場です。
場所、Googleマップ。


>大きな地図で見る

P1020092

この様な状況ですので普通ならば駐車スペースはありますが、
配送業者のトラックで入れなかったり、混雑している時のことを考えますと、
車の出入りはちょっと困難になるかもしれません。

そこで、すぐ北の信号を西に曲がりますと、
「茶房ちゃ茶」さんという喫茶店があります。
場所、Googleマップ。

>大きな地図で見る

P1020095

こちらのお店で休憩してから、
お店の方に断ってから車を駐車場に止めて頂き、
SBSコーポレーションに向かうと言う方法です。
長時間の運転による疲れをとってから、
お店に向かうというのはどうでしょうか?

もう一つは「>不二家 小牧久保一色店」で買い物、喫茶をしてから、
SBSさんの方に向かうという方法。
場所、Googleマップ。


>大きな地図で見る

P1020093

こちらのお店でも同様に休憩が出来るようです。
駐車場は広いのですので出入りに困ることはないかと思います。
ケーキやお菓子をおみやげに買い、お店側の許可を得て、
一時的に駐車させて貰う事が出来そうな気がします。

コレはあくまでも私の個人的な提案ですので、
もちろん、実際にはお店の方とは交渉してください。
くれぐれも無断駐車はマナー違反となりますので、
それは各自個人の良識に従ってください。

車で来たけれども駐車場に入らなくて断念した、
と言う事ことが無くなれば幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月18日 (土)

今日のチィーナさん 栗栖ラインロード

午後からチョット身体を動かそうと思い外に出ることに。
この際だからぜひチィーナさんを連れて行こうと考えた。
さて、どんな散歩になる事やら。

場所は犬山、栗栖地区。
ちょっと暑かったが、チィーナさん用に水を用意してレッツゴー!

場所は「>クリスとつがおを楽しくする会」より、
>ウォーキングマップの栗栖ラインロードを選択。
それ程長い距離じゃないのでゆったり歩くにはいいかな?

P1020016

とりあえず道はこの様な感じでした。
所々、草地がないところからは木曽川が見えましたよ。

P1020029

そういう感じでのらりくらりと歩き始めるが、
チィーナさん、初めてこんなところに来るから、どうして良いか解らずに
いろんなところを興味深げににおいをかいでいました。
…普段とは違う環境に連れてきたからビックリしてるのかな?

Img_2906

一応、逃亡防止のためリードハーネス装備。
…だったけど、チィーナさん自身はあんまり歩くの速くないし、
むしろ低姿勢であちらこちらとマイペースでウロウロする。

P1020018

少し開けたところが見えてきたのでちょっと立ち寄ってみる。

Img_2890

フジの花が咲いていました。
白と紫の色が綺麗で他の花より豪奢に見える。

さて、あまりに進みが悪いので、
途中からチィーナさんを抱きかかえながら歩き始めた。
それで、少し進んではチィーナさんを下に放して、
少し遊ばせて、飽きてきたら、また抱えて先に進むことに。

Img_2913

途中の岩場で一休み。
何かいいもの見つけたかな?

歩いているウチに次第に暑くなり、
とりあえず上着を脱いでTシャツ姿になった。
…これが、後から悲劇を生むとは今の時点では知るよしもない。

P1020038

途中こんな橋も歩いてみたり。

Img_2918

草むらがあると入り込んで探索を始めるチィーナさん。
ごそごそがさがさ音がするのが楽しいのかな。

………

次第に暑さが増してきたような気がしたので水分補給。

Img_2908

実は、このころからチィーナさん少しダレ気味に。
暑さでやられてきたのかも。

とりあえず先に進みました。

P1020045

川べりの岩場に到着。

Img_2931

とりあえずチィーナさんをおろして、自分が休憩。

と言うよりも、私の方がギブアップ。
Tシャツで動き回っていた物だから、蚊が大量によってきて、腕に刺されまくり。
とにかく周りにまとわりつくのが鬱陶しくて仕方がない。
暑くなるのは仕方がないが、再度上着を着込む。

そこで、気がついた。
チィーナさん、蚊に刺されていないか?
瞬間的にフィラリアのことが頭をよぎり、一瞬で恐怖に。
今まで、自分が蚊に対する囮になったけど、
「もしも」があったらまずい! そう思ったら、急ぎ道を引き返した。

まさか、4月中旬でこんなに蚊が発生してるとは思わなかった事が大誤算。
その上、23度まで気温が上昇していて、直射日光だから体感気温はもっと暑い。
そのためチィーナさんも少し動きが鈍かったのかもしれなかった。

しかたなく栗栖ラインロード踏破は諦めて帰路につくことにした。

ウチに帰ってきて、さっそく薬を塗る。

P1020055

今年一番目の虫さされ(´Д⊂ヽ

ちなみにチィーナさんは帰ってきたら元気に。
さっそく今まで入っていたキャリーバックに興味がでたらしい。
…いままで、栗栖地区からウチまでの移動中は入っていたじゃん(w

やっぱり、チィーナさんもウチの部屋が一番落ち着くのかなぁ。
残念ながらコレか暑くなる季節はチィーナさんと散歩は出来ないなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フェレット、小動物のお店。SBSコーポレーション

先の記事にも書きましたが、
いつもフェレット用品についてお世話になっているので、
>SBSコーポレーションさんを紹介。
(写真撮影と掲載の許可をいただきました)

グーグル先生などで「フェレット」で検索をかけると、
上位の方に必ず出てくる、その道の方には有名なお店です。

場所は>ココ(Google マップ)
地元犬山のすぐとなりなので、個人的にはとても便利な位置にあります。
実は、フェレットを買ったのはSBSさんではなく、
隣の県、各務原市の大型ペットショップだったんですが、そちらの方が遠い。
それからしばらくして、ネットで「フェレット」を検索していたら、
なんと! とても近い位置に有名店があるということが、飼い始めてから解った次第です。
それ以来、ズ~ットこのお店のお世話になっています。
耳ダニの相談とか、良い病院を教えて頂いたりとか、感謝しきれません。

P1010986

お店の外観です。思っていたよりはこぢんまりしています。
遠方から来る方のためにアドバイスしておきますが、
駐車場は小さいため4台程度ぐらいしか余裕がありません。
(隣のお店の前にも駐車場はありますが、出来るだけ、マナーは守りましょう)
また、宅配業者のトラックも出入りするので、車で来る時には気を付けた方が良いです。

田県神社前駅周辺に駐車場があったような気がしましたので(すいません、後で調べて追記報告します)、車が入れない時は、あわてずにそちらに向かうか、
犬山駅、もしくは小牧駅の駐車場を使って、名鉄で田県神社前駅まで移動して、
そこから徒歩で移動する方法があります。

では、右側のドアから階段を上がります。

P1010988

この雰囲気からでは店内の想像が出来ませんね(笑
でもご安心を。
左右の壁を見るといろんな情報が集まっています。

P1010990

二階ドアの右の壁です。
こうして情報掲示板になっていますので、
入店前に目を通して頂けると、入店前の緊張感が和らぎます。

P1010989

ドアの前です。
こちらには特価商品の情報がありますので、
目を通しておくとお得かも。

では、ドアをくぐります。

P1020007

店内はこんな感じです。北側から南の方を向いています。
私が訪れたの土曜日12時半過ぎでしたので、
動物たちのお世話のピークを越していた状態ですので、
だいぶゆったりとした感じになっています。
ちなみに、SBSさんHPの店舗情報にもあります通り、
平日12時から13時はスタッフさんが休憩中ですので不在となります。
平日に来られる方はお気を付けください。

ドアの前は、小動物の展示と、ペット預かりのホテルとなります。

P1010999

この子は大きめ(生後3ヶ月ぐらい?)のベビーちゃん。
これくらいになると硬いフードでもカリカリ食べます。

P1020009

その上のハンモックで爆睡中のフェレちゃん。
落っこちないかチョット心配(^^;

隣の棚は預かりのフェレちゃんがいました。
(間違っていたらごめんなさい)

P1010998

カメラを向けたらポーズをとってくれた!
とても飼い主に大事にされているのでしょうね。
人なつっこい感じがして、つい撫でてしましそう。

しかし、そのまま、さわることは厳禁です。
預かりのペットは大事にされていますので、
何かあったらいけませんので(バイ菌の仲介、ペット側からの噛みつき等)
手を触れたい時には必ず店員さんに相談しましょう。
それがマナーであり、人と動物の信頼関係を作る為でもあります。

私は以前、某ホームセンターに展示販売していたフェレットを見つけて、
思わずケージの隙間から指を伸ばして撫でようとしたら、
中にいたフェレちゃんは機嫌が悪くお怒りだったようで、
指先を思いっきり噛みつかれてしまい、
指先に噛みついた牙が抜けなくて難儀したことがありました。
…専門店でないところのペットは扱いがあまり良いとは言えず、
ストレスを溜め込んで気の荒い子もいますので、十分注意しましょう。

もちろんSBSさんではその様なことはありませんので、安心してください。
ケージを覗けば、その子の愛嬌でその扱われ方が解ります。
こちらに興味を持って見つめ返したり、マイペースでケージの中を動き回っている時は、
その子が安心している証拠であり、人を遊び相手や無害な物だと認識してるはずです。

さて話は戻りますがSBSさんでは、
商品の子は店員さんに声をかければ、
手を消毒した上で触れることが出来ますので、
可愛いベビーフェレットを抱き上げて、
その愛らしさを堪能することも出来ます。

では、店内をグルッと見渡しましょう。

P1010993

ドア左手、東側は各種フードやトイレ砂などの袋物商品が展示しています。
種類も豊富ですのでじっくり吟味するのもいいですが、
店員さんのアドバイスを受けると、もっと良い結果がでることもあります。

私は、シニアフードで何がいいか迷っていた時に、
「何かお探しですか?」と声をかけられ、理由を述べたら、
「こう言うのがありますよ」と、複数のメーカーのシニアフードを少量ずつに袋詰めした、
お試し用の少量パッケージを出してきてもらいました。
コレなら、いきなり大きい袋を買っても、フェレットの好みで食べなくて、
泣く泣く一袋が無駄になってしまうようなケースでなくてすみます。
こういった、フェレットの気持ちを考えたサービスは素晴らしいと思いました。

P1010995

こちらはその反対側、西の壁側です。
こちらは小物のペット用品、おやつ、軽めのサプリメント、ケージ内用品、
キャリングバック、ハンモックやベッド、トイレやスノコ、等があります。
これだけが全てではないので探しているもがあれば、店員さんに聞いてみましょう。

P1020012

北側になります。
こちらは首輪やハーネスリード、オモチャ等の身の回り物があります。
さらにこの後ろ側は顕微鏡や水場があったりして、
細やかな身の回りの世話をしてくれる設備があります。
有料ですがシャンプー、爪切り、耳掃除をしてくれます。
…ちなみに、耳掃除は素人では意外と難しいです。
私のやり方が悪いのか、耳掃除だけはウチのチィーナさんは結構嫌がります。
病院でやる時はおとなしくて、簡単にやってしまうのですが、
何かテクニックでも必要なのかなぁ?
しばらく耳掃除していなかったので、今度連れて行ってやって貰おうかなぁ。

P1020005

こちらが南側。
重サプリメント、飼い主さん用のアクセサリー、グッズが充実しています。
また左の見えないところには専門書籍等もあります。
その奥がレジになっており、実はここにマスコット犬が隠れている事もあります。

…とりあえず今日はトイレ砂を買いに来ましたので、
中央のテーブルの上に置き、レジで会計を済ませます。
ちなみに上から5番目の店内全体の写真のなかで、
まだ紹介していないところが一つあります。

それは机の下の段ボール! ここが重要!
なぜなら…

P1020011

ここにベビーちゃんがいるんですよ(笑
今日は、もうすでに新しい飼い主の元に行かれたのか、
3頭(3匹?3体?3本(笑 )しかいませんでしたが、
入荷時には、ここいっぱいにベビーちゃんがひしめき合っていて、
そりゃもう壮観ですよ。

………

インターネットでの>SBSコーポレーションさん>フェレットサイトでは、多くの情報があります。
全くフェレットについて知識がない方でも、サイトの情報を良くお読みになれば、
一通りの知識が身に付いてフェレットを買う下地を整えることが出来ます。
それでいてフェレット飼育入門書等を読めばさらに理解が深まるでしょう。

それでいてなお、ぜひ来店して頂き、
フェレット等の小動物の暖かさや重みを体感して頂ければ、
より一層ペットに対する愛着がわくことが出来ると思います。
さらに、ペットのフンやケージの汚れ、布等の破損などの、
イメージでは想像出来ない汚れた部分も見て、
「ペットを家族に迎える」こと、飼育するという重みと責任を実感して、
あらためて自分がペットと生活していけるかどうかを考える時間をもって欲しいです。

私は、無理に「フェレットを飼え」とは言いません。
むしろ生活において不要な物であることは確かなのです。

毎日のフード、水、トイレの世話、遊ぶ時間を作ってやり、
部屋に危険な物が無いようにして、狭い隙間があれば入られないようにし、
小物等の噛みつかれる物や誤食のおそれがある物の排除、
登られる場所には悪戯されて困る物は置かないようにする。
医療費、専用のフード、リター等、当然お金もかかります。
フェレットを飼うだけの環境を整えるだけでも大変です。

ですけれど、会社からクタクタになって帰宅して、
一番始めに「ただいま」の声をチィーナさんに聞かせてやれば、
寝ていたハンモックから顔を出して、フワッと欠伸をしてから、
その潤んだ瞳でこちらを見てくれる。
いかにも「お帰り、ケージから出してくれるの待ってたよ」って見つめてくれる。

………もうそれだけで良いやぁ。
嫌な事のも辛かった事も、全部、無し。
そう、ただ、それだけのために。

だから、無理に飼えとは言いません。
とりあえず何かの切っ掛けになればと思っています。

ぜひ、そのためにもお店の方に足を運んでみてはいかがでしょうか(´∀`*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の買い物

午前中に病院に行き、
そのまま小牧方面に買い物に出かけた。

病院では担当医に前回増えた分の薬で調子は良いが、
昼間、チョット眠気がすると言ったら、朝の薬が減った。

10時半頃に小牧の大型書店に行く。

P1020059

パンプキン・シザーズ 11巻 (岩永亮太朗)
ヨルムンガンド 6巻 (高橋慶太郎)
世界制服 2巻 (榎本ナリコ)
背伸びして情熱 (仙石寛子)
うぃうぃdays 7巻 (犬上すくね)

あれ? 今気がついた、何か忘れてる。
……しまった!「fellows!」第4号買ってくるの忘れていたorz

その後、となりのホームセンターに行き、塗装関係の物を買い、
帰りがけにSBSコーポレーションに行く。

P1020056

ホームセンターにて、
紙ヤスリ#240~#600まで8枚。
うるし下塗り液 2個 (和信ペイント株式会社)
合成うるし ワシン工芸うるし 2個 (和信ペイント株式会社)
うすめ液 (カシュー株式会社)
400ccハンディカップ内容器 10枚入り
水性用刷毛 2種
油井用刷毛 2種

これらは一昨日届いたスピーカキット用の塗装用。
エンクロージャーは高密度円筒紙なのだが、
木工用塗料でもなんとかなるかな?

>SBSコーポレーションにて、
フェレット・リター (>株式会社 三晃商会

これは、おからベースのトイレ砂。
活性炭が入っていて消臭効果もある。
さらに「おから」だから水洗トイレにも流せて処理が楽。

後は自分の昼飯(パン)をコンビニで買ってきて帰宅。
ホームセンターで色々迷ったために13時過ぎの到着だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月17日 (金)

イヤホンのレビュー、今日の買い物

一昨日、手に入れたイヤホンの簡易レビューを少し。

P1010985

長さの関係上、4つ折りにしていますが、上から順に
 UltimateEars MetroFi 170
 NuForce NE-8
 JAYS s-JAYS


まず、UltimateEars MetroFi 170から。

低音寄り、暖色系の音作り。
高音側は少し伸びがたりないところ、キンキンカンカンした感じはない。
音場はややナローか、定位は普通の感じ、まとまりは良い。
音の立ち上がりがゆったりした感じで、あまり早くはない。
どちらかというとアナログ的な鳴り方で柔らかい雰囲気を持つ。
そのためか解像度はやや甘めか。
女性ボーカルが艶っぽく聞こえて、
ゆったりした音楽を聴くのには適しているのではと思った。
長時間の聞いていても疲れることはなさそうだ
JAZZ、ベースが重い、ずんずん音が響いてくる。
中高音が弱いためか、ピアノ、ドラムス等のアタック感が物足りない。
ヘヴィメタル、ベースがブンブン唸る、ブーミー気味。
各パートは音がつぶれずに鳴らしきってはいるけれども、
ギターはゴリゴリ感が出ずに、奥に引っ込む。

次にNuForce NE-8。

高音よりの音質。サ行が若干、耳につく。
低音の音量が物足りない、ベース等下側の音程が力不足。
全体的に比較的軽くて明るい音、エッジが立っている。解像度は高め。
金属系の楽器は栄えるが、中低音が少ないので音の厚みがたりない。
おかげでピアノは軽い音に聞こえる。
音場はワイド気味か、定位も少し幅が広い。
JAZZ、ベースが引っ込みすぎ。
アタック感は強くて、ハイハット等の金属音は強め。
金管楽器系はブリブリ鳴るが、やはり中低音が抜けるので迫力は今ひとつ。
ヘヴィメタル、全体的なゴリつき感がよい。
がなり立てる音にエッジが立っているので、ギターが一際格好いい。
しかしベースが引っ込むため、音の厚みには欠ける。


最後にJAYS s-JAYS。

中音に力があり、全体的に深みがある音を出す。音質はかまぼこ型。
低音に締まりがあるが、中低音が張り出すためにベースが変に響く。
また、中高音に力がありすぎる感がして、女性ボーカルが前に出すぎる感じがする。
音場はナロー気味。解像度が甘めで、埋もれてしまう音もある。
高音が多少弱いので金属系の甲高い音は控えめ。
JAZZ、ベースが前に出る、と言うか出過ぎる。
とはいえど締まりはあるのでそれ程イヤミにならない。
高音の音量が少ないので金属系の音が伸びてこない。
ヘヴィメタル、中音が強いために、ゴリつき感が少なくイマイチ雰囲気が出ない。
全体的におとなしめに聞こえて、エッジが立っておらず、角が丸い音色に。
ドラム等のアタック感も弱い。

さて、各機種とも特徴が出て思ったより、面白い使い方が出来そうな気がしてきた。
アンプによっても音はかなり変わってくるので、相性選びも楽しそうだ。
エージングもさほど進んでいないので、これからどうなる事やら。
個人的にはs-JAYSに期待したいのだが、作業しながら聞くにはMetroFi 170だろうか。
まぁ、あとはNE-8をどうするか。メリハリがあるので電子音楽系にむいてるかな?

んで、春のB級狂乱オーディオ祭の「その3」ですが、

……

………

P1010977

ババァン!!

Qables iQubeRC、及び、PC USB Charger Cable。
ポ-タブルヘッドフォンアンプ、ハイエンドの一つ。
注文が2月初めだから2ヶ月半待ちだった。
HD60GD9との組み合わせを考えていたのだが、
先にiBasso D2 Boaを手に入れて、それで間を持たせていたのだ。

とりあえずiBasso D2 Boaはお役ご免となったのだが、
コレにはUSB接続でDACが使えるので、ノートPC用途等で使用予定。

さて、とりあえず狂乱オーディオ祭はコレで打ち止め。
たぶん(w

これでオモチャがそろってきたので、
5月の連休は目一杯引き籠もれるぞ~φ(゚∀゚ )アヒャ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年4月16日 (木)

以前の分と今日の買い物

P1010964

東方projectアレンジアルバム群。
13日頃届いていたのだが、今日になりご開帳。
上左からの順で、

NEHAN MIND (>涅槃で待て!
東方混淆幻楽 prevew ver.~inst.colection~ (>rythmique
天つ風 (>SYNC.ART'S
Next Flower ~prism Mix~ (>東京アクティブNEETs
Art Kuhle アルトキューレ (>鳩小屋

東方夢幻奏唄 -another place dream- (>UtAGe
@-plums (>Human Error
Touhou Synthesis (ddby.jp
東奔西走 (>Label ARPEGGIO-Sound
Shrine Maiden's Voyage (>ついったー東方部
トビラ (Light?Staff
魔界戯音 ~the World without Dollmaster (荒御霊
Spell Breaks (荒御霊

4月7日の分もまだ手を付けていないから、
これからPCに取り込んでSDカードなり、
HD60GD9に転送しておきたいとは思っているのだが、
いかんせん、時間がorz

さて、春のB級狂乱オーディオ祭の「その2」ですが、

……

………

P1010955

P1010959

どんっ!

CB200-ST 2ウェイスピーカーキット (有限会社ミクセル
ネットワークの半田付けに自身がなかったので、作成も頼んだ(ヘタレ

なかなか面白そうなスピーカであるので、
B級オーディオ的には、そのデザインに琴線が触れた。
全面は合板を使っているものの、エンクロージャーは高密度の円筒紙なので、
筐体の鳴りっぷりを楽しむよりは、素直にスピーカユニットの音を楽しむべきか。

それはともかく無塗装なので、
さてどういう塗料が良いのか、どの様に塗ればいいのか、
そのへんのノウハウを得るべく勉強せねばならないなぁ。
紙に塗布出来る塗料ってナニが良いんだろう?
この辺のチョイスも音質に関わるんだろうなぁ。
…あぁ、また勉強しなければならない問題が出来てしまった(w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月15日 (水)

今日の買い物

いやぁ、まぁ、その、何だ。
ついカッとなって、て言うでしょ?
ええっと、ウン、それだ ..._φ(゚∀゚ )アヒャ

P1010947

新製品イヤホン、3つ。左から、
UltimateEars MetroFi 170
NuForce NE-8
JAYS s-JAYS

いずれも封切ったままで、まだ音出ししてない。
共通点は実売1万円以下なところ、さてどんな音を出すか楽しみ。
特にs-JAYSはこの値段で
サイレンアーマチュアドライバーとやらで駆動するそうだが、
果たしてPHILIPS SHE9850の対抗馬になるか期待大。

んで、

……

………

P1010950

COWON D2+

巷じゃSONYのNW-X1000シリーズに目が行っているが、
あえて私は逆行した!

だって、SDカード使えないんだも~ん。
だって、付属機能多すぎて音楽用途から逸脱してるも~ん。
だって、ノイズキャンセリングなんて邪道だも~ん。

価格.comでは「ポータブルAVプレーヤー」のカテゴリーだが、
メーカーは「MP3プレイヤー」と名乗っているぞ!
NW-X1000シリーズの方こそ「ポータブルAVプレーヤー」だと思うが、
なんで「MP3プレイヤー」のカテゴリーなんやねん!
ワンセグつけてまで「MP3プレイヤー」とはなんでやー!

………いや、まぁ、値段がねチョットねorz
音楽聞くならD2+の方が良いと思った。動画はイラン。

今週は後、もう一つド級の品があるのだが、
そいつは2月に注文した品物だから、今頃になってやっと来るのだが、
春のB級狂乱オーディオ祭、こうご期待………せんでも(;´Д`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨晩のチィーナさん

夜中にふと、目が覚めた。
なにやら足元がモゾモゾする。

目覚めていない頭で無意識に足先を伸ばし、
邪魔な異物を排除しようとした。

グイ。

…カプッheart01
P1010920
注)写真はイメージです。寝てるときに撮影出来ません(w

「ふぅごっ……!……っ~……!!」

一気に目が覚めた。
そんで、思い出した。

お酒をチビチビ飲みながらネット巡回を終えたのが日付が変わってからのこと。
リビングで眠い頭のボーっとした状態で、寝巻きに着替えたあと、
寝室の戸を開けたままにして、そのまま目覚まし時計をセットし布団をかぶったのだ。

んで、チィーナさんはどっかで眠っていたようで、
それに気がつかずにそのままほったらかしにしてしまった模様。

…たぶんチィーナさんは夜中に目が覚めたら、、
いつもは開いていない戸が開いているので、
そのまま寝室の遊びに来てしまったものだと思われる。

P1010917
それで、ちょうど良い具合に布団があったため、
休憩するつもりで潜り込んだのだろうネ。

ソレがたまたま私の足元だったので、
私の無礼な足で押し退けられた為に、反射的に噛み付いたと…(;´Д`)

とりあえず起き上がって、チィーナさんを布団から引っ張り出して、
ケージのハンモックの中に入れてさしあげた。

これは眠気で頭がボケていたとはいえ、
チィーナさんのことをすっかり忘れたまま、無意識に寝るための動作に入った私のミス。

今回は足を噛まれた程度で済んだが、もし、チィーナさんが胴体の横にいて、
私が寝返りしてしまっていたら、つぶされて大惨事に!((;゚Д゚)ガクガクブルブル

ケージの外で自由に放し飼いにすることも良いことだが、
人間の管理が行き届かないときは、
安全なところに居て貰うのが一番だと思った。

でもホント良かったよ、足に穿った穴二つだけで、ネ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月14日 (火)

春になって、音楽聞くには

そろそろ暑くて上着もいらなくなる地方もありますが、
愛知でも、もう上着は必要ないくらいになりました。

おかげで、今まで上着のポケットに入れていたDAPとPHPAの行き場が無くなり、
さて、どうしようか? と思案していたところです。

通勤にはバックをもっていきますが、
それでもアクセスのし易いところにあるポケットには、
二つの機器を入れるだけの余裕がありません。
バック自体に収納することを考えたのですが、
機器へのアクセスや衝撃等からの保護を考えると、
好ましい選択とは思えませんでした。

そこで、今回は手持ちのDAP、PHPA用に何か良い方法はないかと
ネット通販サイトを検索し覗いていましたら、良さそうな物が見つかりました。

P1010852

左が「sling safe 50 (pacsafe)」で、
左が「AT DIGITAL 2 ROOM POUCH (MILLET)」です。
(MILLETのHPでは製品登録されてないようです。サーチエンジン等で探してください)

とりあえず、腰に付けるタイプはベルトに通すのが面倒だったのでパス。
ショルダーでも良かったのですが、他に特徴的な方法として「首かけ」を選んでみました。
その方がケーブルの取り回しも短くてすみそうですし、
操作が見えやすい位置にあるのも便利だと思い、選択しました。

まずはsling safe 50のほうから見ていきましょう。

P1010854

ポケットを開けるとこんな感じです。
付属でミラーがついていましたが取り外しました。
チャックのポケット一つと、解放タイプのポケットが二つ。
これらを垂れで覆います。

P1010870

実際にDAP、PHPAとイヤホンはこんな配置になります。
(モデル、 DAP、CREATIVE ZEN X-Fi  PHPA、Storm E3  イヤホン、SHURE SE102) 

残念ながらポーチに膨らみの余裕がないので、薄めの機器しか入りません。
しかしながらiPod程度なら十分でしょう。
また垂れ(覆い?)にゴムがついており、
本体側の爪に引っかけることで不意に開くこともありません。

さらに内側のポケットを解放にしたためイヤホンのケーブルが
垂れを下げても無理なく外に出せることが出来ます。

ポーチ自体の品質はかなり良いと思います。
内部に強度を上げるためのワイヤーが入っていたり、
首にかけることを前提とした首紐の設計が好感を持てます。

次にAT DIGITAL 2 ROOM POUCHです。

P1010862

開くと、チャックのついたポケットが二つあります。
外側の背の部分にもチャックがあり、小物を入れることが出来ます。
いずれも厚めの物を入れても余裕が出来るように深く作っててあります。
生地自体もかなり頑丈な物を使っていますので、ヘビーユーズにも耐えそうです。

P1010868

同様にDAP、PHPA、イヤホンを入れた状態です。
(モデル、 DAP、KENWOOD MEDIA keg HD60GD9 PHPA、iBasso D2 Boa イヤホン、Klipsch CUSTOM-2)

厚みのあるD2を入れても十分余裕があり、内部はクッション素材です。
さらに背中のチャックにイヤホンを格納出来ますので、
収納性はかなり良い方だと思います。
大きめのPHPAを用いている人には十分実用範囲です。

どのポケットもチャックなので、ケーブルはその隙間から出すことになり、
少々格好悪そうに見えますが、
実用性を考えればどの機器にも対応出来る収容性は大きな魅力となります。
(ちなみにsling safe 50にこのシステムは入り切りませんでした)

ベルト自体はショルダー仕様だと思いますが、
ちょうど首からぶら下げる位置にベルトをのばしたときに、
伸縮部品が首の真後ろになるのがちょっと気になりました。

しかしながら、全体的の出来具合はデジタルオーディオを前提とした設計で、
間違いなくPHPAの使用を考えてあるところが高ポイントでした。

P1010876

二つ並べてみました。
厚みと大きさの違いがわかりますでしょうか?

sling safe 50は頻繁にアクセス出来るようにしてあり携帯電話にも合いそうです。

一方、AT DIGITAL 2 ROOM POUCHはヘビーユーザー向けの作りで、
重量のあるシステムでも十分使いこなせるように工夫があります。

さて、私はsling safe 50を通勤用として使っていき、
それ以外の使用ではAT DIGITAL 2 ROOM POUCHとしようかと思います。

まぁ、そのほかにも、試しでいろんなポーチを手に入れてみましたが、
やはり安価なものは、設計思想も少し遅れている気がしました。
これらについては、そのうち顔見せして、放出したいと思っています。

これから、どんどん薄着になる季節です。
それでも「いい音をもって歩こう」というB級コンセプトは、続けたいと思います。
そのうち、また違う物が手には入ったらレビューしたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月13日 (月)

ガッ!とくる広告

電車の吊り広告や、壁の広告は暇つぶしに見てると面白い。
週刊誌系はゴチャゴチャした文字で見た人にインパクトを与えるし、
観光系の広告はその土地の第一印象を切り抜いた絵に感心する。

そんな中、ガッ! と心に響く広告があった。
それはお酒の広告なのだが、
こんな人が飲んでいる硬派な酒だぜ、と言う風に見せているのだろう。
この数種類ある広告で一際気に入る言葉があった。

それはこちら、「清洲桜醸造株式会社」の広告で、
そのリンク先にあるFlashを見て欲しい。

「仕事はキライだが、手を抜くのはもっとイヤだ。」

これが職人というのだろうか。
その気の持ちようと頑固さが心に響く。

自分が置かれている状態からみたら、
私はどれだけ中途半端な存在なんだろうかと考えてしまう。

多勢に流されていて、主体性のない気持ちで作業を続けていることは、
確かに楽なことなのかもしれないが、
それは自尊心を捨てることに繋がるのかもしれない。

たとえ、それがどんなにイヤなことだったとしても
少なくとも今やっていることに誇りを持てるような仕事が出来るようになりたい。
多分、それがプロ意識なんだと思う。

少なくとも、その心がけを心にとどめて明日、明後日に繋げたいと思った。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

春の新深夜アニメ雑感 その2

昨日の続き。
いずれも事前知識無しに視聴。

タユタマ

01mpg_001165291

原作、未プレイ。

神主の息子である主人公の裕理は霊能力があり、
グランドの工事現場に現れた封印の遺跡について対処しようとする。

しかし現れたのは自分の神社で祀られていた神様だった。
しかしながら敵対する妖怪「太転依」によって状況が一変し、
ヒロイン、アメリの暴走により封印が破られ、
そして封じら得ていた太転依が解放されてしまう。
しかし、神様の化成により小さな太転依は対処した。
ところが3体の三強に負けてしまい倒れて、三強は解き離れてしまった。

そして化成された女の子は裕理の家でお世話になることになり、裕理に名前をもらう。
「ましろ」と名付けられた少女は裕理になつく。
そして一晩たったらましろは成長姿に変わり、皆を驚かす。

そして波瀾万丈の生活が始まった。

…う~ん、今のところドタバタラブコメのような雰囲気。
力を抜いて視聴出来るストーリなのかな。

ちなみにゲーム原画の「萌木原ふみたけ」は、
同人ゲームの「Purism x Egoist」でも絵を描いていた。
…道理でどこかで見た絵だなぁと思っていたら、手元にあったわ(w

期待度 3

シャングリ・ラ

01mpg_001285598

原作、未読。

キタ――(゚∀゚)――!!
ゴンゾのゴールデンコンビ、田村蓮爾と草彅琢仁。
今のところこれだけでもう、お腹一杯(笑
小物、背景美術、全体的な設定デザインがゴンゾ独特のも。
サムライ7を思い出したのは私だけか?
人物は田村蓮爾のデザインが光っていて、
アニメキャラデザインが違っていてもすぐに判別出来る。

内容は、何かしらの罪で投獄されていたヒロイン國子が出獄するところから始まる。

環境破壊が進んだ世界において二酸化炭素の排出量により経済が動いている。
それを性急に推し進める政府と公社などの組織がある。
國子達はそれらの急性すぎる考え方に反抗する組織、メタル・エイジに属し、
ドゥオモと呼ばれる居住地区で二酸化炭素の排出と武力により対抗してきた。

そして、國子が組織に戻り、それを祝う仲間が煙突から煙をまきあげた。
するとすぐさま軍隊が現れ戦闘になるが、
その戦闘の最中に國子のブーメランと軍の草薙国仁の守り刀がぶつかり、
共鳴現象を起こして、各組織の能力者がそれを察知する。
そして戦闘は中断され、突如振ってきた黒い槍が無差別に攻撃を始めた。

久々に、ゴンゾ「らしさ」を打ち出してきた作品。
このクオリティーが続いていれば良かったのに…
ゴンゾの迷走から一転し、初心にかえったような気がして好感が持てた。

期待度 5

戦場のヴァルキリア

01mpg_000962122

原作、未プレイ。

今回予備知識無い物が多いが、
いかにもゲーム原作というエッセンスが散りばめられている。

戦線が間近になってきた国境の街ブルールで、
義勇軍に身を置くアリシアは避難民の誘導をしていた。
そんなとき、スパイがいるという情報を受け、川に向かう。
そこには場違いなくらいのんびりとしていた青年ウェルキンが居た。
そのまま、彼は連行され、街の倉庫に監禁される。

街の義勇軍は偵察からの情報で
帝国軍がすぐ目の前に迫ってきていることに焦りはじめた。
その様子はウェルキンにも伝わり彼は妹に会うために倉庫を脱出する。
たまたま、外を見ていたアリシアはその様子を目撃して、彼を追いかける。

しかしながら、その途中で彼を背中から撃つ機会があったが、それが出来ない。
そのうち彼が止まったので追いつくことが出来たが、
それは彼が帝国軍を見つけたからだった。
ウェルキンはどうしても妹の元に行かねばならない。
そして途中で帝国軍に見つかり命辛々、ウェルキンの屋敷に向かう。

そこで、妹イサラと出会うがそれによりアリシアは彼らの出身を疑うが、
イサラの機転で帝国軍からの難を逃れ信頼を得る。
そして、帝国軍の戦車に対抗するためアリシアが見たモノは。

無難な出だしで、状況がわかりやすいのはゲーム所以のところか。
途中のシーンでアリシアがウェルキンに見とれて、
ハッと気がつき、あわてて平常に戻ろうとする場面があったが、
コレはこれからの恋愛に期待出来そう?

まぁ、今のところ大きな欠点もないようなので、安心して視聴出来そう。

期待度 4

……

「07-GHOST」も見ていたが、あまり私の感性に訴えるような物はなかった。
とりあえず様子を見るが、さてはてレビューするほどのモノかなぁ。

さて、今週後半にも大物が控えているので、
こちらにも期待して視聴したいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月12日 (日)

春の新深夜アニメ雑感 その1

久々のオタネタ。
今春の深夜アニメはどんなもんだろか?
いまだデジタルチューナで頑張る私もナニだが、
画像が汚いのと「アナログ」文字はカンベンな。

アスラクライン

01mpg_001170927

原作、未読。

幽霊付きの主人公。
入学直前に引っ越してきて、いきなりトランクを預かる。
それを狙う組織が複数出てきていきなりとんでもない状態に。

OPでメカとアクションが派手で今後の展開を期待させるが、
しかしながらこのヘタレ主人公、どう成長する事やら。

期待度 4

Phantom

Phantomrequiemforthephantom_01mpg_0

原作、未プレイ。
初っぱなからハード、目に表情がこもっていない。

記憶を失って見知らぬ施設に匿われた主人公。
しかしながら、組織によって監視され行動分析を受ける。

目覚め立ての状態で超常的なセンスを持ち、建物から出る手段を探すが、
銃を持った少女に襲われ、やむなく戦うハメになる。
ところが、異常とも思える能力で彼女を倒し外に出た。
そしてそこが砂漠のど真ん中なのを知る。

初めのシーンは彼がすでに暗殺者として働いていることを示すが、
本編は彼が暗殺者となっていく過程を描いているようだ。

小物の設定、画質、ストーリー、どこをとってもレベルが高い。
さすがはNitoroPlus原作と言ったところか、制作側も力が入っている。

期待度 5 
ゲーム買っておこうかな?

Pandra Hearts

Pandorahearts_01mpg_001006641

原作、未読。

ワガママでやんちゃな高い身分の主人公。
成人の義を前にして遊びたい放題だが、
秘密の場所へ足を運んだとことろ、突然足場が崩れて穴の中へ。

そこには古い墓と、オルゴール付きの懐中時計があった。
それを手にする主人公だが、蓋を開けオルゴールの調べが聞こえたと思ったら、
いきなり白昼夢に陥り、不思議な部屋で少女に出会う。
彼女は彼を待っていたと言うが、主人公は知らないという。
そしたら彼女は主人公を殺すといい…。

気がついたら元に戻っていた。

その夜、成人の義に向かうが何かが狂い始めていた。

まだ序盤の序なのでどうシナリオ展開していくのか予想がつかない。
さて、いったいどうなる事やら。

期待度 3

とりあえず今回のインプレションは3作品。
Phantomが群を抜いて面白そうだ。
あとはまぁまぁ、かな?

とりあえず現時点で視聴切ったのは、
アラド戦記 (ゴンゾこんなの作ってる場合じゃないだろ)
咲-Saki- (話題性はあるのだが、自分の感性とはチョトずれてる)
夏のあらし! (同上、何となく興味が出なかった。誰か、コレがお奨めなら教えて)
戦国BASARA (論外、興味の外)

さて、今週からも新番組が始まる物があるが、
こちらの方がメインになるのか。
木曜、金曜深夜の集中ッぷりがハンパねぇ。
チューナー二つでどうしてくれようorz
(USB接続で3つめのチューナがついてるが、メチャクチャ不安定でだめぽ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

04月12日のココロ日記(BlogPet)

歌声と皮膚とひろひらさん

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

11日、練屋町散策の成果。荵苳酒。

と言うことで、日付が変わってしまいましたが、
午後からの購入した物を並べてみました。

P1010834

秋の特別展 犬山城 城をめぐる歴史と天守創建の謎を探る
   (財団法人犬山城白帝文庫歴史文化館)
犬山祭総合調査報告書 (犬山市教育委員会)
歴史と文化のふるさと犬山 (尾張文化研究会)
小学館ウィークリーブック 週間 名城を行く 20 犬山城 (小学館)
日本の美術 No516 山車 ((株)ぎょうせい)
国指定重要無形民俗文化財 平成二十一年第三七五回 犬山祭
   (編集 犬山祭保存会 発行 犬山お城まつり実行委員会)

特に「秋の特別展 犬山城 城をめぐる歴史と天守創建の謎を探る」
は貴重な書物とのこと。
犬山城の絵図が正保4年(1647)から掲載されており、
時代を経て城下町と共にどう変わっていたのかが図示されている。

さらに驚くべきは「犬山祭総合調査報告書」
車山についての歴史からはじまり、その組織、祭についての全運行、
車山の構造から細部の飾りの解説、からくりの構造と分解絵図、部品、
そして囃子についての解説まで。
驚くべきほどの情報量、全502ページ。

…うわぁ、私の頭でどこまで勉強出来る事やら(汗
でも、これらの書物から犬山にかける情熱がひしひしと伝わってくる。
ホント、凄い都市だよ、犬山は。

んで、お待ちかねの主役登場。

P1010839

ドーン!
荵苳酒です。
ビン、その物までもが独特で、強い存在感を放っています。
瓶の表示にもあります通り種類は「リキュール」となっています。
そういえば女将さん、日本酒とは作り方が逆だとか何とか。

P1010849

お酒の方は見ての通りの黄金色。
味は紹興酒に近い雰囲気だけど、
あのような癖のある物ではなく、その点については全くの別格。
とても上品で滑らか、まるで蜜のような味わい。
アルコール度数が24度となっているけれども、
そんなことを意識させないほどスムーズに舌を流れていき、
お腹の中に沈みこんでから、お酒が身体にじんわりと染みこんでいく。

同じ度数の焼酎とは比較にならないほど優しいお酒。
薬酒。 秘酒中の秘酒。
まさに、オンリーワン。
ここでしか手に入らないお酒。
個人的に絶対有名になって欲しくない、大量生産なんかされたくない。
この犬山を凝縮したお酒と言っても過言ではないかもしれない。

いやぁ、もう、これから、コレしか飲まないよ、ウン(マジデ

ちなみに写真後方の真空管アンプと組み合わせたのは、
その物が持つ本質が共通するように思えたから。
暖かく、深みがあって、そして優しい。
アコースティックな音楽に包まれながら、静かにゆったり飲みたいお酒です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

祭の余韻、練屋町散策

先週の犬山祭の衝撃や
國香會の紀様のコメントのおかげで、
俄然、犬山城下町に興味が出たうえ、
出来ることなら車山の情報でも集めてみようかと、外に出ました。

手元にある情報は犬山祭のパンフレットと、
犬山観光情報からえた情報と地図を持参。

さらに行く途中で犬山駅構内の犬山観光案内所でさらにパンフを得ます。
その時、外国の方が入ってこられたので少し驚きましたが、
そこですかさず対応された年配の案内人さんが、
驚くほど流暢に会話していたのに感心しました。

会話は少ししか理解出来ませんでしたが、
外国人の女性が犬山城に行く道を尋ねていたようです。
それに対して、案内の方は地図を用いて説明して、
さらに、今キャンペーン中だと言うことを付け加えておられました。
…さすがは国際観光都市、人材も豊富であられる。

実のところ、その前から犬山駅改札付近で外国の観光客と見られる人や、
犬山でホームステイをされてたと思われる外国人の方が、
ステイ先の日本人家族の方と別れを惜しんでいるのをみかけて、
改めてワールドワイドな都市なんだなと感じていました。

さて、ひとまず地図を頼りに練屋町に向かいます。

P1010738_6

まずは目標となった玉富久菓舗に到着。
(上記や以降に出てくる他の各店舗はワンダー・モールから参照してください)

ここから起点に北に向かう通りが練屋町です。

P1010740

となりのデイサービスセンター繭からは音楽と歌声が聞こえていました。

さらに北に進むと
Img_2815

練屋町、國香欄の車山蔵がありました。
ほかに比べても背が高く存在感があります。
この中に車山が保管されているのですねぇ。
ちなみに蔵を持たない町もあるようですが、
そういうところでは解体して神社等で保管しているそうです。

では、先に進みます。

Img_2819

奥から音が聞こえていましたので仕事中だったようです。
城下町ではこの様な商店さんがアチコチに点在しています。

次にとなりを見ましたら
Img_2820 

パン工房ブルーメンは閉まっていました。
私のタイミングが悪かったようです。
次の機会があれば是非立ち寄ってみたいです。

そして向かい側に目をやりますと、
Img_2824

立派な壁が続いています。
そんな途中で不思議なモノを見つけました。
写真中央左側にある囲いの中です。

Img_2821

なんと水瓶(樽かな?)が置いてありました。
何とも珍しい光景です。

あとから、ここのお店のおばあさん(女将さん)に伺ったところ、
昔からある防火用の貯水そうだそうで、歴史を感じさせる物でした。

では、この塀の先をたどると、
Img_2825

由緒ある醸造元、荵苳酒本舗和泉屋小島醸造につきました。

P1010751

店先には荵苳酒とお店と建物の説明書きがしてありました。

私はとても興味があり店の中に入りました。
何も予備知識を持っていなかった私としては、
店番をされていました女将さん(おばあさん)の話を聞いて驚きの連続でした。

上記のリンク先にありますように、
創業が慶長4年で尾張最古の銘酒だそうです。
その製造法は門外不出の秘法だそうで、
この店に来なければ手に入らない一品。

それ以外にも、店内には歴史を感じさせる貴重な品物が置いてあり、
ここでは写真の掲載の許可を得られませんでしたが、
(たまたま、対外担当の方で払っていたそうです。
 次回来るときには是非許可を得てみたいと思います)
大きなお酒を貯蔵する瓶があり、コレこそ創業以前からの物だそうで、
こんな年代物を間近で見ることが出来るとは思っていませんでした。
非常に貴重な体験をした気がしましたよ。

もちろん荵苳酒を購入してから次に向かいましたよ(喜

…とは言え、短い通りですから、百数メートル歩いたところで辻になり、
練屋町を通り過ぎてしまいました。

そこで、その周辺をうろうろしてたら面白い物を見つけました。

P1010761

大正堂兼松書店の店先に犬山や車山に関する書籍が展示してありました。

とりあえずその時はそこから離れて、
他方面に向かい、何か情報となる物がないか探し回りしました。

………

んで、結局戻ってきたのですけどね(笑
暑さで疲れていたせいもあって広範囲には行きませんでした。

お店の規模は小さい方でしたが、
店主に外に展示してあった書籍のことを訪ねたら、
店の奥に案内されて犬山関連書籍を多く見せて頂きました。

いやぁ、もう正にコレだ! という本ばかり。
悩むことなく購入しましたよ。
だって値段なんか気にならないほどの物ばかりですし。

こうして、今日の練屋町散策は終わりました。
今日の戦利品を抱えて帰路につきました。
カメラバックに、右手に1800mlの荵苳酒、左に書籍で重たかったぁ(;´∀`)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月11日 (土)

午後のチィーナさん

遅い昼飯を食べてから、天気も良いので出かけようと思った。

P1010714

んで、装備をそろえていたら、やっぱりチィーナさん、のぞきに来た。

いつもお留守番ばかりさせているから、
今度は一緒に連れて行こうかなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

午前中の買い物

とりあえずは小牧にある大型書店と隣接するホームセンタへ。

P1010833

●ホームセンタにて
大画面キッチンタイマー (コーナン商事株式会社)
ドコデモΣ (電波時計 ノア精密株式会社)

いずれも、職場に持っていって作業の効率化を図ろうかと思って。
ウチの所は腕時計禁止なので
持ち運び出来る自分用の時計が欲しかったのと、
キッチンタイマーは規定時間ごとに計測する作業での、
「ぽかミス」による計測時刻超過防止のため。

●書店にて
会津のこころ (中村彰彦)
よくわかる 最新 音響の基本と仕組み (岩宮眞一郎)
碧海のAiON 2巻 (影崎由那)
つぐもも 2巻 (浜田よしかづ)
COPPELION コッペリオン 3巻 (井上智徳)

「会津のこころ」はほぼ衝動買い。
弟用のネタを仕込んでおこうかと思って予備知識に。
「音響の基本と仕組み」はオーディオに関する基礎知識の蓄積に。
かなりの広範にわたって「音」ついて解説されている。

まぁ、コミックについては説明不要かな?
強いて言えば「つぐもも」のストーリーが緩急を付けて、
シリアス、バトル、お色気、ギャグまでこなしているのが凄いと思った。
この作者の今後の活躍が楽しみになる一冊。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝のチィーナさん

9時半頃に買い物に出かけようとしてら準備していたら、
なにやら興味があったのかポーチに頭を突っ込んできた。

P1010711

いやいや、そこにはDAPにPHPA、デジカメが入っているんだって。
お願いだからケーブルなんか噛まないでくれよ(;^ω^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月10日 (金)

Trial and error

計測して、その結果をもとに調整。
そしてまた計測してその結果から判断。
合否を決めて次に進むか、再調整か。

そんな仕事がこのところ続いている。

作業指示書には規定範囲と調整方法が書いてるはずだが、
たまに想定外のエラーがでたりして、そこでどうするか悩む。

まぁ、普通にホウレンソウ(報告連絡相談)なのだが、
たいていはそこから先に進んで技術検討してもらい、
その処置方法を指示されてから作業を行う。
こういう場合は文章による指示が出るのが普通だ。

…(;´Д`)いや、まぁ、それが普通の職場ならネェ。
ウチの職場での作業は工場内どこを探してもオンリーワンなところ。
そんなときに想定外がでると二進も三進もいかなくなる。

そう、今やっている作業がまさにそうなのである。
ソレは下限値を下回ることがあると言うことが大前提としているモノなので、
コレが上限値が上回ったときの想定はされていない。
実際、その「モノ」は理論上、上限値を上回る事態が出ることはあり得ないはずで、
そのモノの持つ他のスペックを満たそうとすると、
今問題にしている部分は次第にその計測値は下がるようになる。

たとえが悪いが、わかりやすいように解説すると、
風呂のお湯を必要な量にするのに今は水しかないので、
そのために水を入れると湯量を満たすことが出来るが、風呂はぬるくなってしまう。
…まぁ、そう言う理論だと思って欲しい。

すなわち、コレだと下限値を下回る以外の状況は存在しないことになる。

ところがどっこい、どこにでも例外と言うのはあるモノで、
計測してみたらソレが上限値を上回る数値が出てしまった。
例えから解説すると、お湯に水を入れたら熱くなった、と言う感じか。
…まぁ、コレは極端な例えなので、私が担当した作業とは関係はない、あしからず。

ソレであっても、私としてはソレの可能性はあり得ると考えていたので、
この結果については、どちらかというと心の中で「ソレ見たことか」と(w

以前にそういう可能性を考慮した調整方法が必要だと言っていたのだが、
返ってくる答えはそんなことはあり得ないから考えなくていい、だった。
でも現実に計測してみたらそういう「モノ」が見つかったわけだ。

だから当然、上司とホウレンソウ(笑
そして対処の仕方について技術部門に件を上げて指示を待つが、
返ってきた答えは「規定になるまで調整して」とのこと。
(´・ω`・)エッ?なんですと、どうせいっちゅうねん? 方法は?

「下限が下回ったときの方法の逆で良いんじゃない、それでやって」
( ゚Д゚)ハァ?そりゃぁ、その場合の方法自体にもスペックは有ったんだけど、
今回の問題ではそのスペック使うと逆に上回るのヨ?

「まぁ、だから、上手いことやって」

……
………
щ(゚Д゚щドーン!状況をブン投げやがったぁ。

イヤイヤ、マテマテ、俺。
そういうことも有ろうかと想定はしてたが、
誰か一人でもこの件を考えたヤツはいなかったのか?
天下の川重だぞ? こんなこと頭一捻りすれば解る問題だろうが!
コンチクショー! 責任者出てこい!(# ゚Д゚)

………いや解っているんだ、彼らの実情は。その納得のいく理由が。

ようするに調整法を記した作業根拠となる書類が無いのだろう、社内的に。
そのために会社として認められた作業基準がないモノは、
作業指示責任者の了承が必要な調整方法としては認められない、と言うことだ。
たとえ調整方法が解っていたとしても根拠を明記されたモノがなければ、
誰もソレを正式な手順として承認することが出来ない。

まぁ、初めにマニュアルありきの世界である。
書いていないことは「存在」しないのだ。

でも「存在」しちゃったんだから、何とかせねばならないよなぁ(´Д`;)
だから結局、現場判断でなんとかしろと…

ソレでそのまま問題提起したところにグルッと回って帰ってきた。
帰ってきたモノには何も付随することなく、そのままのカタチで手元に戻ってきた。
…投げたボールにゃドロも付いていやしねぇ(w

いや、やりますよ。
どこぞの歌にもありました、「プロに出来ぬの文字はない!」

まず考えろ。
ソレを調整して下限を下回るような事になるのはバカがすることだ。
スペック範囲から外れないようにモノを下げていく。
そのために必要なアレは此処には無いから、
まずはソレを作るところから始めなければならない。
…だからそのための計算式は………ブツブツ………

'`,、('∀`) '`,、前例がないところに踏み込むのは楽しいね。
何せ、自分が先駆者になるのだし、そのノウハウは自分しか知らない。
まさに「Trial and error」、努力した分、身になるというもの。

………

とりあえず結果は出した。
若干、作業が残った状態での終業時間となってしまったが、
調整法を取得出来ただけでも十分な結果だと思っている。

…でもさぁ、コレ失敗してたらどうなってたんだろ?
そういう責任もやっぱり「ぶん投げ」だったのかなぁ(((;゚Д゚)))ガクブル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 9日 (木)

壁の穴は小さいか?

久々の鬱カテゴリーだが、まぁ、悪い話じゃないんで(w

定時後に少し仕事が残り、ロッカーに向かうのが遅れた。
部屋ではすでに先輩がいて着替えをしておられた。
とりあえず「おつかれさま」と挨拶して自分も着替え始める。

そのうちに着替え終わった先輩は、挨拶してから私の後ろを通り過ぎて去っていった。
自分も同じ電車に乗るんだから急がなくてはいけない。
そう思いながら着替えて、ロッカールームを後にした。

退社後、駅に向かう。

すでにホームでは先輩がベンチに腰を下ろしてケイタイを操作していた。
イヤホンで音楽を聴いていた私には、何となく近寄りがたい雰囲気を受けたので、
いつもの座っているベンチの端に腰をかけた。

今日は仕事があわただしかったためか、今になって急に気が抜けてしまった。
おかげでボーッとして電車が来るまで、その事に気が付かなかった。

電車がホームに入ってから立ち上がったために、
ドアは乗車待ちの人達の後方で待つことになってしまった。

ドアが開き、車内に乗り込んだが今日はかなり混雑している。
どうも、学生さんの姿が多いようだ。
おそらく今日から新学期を迎えた人達が多いのだろう。
昨日とはうって変わっての賑やかさだ。

席に空きがない以上仕方がないので、車内中央の吊り輪に掴まろうとする。
そうしたら同じく行き場を失っていた先輩も吊り輪に掴まっていた。

一瞬どうしようかと思い悩んだが、
コレはまたとない機会だと思い考え、先輩のとなりの吊り輪に掴まる。
そうして、イヤホンを外して身体を先輩の方向に向けた。
ここでコミュニケーションとろうとしている所をアピールする。

私「いやぁ、今日は疲れましたよ」
先輩「あ、なに、何か有ったの?」
私「今、作業方法の見直しで計測機器のを探しているんですが、
今日はそのメーカーの人とデモ機を持ってきてもらったんですよ」
先輩「ふんふん、それで」

とりあえず流れに乗れた、話を続ける。

私「いやぁ、それで、その機器を使ったら短時間で正確に計測出来ちゃうんですよ」
私「今までやって来た作業時間を思うと、なんでこんな良い物があるのに、今まで誰も作業内容の見直しをしなかったのか、憤りを感じましたよ」
私「それはソレで良いんですが、実際購入しようとすると、ある金額以上になっていまうような買い物は、提出書類等の手続きが煩雑になるから、上司がナンとか金額におさめるように悩んでいました」

先輩「ははは。おれも装備にいたから解るけど、****を購入してくれとたのむには、上司に書類提出と説明に上に****円なので大変だったけど、それらの利点を上司に言ったら「なんで今までこのような便利なモノをが出てこなかったんだ」と言われてね、そのあとはスムーズに事が運んだことがあったよ」
先輩「***とか、***とか欲しいと思ったことがあるけれど、実際の使い勝手とか、そのほかにも色々と検討するけど…」

上手いことに何とか会話を続けることが出来た。
そしてそれは先輩の降りる主要駅まで会話は弾んだ。
むしろ、電車から降りるのが惜しいほどの状態で、しかたなく会話の途中で先輩は降車した。

まぁ、やれば、なんとかなるじゃないか 俺。
もっと会話の幅を広くして、話題の内容は濃いほど良いだろう。
ちゃんと向き合って話をしたことは十分に良い方向に向かっているよな。

主要駅でその乗客の7割が降りていったため、
シートのも空きができ、自分も腰を下ろして深い息をついた。

それは、どんな意味を持つかは、私にも解らない。
とりあえず、一歩でも前に進めたのかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 8日 (水)

自作ノベルゲーの制作が遅延状態に

自作ノベルゲームはとりあえず、シナリオ90%、背景100%、音楽素材の選考90%、効果音素材の選定90%まで来ているのだが、立ち絵80%、その加工処理0%、一枚絵(スチル)5%程度までしか進まず遅延中。

Screen0904082004

………orz
いかんせん、画力がないモンだから、
グラフィック関連が致命的に制作の足をひっぱている。
とりあえず、上のスクリーンショットは作っているという証拠でOK?

そろそろSAIの試用期間が過ぎるのでレジストしなければなぁ。

それとHPの方もなんとかせねばと思っているが、
いかんせんコッチは場所の確保しただけで、実質0%。

リアルでも忙しいのに、なんとかして時間を捻出せねば…
デモネルジカンケズッタラシヌル...φ(゚∀゚ )アヒャ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の買い物

仕事の関係でチョット手が荒れるようになってきたため、
ハンドクリームが欲しくて、帰宅途中に近所の薬局へいった。
ついでに整髪料と整腸剤も見てこよう思ったのだが。

んで、結果、
P1010695
以上3品購入。

ワムナールDXⅡ (発売元 ゼリヤ新薬工業株式会社、製造販売元 池田薬品工業株式会社)
ツバキオイルヘアクリーム (販売名 黒ばらヘアクリーム) (株式会社 黒ばら本舗)
パンシロンN10 (ロート製薬株式会社)

とにもかくにもハンドクリームは必須だったので、
薬局に入って1階フロアーを探してみたが見つからず、
店員さんに聞いて2階に向かった。
…うむぅ、ハンドクリームって化粧品コーナーの一角だったのね。

それでハンドクリームコーナーを見たら500円台から1800円台までの様々な種類と使用目的等がありまして、選ぶのに時間がかかってしまった。
予備知識無しでいきなり買い物というのはチョット無理があったね。

薬品成分もそれぞれ違うからサッパリ解らん。
風邪薬とかはメーカーが違っても成分が似てるモノが多いので、
成分種類や量を見ながら決められますが、
ハンドクリームはそう言うような物の見方では選べない感じ。
前もって、どの成分が必要なのか知っていきゃならなかったなぁ、と反省。

とりあえず、使用目的から消去法的に選別しました。
かゆみ止め系はパス、保湿目的でもないし、水仕事用に近いかなぁ?
といった所まで来て箱の上に有る大きな商品紹介ポップが目に入った。
皮膚の補修、保湿、血行効果等々。
箱には「皮膚の乾燥や、荒れ野改善に」とあり、
さらには「第3類医薬品」と書かれている。
…ちなみに他の製品にはポップ無し、医薬外品がほとんど。

まぁ、値段も手頃だしコレにしてみようか、と手にする。

次に向かうは男性用整髪料なのだが、実はここには欲しいモノがない。
実のところ私は髪を伸ばしていて、ゴムで纏められる程度の量がある。
しかしながら、髪の毛が細く、パサついて毛先にまとまりがない。
髪自体に艶もないから見栄えはあまり良くないのである。

そこでシャンプーコーナーで商品を並べていた店員さんに声をかけた。
私「すいません、長い髪の毛をまとめるような男性整髪料って無いですよね?」

店員さんはチョット考えてから「そう言うのはないですね」

私、髪の毛を見せながら「こんな感じなんですが、何か良い方法有りませんか」

店員さん「それくらいの長さですと女性用の方が良いと思いますよ」

私「ええ、そうですね。でもにおいが女性的だと嫌なんで、無香料ってないですかね?」

店員さん、整髪料コーナーに案内しながら
「それはちょっと難しいでしょうけど……、コレではどうでしょう?」
そう言って一本のスプレーを手にとり説明を始めた。
「コレなら洗った後で付けるので、時間がたてば臭いはなくなりますよ」

…ああ、そうか! そう言う使い方は及びもつかなかった。
女性は髪に対する考え方が根本的に違うんだ。
綺麗に手入れをして、補修し、その上で髪の状態を改善させるようにするんだ。
普段からの気の使いようが男のそれとは違うんだなぁ。

私「ああ、そうですねぇ。ううんと、トリートメント的なモノじゃなくて、
出かける前とかに使いたいのですが、そう言う目的のモノはないですか?」

店員さん「ああ、はい、それですと、こちらの方がお奨めになります。臭いも気にならないですよ」
そういって指し示した一角は椿油を主成分にした商品。

おお!なるほど、それも思いつかなかった。
確かにそれなら自然な臭いだし艶もでて、毛先までまとまりそうだ。

そうやって、いくつかの商品を比較してアドバイスをもらい、
ツバキオイルへアクリームを手に取り、満足出来るモノを得た。
…聞くは一時に恥、聞かぬは一生の恥とはよく言ったモンだ。
ホント目から鱗が落ちるとはこの事だワ。

それで1階に下りて胃腸薬のコーナーへ。
4月2日の記事もあったとおりお腹の調子が悪い。
それで、商品を見ていたら「ストレスによる便秘や下痢に」と言う文字のある薬に目がいった。

ちなみにそこのコーナーは便秘薬がメインであり、その隅にちょこんと置いてある。
整腸剤とは違うンかしらん? と思い、今度もまた近くの店員さんへ。

そうしたら、薬剤師さんを呼んできてもらった。

ちなみに私は鬱関係の薬の副作用による便秘改善のための下剤を処方されている。
その事も聞いて、それと併用出来るかを聞いてみた。

薬剤師さん「マグネシウム系の薬を処方されているならば、使わない方が良いです」
…ここでも、相談して正解だったと実感する。

薬剤師さん「コレと、一緒に使うと、どちらの効能も打ち消されてしまいますので、お奨め出来ません」

私「そうなるとどうのようなモノが良いんでしょうか?」
質問してばっかりだけど、知識がないのだから仕方がない。
やはり餅は餅屋、その道のオーソリティーに伺うのに限る。

薬剤師さん「ビオフェルミンとかストッパ デイバランスなどの乳酸菌の入ったモノが良いですよ」
「それらならば、薬の効能とは関係なく整腸作用が働くので、そちらの方を検討してみてください」

ううむ、今日は勉強になることばかりだ。
自分の知識やカンでは全く間違った選択をしてしまうことが有ることを良く理解した。
それだけでも、薬局で40分も時間かけて商品を探し出した価値がある。
…今更ながらだが、ハンドクリームもきいたほうがよかったかな? まぁ、いいや(笑

そうやって整腸剤のコーナーで目的の薬を探してみる。
…それにしても一箱に120粒とかは多すぎるなぁ。
そうやって金額と量とが兼ね合うものを探して、パンシロンN10に行き着く。
3種類の乳酸菌、納豆菌、3種類の消化酵素。成分としては十分。
値段は割高だが50粒なので、使い切らずに使用期限を越えることはなさそうだ。

そして、これら3点お買いあげ。
全部で3035円でしたが、満足満足。
明日から使用してどうなるか楽しみでならない。

…とは言え、たかが化粧品、薬で一喜一憂する私って単純ナンかしら(;´Д`)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年4月 7日 (火)

今日の買い物 ネット通販

んで、今日届いたブツです。

P1010682

ゴゴゴゴゴ…
37枚の同人CD。

全部、東方projectアレンジアルバム。
リストは後日、上げます。
(記事編集でこの記事に、しばし待たれよ)

…さてCDラックも空きが無くなってきたなぁ(;´Д`)

-4月9日追記-

アルバム名、サークル名を左の順から紹介。

Scarlet on Stage (ハルアゲイン
東方不可拘束 the maximum moving about! (石鹸屋
恋と少女と絶対零度 (虹色論理
東方叫瞑毒 (Engage Blue
SHINGO DJ GENSOKYO STYLE (MOB SQUAD TOKYO
-occulta- (SJV-SC
東方蒼天歌 (Silver Forest
方楽纂解-蓮境異聞- (L連.NET
東方日和 (大江戸宅急便
Be Addicted ~ 東方廻帰 (Be Used
夜桜幻想郷 (efs)
望郷舞踏宴 (オーライフジャパン
東方腐食葬送曲 ~ Buried lovers are burning brightly. (堕武者グラインド
東方出流幻想譚 (VAGUEDGE
散花 (Liz Triangle
東方かくてる (かくてるM49
フォーリンサウンド (発熱巫女~ず
月光ナッツ (鉄腕トカゲ探知機
Acid Travel (int.Records
SUPER NOVA GiRL (chipion
Ruby and Aquamarine (OTAKU-ELITE Recordings
東方円舞曲 (Silver Forest
東方紅桜蒼月 (はちみつれもん
東方風祇譚/降臨 (Marble Records
東方 OVERDRIVE (WhiTECHNO
dialogue ~Paradigm Lost~ (君の美術館
dialogue ~Reincarnation~ (君の美術館
Flower Garden (Sun flower Field
Sartacross~風ノ鉄綺 (Re:Volte
ココロのノコリガ (KSNT
トホQハイランド! (Re:cy:cle
Lycoris Radiate (ゆめいろ企画
Re X CREATE (ばんだいく
FROZEN FROG (CROW'SCLAW
Leavatein ~緋の魔杖 (Re:Volte
Poltergeist (XOTIC
花飾りの帽子 (来夢緑

…以上37枚。
新旧混濁だが、ショップで再入荷したモノや、
新作予約で買ったモノなど。
同人CDは有る時に買わないと、再販がない場合が多いから、
とにかく手にはいるならば、手を付けてしまう。

そのうち被ったのは-occulta-の一枚のみ。
まぁ、数の割には少ない方だワ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土曜日の買い物

土曜、日曜と祭がメインでしたが、
とりあえず土曜日は買い物もしてきましたので、報告。

P1010675

●コミック
性本能と水爆戦 征服 (道満晴明)
   *)何も書いていないですが18禁です、未成年の方、注意
●オーディオ関係
オーディオ小僧の食いのこし (巻野良幸)
ステレオ 4月号

「性本能と水爆戦 征服」
エロですが、哲学?ってな感じの素人にはお勧め出来ない漫画です。
感性が合えば唸ることうけあいですが、それ以外は(||  ゚Д゚)トラウマーかも。

「オーディオ小僧の食いのこし」
これは、オーディオエントリクラス向けの雑誌「AUDIO BASIC」の
連載エッセイ記事を加筆して本にしたモノ。
若い人達よりは中年層の人はニヤリとする本じゃないでしょうか。
私は、いかにしてマニアになっていったのかと言う過程が面白いので購入。

「ステレオ」誌
売っていたのは知っていたのですが(3月19日発売)スルーしていました。
ところが表紙に「エコノミーオーディオで行こう」(写真には見えていない)
という文言に惹かれて購入しました。
…が! たいして真新しい試みをしてるモノでもなく、
B級オーディオマニア的には「そんなモン、今更記事にせんでも…」と思ってしまった内容。
やはり、ミドルエンド以上向けの雑誌なのかなぁ。

そう言う意味では「AUDIO BASIC」は良心的な雑誌だと思う。
今発売している2009年春号はオリジナルオーディオチェックCDが付録なのですが、
このCDだけのためにお金出しても十分おつりが来るモノ。

また、「音を良くする50のヒント」と言う記事は、
「ステレオ」誌の内容を先取りしていて、さらに初心者向けの解説をしている。
無論こちらの方が基本を踏襲しているので、十分勉強になる。

しかもこの春号では入門者には嬉しい記事、
「本気で聴いたカジュアルオーディオ」というモノがあり、
一体型コンポシステムについても12機種を紹介している。
これこそ、オーディオの世界へ誘う第一歩の記事だ。
初心者がいきなりスピーカー、アンプ、プレイヤー等の単品システムを
いきなり導入することにはためらうであろう。
それならば、まずは手頃な所から始めてみればどうだろうか?

…そうして、使っているウチに物足りなくなり、
まずはスピーカーを買えてみる所から始まり、
次第に音を出すことの面白さに惹かれていくのであろう。
けしてオーディオは敷居の高いモノではないので、
気軽に踏み越えて、新しい世界を聴いてみてはいかがだろうか?
と、B級オーディオマニアは言ってみるテスト(;^ω^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

犬山祭 本楽祭 夜車山

Img_2540_2 二日たってしまいましたが、それでは夜車山編、行きます!

16時前に帰宅、すぐにバッテリーを充電し、写真データをPCに放り込む。
夜山車点灯は18時の予定なので、それまで疲れをとる。
少し早かったが17時頃に夕食。
そして、カメラ設定を変更し、手ぶれ防止に一脚を構え、フル装備に。
では、いざ行かん、夜の犬山祭へ!

ウチから一番近い車山集合場所(北組)の余坂町に向かう。

到着したら、ちょうど提灯の点灯を始める所でした。

Img_2385_2
新町、浦嶌(提灯には「船」の文字)。
よく見てください、火を付けているのは蝋燭なんです。
電球を用いていないのが、その伝統を物語っています。

Img_2386
練屋町、國香欄(この写真では見えにくいですが下の提灯には「奇妙樂」)
こちらも準備に入っていました。

Img_2393
寺内町、老松(下の提灯には「 老松車」。これらは山車の名前?)
この車山では囃し手の子供さんが乗っていました。

Img_2394
車山の中からハイ、チーズ(笑
こうやって写真を撮っているのを見ると、微笑ましいですね。

次に、通りの十字路北側の道に待機中の車山に向かいました。

Img_2396
枝町、遊漁神(下の提灯には「遊漁神」)
上の文字は「街娜慶」とあります。「えだまち」と読むのかな。
囃し手の背中の電飾が綺麗です。

Img_2401
魚屋町、眞先(下の提灯には「三(上に「火」下に「九」)車」
なんて読むんだろう? PCで変換しても出てこない文字です。
こちらも着々と準備が進んでいます。

Img_2405
こちらではすでに準備は整っている模様。
お囃子も聞こえてきます。
そして、ゆっくりと動き始めました。

Img_2418
十字路にさしかかり、ここで車切。
普段は車一台分の一方通行道路です。
まわりに電柱もあり、慎重にかつ、大胆に方向転換します。
大胆と書きましたが山が重いので勢いを付けて動かす必要があり、
それでいて、他にぶつからないように緩急自在に動かします。

Img_2420
そして、その方向転換!
狭い道なので十字路の広さをギリギリまで使います。

Img_2430
次に眞先が出てきましたが、一時ストップ。

………何か忘れてるなぁ?
てっ! 肝心の余坂町、宝袋を撮りのがした! orz
痛恨のミス。
…余坂町の皆様、すいません、撮り忘れました。ごめんなさい。

さて、本編に戻り、なぜストップしたかというと、
Img_2432
先に老松が行くみたいです。
順番が決まっているようで、眞先は一時停止。
カーブミラーに映っています。
次第に暗くなっていくので提灯の明かりが綺麗に映えます。

Img_2445
眞先の前を通る老松。
囃し手の子供さんもあちらが気になる様子です。

Img_2461
さて、眞先の出番です。
ここで車切を行います。

Img_2467
チョット心配そうなお子さん。
でも車切は一発で決めました。

Img_2497
國香欄も出てきました。
囃し手が一生懸命にお囃子を奏でていました。

10dimg_2320

Img_2518
最後の浦嶌も出て行きます。

ここで私は山車にはついて行かずに別行動をとる事にしました。
目的は先回りして針綱神社から写真を撮りたかったためです。
それでは一時、お別れです。

………

針綱神社には19時過ぎに到着。
ここで撮影場所を決めて動かないようにて山車が来るのを待ちます。

19時30分過ぎ。
10dimg_2335
やって来ました。
まわりのサクラと相まって、とても綺麗です。
ここで改めて紹介、余坂町、宝袋。

10dimg_2343
近寄ってきました。
囃子の音も聞こえてワクワクしてきました。

針綱神社の前の十字路に来ました。
ここで方向転換します。
後ろからも山車が続いてやって来ています。

10dimg_2350
やって来たのは遊漁神です。

さて、十字路の方は、
Img_2540
宝船が車切をするところでした。

まだチョット余裕があったので、もう一度、遊漁神にカメラを向けます。
10dimg_2362_2
中の囃し手さんの電飾がきれいです。

では十字路に戻り、
Img_2551
宝袋の車切。
そのまま体育館前の展示場所に移動しました。

10dimg_2365
こちらは遊漁神の後方に来ていた老松。
次々と山車が向かってきます。

10dimg_2372_2
少し望遠でとってみました。
囃し手さんの様子がわかります。

Img_2572
遊漁神が入ってきました。
これから車切です。

Img_2576
うまい事にどなたかのフラッシュにのっかれました。
手子さん達の様子がわかります。

10dimg_2376_2
そうして遊漁神も広場の方へ。

10dimg_2381
老松も十字路に来ました。

Img_2593
ズイズイッと入ってきて、

Img_2608
どりゃ! と車切。
うまい具合に提灯が振れている所が撮れました。

10dimg_2382
老松の囃し手さんの様子。
腕の動きにシャッタースピードがついて行けません(w

実はこれどのタイミングで撮ったモノなのか憶えていないんです。
望遠でこの角度だと、車切の前の時点なんですがネ?

10dimg_2398
老松も展示場所へ向かっていきます。

Img_2617
次に現れたのは眞先。

Img_2624
十字路中心に来て、

Img_2631
ここで車切を行いました。
写真じゃ暗くて解らないのですが手子さんが頑張っています。

Img_2639
眞先も広場の方へ動いていきました。
こうして並ぶと豪華に見えます。

Img_2651
國香欄が来ました。
後ろには浦嶌の姿があります。

Img_2656
近くまで来ると迫力があります。

Img_2673
そして力のこもった車切。
こんな観客の近くまで来て旋回させるんですよ。
目にも音にも迫力があります。

Img_2684
そして会場へ向かいます。
先に行っていた眞先は体育館前にいます。

Img_2687
浦嶌がやってきました。
船体の艶が綺麗に輝いています。

Img_2693_2
そして十字路まで出てきて、

Img_2696
迫力の車切り!
ほかの山車と違う舟形なので、その迫力も違って見えます。

Img_2702
浦嶌も体育館前に移動です。

ここで展示される山車は全部なので、
十字路には人が溢れかえりました。
近くまで行って写真におさめたかったのですが、
今度は戻る様をとりたかったので、
そのまま針綱神社前十字路、東側道路付近の場所を死守(笑

………

20時過ぎになり、再び余坂町に向けて動き始めました。
10dimg_2422

Img_2710_2
そして宝袋がやってきました。

今度は「どんでん」いわれる手法で方向転換します。
それは前後どちらかの担ぎ棒を担ぎ上げて、
山車を傾けて2輪になるようにして方向転換します。
これは手子の力の見せ所であり、見せ場でもあります。

Img_2713
チョットわかりにくいのですが(うまく写真撮れなくてすまん)、
宝袋がかけ声と共に持ち上がります。
山車が傾いてるのが解るでしょうか?

Img_2719
続いて遊漁神も入ってきました。

Img_2720
暗くてホントすいません( TДT)ゴメンヨー
ストロボまで準備出来なかった私のミスです。
でも、ちゃんと持ち上がってるの解りますよね。
この時のかけ声と重い山車が持ち上がるのが凄い迫力です。

Img_2722
そして向きを変えて、そのまま動いていきました。

Img_2729
老松が入ってきて、

Img_2730
担ぎ上がりました!
(わかりにくくてごめんなさい)

Img_2733
そのまま方向転換します。
車切のような車輪を引きずる音はありません。
手子の力強いかけ声が響き渡ります。

Img_2737
向きを変えた老松はそのまま動き始めました。

Img_2742
眞先が入ってきました。
むこうには先に進んだ車山が見えます。

Img_2745
そして担ぎ上げられて、

Img_2750
方向転換して移動してゆきます。

Img_2757
次には國香欄が控えていました。

Img_2759_2
こちらも動いていきました。
(確かどんでんしなかったような気がするのですが…)

Img_2762
そして皆の後を追います。

Img_2770
そしてトリの浦嶌。

Img_2774
こちらは、後方を持ち上げました。

Img_2780
前傾姿勢で方向を変えてゆきました。

これで、針綱神社前での山車のご披露は終わりました。
祭ももうすぐ終わりです。

私はさっそくその場から立ち去りました。
目的は戻ってくる山車を待つ事です。

……

新郷野瀬川沿いを歩いて戻り、21時半頃に余坂町につきました。

Img_2785
そして余坂町の宝袋が多くの人と共に帰ってきました!

Img_2793
暗く足元も見にくい狭い道を、慣れたように進んでいきます。

Img_2800
そして、十字路で車切して奥へと進みます。

しばらくいってから、停止して休憩となったもよう。
ちなみに、戻ってきてからのお囃子やかけ声などを録音してました。
後日、HPを立ち上げたときコンテンツとして披露したいと思います。

Img_2809
みんな一仕事を終えた良い雰囲気です。
子供達が良い笑顔してるんですよ!

Img_2810
そして、中の人もお疲れ様でした。

私はここで撤収しましたが、
祭はもう少し続いていたようです。

ホント楽しい一日でした。
正直、侮っていた自分が恥ずかしいくらいの盛り上がりで、
とても素晴らしいお祭りでした。

皆さんありがとうございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

犬山祭 本楽祭

昨晩の雨が嘘のように晴れて、薄曇りながら良い感じになり、
まるで空気が洗い流されたような視界でした。
天気予報も一日中晴れで暑くなるとの事。

それでは朝一番から出かけてみましょう。

P1010640
朝8時、もうすぐ交通規制が始まるころ。
屋台の方もまだ準備中です。

Img_1903

しかしながら、車山はもう動いていました。
朝の目的は針綱神社前に各車山が集結するよりも先に、
通り過ぎていく車山の車切を見る事でした。

Img_1907

どんでん館ではちょうど車山が出てくる所を撮影出来ました。

Img_1918

愛知北FM、まちの放送室前で待機。
各車山が集まっていき、通り過ぎていきます。

10dimg_1947

北組の車山もやって来ました。

Img_1935

南組は魚新通りを通ってくるので、ここで車切をします。
この時の迫力が凄い。
棟梁の合図で、手古(山車を動かす男衆)のかけ声と共に、
車山がズガガガッと方向転換します。

Img_1946

次の車山の写真ですが、
こんな狭い通りを力強くそして正確に向きを変えます。
朝はまだ見物客が少ないのでこの迫力を間近で堪能出来ました。

Img_2031

次の車山もスムーズに方向転換します。
近くでいるとその迫力を体感出来ますが、あまり近寄ると危険です。

そんな中、囃し手の子供達は楽しそうです。

Img_2073

Img_2091

声をかけると愛嬌良く振り向いてくれます。
朝一番の贈り物、笑顔を独り占めです(笑

Img_2129

そうしているウチに各車山は針綱神社前に集まっていきます。

Img_2138

そこで、神社前でお守りやおみくじを売っている、
巫女さんの写真を撮らせてもらいました。

そうしている背後では続々と車山が入ってきます。

Img_2143

ここの前で車切を行い、体育館前の広場に向かいます。

Img_2153

その時の車山を後ろから動かす手古の皆さん。
その力強さがこちらにも伝わってきます。

Img_2173

そうして集結した各車山の列。
ここに写りきれていませんが全部で13台います。

Img_2204

そうして時間が来ると、順次、針綱神社門前に向かい、
そこでからくり奉納を行います。

以下、各からくり奉納です。
いずれもソノ動きに驚かされます。

10dimg_2042
遊漁神

10dimg_2064
眞先

10dimg_2078_2
応合子

10dimg_2084
からくり奉納を終えた車山は街に繰り出していきます。

引き続きからくり奉納

10dimg_2101
西王母

10dimg_2114
住吉台

10dimg_2124
浦島

10dimg_2151
威英

10dimg_2170
國香欄

10dimg_2185
寿老台

10dimg_2215
鋒英

10dimg_2239
老松

気温も上がってきており、大変な人出になってきました。
街に繰り出す車山の大赤幕も上げてありました。

10dimg_2277

さて、演目は終盤に入りました。

10dimg_2279
宝船

10dimg_2298
梅梢戯

これで以上13台の車山によるからくり奉納は終わりました。
いずれも驚くほどの芸の細かさでした。

10dimg_2309

さて、全ての山車が各集結場所に向かっていきました。
私もここでひとまず撤収しました。
次は夜車山に向けて英気を養いに一旦、ウチに戻りました 。

夜車山の報告は次回のブログ更新の時にまわします。
ではお楽しみに(´∀`*)ノシ バイバイ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年4月 5日 (日)

犬山祭 本楽祭 とりあえず報告

朝の8時から夕方16時まで粘りました。
…凄く疲れてますorz

午前中はホドホドかなと思っていたんですが、
11時頃から急激に混み出しまして、それが予想外なほどに!

Img_2369

ナメてました、犬山祭。
天気が良いのも相まって、ものすごい人出。
移動する事さえままなりません。

今は、チョット休憩。
これから夜山車に出るかどうか悩み中。
…だって、座ったら動けんモン、いま、疲れて(;´Д`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

04月05日のココロ日記(BlogPet)

おなかすきました!はぅぅ~、ひろひらさんって帰ってくるのおそいですよ~。料理冷めちゃいます。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年4月 4日 (土)

犬山祭 背景素材

さて、こちらうって変わり、背景素材なりそうな屋台ネタです。

そのうちHPを立ち上げたときにでも、
コンテンツの一つになればいいなぁと思います。

また、明日祭りに行く人にも、買い物の参考にどうぞ。
当然これら以外にも屋台はいっぱい出ていますよ。

では怒濤の屋台写真行きます!

P1010537

P1010538

P1010539

P1010540

P1010541

P1010542

P1010543

P1010545

P1010546

P1010547

P1010549

P1010553

P1010554

P1010555

P1010556

P1010557

P1010558

P1010559

P1010560

P1010561

P1010562

P1010564

P1010566

P1010567

P1010568

P1010569

P1010570

P1010571

P1010572

P1010573

P1010574

P1010604

P1010605

P1010609

P1010611

P1010612

今日撮った分はこれくらい。
ほかにももっとたくさんの屋台、出店があったのですが、
さすがに網羅する事はかないませんでした(ソレハムリ

気が付いた事は、ここでは撮りきれませんでしたが、
各地の産物を売る、特産名物モノの屋台が思いのほか多かった事。
地方の方々が地域ブランドを引っ提げてこられているのでしょうか?
ともかく、各地方の味まで楽しめるのは面白いと思いました。

あと、お気に入りは「日本の大根」(w
こういうアイデアは大好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

犬山祭 試楽祭

午前中、病院と買い物に行ったので、
昼からさっそく犬山祭り試楽祭に行ってまいりました。
今回は画像大きめで行ってます。

これは犬山駅西の通りです。
Img_1731
あいにくの曇天、小雨もぱらついてましたが、結構な人出です。

お城に続く本町通りに来ました。
Img_1751
この狭い道にたくさんの人が来ています。
まわりのお店も大にぎわい。

そんな中でお家の玄関先で着飾っているお子さんがいました。
そこで写真を撮らせて頂きました。ありがとうございます( ^ω^ )
Img_1744

Img_1745

Img_1746

Img_1747

何の催しの準備なのかな? と思いお家の方に聞きましたら、
これれから車山に乗るのだとの事。
この子達の活躍はこの後の写真でわかります。
みんな頑張ってね。

人の邪魔になりながらフラフラと色なモノを見つけたり。
Img_1750
これはお店にあった車山のミニチュア。
可愛く見えますけど、意外と精巧にできてました。

そしてわんちゃん。
Img_1749 
ヒモ付けていません。こんなに混雑していても落ち着いています。
それでも人なつっこくて、人間に慣れている感じ。
もうペットまで歓迎ムードです。

ソレと気が付きましたか、それぞれの店先や、
お家の玄関先に灯ろうがあって「ようこそ犬山へ」の文字。
そういう街をあげての気遣いがとても嬉しいです。

さて、メイン会場の犬山城前、針綱神社前にむかいます。
Img_1759

目の前には車山にサクラの花。
一気に雰囲気が盛り上がってきましたよ。

Img_1764

これが犬山の車山、結構大きいです。
案内の放送では重さ3トンあると言っていました。

Img_1779

会場に出たら、ちょうど車山を車切している所でした。
曲がり角で車山を方向転換させるのを人力で行います。
下に滑りを良くするような物を敷いていませんので、
車輪が引きずられる音に迫力がありました。

(もっと長めの音をアップロードしたかったが、
ココログでは1Mを越えるファイルデーターは、
アップロード出来ないとかナンとか、(;´д`)トホホ…)

さて会場です。
Img_1793

車山が並んだ所は壮観です。
一つ一つの飾り付けがとても綺麗で豪華。
さらに、最上部ではからくりが演じられていました。

Img_1487

実は、近づけなくて望遠で何とか撮れた写真。
なにせ、人おおすぎ。外国人の姿も多数見かけました。

からくりを披露した車山は街に繰り出していきます。
Img_1848

そんな中で楽器を演奏している子供達。
演奏していないときでも声をかけると
愛想良く振り向いてみんなに笑顔を見せてくれました。
…本当に皆が嬉しくなる瞬間でしたよ。

そして車山は動き始めます。
Img_1875

こちらは手古の力の出番!
かけ声と共に動き出して狭い道をゆっくり動いていきました。

Img_1877

さて、今日の本番は夜なのですが、
雨が降ってきて止みそうにありません。
山車は漆を使っているのでぬれると傷みが出るので、
透明なビニールシートで覆われてしまいました。

仕方なく私も撤収です。
本番は夜なのですが、残念ですが出るのを諦めました。
結構強く雨が降っているので明日が大丈夫か不安ですが、
天気予報では晴れとなっていますので、明日に期待します。

追記)
どれか複数の写真に秘密(?)があります。
まぁ、大したことではないのですがね(笑

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年4月 3日 (金)

今日のチィーナさん ?進入経路がわからない?

えっと、またです。また(;´Д`)
PCでペソペソとブログ更新してたら、ガツッと音がして。
…振り返ればヤツがいた(笑

P1010498

キッチンカウンターで散策中のチィーナさん。
対策はしたはずだったんだがぁ~(悩

想定では
P1010501

この可能性が一番高かったと思ったのですが、この件はすでに対策済み。

さぁて、わからなくなってきたぞう(w
これは反対側の椅子からの経路が怪しいか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事中にやって来んな!

どこの組織にもどうしようもない人間っているようで、
ウチの所にも居やがりました。…と言うか他部署の人なんだがサぁ。

………

午後から仕事をする上での書類確認をしており、
ベテラン先輩と机に複数の書類等を並べて、
その一連の作業の根拠になる基準について相談していました。

その作業の書類では作業手順に付いての記述がないので、
どれが作業方法の基準となる書類なのか検討していました。

その時、就業時間の仕事中にもかかわらずに、
車を乗り付けてN氏が職場にやって来ました。

この人、かなり常識外れで仕事時間中にもかかわらず、
週に3~4回も自職場を離れて、車でウチに遊びに来ます。
それがどうやらベテラン先輩の同郷者で古い付き合いらしいのです。
たしかに私が今いる所は閑職であり、同じ所属の人達も度々訪れますが、
こちらが忙しいときには軽い会話をして去ってくれます。

ところが、このN氏、いつもこちらの事はお構いなしです。
基本的にベテラン先輩とは別作業をしているので、
私が一人で作業してるときにベテラン先輩と会話しても黙認してました。

しかしながら今日はお互いに判断が難しい相談をしていて、
互いに悩みながら意見を交わしていました。

ドアを入ってきたN氏は、こちらが忙しいのを知りながら、
「いそがしい? ねぇ、いそがしい? デヘヘ」と声をかけてきて、
今の状況を無視するように会話に割り込んできます。

当然仕事時間中なので作業に関わる話を優先しようとしますが、
N氏はこちらの邪魔をするように遊びの話をし始めます。

「…………、…………。」、ベテラン先輩と会話中。
「ねぇ、ねぇ、それでねぇ、それがぁ…」N氏、遊びの話を割り込ませる。
「…………………、………」書類を手にして作業の相談。
「ねぇ、いそがし? いそがし? ねぇ。あのさぁ…」N氏、強引に割り込む。
………我々の表情が厳しいモノに変わる。
「**で、***があって、それがねぇ~、……」N氏。

…ずーっとN氏のターン。

仕方なくベテラン先輩が振り向きますが、
こちらぁたぁ、もう、臨界点突破。
いつもいつも仕事中に遊びに来て作業の邪魔して、いったい何様なんだ!

「なんで、あんた、ここにいるんだ! 就業時間中だろう!!」
…切れる音が、聞こえましたよ頭から、ブチッと。
「仕事中なんだから、ここから出て行ってくれ」
怒れる私。マジでブチ切れでした。

それでもN氏、デヘヘと似非笑いして椅子に座る。

…もうね、憤慨通り越して悟りの域に。
ダメだこの人、何言っても馬耳東風だわ。
「…そこで待ってろ、上司呼ぶから」

すかさず電話を手に取るが、すぐに番号が思い浮かばない。
そこで目にした壁に貼り付けてある緊急連絡先の所属長への番号。

勢いのままその数字で電話にたたき付ける。
…すぐに繋がり、用件言った。
「わかった、今行く」、そう短い返事を聞いて電話を切る。

顔色を変えたのはN氏じゃなくベテラン先輩。
「行け、来る前に行け」

それでも状況を理解できないのか、
座っていた椅子からベテラン先輩にようやく立たせられるが、
動揺する様子もなくヘラヘラと笑みを浮かべたまま。

そのうちベテラン先輩の顔つきも代わり、
「いいから、早う行け、行けって!」

ソレでようやくオドオドし始め逃げ腰になる。
それでもヘラヘラは変わらない。
「待て、所属長が来るまで、ここで待ってろ」
そう、引き留める私。
そうでもしなければ、組織としてN氏の職場に状況が伝わらない。
すなわち、こうして車で抜け出して職場離脱しているぞと。

ドアの外で物音が鳴った。

逃げ出したN氏。

ドアから出た所で所属長と鉢合わせに。

「え、あ、すんません、かえりますんで、えと、でわ」

そのままヘルメットを被らず小脇に抱えて車に駆け込んだ。

所属長はソレを一瞥してこちらに合図を送る。
まぁ、状況はわかったと。

そのまま、所属長は引き返して、
こちらはやっと仕事に戻る事が出来た。

とりあえず書類に目を通そうとして、口から出た言葉は、
「あ、えっと、どこまで話していたんでしょうか?」
…もう、ぜ~んぶリセット。作業手順の概要さえ出てこない。

二人で溜息付いてからもう一度書類を見直した。

………

ウン千人の人間を抱えるウチの工場であって、
いろんな人がピンからキリまでいるが、
他職場から聞く話ならば「どうしようもないなぁ」で、笑い話だが、
それにより被害を受ける側としては笑えない話。

職場規律うんぬんより、それ以前に人としてのモラルの問題。
そう言うのが通ってしまう工場風土は悪い傾向だよなぁ( ´Д`)=3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 2日 (木)

夜のチィーナさん

PCでチマチマと文章を打っていたら、
キッチンでなにやら物音が…

音源を確認して( ゚д゚)ハッ!っとなった。

P1010480

コンロの上にチィーナさんが!!!

…危なかった。
火を使う前でよかったよ。

これは私のミス、チィーナさん責ではありません。

実はケージとダイニングテーブルの位置が近くにあるため、
チィーナさんがケージによじ登り、飛び渡れる位置にあった椅子に乗り移る。
さらに椅子に置いていたバックを使ってダイニングテーブルに上がり、
このテーブルがカウンターキッチンに寄せ付けてあったため、
そのままテーブルからカウンターを乗り越えてキッチンへ。

ここでのミスは、ケージと椅子の位置を確認していなかった事。
仕事から帰ってきて、椅子にバックを置きっぱなしにした事、この2点。

普段から気を付けていた事なのに、
今日は帰宅してから気が緩んでしまった。

チィーナさんがこうやって好奇心旺盛で、
何でも興味を持って行動するのは良い事なのだが、
ソレが不幸な自体になる事は飼い主の責任である。

これ以外にも気を配らなければならない事は多いので、
身近な失敗や危険な事なども状況が許す限り取り上げたいと思う。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

閑散と混雑

P1010473

帰宅途中の電車内です。前も後ろもガラガラ。
電車に乗ったときも空いていましたが、
主要な駅で客足が引き、閑散としてしまいました。

一ヶ月前なら、全てのボックスシートに一人座る程度の状況でしたが、
今週に入って異様なぐらいに少なくなってしまいました。
…おかげで窓越しのサクラがよく見えます(笑

………

んで、犬山駅に到着後、改札抜けたら…

P1010475

切符売り場は大混雑。
3月30日月曜日よりも、もっと多かった!

週末の祭りはどれだけ混むんだろう(;´Д`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

身体は正直?

この数日、頭を悩ますような仕事が続いて、
少し精神的に疲れが出てる模様です。

「出てる模様」というのは本人は自覚していないんですが、
身体の方にその影響がきているようで
昨日から下痢気味でお腹の調子が今ひとつ。

作業してると、チョットした疑問が出てきて、
調べれば調べるほど小難しい方向に。
そうしてソレが解決の糸口が見えたころに、
またヘンなのをポロリと見つけてしまう。
…これをまた検討していくと………↑最初に戻る(w

再思三考、知恵を絞るような事は意外と好きなのですが、
解決しそうで、上手くいかない事が続くとさすがにシンドイです。

とりあえず胃腸薬飲んで明日も頑張ろう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝のチィーナさん

P1010468

脱ぎ捨ててあったフリースのズボンに潜り込んで
遊んでいたのをカメラで撮ろうとしたら、
気付かれてしまいズボンから顔を出したところ。

上手い事にアップで写ったので掲載してみました。

この写真のキモは口から覗くキバ。
わかりますか? ちょこっと見えているの。
可愛い顔をしていますがさすが肉食獣、立派な犬歯を持っています。

素足で廊下などを歩くと追いかけてきて、
たまにガブガブ噛みつきやがいます(笑

これはネズミなどの小動物を捕まえる時の習性らしく、
追いかけて捕まえる遊びのようなモノらしいです。
まぁ、甘噛み程度のじゃれつきだと思い、好きにさせます。

でも、やっぱりコレでガブガブやるから痛いんだよなぁ(;^ω^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 1日 (水)

袖下からチィーナさん

P1010418

袢纏から顔を出すチィーナさん。

腕を下に垂らすと袖口から潜り込み、
その中で丸くなって休憩タイムに入ってしまう。
ほっとくとそのまま寝てしまうんですよ(w

こういった柔らかくて狭い場所が大好き。
隙間が気になるのはフェレットの習性かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レジ袋の「一部」有料化

4月に入り、色々と環境が変わる事が多いと思うが、
私自身にはあまり変化は見られない。

しかしながら生活の一部で大きな変化があった。
ソレは地元スーパーマーケットのレジ袋の有料化だ。
3月2日からレジ袋の有料化の告知があり、
4月1日の今日から実施された。

私は仕事用の靴下に穴が空いてしまったので、
仕事帰りにさっそく新しい物を買いに店に入った。

二階の衣料品フロアーで靴下を手に取り、レジに並ぶ。
いつも通勤にバックを使用しているので袋は必要ない。
そう思い、前のお客さんが支払いを終わるのを待った。

そこで、品物をレジ袋に入れるのを目にする。
値段を聞いてもレジ袋代は入っていな様子。
はて? と思いながら自分の番になり、支払いを済ませる。
…靴下はレジ袋に入れられ、靴下代だけ支払った。

レジ袋は茶色っぽい長方形のビニール製で、
手を入れるための穴が袋上方に開けてある。
けっこう分厚く丈夫なレジ袋だ。

そこでちょっと思い立ち、買う物は無いが地下食品売り場に向かった。

エスカレーターを降りレジ前に向かう。
そこでは多くの方々がレジで支払いをしていたが、
いずれの人もマイバック持参でレジ袋を持っている人はいない。

ソレでやっと理解した。
今一度、確認のため告示に目にやると、
食品レジ袋「だけ」の有料化について知らせるモノだった。

なんて中途半端な処置なんだろう!
食品用の白いレジ袋が有料で、衣料用等のレジ袋は無料。
生活に直接関わる食料品は、買い物に来る頻度が高いので、
レジ袋削減による消費減少のエコ活動を考慮してるとすれば、
その影響規模から考える効果は高いだろう。
しかしながら店全体で考えた場合の不公平感は否めない。
なぜ、食品用レジ袋だけ金取るのか! とね。

だから、帰宅してすぐさまレジ袋の有料化に関する情報を調べた。

んで、さらに理解した。
その店舗のHPではエコ活動の取り組みとして、となっているが、
さらに他のウェブサイトなどの色々な情報をかき集めると、
本当の意味のレジ袋有料化が見えてきた。

簡単に言うと、資源削減よりもゴミ分別の意図の方が大きいようだ。

すなわち食品用レジ袋はその大きさからゴミ袋に使用されやすく、
可燃ゴミと一緒に捨ててしまい、焼却処分されてしまう。
そのため食品用レジ袋のリサイクルが住民に浸透せず、
分別困難な資源ゴミが燃やされてしまってるのが現状のようだ。

実際に自分もゴミ箱にレジ袋を入れてゴミ袋にして、
ゴミの日には大きなビニール袋に放り込んで捨てていた。

おそらくこれは自治体等のゴミを処理する側の要請もあり、
企業としては食用品レジ袋を有料化することにで不要な出費を抑え、
自治体としてはレジ袋の可燃ゴミ化を防ぎ、
資源ゴミ回収の効率が上がってリサイクル率を高める。
…私は、そう理解した。

しかしながら、今まで楽だったレジ袋のゴミ袋化が、
他の代替え手段に置き換える事は難しいのではと考える。
新たにビニール袋を買ったり、他店舗での買い物で手に入れて、
ビニール袋が可燃ゴミに出る事は減らないように思えて仕方がない。

ちなみに、その店舗の食品用レジ袋のLサイズは一般に45号と言われ、
ネットの業務用通販サイトでは一枚あたり3.5円ぐらいだ。
さらに一般向けに売っている20枚入りだと一枚あたり10円位する。

それじゃ、某店舗の一枚5円は妥当な値段なのだろうか。

さらに考え方を変えれば、以前と以後で商品の値段は変わっただろうか?
以前は商品の売り上げの中にレジ袋代が含まれていたわけだから、
レジ袋有料になったとは何かしらの値引きがあっても良いはず。

そもそも真にエコを実践するならば全商品に関わる
レジ袋について課金をし、より一層の環境対策をするべきでは?

………

なんか、反エコ活動家みたいになってしまったが(w
消費量を抑えて資源の無駄遣いをなくすというスタンスは共感できる。
なにも有料化の批判をしているわけではないのを理解して頂きたい。

ただ、ソレについては何も異論はないが、
企業の本音が見え隠れしているようで、多少なりと違和感がある。
すなわち、利益の多い部門については現行維持で客離れさせない。
薄利多売で、黙ってても売れる部門は、客に負担があっても問題ない。
そう思わせるような営業理念がジワリと漂ってくる。

まぁ、私の考え過ぎと、疑い深いだけなのかもしれない'`,、('∀`) '`,、
「やるからには徹底せよ」という、私の考え方とは相容れないのが悪いのか、
それでいて、私自身が神経質で粘着タイプなのが、異常なのかもしれない。

…そもそも、レジ袋はサービスだった! と言われると反論のしようがない。

まぁ、さてさて、結局誰が損をするのか? と言うのはどうなんだろうか。
少なくても客側には負担が増えるのは確実だし。
これは、大岡裁きの「三方一両損」と行くのだろうか?
少なくとも、私は納得していない。

まぁ、とりあえずエコバックを用意していた事だけは評価できるかなぁ?
結局は、その活躍の場は次に持ち越しだけどね(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »