2018年1月21日 (日)

Depression Rites : normal condition


22時就寝、2時覚醒、4時覚醒、5時起床。
睡眠時間、6時間。

朝。
昨晩は眠気が強くて早々に寝る。
夜に何か思いつくこと無かったし、
昼間のダウナーそのままだったので無理せず休息優先とする。
…まぁ日中グダグダしていたワリには良く眠れた。
メンタル落ちていたのが影響しているのか過眠ぽい感じに。

通常起床通常行動。
取り合えずメンタル回復で問題無し。
普段通りに鼬神様方々ともワチャワチャ遊ぶ(w

午前。
買い物巡回へユッタリと歩き回る。
今朝はチト寒かったが霜は降りず、車フロントガラスはクリアー。
なんとなく着込んでしまったけれど買い物中は温かくて汗をかく。
早朝からテレビ天気予報で明日の降雪注意を報じていたが、
買い物している分には全く信じられない感じで危機感無いなぁ…
ホムセンも行ってみたが雪かき道具の陳列は少なめ。
たぶん予防よりも対処の方に重きを見ているのかも?
まぁ、この地方は雨になると言う余裕の表れか(w
午後。
オタコンテンツ消化でユルユル。
今季は「宇宙よりも遠い場所」「ハクメイとミコチ」「恋は雨上がりのように」
「ゆるキャンΔ」「りゅうおうのおしごと!」「ラーメン大好き小泉さん」がお気に入り。
さすがに全部BD欲しいとはならないが、4作品ぐらいはイクかも。
後は様子見でチマチマな感じに。
なにせ感情が疲れるのは、この歳だとシンドイ(苦笑

夜。
妙な脱力感があって溜息ばかり。
気圧の変化か、ズルズルと気分が落ち気味に( ´Д`)=3
こう言う時は面倒ゴト考えずに布団に入るに限る。
コレで明日は素晴らしいフラグ立って、必ず忘れ物をする(w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日までの買い物 色々

冬アニメが大分出そろってきた。 今期もBD欲しいモノ多くあって嬉しくなる。
まず「よりもい」は絶対。 さらに候補多いけどアニメ綺麗だけではドウにも様子見。

Xz1p1210344

コミック。

うたかたダイアログ 2巻 (稲井カオル)
ホクサイと飯さえあれば 6巻 (鈴木小波)
猫と竜 (原作:アマラ 漫画:佐々木泉)

一言。
「うたかたダイアログ」
あー、もう! 可笑しくてページめくりが全然進まねぇ!(≧∇≦)
1ページに小ネタを必ず仕込んでいるし、全体を通してもシミジミ楽しいを満喫出来る。
あと「スマホのイヤホンジャックからハリガネムシ」やめて、ホントやめて。
そこだけ顔が凍り付いたわ!(|||゚Д゚)ギャー
内容は青春と言うよりも夫婦漫才なんだよなぁ、まだ恋人にもなっていないけれど。
マジで友人止まりなのがモドカシイ(w
今巻ではストーリーにも一工夫あったりで、
単にテンポ良く進む会話劇だけでは終わらない思考する面白さも印象に残った。
個人的に好きなのは第9話の退職祝いを買いに行く話。
宇多川さんが「反かわいい主義」を主張したら、
それに反してオシャレでかわいい物を買いに行くハメになり、片野君も一緒に。
そこでの買い物コントも可笑しかったが、戻って退職祝いを渡す時に大ピンチに!
あー! やっちまった! と読者まで頭抱えるコト受け合い(w
そこからの逆転を片野君がやるモンだから、ヤベぇ少し見直そうか惚れるか? と。
この後、渡せなかった方のお祝い品を二人で使おう、と言う流れで、
コレを受け取る宇多川さんの照れ顔がスンゲク良い。
そこまで大きなコマでは無いがピンチ顔とのギャップで心がくすぐったくなる。
オマエら、もう恋人でイイじゃん! 夫婦でイイじゃんか! ヤキモキするなぁ(w
…うんまぁ、皆が羨む青春なので、是非にこの面白さ広まって欲しい。

「ホクサイと飯さえあれば」
…なんか、初めの頃に読んだ楽しさが感じられないんだよなぁ。
自分が老いたせいもあるのかもシレンが、
ドウにも台詞回しと独特の絵柄だけで誤魔化しているっぽくて、
各話とも内容が3行程度にまとまるほど、中身が少ない(;´Д`)
料理を作ることが楽しい! を伝えたいのは解るのだが、
漫画を書きたいのか日記を書きたいのか、そのグダグダ感が痛い。
好きな人にはハマるのだろうけれど、私には合わなくなってきたわ…

「猫と竜」
だいたい帯の広告文句って大袈裟なんだよね、売る為にもさぁ?
しかしながら今巻だけは誇張無く「ランキング1位!」を実感!
ホント一心不乱に読んでワクワクした。
少年時代に夢見るような明るくて楽しいファンタジーで、
くたびれたオッサンσ(゚∀゚ )オレでも冒険心が疼くほど(w
全部で5話でそれぞれ繋がりがあるが基本的に1話完結もの。
そしてそのメインキャラクターは魔法を使う猫(ケットシー)と言った特徴。
…あ、1話目は違うわ、竜が主軸だ(w
この竜により人間の国と猫たちが良好に住まうことになる話が、出だしの1話。
今巻は猫たちが如何様に森で育ち守護され、人と通じていく世界を優しく描いている。
次の話で人間も魔法を使えるが、森の猫たちの方が更に巧みに操ることを示している。
この事により更に良好な関係になっていく過程を描いたのが2話目。
森での生活と子猫たちの好奇心、その成長を見守れる楽しさがある3話。
そして4、5話目で人にとって猫は大切な師であり、かけがえのない友となり、
新たな希望と冒険の世界へ旅立つ! と言ったところで1冊…
うおい! 続きは! 続きを是非!
と思わず叫んでしまったわ(w
…いや、この程度の尺でちょうどいいのかなぁ。
ここから先への冒険心に火が点いた所でそっと閉じれば、
それぞれの読者に想像する自由を持たせて、最強の余韻を与えるだろうし(w
願わくばシリーズ化して欲しいが、たぶんこれ以上は贅沢だと思いもする。
なんにせよ絵本的ファンタジーが好きな人にはド嵌まりすること間違いなし!
是非是非、猫たちの冒険を手にとって見て欲しい。 オススメです(w

Xz1p1210345

雑誌。

BIRDER 02 2018 Vol.32 No.02

Xz1p1210346

BD。

宝石の国 Vol.2 (初回生産限定版)

Xz1p1210347

同人誌。

精神疾患擬人化ライブラリ (鴨屋)
おじさんと田舎の異種族さん つづき (安穏庵)
稲荷萬話 西町小町的一日 (景美仙姫巌)

以下18禁

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月20日 (土)

Depression Rites : under normal condition

今朝は久々に冷えこみ川岸に霜が降りる。
今週の暖気から冬らしい光景に戻ってホッとする。 でも来週もっと寒くなるとか{{ (>_<) }}

23時就寝、3時覚醒、4時覚醒、5時覚醒、6時覚醒、7時起床。
睡眠時間、6時間程度。

朝。
昨晩はぼうっとしたまま夜を過ごす。
レコーダーの表示が録画中に変わったころに横になったので、
「ハクメイとミコチ」が始まった頃にソファー寝。
…なぜかソファー寝したい気分だったんだよね。
単に寝室へ行くのがメンドウだったからかもしれない。
それでも先週から布団のような厚手フワフワの長座布団導入したので、
ソファー寝と言えども快適さが格段に上がったので寝心地に問題無し。

中途覚醒後、4時からはうたた寝状態。
疲労回復に失敗したのか怠さが勝って7時までゴロゴロしていた。
ソファー寝の寝袋が悪かったわけでは無く、休日だから気が抜けた模様。

遅遅起床ユルく行動。
久しぶりの7時起きで、連休中も無かったトコ。
幸い鼬神様方々は深夜に遊び回っていたおかげか今朝はユックリ目。
白鼬神様のベルがソファー下に着たのも6時半頃だったしなぁ( ^ω^ )ニコニコ
ちゃんと寝ている場所に来るのが賢いというか懐いているというか、好きっす(w

日中。
今週平日の反動で気が抜けてバーンアウト。
とにかく休みたい気分になり、家に籠もってグダグダ。
午前は録画した深夜アニメを鑑賞したが、疲れやすくて休憩が欲しい。
昼飯食べた後は無理せずに昼寝した。

夕。
乾燥が強いのか目蓋の縁がカサカサになり、擦ると痛む。
まぁ今夜も出かけること無いからと紫雲膏塗り込んでケア。
独特の臭いと赤紫色だからチト目立つんだよね。
このまま人目につくのは恥ずかしいと言うモノ(w
取り合えずコレから宅配便が来る予定は無いから油断して良いかも。
…いや、ホントに来ないよねぇ?(w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月19日 (金)

Depression Rites : normal condition

日中は妙に温かかったせいで防寒していると汗をかく。
…しかし夕は一転して風も強く、身体が冷える。 この寒暖差は体力削られるわ(;´Д`)

22時就寝、3時覚醒、4時半覚醒、5時起床。
睡眠時間、6時間半。

朝。
昨晩は疲労でドップリと眠った。
…とは言え5時間後の3時には覚醒したからコンなモンかと。
朝まで寝続けられるのでは無く、ある程度で満足するらしい(w
後は低血低圧低体温の惰性で寝ていた感じに。
まぁ、ナンにせよ疲労回復はなった。

通常起床通常行動。
17日に打ったインフル予防接種の左腕がまだ腫れて違和感有り。
昨日会社でインフルエンザが流行し始めたと聞いたので、
コレが早うに治まって抗体を準備して欲しいモノ…

仕事。
午前は部品入手が出来た修理物件を優先。
紆余曲折有って随分長いこと待つようになってしまったが、
コレでトラブルが解消されると意気込んで作業を行う!
…が、
バッドエンドフラグみたいな感じに、コレ違ったわ! 直らねぇ!\(^o^)/オワタ
交換してもトラブルは再現するので、コヤツが主原因では無かったわ(w
なんかもう心折れそう_(´ཀ`」 ∠)_
だからと言えここで放り投げるわけには行かないので、全部見直し。
結果全ての部品が正常、摩耗の度合いも軽微。
…で、
色々弄っているウチに、ドウもバルブ設計が悪いんじゃ無いか? と気付く。
風呂の排水蓋のようにキノコ傘が出口を塞いで流れを止める形状で、
普段は開放のためキノコ軸にスプリングが取り付けてある。
トリガー操作で軸の支えが外れて、スプリング力に打ち勝った流れが蓋を閉める構造。
…しかし、蓋(キノコ傘)が開いているかぎりは上面と下面で力が拮抗して、
操作による軸の支えが外れても閉まらないみたい(苦笑
たぶん上流側に弱いスプリング付けて押さねばナランのだろうなぁ…
構造上、下流のスプリングを弄ることは出来ない。
ゆえに上流側にスプリングを追加するよう工夫し、多数試して選定した。
…結局、修理完了したが午前中はコレに付きっ切りとなる( ´Д`)=3
午後、点検物件の半分にメドをつける。
まだ入ってきていない物も有るので、今週最後に出来る限りのことを行って退勤。

帰宅。
やたら唇が乾くなぁ、と思っていたら、
いつの間にか乾燥注意報が出ていた模様。
…この時期の乾燥はアカン(;´Д`)
ウイルスが飛びやすくなるから自衛しなければ…
とにかくウチは鼬神様方々の為にも持ち込まないようする必要あり。
…フェレット、人間のインフルエンザかかるからなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月18日 (木)

Depression Rites : normal condition


23時半就寝、4時覚醒、5時起床。
睡眠時間、5時間弱。

朝。
昨晩はコミック2冊読んだ程度でクタクタ。
0時頃まで起きていられるか? と初めは思っていたが、
22時半には睡魔強くなり集中力無し(w
ソレでもあれこれヤるコトがあって、眠りについたのは23時半頃。

通常起床通常行動。
身体が重く、節々が痛み、筋肉痛(;´Д`)
インフル予防接種の影響か、仕事で無理した結果かヨクワカランけど、
いずれにせよ起床アラーム後、布団から出るまで時間が掛かった。
…まぁベッド下で白鼬神様のベルが待機していたので5分程度だったが(w

仕事。
点検物件の依頼が途切れたので今日は修理物件がメイン。
昨日のバレルネジ固着はバレル側を固定し、
本体に取り付けたアームの長い工具でトルク増大させてドウにかナルε-(´∀`*)ホッ
まぁ昨日帰宅時に潤滑油ぶっかけて浸漬させたのも効いたのかも。
それでも分解出来ただけのコトで、本不具合はその先のコト。
内部部品(バルブ)に破断が見つかり、コレの交換で処置取ったが、
部品同士の摺り合わせに手間が掛かって時間を費やした。
午後は物の出入りが多くて作業中断多め、バタバタ慌てていただけで今日が終わる。

帰宅。
疲労困憊、余裕無し。
朝の時よりも身体の痛みがあってギクシャクしている感じ。
今夜は無理せずに早めに寝よう(;´Д`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月17日 (水)

Depression Rites : normal condition

…雨のせいか、朝からずうっと右膝が痛む。
「恋は雨上がりのように」みたいな予報には使えないところがポンコツ過ぎる(w

22時就寝、4時覚醒、5時起床。
睡眠時間、6時間半。

朝。
昨晩は疲労で早めに布団へ。
…ベッドの布団に潜り込んでいたはずの白鼬神様のベルは、
この時間には押入で寝ていた黒鼬神様チェロの元に行った模様(w
おかげで4時過ぎまでガッチリ熟睡する。

通常起床通常行動。
久々の雨で目元の乾燥がやわらぎ、目蓋の調子は良い。
しかし髪の毛が妙に引っかかるモンだから、久々に椿油を使った。
普段より大事にしているつもりは無いが、雨の日だけはドウにも気になる。

仕事。
点検物件メインで、コレに集中。
入ってきているのは予定数よりもまだ少ないのだが、
取り合えず午前にメド付けられればと頑張った。
…でも上手く行かず( ´Д`)=3
パワーを下げるのは楽だけれど、現状よりも上げると言うのはムズいのよ(w
午後、予定変更。
…その前に11月予定していたインフルエンザ予防接種が、ようやく今日出来た。
腕にブツッと刺されたが、刺されるよりも注入される方がチト痛い。
血管に流し込むのでは無くて、筋肉に押し入れられるからかも。
青痰は出来にくいだろが、職場に戻った作業中も張りを感じて違和が気になる(苦笑
午後後半から修理物件へ移行。
大物2件あったけれどウマいことに作業を簡略させる方法を見つけたので、
通常の手間の1/4程度で済んだ。
しかし最後に行った物品がネジ部固着でイカンともし難しorz
明日、ドウするか判断することに…

帰宅。
気圧の変化か、ドウにも身体が軋んでるように感じる。
インフル予防接種や力仕事も関係しているかもしれない…
それでもコミック読みたくなったので、今夜は夜更かしするかも(w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月16日 (火)

Depression Rites : normal condition

獣の寝姿って何であんなに愛くるしいんだろう(*´Д`*)
…ゆえに昨晩はソファー寝で疲労回復不十分でも、後悔は無い!

0時就寝、3時半覚醒、4時半覚醒、5時起床。
睡眠時間、4時間。

朝。
昨晩は早めに眠るつもりだったが思わずコミックを読みふけってしまい、
さらには買い物記事追加と言うコトで、眠る時間が遅れる。
…そんでもって、布団捲れば黒鼬神様のチェロが大根のように寝ていた(w
捲った時に眠たそうな目でチラッとコッチ見るんだよね。
この信頼しているからコソの無防備と言った風で、
この安心しきった表情がタマラン(*´Д`)ハァハァ
…で、下僕はリビングソファーに引き返して寝袋を被りました まる

通常起床通常行動。
少しばかり怠くて起床直後は行動出来ず。
しばしボンヤリして血圧体温上がってきてから火曜日を開始。
天気予報を見て軽めの手袋に変更する。

仕事。
点検物件開始。
残念ながら手間が掛からなかったのは1件だけ。
調整どころか、分解による部品摺り合わせなどが必要な物ばかりで調整困難多め。
特にパワー不足の物は調整修理不能で諦めようとしたけれど、
先のNG品から取り出したコアパーツで生き返ったので、機械の神様に感謝捧げた(w
しかし午後予定を変えて作業集中しても調整困難多めで捗らず。
…まぁ、こんなモンだろうと思うことにして退勤した。

帰宅。
気温高めでバッグに脱いだセーター入れて電車に乗る。
でも職場は寒かったんだよなぁ…午前にスチーム暖房切れたから(;´Д`)
屋外移動は楽なんだけれど妙な肉体疲労があって、肩凝りがシンドイ。
…今夜もコミック読みたかったがチト余裕が無いので、今度こそ早めに休むツモリ。
でも白鼬神様のベルは帰宅前から布団で寝ているるんだよなぁ(w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月15日 (月)

Depression Rites : normal condition

昨晩見た夢が、地震で壊れた建物から逃げ、瓦礫を彷徨う内容だった。
色も付いて凄くリアル、記憶も鮮明に残っている。 …何だろう? 117の影響かな?

22時就寝、2時半覚醒、4時覚醒、5時起床。
睡眠時間、6時間。

朝。
昨晩はチト怠かったので早めに就寝。
中途覚醒の2時半まで良く眠れた。
しかしソレから眠りが浅く、記憶に残るような夢まで見る。
だいたい目が覚めたらスッと内容が失せてしまうのが普通だが、
未明に見た地震の夢だけは朝になっても妙に印象に残っている。
…たぶんニュースや報道写真の絵がフラッシュバックしているだけだと思うけれど、
時期が時期だけに、どうにも落ち着かないまま朝を迎えた。

通常起床通常行動。
眠気がまだ残って少し身体が重いが、面倒ゴトは無し。
いずれにせよ出勤の荷物多めなので食事はしっかり摂った。

仕事。
出勤直後に職場飾りを節分向けに変更。
通りかかる人はやっぱり驚いてくれたので、大成功かと。
仕事の方は修理物件がメインで作業が進む。
頑張ってコンテナ2つ減らしたのだが、今日だけでコンテナ1つ分増える(w
これが逆になっていないだけでもマシかと思うが、今週の点検物件が始まったら、
修理手付かずコンテナ増える一方になるンだよね(;´Д`) クワバラクワバラ
午後には物の出入りが多くなり、こちらの作業で手一杯になる。
先週金曜日の予定変更分がドバッときた感じ。
結局、退勤時間までに終わらず、明日に作業が残った。

帰宅。
日中気温が上がり夕方も息が白くならない。
しかし冷えこみの幅が大きいのか、ドウにも背筋に寒気を感じる。
…気温変化に身体がツいてきていない気もするが、体調チト良くないのか?
ナンにせよ今夜も油断せず、早めに休みたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月14日 (日)

Depression Rites : normal condition

昨晩は久々の2時寝。 …しかし今日はソレが原因の不調なモンで、
やっぱ歳とったら夜更かしアカンわ(;´Д`)

2時就寝、4半時覚醒、6時起床。
睡眠時間、3時間半。

朝。
木工が終わったのは昨晩23時半頃。
そこからイツモの夜を過ごしていたら2時過ぎになる(;´∀`)
何せ0時にクソ遅い夕食(夜食?)だったからなぁ。

睡眠時間短めだが、目が覚めたのは習慣からかも。
4時半頃からベッド下で白鼬神様のベルが待機し、
5時の目覚ましアラームを止めても身体だるかったから布団被ったまま。
起床を期待していたベルがベッド回りを歩き回るので、
もう少しだけ我慢してくれと思いベッドに引っ張り上げた。
しばらく、なだめるように撫でていたけれど、次第に眠気が覚めたので6時前に起床する。

遅め起床通常行動。
あとから出てきた黒鼬神様のチェロと合流。
イツもと変わらずユルく朝を過ごす。

午前。
買い物巡回へ。
コミックの購入数が随分多めだったから早めに切り上げて帰宅する。
午後。
昼食準備中からドウにも調子が悪くなり、節々が痛む。
食べた後は一気に眠気と怠さが襲ってきてダウン。
緑茶飲んでカフェイン取り入れたが集中力皆無で頭痛までしてくる始末。
こうなると読書など絶対無理だから、諦めてソファーで眠った。

……結局15時半まで行動不能に(;´Д`)
少し熱っぽかったから軽い風邪も引いていたかもシレン。

夜。
この時間もかなり眠い。
冬アニメが大分出そろって見たい作品も多いのだが、
今晩はドウにも余裕が無くて、このままネット情報だけチェックして眠る予定。
…せめて「甘々と稲妻」ぐらい感想書けるハズなんだが、
目が回って足下ふらつくから無理っす(つ∀-)オヤスミー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日までの買い物 コミック、同人誌等

2018年のオタ系買い物初め(w 3週分になるのでチト多い。
…ソレはさておき、コミックの並べ方はZ型の方がイイのかN型の方がイイのか?

掲載した14日は時間と体調の都合で「一言。」は休み。 スマン。
日曜日余裕が無かったので今週読み次第、感想を追加します。

Xz1p1140337

コミック。

甘々と稲妻 10巻 (雨隠ギド)
ドラゴン家を買う。 2巻 (絢薔子)
駄能力JK成毛川さん 3巻 最終巻 (菅森コウ)
放浪世界 水上悟志短編集 (水上悟志)

一言。(2018.01.15追記)
「甘々と稲妻」
随分長いコトつむぎちゃん中心で内容が進んでいたけど、
今巻は大人、学生、子供それぞれの事情がバランス良く配置されている。
確かに小学生つむぎちゃんの行動は驚きと希望に満ちて、
さらに歳相応の悩みや葛藤等もあり、これを見ているのは楽しい。
しかし子供の時間と大人達の時間ではその濃さに大きな差があって、
単位時間当たりの成長幅は子供の方が当然大きい。
ゆえに作中で学生大人組の話も適度に入れていかないと、
皆がマラソンしている中を、
つむぎちゃんだけ徒競走と言う印象になってしまう(w
前巻までは子供の教育成長コメディのような感じに思えたが、
今巻は登場人物それぞれに変化が見られて個人的に嬉しく感じた。
特にポンコツ小鳥が大変微笑ましくて、思わず応援したくなるほど!
ソレと、ここんトコロの犬塚先生がド安定なのでチト気になったり。
もそっと慌てふためいて欲しいなぁ(苦笑

「ドラゴン家を買う。」
1巻の行き当たりばったり感から、
着実に何かを得ているような気がしてきた今巻。
…まぁ増えたのは怪鳥の雛と気苦労と言ったトコロ。
色々克服すれば立派なドラゴンになれるはずなのだけれど、
コレはレティ(主人公名)と言う名のドラゴン種だと思う他に無い(w
しかし前巻に比べて各話内容の繋がりが解りやすくなっているので、
前巻に会った1話完結ブツ切りっぽさから脱却した感じに。
各話のギャグテイストはそのままだけれども、
コレから何か起きそうなワクワク感は随分と増した。
ラストにレティ自身が望む「家」の在り方も見えてきたから、
これはポンコツドラゴンにとっての大きな成長なのかもしれない。
…自分もその先を望みたくなるような読後感なので、次巻が凄く楽しみ。

「駄能力JK成毛川さん」
…ん、ん~?
と言った感じの読後感(w
かなり強引に話をつめてきた印象がある。
悩んだ末の衝撃的展開というのは有りなんだろうが、
物語を通じての気配や兆しが見えていないと、
これまでの性格を疑うような行為になっては読者が面食らうだけだわ。
「スクールデイズ」なんかは上手くやった感じだけれど、
今作はコレまでのコメディからコレを? と言った感想になる。
このギャップが大きすぎるモンだから、ん゛~と唸ったまま本を閉じることに。

「放浪世界」
最後のオチでザックリいク感は作者ならでは。
作品数は4つだが、
ドレもコレも中盤で思考迷宮に誘い込まされて、
最後出口から見えた光景がやたら綺麗に見えて思わず立ち尽くす。
そして、そのおかげで読後の余韻が清々しくて、少し頭が良くなったと錯覚してしまう(w
ワタシ的には最後の「虚無をゆく」が作者のエキスたっぷりで実に満足。
日常、非日常、仕掛け、驚天動地、絶望的シリアス、どんでん返し、
奇抜の上に奇抜を掛けた妙な納得感も絶妙。
…まぁドウでもイイが今巻読んでチト思ったのは、
きっとタイムリープ展開なんかは嫌いなんだろうなぁ、と想像したり(w

Xz1p1140338

ハクメイとミコチ 6巻 (樫木祐人)
 ガイド本
 ハクメイとミコチ ワールドガイド 足下の歩き方 (樫木祐人)
恋するヤンキーガール 3巻 (おりはらさちこ)

一言。(2018.01.17追記)
「ハクメイとミコチ」
人間に近い部分もあって共通する文化や生活も有るけれども、
「異なる」ところへのアイディアが一杯詰め込まれていて、
読んでいるとただただ唸って感心するばかり(w
背景の緻密さからきている手に触れられるような存在感が、
自分もページの中から彼女らと共に過ごしている様に思ってしまう。
ウチはフェレット飼っているせいか、その足下の視点も理解出来るので、
この背丈で新たな世界を作るとしたら…? が想像しやすいのかもしれない。
…まぁ個人的には前巻よりも好きなお話し多めだったかと。
おおよそ衣食住に関わる内容だったし、感情の起伏も大きくて楽しめた。
「水着の一日」は水上でのアイディアがテンコ盛りだし、
「旅人の装い」から見えるミコチの情熱に胸が熱くなった。
…こう言う世界観、ホント大好きだ。

「恋するヤンキーガール」
キャラクターのユニークさはさておき、見事に真っ直ぐな王道ラブコメ。
…いやまぁ、どっちがヒロイン役なのかはアレであるが(w
今巻ではサブキャラクターもグイッと前に出てきたところ。
特に男性陣の方で動きがあるところにニヤッとするし、
コッチの恋愛事情の方が変化大きくて、それぞれの思いに応援したくなる。
また女性陣の方はオシャレ姿多めで可愛さアップ。
普段ヤンキーな格好だから、このギャップがスゴく良い(w

Xz1p1140339

二本松兄妹と木造渓谷の冒険 (水上悟志)
荒野の花嫁 1巻 (村山慶)
もふかのポプリ 1巻 (喜月かこ)
どこか遠くの話をしよう 下巻 (須藤真澄)

一言。(2018.01.19追記)
「二本松兄妹と木造渓谷の冒険」
なんとなく「散人左道」等の同一世界なんだろうなぁ、と読後に想像。
…そんでカバー外したら、ああヤッパリ(w
それはさておき内容としては1巻で納めてしまったのが勿体ないと思った。
事象と行動の積み重ねでジェットコースターのように一気に話が進むモンだから、
キャラ掘り下げが弱くて感情移入する間も無く、ただバタバタ過ぎていった印象。
和風アクションゲームなら凄く面白そうだと思いもしたが、
コミックでこの展開の早さだとキャラクターまでも軽く感じてしまう。
しかしまぁ、このシリーズの導入部というならばアリだと思うから、
キャラの魅力を出す為にも是非続いて欲しいわ(w

「荒野の花嫁」
相変わらず淡泊な絵柄で、内容把握が困難な作風はイツモのことか。
効果背景が無いからキャラの感情は望遠レンズや顕微鏡で見ている感じに(w
…さて、帯に石器時代と謳っているがマヤ文明みたいなのもあるから、チト違うかも。
何と言うか「ギャートルズ」ぽい感じがあるが、コレもヤッパリ違う。
メインとなる少女達の一族は超人的な筋力を有す者も居て、
「人」とはかけ離れた種族と言わねばならない。
…獣や猿人も存在するし、氷河期が近いという表現もある。
ドウにも今巻だけでは理解が追いつかなくて、もっと情報が欲しいところ。
アイディアとしては面白いのだが、想像する余地が無いと言うのはチトむずい。

(2018.01.20追記)
「もふかのポプリ」
作者の前作は「にゃんこみゅにねーしょん」で、
一般女子と獣人男子の異種族恋愛物だった。
今巻も異種族、獣人物の♀x♀で攻めてきている。
いっそ百合姫あたりのレーベルでは? と思ってしまうが、
そこまでキリキリした緊張感がある話では無いので安心かも。
人外モノのRyuComicsと言うコトで納得して頂きたい。
…前置き長くてスマン、こう言うの好きだからです(w
内容は種族間戦争が続いた後でも人族と獣人族には差別が残った。
人類として生まれたなら、そのどちらかの種になってしまい、
やはり差別等により同一の場所に交わって済むことは難しく、
自然な流れとして人族と獣人族は分かれて生活するようになった。
主人公のミカは、母が獣人化してしまったことで人族の町に住むことが出来ず、
母の友を頼り獣人町へ引っ越してきた。
ミカはこの獣人の町唯一の人族として溶け込むことが出来るだろうか…
…と、取り合えず不安を煽ってみる(w
まぁ表紙の通りに百合百合になるので大丈夫っす( ^ω^ )ニコニコ
出てくる獣人も犬猫はもとより兎、鳥、牛、爬虫類もおられて、
その人物デザインは賑やかだから彼女らをみているだけでも楽しい。
さらに皆がケモ顔でマズルやクチバシ等で完璧に種分けされており、
アクセサリーのようなケモ耳や尻尾だけの擬獣人が皆無でポイント高め。
全身も毛皮羽毛ウロコで覆われて人外率も高くσ(゚∀゚ )オレに◎
そう言った中でオットリした感じの人族ミカの方が、
見た目に柔らそうな絵柄であるからモフ度の差が小さく見える。
冒頭の通り、引っ越してきたミカと犬人のケイがぶつかる所から物語は始める。
ソンでもって獣人の学校に転校すると? …と言うのはお約束展開(w
しかし凜々しいケイにも特殊な事情があって初めはギクシャクする。
幸いクラスの子達とは打ち解けるのが早く不安は少なめに。
ある日、校内でトラブルになった所をミカはケイに助けられ、
コレが切っ掛けで二人の中はグッと近くなっていく…と言った出だし。
メインのキャラクターにそれぞれ問題があって、
そこに物語の軸があるのだろうけれど、基本的には賑やかなケモ百合(w
このまま様々な解決を図る方向で進むのかと思っていたら、
最後の最後で衝撃の展開でΣ(゚Д゚;エーッ!
コレからどうなるか不安と期待で胸一杯になり、次巻が凄く楽しみ(w

「どこか遠くの話をしよう」
この作者は基本的に「庭先案内」シリーズのような、
フワフワ不思議なファンタジー物が多いのだけれども、
時々こうやって思わず奥歯を噛みしめてしまうような作品も出す。
個人的には「グッデイ」がそれにあたる。
ゆえに前巻の不安はヤッパリ存在し、今巻もそう言った作品に。
…しかしSFだったとは思わなかったなぁ。
南米アンデス地方の純朴な雰囲気が緊張を和らげるけれども、
この冴えないオッサンが持つ過去が特別の重さがあって、
この地とこの時代に来られたことが最高の奇跡。
そして全ての人への最後の希望になるとは思いもしなかった。
何より優しい村人のおかげでオッサンの心が救われていくのに心を打つ。
少女チロも亡き父との「大切なことを」強く思うようになり、その先を見る。
二人が帰宅する最後のシーンは圧巻! 真のヒロインは彼女だったのか? と( ;∀;)
…ああ、この物語も涙無しには読めないね。
須藤真澄ファンだけには勿体ないから、もっと多くの人にも読んでもらいたい。

Xz1p1140340

同人誌。

背景、お狐さま (かにょりよる)
しゅうまつけもっこ 2017総集編 (Go!Go!King!)
もふもふな放課後 2 (practice゜)

同人グッズ。
いんふぃにてぃもふりてぃ (practice゜)

Xz1p1140341

キツネ界報 Vol.1 (fox-info.net)
キツネ界報 Vol.2 (fox-info.net)

以下18禁

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«Depression Rites : normal condition